ニュース
» 2018年05月23日 19時15分 公開

クックパッド、動画撮影スタジオにクラウド管理型ネットワークシステム「Cisco Meraki」導入

クックパッドは、動画撮影スタジオ「cookpad studio」に、クラウド経由で遠隔管理できるネットワークシステム「Cisco Meraki」を導入。大阪のcookpad studio 2号店のネットワーク環境を、東京本社で一元管理する。

[金澤雅子,ITmedia]

 富士通マーケティングは5月22日、クックパッドが、同日付で開設したユーザー投稿型動画スタジオ「cookpad studio」の2号店(大阪・心斎橋)に、Cisco Systemsのクラウド管理型ネットワークシステム「Cisco Meraki」を導入したと発表した。

Photo 「cookpad studio」2号店に導入したシステムの構成図

 クックパッドのcookpad studioは、誰でも無料で料理動画を撮影できるスタジオ。スタジオに用意されたタブレット端末で、動画の撮影経験がない人でも簡単に料理動画を制作でき、完成動画はクックパッド内で公開できる他、個人のSNSにも投稿できる。2017年に東京・代官山でオープン、2018年5月22日に大阪・心斎橋に2号店を開いた。

 同社では、2号店の開設にあたり、ユーザーが撮影した料理動画のデータをクラウドサーバに保存したり、スタジオでのイベント開催時にインターネット接続を利用したりするため、無線LAN環境の構築を検討。短期間での構築が可能で、現地にネットワークの運用管理の専任人員を配置せずに安定稼働できるソリューションとして「Cisco Meraki」の採用を決めたという。

 Cisco Merakiは、ネットワーク機器をクラウドで統合管理できるソリューション。アクセスポイント、スイッチ、ファイアウォールなど、全てのネットワーク機器の構成や稼働状況をWebブラウザベースのダッシュボードで一元管理でき、機能拡張や障害対応も遠隔で行える。導入の結果、大阪のcookpad studioのネットワーク運用管理を東京本社で行えるようになった。

 富士通マーケティングは今回、機器の調達からネットワーク構築、機器設置工事、導入までをワンストップで提供。約1カ月でネットワークを構築したという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -