ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

「LGBT」最新記事一覧

Lesbian, Gay, Bisexual & Transgender

関連キーワード

フジテレビ、「保毛尾田保毛男」騒動で謝罪文 「認識が極めて不十分」
「とんねるずのみなさんのおかげでした」のキャラ「保毛尾田保毛男」が「男性同性愛者を嘲笑している」などと批判を受けたことについて、フジテレビが謝罪文を公表した。(2017/10/16)

「認識が極めて不十分であったことを深く反省」 フジテレビ「保毛尾田保毛男」騒動について公式サイトで謝罪
「ホモ」という言葉が男性同性愛者に対する蔑称であるとの指摘があったとのこと。(2017/10/16)

ITはみ出しコラム:
日本も安心できない? 米大統領選のロシア干渉疑惑にみる「ネット情報工作の現在」
SNSの規約を守って巧妙に行われた情報操作が、徐々に明らかになってきました。(2017/10/8)

Facebook、「米大統領選でのロシアによる不正広告は1000万人が見た」
ロシアが米大統領選で国民の意見対立を目的として展開したFacebook上の広告は、約1000万人のユーザーの目に触れたとFacebookが発表した。(2017/10/3)

Facebook、米大統領選での虚偽ニュース関連調査で規約違反の広告10万ドル判明
米大統領選の結果への影響を批判されているFacebookが、過去2年間に不正アカウントが関わる広告に約10万ドルが費やされていたと報告した。Washington Postによると、同社は米当局に対してはロシアの関与の可能性があると報告したという。(2017/9/7)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
PRのポイントは「買う理由」をつくる――中身は同じでも包みの工夫で商品は売れる!
もはや、「商品力」や「宣伝力」だけでものは売れない時代である。そこで重要になるのは、いかに消費者に「買う理由」を提供するかだ。「買う理由」をつくりだす6つの法則を紹介する。(2017/8/28)

文化的な対立改めて鮮明に:
Google「メモ職員」解雇に揺れるシリコンバレー
Googleが会社の女性雇用方針を批判するメモを書いた男性技術者を解雇したことを受け、シリコンバレーでは文化的な対立が改めて鮮明になっている。(2017/8/10)

トランプ大統領の「トランスジェンダーが軍で働くことを認めない」発言、政財界・芸能界から批判の声多数
大統領は医療費の負担増などを理由としていますが、「全ての愛国者が軍に奉仕できるべき」との批判が強まっています。(2017/7/27)

大阪大学、性的指向・性自認の多様性に関する基本方針 「ALL GENDER」のトイレサイン作成
(2017/7/24)

キリングループ、内規改定でLGBTを差別しないと明確化 同性婚でも法律婚と同等の社内制度を利用可能に
性同一性障害の社員がホルモン治療や性別適合手術といった医学的措置を受ける際にも、最大60日の積立休暇を取得できる。(2017/7/3)

アフタヌーンティーの跡地に:
シェイクシャック、国内4店舗目を新宿にオープン
高級ハンバーガーチェーン「シェイクシャック(Shake Shack)」がJR新宿駅前に新店舗をオープンする。国内4店舗目。(2017/6/29)

『青少年アシベ』って本気か! 少年アシベ新作が『月刊アクション』で連載へ、作画は森下裕美指名のBL作家
アシベとスガオが……。(2017/6/24)

「サンドイッチの種類と思っておりました」 叶美香、夏コミケを前に“BL”の深淵に触れる
「おそ松さん」が好きだったりBLの素養はありそうな美香さん。(2017/6/15)

【連載】戦略PRが世界を動かす 第1回:
本田哲也×田端 信太郎:人の行動を変える情報戦略
SNSで誰もが意見を発信できる時代。可視化した個人の声は、時に企業の炎上騒動にも発展する。この時代の情報戦略とは。戦略PRのプロとメディアのプロが語る。(2017/6/9)

米テキサス大学が研究結果を発表:
「経営陣に女性がいる企業は業績がよくなる」という法則
経営先進国と考えられている米国でも実は、女性の昇進を阻む「ガラスの天井」が相変わらず分厚い実態がある。そうした中、経営陣に女性が含まれる企業はパフォーマンスがよくなるという実証研究が相次いで発表された。この意味を考えてみたい。(2017/6/6)

ヤフー、同性・内縁パートナーも「配偶者」認定 福利厚生の対象に
ヤフーが同性や内縁のパートナーを配偶者と認め、法律婚の場合と同等の福利厚生を適用する。(2017/6/1)

左利きやAB型とほぼ同じ割合……LGBTにビジネスチャンス
経済界でLGBTへの対応が急ピッチで進んでいる。(2017/5/31)

同性間性交渉を行った兵士を有罪判決に 韓国軍で
人権団体は軍が男性同性愛者向けアプリでおとり調査を実施したとコメントしています。(2017/5/25)

台湾、最高司法機関が同性婚を認めない現行法を違憲判断 合法化へ前進 
アジア初となる同性婚法制化へ大きな躍進となりました。(2017/5/24)

「同性愛者を入店させないで」と投書した客に「もう来ないでください」 お店の回答に称賛の声集まる
「お客さまを侮辱する方を、当社はお客さまとしてお迎えすることができません」と毅然(きぜん)と回答しています。(2017/5/16)

“同性婚”一ノ瀬文香と杉森茜が破局を報告 「うまく歩み寄って向かい合っていくことができなかった」
「今は互いに応援し合い、高め合える友人のような関係になれつつある」と一ノ瀬さん。(2017/5/12)

「夫のちんぽが入らない」13万部突破 売り方に“異例の工夫”
衝撃的なタイトルで刊行された本が、反響を巻き起こしている。書店での売り方にも異例の工夫が。(2017/5/10)

生きてるみんなカラフルだ! 多様な性の祭典「東京レインボープライド2017」でパレードを歩いてみた
知らない人でもハイタッチしちゃお! 合言葉は「ハッピープライド!」(2017/5/9)

何というフュージョン! レディビアード、「ひとり美女と野獣」が謎の完成度
1人で「美女と野獣」を見にいくことじゃなかったんだ!(2017/5/4)

YouTube、「制限付きモード」の不具合改善について報告
YouTubeが、3月にLGBTQ動画を自動的に「制限付きモード」で非表示にして問題になった件で、技術的な改善で1200万本を表示できるようにし、フィードバック用フォームを用意したと発表した。(2017/4/24)

キャリアニュース:
職場のダイバーシティ、「積極的に取り組んでいる」は19%
エン・ジャパンが「ダイバーシティ」についてのアンケート調査を実施。「積極的に取り組んでいる」との答えは全体の19%にとどまった。(2017/4/19)

「LGBTの採用・登用に最も積極的」1%:
ダイバーシティへの取り組み 「LGBT」進まず
ダイバーシティ(多様性)への取り組みはどのようなものなのか。「積極的に取り組んでいる」と回答したのは19%――エン・ジャパン調べ。(2017/4/18)

KDDI、4月から同性パートナーを配偶者として認める社内規程に 結婚祝金、育児休職などが利用可能
配偶者を持つ社員向けの制度が適用されるようになります。(2017/3/30)

国内初! トランスジェンダーの男性議員誕生 埼玉県入間市議選で
性同一性障害を公表していた細田智也さんが当選。市政にかける思いをうかがいました。(2017/3/27)

映画「ワンダーウーマン」の日本の宣伝がTwitterで酷評 女性戦士を「男も恋も知らない天然キャラ」とうたう
「下品すぎる」「私の知るワンダーウーマンはヘテロセクシャルじゃない」と批判を集めています。(2017/3/25)

LGBTQ+関連の動画がYouTubeの制限モード下では再生されない―― 指摘受け運営が謝罪
YouTubeは「LGBTQ+関連の動画は制限モードでも再生できるが、一部のデリケートな問題を扱うものはそうでないかもしれない」と認めている。(2017/3/21)

YouTube、LGBTQ動画への不適切フラグは誤動作だったとして謝罪し改善を約束
YouTubeの、不適切な動画を表示させないようにするオプション機能「制限付きモード」で、多数のLGBTQ動画が対象とされた件について、制限はシステムの誤動作だったとして謝罪し、修復していくと約束した。(2017/3/21)

ディズニー初のLGBTキャラ登場「美女と野獣」、「ゲイ的瞬間」にシンガポールの教会が注意喚起 マレーシアでは公開延期に
ロシアではPG-16指定にも。(2017/3/14)

トランプ政権、トランスジェンダーの生徒の保護に関する指針を撤回
トランスジェンダーの生徒が自認する性別のトイレを使えるようにするといったことを定めた指針が撤回されました。(2017/2/26)

「平等に国境があってはならない」──Nikeが豪華キャストの「EQUALITY」キャンペーン
Nikeが、人種や宗教による差別のない世界を主張する「EQUALITY」キャンペーンを開始した。マイケル・ジョーダンのナレーションでセリーナ・ウィリアムズやレブロン・ジェームズが登場するCMを公開し、特別Tシャツやシューズを販売する。(2017/2/13)

人口の8%はLGBT:
職場で、LGBTのカミングアウトは4.3%
人口の8%がLGBTに該当するといわれているが、ストレート層で周囲にLGBTがいるという人はどのくらいいるのだろうか。ストレート層に聞いたところ、88.5%は「周囲にLGBTはいない」と答えていることが、LGBT総合研究所の調査で分かった。(2017/2/8)

”手強いシミュレーション”がついにスマホで 「ファイアーエムブレム ヒーローズ」が配信開始でエムブレマー歓喜
聖戦のキャラクターも出して!(2017/2/2)

【連載】池田園子の「マーケ目線」 第3回:
漫画「おべんじょ物語」に学ぶ、問題解決のためのコミュニケーションデザイン
駅の女子トイレに掲示されたある漫画がじわじわと話題になっている。制約の多い施策がリアルとネットで結び付き、課題解決の一助となるには何が必要なのか。制作チームに話を聞いた。(2017/2/6)

ホワイトハウスのスペイン語サイトが閲覧不可に トランプ政権が削除? → アップデート中と発表
「トランプ政権が閉鎖した?」と話題になりました。(2017/1/26)

ドナルド・トランプ氏が米大統領に就任 連邦政府サイトからLGBTページが消える
ドナルド・トランプ新米大統領が誕生した。これにともない、これまでバラク・オバマ氏が使ってきたTwitterの公式大統領アカウントや連邦政府の公式Webサイトが刷新された。(2017/1/21)

オバマ大統領の退任演説後の“感謝”のツイート、過去最多のリツイート数に
「変化を生み出す力、信じて」とオバマ大統領はつぶやいた。(2017/1/12)

週刊「調査のチカラ」:
2016「今年の○○」、“ほぼほぼ”納得のいく調査データまとめ
「2016年の○○」「今年の××」といったまとめ系調査が数多くリリースされる季節になりました。「予想通り」「何でこれが?」など会話のタネになりがちなユニークなランキングをピックアップしてみます。(2016/12/10)

今年の新語大賞は「ほぼほぼ」 「『ほぼ』2回繰り返すのは嫌」の意見もあるが……
「今年の新語 2016」を三省堂が発表。大賞は「ほぼほぼ」だ。好き嫌いが分かれる言葉だが……。(2016/12/5)

同性パートナーでも結婚休暇 千葉市が自治体では全国初の試みとして職員に適用
「性別が同一である者とパートナーシップを形成した職員」にも利用できるように対象者を拡大。(2016/11/11)

真顔便所飯、鼻行類、水槽脳みそ 「いらすとや」が連日“濃い”イラストをぶっこんでくる
使い所が難しいイラストが多数。(2016/11/7)

世界中から8万人が大集結! アジア最大のLGBTパレード「台灣同志遊行」に行ってきた 
街とパレードが一体になっているかのようでした。(2016/11/7)

世界を読み解くニュース・サロン:
素顔は意外に優しい? 暴走するフィリピンの「暴言大統領」
10月25日、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が来日する。彼の「暴言」がニュースになることが増えているが、一体どんな人物なのか。破天荒な言動の一方で、国民からは……。(2016/10/25)

セキュリティ・アディッショナルタイム(14):
さくらインターネットとゲヒルン、似たもの同士の創業者2人が語る会社の在り方、人の働き方
2016年4月、さくらインターネットはセキュリティ企業ゲヒルンの全株式を取得し、完全子会社化することを明らかにした。技術畑の社長として起業し、事業を広げてきた“似た者同士”のトップ2人に、その背景を聞いた。(2016/10/17)

ソフトバンク、同性パートナーも「配偶者」に認定する社内規程に改定 慶弔見舞金などの社内制度が使えるように
異性と婚姻関係にある社員向けだった社内制度が、利用できるようになりました。(2016/10/3)

ソフトバンク、同性パートナーを「配偶者」に
ソフトバンクは社内規定の「配偶者」の定義を見直し、10月1日付で同性パートナーを配偶者に含めるようにした。(2016/10/3)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。