ニュース
» 2013年11月25日 15時52分 UPDATE

スマホの法人ユーザーは2017年に約1100万人――IDC予測

ビジネスユースの携帯電話市場は2012年にV字回復を遂げ、携帯電話からスマートフォンへの移行が進んでいる。

[ITmedia]

 IDC Japanは11月25日、国内ビジネスモビリティ市場予測を発表した。携帯電話やスマートフォン、通信カード、Wi-Fiルータ、タブレット端末を利用する法人ユーザーのデータ通信と音声通信による売上(月額利用料金×12カ月×加入者数)は、2013年に前年比10.7%増の6420億円となる見込みで、2017年には7630億円に達するという。2012〜2017年の年間平均成長率は5.6%とした。

 同市場は2011年に前年比7.6%減になったが、2012年は同17.1%増とV字回復を遂げ、今後も成長が続くとみられている。これはデータ通信の利用拡大が背景にあるといい、通信会社などによる携帯電話からスマートフォンへ移行施策が取られたことも要因の1つにあるとみられる。

 また、IDCが予測する端末別の法人加入者数は次の通り。

種別 2012年 2013年 2017年
携帯電話 1165万人 1160万人 567万人
スマートフォン 197万人 349万人 1094万人
通信カード 94万人 76万人 71万人
Wi-Fiルータ 53万人 48万人 47万人
タブレット端末 64万人 127万人 222万人
合計 1573万人 1760万人 1999万人

※端数処理[四捨五入]の影響で内訳の合計と一致しない

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -