ニュース
» 2012年03月15日 16時18分 UPDATE

導入事例:三井住友銀行、クライアントPCとサーバを大規模に刷新

約4万5000台のPCをアップグレードし、サーバ環境も集約を図る。

[ITmedia]

 日本マイクロソフトは3月15日、三井住友銀行のクライアントPCおよびサーバの刷新において支援を提供したことを発表した。

 同社によると、三井住友銀行では約4万5000台のPCをWindows XPおよびOffice 2003をベースとした構成からWindows 7 EnterpriseおよびOffice 2010 Professional Plusをベースとする構成にアップグレードする。また約500拠点の800台以上ものサーバを、Windows Server 2008 R2やSystem Centerで運用管理するようにし、仮想化によって2拠点約100台に集約する計画。

 PCのアップグレードは10月まで全営業店、2013年中に全ての完了させる予定。アジア・オセアニア地区でもPCのアップグレードとサーバの集約化を実施するという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -