ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「若者」最新記事一覧

ニコニコ超会議2017:
「歌舞伎を若者に知ってほしい」――デジタル技術と融合「超歌舞伎」再び、見どころは プロデューサーに聞く
新作歌舞伎「花街詞合鏡」が「ニコニコ超会議2017」で上演される。最新技術を生かし、昨年話題を呼んだ「超歌舞伎」の第2弾は、どんな舞台になるのか。見どころを聞いた。(2017/4/27)

FM:
ビル管理に「スマートグラス」を実戦投入、遠隔から若者に技術を伝授
大京グループのオリックス・ファシリティーズはビル管理や工事検査業務に「スマートグラス」を導入する。遠隔地から作業指示による業務効率化や、若年層にベテランの持つ技術やノウハウを伝えるのに活用していく。(2017/4/24)

「平成生まれの社員はやる気がない」との指摘も
「デジタルネイティブは異質」は本当か? 「さとり世代」の生みの親、原田曜平さんに聞く
企業の成長には若者の活躍が必要。そのための最適な環境とは――。博報堂ブランドデザイン 若者研究所リーダーの原田曜平さんに今の若者と企業変革の鍵を聞いた。(2017/4/19)

若者によるイマドキな地図の使い方とは?――ゼンリンの「地図利用実態調査2017」
ゼンリンが4月19日の「地図の日」に先駆けて、「地図利用実態調査2017」の結果を発表した。(2017/4/18)

ニューヨークオートショー2017:
トヨタが提案する「若者のためのSUV」、アウトドア向けの装備が満載
トヨタ自動車は「2017年ニューヨーク国際オートショー」において、若者に向けたSUVのコンセプトモデル「TOYOTA FT-4X」を世界初公開した。(2017/4/14)

アームレストが寝袋に:
トヨタ、アウトドアコンセプト「FT-4X」初披露
トヨタがアウトドアを好む若者向けコンセプトカー「TOYOTA FT-4X」を世界初公開。(2017/4/13)

50代男性は半数が「週5で飲む」:
若者の“酒離れ” 20代の約3割は「飲まない」
世代別の飲酒習慣の違いは?――東京都生活文化局調べ。(2017/4/7)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
国鉄を知らない人へ贈る「分割民営化」の話
4月1日にJRグループは発足して30周年を迎えた。すなわち、国鉄分割民営化から30年だ。この節目に分割民営化の功罪を問う論調も多い。しかし、どの議論も国鉄の存在を承前として始まっている。今回はあえて若い人向けに国鉄と分割民営化をまとめてみた。(2017/4/7)

千円で散財「センポチ」ってみた:
980円の若者向けファッション雑誌付録を背負う
若者向けカジュアルファッション雑誌「smart」5月号付録のリュックサックを散財してみた。ポチッ。(2017/4/5)

来週話題になるハナシ:
米国のファミレスが苦戦している、3つの理由
米国のファミリーレストランが苦戦している。日本と同じように“若者のファミレス離れ”が加速しているが、それだけではない。米国では3つの要因が重なって……。(2017/3/31)

懐かしのフロッピーディスクがサイバーなアクリル製フィギュアに 案外若い人も知ってた
技術書オンリーイベント「技術書典2」にはフロッピー型のおせんべいも。(2017/3/29)

10代の6割以上がSNSで複アカを所持 BIGLOBEの調査
ビッグローブは、スマホユーザーを対象とした「若者のスマホ利用実態に関する調査」を実施。10代の6割以上がSNS上に複数のアカウントを持っており、約7割がTwitterを普段使用している。SNS上の友人は現実の友人の2〜3倍以上いるという結果が出た。(2017/3/28)

スマホ普及で“PC使えない”学生増加 各メーカー、若者向けで巻き返し
新学期に向け、若年層向けのPC商戦が活況を呈している。(2017/3/27)

全問正解できる? フロリダ、らぶりつ、tkmk……「若者が使うSNS用語」クイズ!
(2017/3/23)

身だしなみは最低限のマナー:
「中身で判断してほしい」という就活中の若者へ
相手には外見の良さを求めるのに、自分のことは「中身を見てほしい」では矛盾しています。自分の外見に優位性がないなら、それを補正するお金や権力など、何らかのメリットで説得する必要があります。(2017/3/22)

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)
炎上から学んだこと。そして、若者に伝えたいこと。(2017/3/19)

複数企業のデータを分析:
しょうゆ好きの若者はFacebook派 分析で判明
ビッグデータ分析を通じて「しょうゆ好きの若者」の特徴を明らかにした。その結果は?(2017/3/16)

「#祝ってくれる人RT」「#共感したらRT」 若者がよく使うハッシュタグの傾向は?
Twitterとエヌ・ティ・ティ・データ ソーシャルビジネス推進室 は、「#Twitter文化研究所」という共同調査プロジェクトを立ち上げたことを発表した。(2017/3/8)

やしろあずきの調査―― 今の若者ってSNSをどう使ってるの? インタビューから見えた光と闇(女子高生編)
中高生のころにSNSがなくて本当によかった……。(2017/3/5)

最近の若者は「バックアップを取る」という意識がない?
(2017/3/4)

石川温のスマホ業界新聞:
ファーウェイが2万円前後の春商戦モデル「nova lite」を投入――大量シリーズ展開で、国内シェア拡大に期待
ファーウェイ・ジャパンが、若者向けの新スマートフォン「HUAWEI nova」「HUAWEI nova lite」を発売した。特によりリーズナブルなnova liteは売れ筋となり、ファーウェイのシェア拡大も期待できそうだが、「ブランド乱立」がその足かせになる可能性もある。(2017/3/3)

SIM通:
フランスのスマホベンチャー「Wiko」が日本市場に参入!
Wikoの日本法人であるウイコウ・ジャパンは、日本市場への参入第1弾として、若者をターゲットにしたSIMフリースマホ「Tommy」を発売すると発表した。販売価格は1万4,800円。2017年中に2〜3機種を日本市場に投入するという。(2017/3/3)

やしろあずきの調査―― 今の若者ってSNSをどう使ってるの? インタビューから見えた光と闇(成人編)
クラスLINE? リア垢? ……なに言ってるか全然分からん!! 教えて!!!(2017/2/26)

太田智美がなんかやる:
80歳を超えたオババが「Swift」でiOSアプリを開発 その裏で起こっていたミラクルストーリー
「今のゲームは若い人が作っている。だから、若い人が勝ってしまう。デイサービスなんかでも、真面目にやったら介護士さんが勝っちゃうんですよ。年寄りにはつまらない。だから年寄りが勝てるゲームを作るんです。そうですね〜このあとは、このゲームに音を付けたいですね」(マーちゃん)。(2017/2/24)

若者向けの新シリーズ「HUAWEI nova」発表――セルフィー機能に注力、3万7980円【更新】
ファーウェイ・ジャパンが、SIMフリースマホの新機種「HUAWEI nova」を発表。2月24日に発売する。novaはセルフィー機能にこだわったミッドハイのスマホ。価格は3万7980円(税別)。(2017/2/21)

Snap、動画撮影メガネ「Spectacles」を米国でオンライン販売開始
若者に人気のSNS「Snapchat」を手掛けるSnapが、これまで神出鬼没の自販機でしか購入できなかった10秒動画撮影メガネ「Spectacles」(129.99ドル)のオンライン販売を米国で開始した。(2017/2/21)

AI×スマホ×生命保険が実現する未来:
ライフネット生命 岩瀬大輔氏、LINE 田端 信太郎氏が語る「若者が求める顧客接点」
ライフネット生命の新サービス説明会に同社代表取締役社長 岩瀬大輔氏、LINE 上級執行役員 田端 信太郎氏、森・浜田松本法律事務所 増島雅和氏が登壇。スマホを活用したデジタルビジネスの可能性を語った。(2017/2/21)

週刊「調査のチカラ」:
若者の消費意識に変化? バレンタインデーの“恋愛離れ”が止まらない
若者のバレンタインデーの過ごし方、職場でのデジタル化やパーソナルデータ共有についての意識など、調査データから「今どきの日本人像」を探ります。(2017/2/11)

“家族でデータ通信をシェア”は普通? 若者によく使うアプリを聞いてみた
(2017/2/11)

提供:東日本電信電話株式会社
「プライバシーを大切にしない会社」は就活生から見捨てられる?
今どきの高校生は、利便性よりも何よりもプライバシーを優先するという。企業のIT部門は、こうした若者が自社の戦力になるときに備えて、プライバシーについてあらためて考える必要がある。(2017/2/8)

もっと若者にPCを――「LAVIE Hybrid ZERO」「LAVIE Note Mobile」 2017年春の挑戦
世界の先進国と比べて、日本の若者のPC普及率は低い。なぜ若者はPCを使わないのか――疑問を突き詰めて開発されたのが、NECパーソナルコンピュータの軽量2in1 PC「LAVIE Hybrid ZERO」と新モバイルノートPC「LAVIE Note Mobile」だ。(2017/2/7)

Snap(旧Snapchat)、IPOで30億ドル調達へ
米国の若者に人気のソーシャルサービス「Snapchat」を手掛けるSnapの株式公開に関する文書が公開された。議決権のない株式で30億ドルの調達を目指す。上場先はニューヨーク証券取引所で、ティッカーシンボルは「SNAP」だ。(2017/2/3)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(20):
秋田編:人口減少は単なる事実、課題は別にある
田舎の生活は単調で、仕事もつまらないに決まっている?――秋田県五城目町でクリエイティブな仕事や働き方を模索する若者が考える「協働のポイント」とは?(2017/1/30)

太田智美がなんかやる:
「若い人が作るアプリは、年寄りにはつまらない」――Excelアートを極めるスーパークリエイター若宮正子さんが今度は「Swift」始める
およそ半年でリリース目指す。(2017/1/23)

ソニー・エンタテインメントCEO、退任してSnap(旧Snapchat)の会長に就任へ
ソニーの映画・音楽事業のトップを務めるマイケル・リントン氏が同社を退社し、若者に人気のソーシャルサービス「Snapchat」とサングラス型カメラ「Spectacles」を手掛けるSnapの会長に就任する。(2017/1/15)

IT4コマ漫画:
最強の身分証明書
運転免許を取らない若者が増えている――と言われていますが、そんな彼らにとっての“最強の身分証明書”は? IT向上委員会の有江敬寛氏による漫画連載「IT4コマ漫画」の第92回目。(2017/1/13)

常見陽平氏の人生相談所:
40男こそ「副業」に挑戦するべきだ
副業――。いかにも20〜30代半ばくらいの意識高い系の若者がやりそうなイメージがあるかもしれないが、個人的には悩める40男こそ副業に取り組むべきだと考えている。(2017/1/12)

週刊「調査のチカラ」:
若者は「恋愛離れ」も「車離れ」もしていない――2017年の新成人調査まとめで分かったこと
2017年第1回の更新となる週刊「調査のチカラ」。今回は1月9日の成人の日にちなみ、新成人にまつわるデータをピックアップしました。(2017/1/7)

20代の移動回数は「70代以下」:
若者の外出離れ? 外出する人、過去最低に 国交省調査
平日、休日を問わず、人々の外出率が低下している。その理由は?――国交省調べ。(2017/1/6)

「若者のクルマ離れ」が収束する?:
“マイカー”持つ新成人、4年ぶり増加
2017年に新成人を迎える若者たちの、自動車の保有状況や購入に対する意識はどうなっているのだろうか――ソニー損保調べ。(2017/1/5)

週刊「調査のチカラ」:
ソーシャルビッグデータが告げる「クリスマス終了のお知らせ」へのカウントダウン
「クリぼっち」なる言葉も飛び交う最近のクリスマス。もしかして、クリスマスは盛り上がっていないのではないか。調査データから見える“若者のクリスマス離れ”の実態をお届けします。(2016/12/24)

まだまだ若者に負けてない? LINEで全力で喜ぶ母
(2016/12/22)

老舗×ソーシャルギフト:
嘉永2年創業 山本海苔店が取り組む「若者のお歳暮離れ」対策としてのO2Oマーケティング
江戸時代から続く老舗海苔店が、スマートフォンで手軽に贈りものができるソーシャルギフトサービスを導入。その背景にある市場の変化と今後の展望について聞いた。(2016/12/21)

若者が「ポケモンGO」から離れた理由
(2016/12/16)

20年前のYouTuber? カセットテープで自分の番組を作っていたアイツ
「最近の若者ってヘンなことしているな」……違うのです。若者はいつの世もヘンなことをするのです。(2016/12/7)

国際学生ロボット競技会がインドで開催 サッカー部門で台湾の若者2人が優勝
世界50カ国以上から450以上のチームが参加。リサイクルロボットなどの課題に6歳から大学生までが取り組んだ。(2016/12/6)

採用例が拡大「CompTIA Security+」、間もなく提供開始「CompTIA CSA+」:
PR:CompTIA認定資格が「あなた」に必要とされている、本当の理由
「若者のIT業界離れ」や「セキュリティ人材の不足」が、この先、日本の抱える深刻な課題と挙げられている。しかし、その人材をどう育成/採用していけばよいのかに悩む企業が多いのも、また大きな課題だ。そんな中、セキュリティ人材の採用基準の1つとして、多数の国内外の企業や政府機関で取り入れられている認定資格がある。CompTIA認定資格を推進する、CompTIAのキーパーソンにその真意を聞いた。(2016/11/28)

なぜWindowsのシステムドライブは「C」なのか? NECが若い人には分からないクイズを出題
古参PCユーザーからは「NECの国産機はHDDがAドライブになっただろ!」とのツッコミ多数。(2016/11/22)

6割は「買いたくない」:
“若者のクルマ離れ”? 自動車技術を知ってもらうには
車に乗らない生活が珍しくなくなっているが、あらためて自動車技術を身近な生活と結び付けようとする取り組みが広がっている。(2016/11/22)

パンチパーマ巻き返し!? 若者に流行の兆し……ピコ太郎ブームで 「日本人の髪質に最適」
大阪発祥とも言われているパンチパーマが再び注目を集め始めている。ピコ太郎さんの髪形がパンチ風で全国では若者の間で流行の兆しもある。(2016/11/21)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。