ニュース
» 2013年10月23日 16時25分 UPDATE

NTT Comが大企業向けクラウドサービスに新機能 DBのクラスタ構成に対応

エンタープライズ向けクラウド「Bizホスティング Enterprise Cloud」に新機能を追加したとNTT Comが発表した。

[ITmedia]

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は10月23日、エンタープライズ向けクラウドサービス「Bizホスティング Enterprise Cloud」(BHEC)に新機能を追加したと発表した。10月31日から提供を開始する。

 今回新たにデータベースのクラスタ構成に対応。「Oracle Database」「Microsoft SQL Server」について、これまでのシングル構成メニューに加え、複数のデータベースサーバを冗長化し、1つのシステムとして運用するクラスタ構成メニューを追加する。これにより、冗長性を持ったデータベースシステムをクラウド上で安心して運用できるという。

 加えて、フラッシュストレージ技術を採用したストレージを活用し、処理能力を向上させたメニュー「ブロックストレージPremium++」を提供開始するほか、SAPのERPシステムなどの基幹系システムに求められる処理能力の高いサーバ、具体的には、従来と比べてCPUが約3倍、メモリが約6倍の処理能力を持つサーバをラインアップに追加する。

 インターネットおよびVPN接続の帯域も強化。これまでBHECではインターネット接続、VPN接続ともに最大100メガまでの帯域にしか対応していなかったが、より大規模なシステムに対応するため、以下の広帯域/帯域確保メニューを追加する。

インターネット接続:

1Gbpsまでの5つの帯域確保メニュー(200Mbps、300Mbps、500Mbps、700Mbps、1Gbps)

VPN接続:

1Gbpsまでの3つの帯域確保メニュー(100Mbps、200Mbps、1Gbps)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -