ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「オリンピック」最新記事一覧

質問!五輪→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で五輪関連の質問をチェック
「オリンピック」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

平昌五輪「選手村のベッドが硬い」 小平のスポンサー企業が神対応、ネットの憶測も一蹴
「選手村のベッドが硬い」――平昌五輪も中盤に入った16日、こんなニュースが、「5ちゃんねる」である憶測を呼んだ。(2018/2/22)

平昌五輪、やまぬネットでの個人攻撃……韓国選手も標的「代表剥奪請願」に35万人、涙の謝罪会見
平昌五輪の出場選手に対するネット上での中傷が後を絶たない。韓国選手の失格でメダルを獲得したカナダ選手への過剰な攻撃をめぐって警察が捜査に乗り出したが、韓国選手まで標的となる騒動も起きた。(2018/2/22)

平昌五輪で「5G」をプレビュー そこで見えた課題と、東京五輪への要望
2019年以降の商用サービス開始を予定している次世代通信「5G」の実証実験が各所で行われている。「インダストリー4.0」の土台となるといわれている5G技術で、何が変わるのだろうか。平昌五輪でその一端を見てきた。(2018/2/21)

平昌五輪:
女子選手メダルラッシュも苦しい台所事情 冬季スポーツ経費は男子の2倍 競技が続けられない
平昌五輪で女子選手たちが大活躍している。小平奈緒、高木美帆、高梨沙羅がメダルを獲得。「史上最強」の呼び声もある今回の日本選手団だが、夏季に比べると認知度が低い競技が多いのも事実。選手らを取り巻く環境を調べた。(2018/2/20)

東南アジアの大手とも交渉中:
第一交通、米Uberと提携協議 アプリ対応で訪日客に“おもてなし”
第一交通が、米Uberと提携協議を行っていることを明らかにした。Uberのアプリ上で第一交通のタクシーを呼べるようにする予定。担当者は「東京五輪に向けた訪日外国人の“おもてなし”だ」と話す。(2018/2/19)

平昌五輪:
羽生選手、完璧な演技 ノーカット映像、Twitterでも配信 NHK
平昌五輪のフィギュアスケート男子SPで、日本の羽生結弦選手が完璧な演技を見せ、首位に立った。羽生選手の演技の映像は、NHKの公式Twitterでもノーカットで公開された。(2018/2/16)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
なぜこんなことに? 平昌五輪、運営側の問題
平昌五輪で活躍する選手たちの姿を見て、一喜一憂している人も多いのでは。テレビや新聞などは日本人選手の活躍を報じているが、筆者の臼北氏は大会運営で気になることがあるという。それは……。(2018/2/16)

平昌五輪、なぜ“そんな時間”に競技本番? テレビマネーに左右される選手たち
平昌五輪のスキージャンプの競技開始は夜。五輪以外なら競技が終わっている時間だ。なぜ、こんな時間に始めなければならないのか。そこにテレビマネーという厄介な存在の介在がある。(2018/2/15)

復旧までに12時間:
平昌五輪公式サイト、開会式の最中にサイバー攻撃でダウン
平昌五輪の公式サイトがマルウェアに感染し、開会式が始まる直前にダウンした。「オリンピック委員会に恥をかかせることが目的だった」とTalosは推測する。(2018/2/13)

スピン経済の歩き方:
マスコミの「メダルの期待がかかります」報道がスポーツをダメにする
平昌五輪で、ようやく日本人選手がメダルを手にした。一般的なスポーツ報道は、一流のプレイヤーたちがみせる妙技やチームワークなどにフォーカスを当てるのに、なぜか日本は違う。とにもかくにも「日本人選手の勝利」にフォーカスを当てる。なぜそのような報道をするかというと……。(2018/2/13)

「おれたちのチームにマリオがいる」 平昌五輪の米カーリングチームに「マリオ」そっくりな選手がいると話題に
ノリの良い公式&選手です!(2018/2/12)

平昌五輪の空を飾ったIntelのLEDドローンショー、1218台でギネス更新
平昌冬季オリンピックの開会式の空を飾ったLEDドローンのライトショーで、Intelは1218台の「Shooting Star」を同時に制御し、ギネス記録を更新した。(2018/2/11)

五輪の謎オブジェ「モルゲッソヨ」にネット民熱狂 イラストやアスキーアート、ついには3DCGアニメ化を果たす
正直モルゲッソヨ(わからないです)。(2018/2/10)

Twitterにオリンピック応援絵文字 「#JPN」で日本国旗など
Twitterにオリンピックの応援絵文字が実装した。オリンピック関連ハッシュタグをつぶやくと、タグの末尾に絵文字が表示される。(2018/2/9)

フィギュア須崎・木原ペア、「ユーリ!!!」劇中曲での演技にTwitterで絶賛 声優・諏訪部順一も「素晴らしいッ!」
Twitterでは「オリンピック」とともに「Yuri on ICE」がトレンド入り。(2018/2/9)

平昌五輪、サイバー攻撃の餌食に いまのままでは東京五輪「大惨事」の警告
平昌五輪が開幕を迎える中、五輪の関連機関などを狙ったサイバー攻撃が警戒されている。昨年末に、関連機関の機密情報を狙う攻撃が発覚。20年の東京五輪では、攻撃能力がピークに達している恐れもあり、対策強化は不可欠だ。(2018/2/9)

平昌五輪のパブリックビューイング、自粛相次ぐ JOC「宣伝」懸念、成績公表にも制限
9日に開幕する平昌五輪の日本でのパブリックビューイングの自粛が相次いでいる。JOCなどは、自治体・スポンサーの主催を除き、企業や学校の主催でのパブリックビューイングは原則認めないとする方針を確認した。(2018/2/9)

「我々にとっても苦痛です」下町ボブスレーがジャマイカへの法的措置を予告 五輪で採用なければ損害賠償請求へ
法的措置の予告に至った経緯は下町PJのサイトでも公開されています。(2018/2/8)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
高梨沙羅にイチャモンをつけたくなる、3つの理由
ノルディックスキー・ジャンプ女子で活躍する、高梨沙羅への風当たりが厳しい。平昌五輪が近づいているなかで、なぜ彼女を批判する声が多いのか。その理由は……。(2018/2/2)

ピクシブがWeb即売会「BOOTH Festival」を開催 オリンピックによる即売会の縮小を危惧して
参加しやすいWebの同人イベントです。(2018/2/1)

転売チケット高騰「待った」東京五輪控え、仲介サイト規制へ加速 京都府警
転売サイト「チケットキャンプ」の運営会社元社長らが京都府警に摘発された。チケット転売は、異常な価格高騰が社会問題にもなっている。ただ、ネット上の転売行為を規制する法律はないのが現状で、東京五輪を控え、今後の対応にも注目が集まっている。(2018/1/25)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
大人たちによって作り上げられた“ポスト真央”、本田真凛の悲劇
オトナたちによって作り上げられた「悲劇のスター候補」だったのかもしれない。女子フィギュアスケートの本田真凛のことだ。期待されていた韓国・平昌五輪の代表入りを逃してしまったことで、今後の彼女はどうなる?(2018/1/18)

20年夏コミ、初のゴールデンウイーク開催 五輪回避で
2020年夏に開催予定だった「コミックマーケット98」が5月のゴールデンウイークに開催へ。(2017/12/25)

省エネビル:
五輪特需は一段落――ジョンソンコントロールズが予測する国内建設市場の今後
ジョンソンコントロールズは2017年12月20日、都内で記者会見を開催し、2017年の国内市場と同社の動向について振り返りを行った。また、2018年以降に向けた同社の取り組みを紹介した。(2017/12/22)

【マンガで雑学】ボクシングは「危険すぎる」という理由で、1200年間行われなかった
古代オリンピックの正式種目だったのに……。(2017/12/12)

最終的には約220人のセキュリティ人材を育成予定:
2020年東京五輪大会のセキュリティ人材育成へ――情報通信研究機構がサイバー演習「サイバーコロッセオ」実施
情報通信研究機構(NICT)は、実践的サイバー演習「サイバーコロッセオ」を2018年2月から実施する。2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックの大会運営に向けて、セキュリティ担当者の育成を目指す。(2017/12/11)

東京オリンピック・パラリンピックのマスコットキャラ最終候補発表 決戦投票は全国の小学生が担当
発表は2018年夏。(2017/12/7)

東京五輪のマスコット、最終候補3作品が発表 2月末決定 選ぶのは全国の小学生
2020年の東京オリンピック・パラリンピックのマスコットの最終候補が発表された。伝統的な模様や動物をモチーフにした3作品で、全国の小学生の投票で2月末にどのマスコットになるかが決まる。(2017/12/7)

小学生の投票で最終決定:
東京五輪マスコット、最終候補3作品が決定
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が、大会マスコットのデザイン案の最終候補3作品を発表。(2017/12/7)

「正社員以外は社員食堂使用禁止」の企業と「アルバイトにも年金を払う」企業 “待遇格差”是正のカギは?
「働き方改革」や東京オリンピックによる影響も。(2017/11/30)

イオングループで1月から成人向け雑誌の販売取りやめ 家族連れや東京五輪に向け配慮
イオン傘下のコンビニ「ミニストップ」でも千葉市で先行して販売を止めることが21日に発表されていました。(2017/11/22)

地方向け投資の鍵は「意識改革」:
東京五輪向け投資は2018年から成長加速か――IDC、公共分野の第3のプラットフォーム国内市場予測を発表
IDC Japanは、「2017〜2021年の公共分野での第3のプラットフォームの国内市場予測」を発表。2018年から2020年にかけて、中央官庁や首都圏の自治体を中心に、東京オリンピック・パラリンピックを見据えた投資が伸びる可能性との見方を示した。(2017/11/21)

活況のビル建築業界へ工期短縮・安定品質で貢献:
PR:“建築盤業界で制御盤革新”宣言JSIA会長が目指す制御盤製作の合理化と信頼性向上
制御盤・配電盤需要が盛り上がりを見せている。東京五輪・都市再生PJなどで建設需要が活況であるためだ。活況な中だからこそ、生産工程におけるミスを撲滅することが重要である。制御盤・配電盤メーカーの団体である日本配電制御システム工業会会長の宇賀神清孝氏は「工業会をあげてミスの低減を図るとともに、生産工程の効率化に向けて新たな方法を実現したい」と意欲を見せる。(2017/12/11)

観光庁、「出国税」の提言 全出国旅客一律で1000円以内、使途は観光インフラの整備や宣伝強化など
2020年の東京五輪前までに導入すべきだとしています。(2017/11/10)

5・7・9月の計40日間:
東京ビッグサイト、五輪前後に一部利用可能に
東京ビッグサイトが、東京オリンピック・パラリンピック前後に一部の展示棟が利用可能になったことを明らかにした。(2017/11/8)

ロッカーの扉を100回開閉したら……これが数学五輪常連校・筑駒の入試だ!
筑波大附属駒場中学校のことし2月の入試には、扉のついた200個のロッカーを、100回開閉する問題が算数で出題された。どんな問題?(2017/10/19)

体操競技の自動採点、東京五輪で実用化へ 富士通と国際体操連盟が協力
体操競技の採点支援システムの実用化に向け、富士通が国際体操連盟と提携した。(2017/10/10)

東京ビッグサイト問題、都知事の対応は「焼け石に水」 「対応の余地ある」と展示会関係者
オリンピックの関係で東京ビッグサイトが一定期間利用できなくなる問題。「コミケ関連で調整中」はどれだけ意味があるのか――関係者に取材しました。(2017/10/3)

小池知事が五輪で東京ビッグサイトが使用できない問題に言及 「コミケ関連で使えるように調整している」
「大変なファンのいるイベントであり、オリンピックだけでなくいつもの方々にお使いいただけるような工夫をしております」と語った。(2017/9/29)

世界を読み解くニュース・サロン:
ボイコット危機の平昌五輪で韓国が恐れる本当の“敵”とは
2018年2月に韓国で開催される平昌五輪に不参加国が出る可能性が報じられた。深刻化する北朝鮮情勢が大きな懸念となっているが、五輪を巡る問題はそれだけではない。(2017/9/28)

平昌五輪公式サイトの地図で日本列島消える、ネットで物議 日本政府が是正申し入れ復活
意図的に消したのではないか疑う声があがっていた。(2017/9/27)

2020年に日本にやって来る脅威
政府が進めている東京オリンピックのサイバーセキュリティ対策とは?
日本政府は、2020年の東京オリンピックに向けてさまざまなサイバーセキュリティ対策を進めている。政府の対策は十分なのか。そして、オリンピック開催時にやって来る「膨大な脅威」とは何か。(2017/9/22)

夏季五輪の開催地、正式に決まる 2024年はパリ大会、28年はロサンゼルス
異例の2大会同時決定。(2017/9/14)

東京五輪へ連れてって:
体操界に遅れて来た“IT革命”――採点の常識覆す、富士通の挑戦
2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、富士通が体操競技の「自動採点支援システム」の開発を進めている。体操界に“IT革命”は起きるのか。(2017/9/14)

競泳で活躍:
オリンピックの経験を接客に 星野リゾート・山口美咲さん
北京そしてリオデジャネイロと、オリンピックに2度出場した元競泳選手の山口美咲さん。今年4月から星野リゾートの日本旅館「星のや東京」で正社員として働いている。アスリートからの転身の思いを聞いた。(2017/8/20)

東京五輪記念ナンバープレート、デザイン決定
2020年東京五輪・パラリンピック開催を記念する特別仕様のナンバープレートのデザインが決まった。(2017/8/9)

10月10日交付開始:
東京五輪特別仕様ナンバープレート、デザイン決定
東京五輪・パラリンピックを記念する特別仕様ナンバープレートのデザインが決まった。(2017/8/8)

自然エネルギー:
世界最大級のCO2フリー水素工場の開発がスタート、福島で2020年に実証へ
「福島新エネ社会構想」の一環として計画している、世界最大級のCO2フリー水素製造工場の開発が本格的にスタートする。「東京オリンピック・パラリンピック」が開かれる2020年度をめどに実証運転を行う計画だ。(2017/8/3)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
オリンピック4大会連続出場を成し遂げた松田選手の「自超力」とは
0.01秒単位で記録を縮め、世界で結果を出すために考えたこと、変えていったこと、壁を乗り越えるために必要だったこと。(2017/7/13)

TechFactory通信 編集後記:
3Dプリンタ製シューズを気軽に買える日も近い!?
2020年の東京オリンピック・パラリンピックで一気に花開く?(2017/7/8)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。