ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「オリンピック」最新記事一覧

質問!五輪→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で五輪関連の質問をチェック
「オリンピック」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

「シン・ゴジラ」の白組が地方PR動画に怪獣「カイセンドン」を放つ! 関門海峡の運命やいかに
監督は東京五輪招致映像のディレクションを手がけた会社、「空気」の江口カン氏。(2017/3/29)

マイナンバーの本人確認をiPhoneでも 東京五輪などスマホだけで入場可能
総務省は28日、マイナンバーカードで本人確認できる利用者証明機能をスマートフォンにダウンロードして使う実証実験で、これまでは難しいと考えられていた米アップルの「iPhone(アイフォーン)」への対応ができる見通しになったと明らかにした。(2017/3/29)

正会員が男性限定だった「霞ヶ関カンツリー倶楽部」で女性会員への道が開かれる 臨時理事会で定款細則の改定を決議
2020年の東京オリンピックのゴルフ会場に予定されており、IOCからも五輪憲章の原則に抵触するとの指摘が。(2017/3/20)

防犯カメラ 大手電機、東京五輪照準に競争激化
インターネットを通じて画像を送るネットワークカメラで、国内大手の開発競争が激化している。(2017/3/8)

世界最長:
千葉都市モノレールが資金ショートの恐れ、どうする?
千葉市中心部を走る千葉都市モノレールが、深刻な資金不足の危機に直面している。開通から約30年が経過し、車両更新の時期を迎えることなどが要因で、東京五輪・パラリンピックが開催される2020年度に資金ショートが発生すると予測されている。(2017/3/2)

IDC Japan 国内IoT市場調査:
2021年国内IoT市場は11兆円規模へ、東京五輪や技術・コスト障壁の低下が後押し
IDC Japanは、国内IoT(Internet of Things)市場における用途別/産業分野別予測を発表。2016〜2021年までの年間平均成長率(CAGR)は17.0%で、2021年には11兆237億円に達する見込みだという。(2017/3/1)

電気自動車:
水素で200キロ走る燃料電池バス、東京都心で運行開始へ
東京都の交通局が水素社会の実現に向けて燃料電池バスの運行を3月21日に開始する。トヨタ自動車が市販する燃料電池バス2台を導入して、東京オリンピック・パラリンピックの会場周辺と東京駅を結ぶ。車体の上部に搭載した燃料電池2基と水素タンク10本で200キロメートルの走行が可能だ。(2017/2/28)

小池都知事、満員電車の解消に「快適通勤ムーブメント」を実施 2020年東京オリンピックに向け
鉄道利用者と鉄道事業者が連携して取り組む運動となります。(2017/2/26)

フェリシモ「500色の色えんぴつ」の新シリーズ 東京下町の職人さんが手掛けた「TOKYO SEEDS」誕生!
オリンピックを迎える街をスケッチしたい。(2017/2/17)

リオ五輪、セキュリティの舞台裏(2):
東京に生かすべき、リオにおけるサイバーセキュリティの教訓とは
連載「リオ五輪におけるセキュリティの舞台裏」の後編として、政府および重要インフラの対策に続き、リオにおける課題、東京に向けた教訓をお届けする。(2017/2/16)

リオ五輪、セキュリティの舞台裏(1):
リオ五輪のサイバーセキュリティ、対策はどう行われたのか
2016年8月に開催されたリオデジャネイロオリンピック。205カ国のアスリート1万1303人が参加、チケットは610万枚以上を販売したという。この全世界的スポーツイベントにおけるサイバーセキュリティ対策についての、現地担当者たちの講演の前編をお届けする。(2017/2/15)

パナソニックの展示会:
2020年、空港はテクノロジーでどう変わるのか
パナソニックは、東京五輪が開催される2020年とその先の社会に向けて開発する独自技術やソリューションを展示するプライベート展示会「Wonder Japan 2020」を開催した。(2017/2/14)

東京五輪メダルは“ケータイの金属”をリサイクル ドコモなど4月に回収スタート
使わなくなった携帯電話などから金属を集め、2020年の東京五輪のメダルを作るプロジェクトが4月に始動。全国のドコモショップなどで回収する。(2017/2/3)

工期6年、事業費は180億円:
「幕張新駅」東京五輪に間に合わず JR調査
「幕張新都心拡大地区新駅設置調査会」は31日、JR東日本に依頼していた基本調査の結果を発表。すぐに建設を決めたとしても2020年東京五輪・パラリンピックまでの設置は実現できないことが確実となった。(2017/2/2)

今年の「技研公開」は5月25日から
NHKが「第71回 技研公開」の日程と概要を発表した。今年は、東京オリンピックが開催される2020年をターゲットにした研究開発と、その先を見据えて技研が取り組んでいる研究開発を披露する。(2017/1/31)

“いま”が分かるビジネス塾:
飲食店の全面禁煙は仕方ないのか
政府は、東京オリンピックに向けて飲食店の全面禁煙(喫煙室の設置は可)を目指すなど、諸外国(先進国)並みの受動喫煙対策を実施しようとしている。飲食店などからは反対意見が相次いでいるが、今回のタイミングを逃してしまうと、本格的な受動喫煙対策の導入は困難とも言われている。国会審議の行方に目が離せない。(2017/1/25)

厚生労働省が受動喫煙対策法案を提出へ 飲食店など原則禁煙、オリンピックに向けて
2020東京オリンピックのおもてなし、受動喫煙防止強化で禁煙エリアの規制などはどう変わる?(2017/1/17)

自然エネルギー:
豪州産のCO2フリー水素を東京オリンピックに、輸送船を建造・運航へ
日本とオーストラリア(豪州)の政府が共同でCO2フリー水素の製造・輸送事業を推進する。オーストラリア国内で未利用の状態にある石炭から水素を製造して日本まで輸送する計画だ。2020年の東京オリンピック・パラリンピックで豪州産のCO2フリー水素を利用可能にする。(2017/1/17)

国交省が東京五輪特別仕様のナンバープレートのデザイン募集 1月31日まで
デザインの発表は2017年夏を予定。(2017/1/12)

8社が参加予定:
ロボットで旅客案内 羽田空港で実証実験
国内の大手メーカーやベンチャー企業が開発した最新ロボットの実証実験が羽田空港国内線第2旅客ターミナルで開かれている。人口減少による人手不足対策の切り札として、実験結果を踏まえ、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて実用化を目指す。(2017/1/12)

国民のデザインが街を走る:
東京五輪仕様のナンバープレート、国交省がデザイン募集
国交省が、東京五輪に向けた特別仕様のナンバープレートのデザインを募集している。選ばれたデザインを反映したものを今年10月から交付する。(2017/1/11)

2017年 新春インタビュー特集:
AIが生み出す安心を“東京2020 Ready”のレベルへ――NEC・新野社長
2016年、AI関連のソリューションを立て続けに発表したNEC。技術革新のスピードが高まっている今、実用化を念頭に置いた研究開発が重要になるという。2017年は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会で実用に耐え得るレベルへと人工知能の技術を磨くことが1つの目標になるようだ。(2017/1/6)

元体操選手の田中理恵が結婚 ロンドン五輪などで活躍
お相手については触れませんでした。(2017/1/3)

2020年の東京五輪に向けて:
スポーツ界はテクノロジーでどう変わる?
2016年に開催されたリオデジャネイロ五輪で、日本選手団は史上最多となる41個のメダルを獲得した。成功の要因のひとつに、「テクノロジーを活用したデータ分析があったから」とも言われている。2020年の東京五輪に向けて、2017年もテクノロジーとスポーツの融合は進むのだろうか。日本スポーツアナリスト協会の年次カンファレンスから、今後のヒントを探る。(2017/1/3)

電力供給サービス:
地中送電線の火災事故を防止する対策、2020年のオリンピックまでに完了へ
東京電力の地中送電線で2016年10月に発生した火災事故の原因究明と再発防止策の進捗が明らかになった。火災現場の送電ケーブルを搬出して調査を進める一方、劣化の可能性があるケーブルの緊急点検を実施中だ。古いケーブルの張替工事を進めながら2020年3月までに防災対策を完了させる。(2016/12/20)

東京五輪記念ナンバープレート、デザイン案を公募へ 国交省
2020年の東京オリンピック・パラリンピックを記念した特別仕様ナンバープレートのデザイン案を、国交省が2017年1月から募集する。(2016/12/13)

USJ×任天堂「SUPER NINTENDO WORLD」東京オリンピックまでにオープン 投資額は500億円以上
世界3カ所で展開予定。(2016/12/12)

USJのマリオエリアは「SUPER NINTENDO WORLD」 東京五輪前にオープンへ
USJのマリオエリアは「SUPER NINTENDO WORLD」という名称に。2020年の東京五輪前にオープンする予定だ。(2016/12/12)

2016年「今年の漢字」は「金」 リオ五輪やトランプ、PPAPを受け 選ばれるのは歴代3回目
2位は「選」、3位は「変」。(2016/12/12)

2016年、最も心に残った音は“リオ五輪の実況音声”
補聴器や音響・振動測定器などを手がけるリオンが2016年に「心に残った音」の調査結果を発表した。2016年の第1位は「リオデジャネイロオリンピックで日本選手のメダル獲得や活躍時の実況音声」だった。(2016/12/1)

2020年東京五輪に向け:
「店をつぶす気か」厚労省禁煙案に反対続出
2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、厚生労働省が10月、喫煙範囲を狭めた受動喫煙防止対策案を打ち出したところ、関係団体から反対意見が相次いだ。病院からも「命短い患者にせめてたばこくらいは……」と喫煙室の設置を求める声も。(2016/12/1)

ボーカロイド“初音ミク”と太鼓芸能集団の“鼓童”がコラボ! スペシャルライブでミクさんの“鼓童”を感じろ
2020年東京オリンピックに向けてのスペシャルライブとのこと。(2016/11/27)

競技人口60万人:
「ボルダリング」人気急上昇 歌って登れるカラオケ店も
2020年東京五輪の追加種目の1つにスポーツクライミングが初採用され、その一種である「ボルダリング」が人気を集めている。仕事帰りのサラリーマンや子供、高齢者らにも愛好者が増え、街のボルダリングジムは大盛況だ。(2016/11/22)

ビジネスパーソンのための建設と建築:
ゼネコン、サブコン、CM 東京五輪前に押さえておきたい「建設の常識」
建設と建築の違いは? 知っているようで知らない基礎知識を解説。(2016/11/21)

NHK大河ドラマに“オリンピック” 2019年の大河はクドカン脚本でスポーツマンの奮闘ぶりが描かれる
今後のキャスト発表にも注目。(2016/11/16)

2019年NHK大河ドラマは「オリンピック」 クドカン脚本
2019年のNHK大河ドラマは「オリンピック」がテーマに。(2016/11/16)

使用済み携帯電話を東京五輪のメダルに ドコモが協力を提案へ
2020年東京五輪では、不要になった携帯電話から収集した金属が、メダルに使われる見通しだ。(2016/11/14)

司書メイドの同人誌レビューノート:
2020年東京五輪により消えゆく「霞ヶ丘アパート」 そして建設中の湾岸地区を写真集に
静と動の対比。(2016/11/13)

NEC、ICT活用の先進警備支援システムを実証実験
2020年の東京オリンピックなどを見据え、大規模なスポーツイベントの会場にて、NEC独自の映像解析技術や伝送技術を用いた先進警備支援システムの実証実験を実施した。(2016/11/7)

人工知能ニュース:
東京五輪の体操競技はコンピュータが自動採点!? あん馬から技術開発がスタート
富士通研究所は、現在開発を進めている体操競技の採点支援技術の最新成果を披露した。「可能であれば2020年の東京オリンピックで使ってもらいたい」(同社)という。(2016/10/27)

セガ、東京五輪公式ゲームソフトの世界販売権を独占取得
セガは、2020年東京オリンピックを題材にしたゲームソフトの独占販売権を取得した。(2016/10/27)

五輪視野 「次世代スポーツ観戦」広がる NTTやソフトバンク、競技場でIT活用
観客のスマートフォンなどに情報を送り、スポーツ観戦をより楽しんでもらう仕組みづくりが動き出した。(2016/10/24)

バーチャル三波春夫「ハルオロイド・ミナミ」無料公開、なんでも歌ってくれる 「東京五輪音頭」もリメイク
歌手の歌声と歌い方をモデル化し、本人のような歌唱を実現するソフトウェアCeVIO向けに新たなバーチャルシンガーが投入された。日本を代表する歌手・三波春夫。しかも無料だ。(2016/10/20)

選手たちの笑顔がはじける! オリンピック・パラリンピックメダリストたちによるパレードが銀座で開催
本当にお疲れ様でした!(2016/10/7)

街路樹をオリンピック開発から守って!――千代田区の街路樹伐採反対で署名運動 役所「オリンピックは無関係」
ただ伐採するだけでなく、新たな木を植え替えるそうです。(2016/10/5)

一大商機を確実につかむために:
PR:今後増大する「トラフィック爆発」や「サイバー攻撃」から誰がインターネットを守るのか?
日本が、そして世界が熱狂したリオデジャネイロオリンピックでは、前回のロンドンオリンピックの2倍を超えるトラフィックがインターネット上を行き交ったという。インターネットのさらなる活用が見込まれる中、企業はどのような備えを行う必要があるのだろうか。アカマイに聞いた。(2016/10/3)

シュールで楽しそう カピバラさんの飛び込み芸(?)
次のオリンピックに出られるかも?(2016/9/24)

臨床心理士みらーのメンタルアドバイス:
日常生活にも応用できる! スポーツ選手のメンタルトレーニングとは
リオオリンピック、そしてパラリンピックが閉幕しました。今年もいろいろな選手が活躍しましたね。さて、スポーツの世界でも最近はメンタルの部分が注目されるようになっています。スポーツ選手が行っているメンタルトレーニングとはどんなものなのでしょうか。(2016/9/24)

新人記者(応援団長)が行く:
東京五輪よりも大きい“ネコ”の経済効果 なぜいまブームなのか
いま、史上空前のネコブームが巻き起こっている。なぜいまブームなのか。そして、ネコにはどのくらいの経済効果があるのか。“ミスター経済効果”こと宮本名誉教授(関西大学)に話を聞いた。(2016/9/20)

反ドーピング機関のDBから五輪選手の個人情報流出、「犯行はロシア」とWADAが名指し
WADAの発表によると、ロシアのサイバースパイ集団がスピアフィッシング詐欺の手口でパスワードを入手して、国際オリンピック委員会のアカウントを通じてデータベースに侵入したという。(2016/9/15)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。