ニュース
» 2011年03月18日 08時00分 UPDATE

Google、非営利団体の活動をサポートする「Google for Nonprofits」立ち上げ

Googleが、被災者支援などさまざまな慈善活動を行う非営利団体をサポートする「Google for Nonprofits」を立ち上げた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは3月17日(現地時間)、慈善活動を行う非営利団体を同社の各種サービスでサポートする取り組み「Google for Nonprofits」を立ち上げたと発表した。現在は米国内の団体のみが対象だが、今後対象地域を拡大していく計画という。

 google for nonprofits

 非営利団体は、Googleの特設ページの所定のフォーマットで簡単に申し込むことができる。Google for Nonprofitsで提供されるのは以下のサービスだ。

  • AdWordsでの告知を月当たり1万ドル分まで無料で行える
  • 通常よりもアップロード容量が多く、寄付ボタンなどをつけられる「YouTube for Nonprofits」の利用
  • Google Earth Pro、Google SketchUp Pro、Maps API Premierの無料利用
  • Google Apps for Nonprofits(3000ユーザーまでを40%割引の1ユーザー当たり年額30ドルで提供)の利用

 同社はまた、非営利団体と非営利団体に自社サービスを無料あるいは割引価格で提供したい企業を仲介するマーケットプレイス「Google for Nonprofits Marketplace」も発表した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -