ニュース
» 2014年08月01日 14時49分 UPDATE

津波の浸水被害を地震発生20分以内で予測、東北大らが実証へ

大規模地震での津波の浸水被害を発生から20分以内にスーパーコンピュータで予測する実証実験をスタートさせる。

[ITmedia]

 東北大学の災害科学国際研究所と大学院理学研究科、サイバーサイエンスセンターおよびNEC、国際航業は8月1日、大規模地震での津波の浸水被害を迅速かつ高精度に予測する技術の実証実験に取り組むと発表した。総務省の「G空間シティ構築事業」のプロジェクトに共同参加する。

 実証では大規模地震発生時の地震情報やGNSS(Global Navigation Satellite Systems)測位技術を活用した地殻変動データを解析し、津波による浸水被害の予測を地震発生から短時間で行えることを目指す。東北大と国際航業が開発した「津波浸水・被害予測シミュレーションプログラム」をNEC製の最新型スーパーコンピュータで実行し、データを高速処理する。

 東北大によれば、浸水被害を10メートルメッシュでシミュレーションする場合、従来は処理に十数時間を要したが、今回の実験では20分以内に可能となる。これにより、陸地での浸水被害を短時間できめ細かく予測できるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -