ニュース
» 2013年03月26日 12時38分 UPDATE

富士ゼロックス、複合機の保守業務にタブレット導入 顧客サービス向上へ

富士ゼロックスは、オフィス向け複合機の保守業務を担当するカスタマーエンジニアに3000台のタブレット端末を配布。新システム「COMPASS」の活用で、顧客サービスの向上と業務効率化を目指す。

[ITmedia]

 富士ゼロックスは3月26日、オフィス向け複合機の保守業務を担当するカスタマーエンジニア(CE)に約3000台のタブレット端末を配布し、タブレット端末向け業務ナビゲートシステム「COMPASS」を構築したと発表した。4月に本格運用を開始し、顧客サービスの向上と業務効率化を目指す。

 COMPASSは、顧客情報や営業情報の共有、顧客向け保守サービスレポートの提供などを行うためのシステム。CEの顧客訪問スケジュールに合わせて必要な情報を社内データベースから自動収集し、暗号化処理した状態でタブレット端末にプッシュ配信する。これにより、CEは外出先でも業務に必要な情報を迅速に入手でき、タブレット端末を使って顧客向けプレゼンテーションなども行えるようになるという。

 同社のCEはこれまで、訪問先で手書きのサービスレポートを顧客に提供し、帰社後に社内システムに入力していた。タブレット端末の導入で一連の業務を電子化し、1人当たりの生産性を年間約100時間分向上させるとしている。

photo タブレット端末の導入前/導入後の比較

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ