ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「「考える」力をつくる30のルール」最新記事一覧

「考える」力をつくる30のルール:
成功体験にとらわれるな!
人は成功すると、それが正しいと思いがちだ。同じ状況ならそのやり方を続ければよいが、状況が変われば過去に成功したやり方では通じなくなることがある。周りをきちんと分析しながら、勇気をもって変えることが必要なのだ。(2014/10/8)

「考える」力をつくる30のルール:
人は誰かのためになら頑張れる
人は、どんなときに頑張れるのか。それは、自分の家族や恋人だったり、あるいは苦楽を共にする同僚など、“その人のために頑張りたい”と思える誰かがいるときだ。(2014/10/1)

「考える」力をつくる30のルール:
伸ばすのではなく、「伸びるチカラ」を育てる
真の教育とは、知識を詰め込むことではない。子どもたちが自分自身で考え、判断し、伸びていく力を育てることだ。(2014/9/24)

「考える」力をつくる30のルール:
主役になれる仲間を集めろ
新しい事業を始めるには、人を集め、新しい組織を作らねばならない。しかし、単に人数がいればよいというものではない。ダメにならないためにも、強い組織を作らなくてはいけない。組織の中核として働ける仲間をいかに集めるかが課題なのだ。(2014/9/17)

「考える」力をつくる30のルール:
好きなものを集め、伝わるものだけ残せ
見ると、思わず行ってみたくなったり、それを買ってみたくなる――。多くの人を引きつける広告作品は、どのように作られるのか。今回は、人の心に伝わるメッセージのコツをお伝えします。(2014/9/10)

「考える」力をつくる30のルール:
頭を切り替えて提案へ向かえ
企画のためにいろいろなところから熱心に情報収集をする。しかし、情報収集にばかり執心してしまうと、いつまでたっても企画書はできない。情報を整理し、捨てるものは捨てる――。脳を“ギアチェンジ”することが大事なのだ。(2014/9/3)

「考える」力をつくる30のルール:
よいアイデアが生まれる4つのルール
ブレストの場で常識や理屈で批判してしまうと、いいアイデアは生まれなくなる。どんな意見でもまずは肯定し、その上に議論を重ねていく。今回は、斬新なアイデアを出すためのちょっとしたルールを紹介する。(2014/8/27)

「考える」力をつくる30のルール:
コンセプトは机の上で考えるな。日常に落ちている
アイデアは誰にでも出せるが、うまい人と下手な人がいる。その違いは、人より“アイデアが出るコツ”を知っているかどうか。この“コツ”とはいったい、どんなものなのか?(2014/8/20)

豪華講師陣が教える、いまを生きるためのヒント
NHK Eテレの人気番組「東北発☆未来塾」の書籍化である、未来を生きるヒントをくれる1冊を紹介します。(2014/8/12)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。