ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ワールドカップ/世界大会」最新記事一覧

赤坂8丁目発 スポーツ246:
ハリル監督は“本田切り”を断行できるのか
サッカー日本代表、本田圭佑が厳しい現実を突きつけられている。ロシアW杯アジア最終予選に出場したものの、パフォーマンスは目を覆いたくなるほどひどかった。スポンサーからの圧力や協会の声を無視して、ハリルホジッチ監督は“本田切り”を断行できるのだろうか。(2017/9/8)

サイコム、チーム「DeToNator」の世界大会参戦を記念したコラボモデル値引きキャンペーン
サイコムは、同社がスポンサーするプロゲーミングチームの世界大会参戦を記念したDeToNatorコラボモデル値引きキャンペーンを開始した。(2017/8/18)

「レインボーシックス シージ」公式世界大会で日本人だけ賞金を受け取れない「おま賞金」発生 その理由とは
おま国、おま値、おま言語、そしておま賞金。(2017/7/24)

G-Tune、スポンサー選手の大会入賞を記念した特別セールを開催中
マウスコンピューターは、同社がスポンサーするプロゲーマー選手の大会入賞を記念した「格闘ゲーム世界大会上位入賞セール」を実施している。(2017/7/20)

ラグビーW杯日本大会、経済効果は4000億円 旅行業界など高まる期待
4年に1度のラグビーの祭典で、アジア初開催となる2019年ワールドカップ日本大会の組み合わせ抽選会は10日、京都迎賓館で行われた。(2017/5/11)

サンドアート世界大会で日本人アーティストが優勝! 砂像「宮本武蔵」に「度肝抜かれた」の声続々
ヒーローというテーマで選んだのは、侍。(2017/5/8)

来週話題になるハナシ:
なぜ米国は「美食のW杯」で優勝できたのか
「美食のW杯」があることをご存じだろうか。2年に1度、料理人にとって最も栄誉のある「コンクール」が開催されていて、これまで北欧諸国の優勝が目立つ。そんな中で、2017年に優勝したのは「米国」。ジャンクフードのイメージが強い米国が、なぜ優勝を手にできたのか。(2017/2/24)

図柄入り車ナンバーは初:
ラグビーW杯記念ナンバープレート申し込み開始
2019年のラグビーワールドカップ開催を記念した特別仕様のナンバープレートの申し込みが始まった。交付開始は4月3日。(2017/2/13)

格闘ゲーム大会での挑発は是か非か Killer Instinct世界大会で挑発行為の禁止がアナウンスされ議論に
挑発で心理的な効果も狙える?(2017/1/27)

お見事なセーブを連発だにゃ! 真剣な表情のにゃんキーパー特訓動画がめんこい
目指せ猫のワールドカップ!(2017/1/23)

FIFAワールドカップ、2026年大会から出場国が48カ国に
現行の32カ国から拡大。(2017/1/10)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
絶体絶命の本田圭佑 電撃引退説まで飛び交う舞台裏
サッカー日本代表の本田圭佑が、かつてないピンチを迎えている。所属クラブのACミランからは戦力外に近い扱いを受けていて、W杯アジア最終予選のサウジアラビア戦ではスタメン落ち。他のクラブチームに移籍のうわさも出ているが、このままの状況だと……。(2016/11/18)

三津谷亮、ミュージカル「黒執事」で世界1位の“一輪車技” 「舞台の世界でも王子様に」
世界大会2連覇の腕前を舞台で披露。(2016/11/9)

「太り過ぎだから食べるな」と言われ、ミス・アイスランドが世界大会を辞退 「私の国では完璧な体型」
太り過ぎって意味わかってる(憤怒)?(2016/10/26)

「2016 Imagine Cup World Finals」レポート
筑波大生が「奥歯をかむとズームするスコープ」で世界の学生と勝負、気になる結果は?
Microsoftが毎年開催する世界最大の学生向けITコンテスト「Imagine Cup」。日本からは筑波大学の学生が参加した、2016年の世界大会の様子をレポートする。(2016/10/4)

「正職員への実績作りにと……」 “格ゲー世界大会優勝”虚偽報告で炎上の太田市臨時職員、上司に話を聞いた
ネットでは擁護意見もあがり始めています。(2016/9/29)

「市職員が格ゲー世界大会で優勝」掲載の朝日・上毛新聞が記事を削除し謝罪 今後の処分などは検討中
出来心でついたうそで引くに引けず……。(2016/9/28)

「群馬県の市職員が格闘ゲーム世界大会で優勝」と虚偽の記事掲載 上毛新聞・朝日新聞が謝罪
上毛新聞と朝日新聞はそれぞれ、「群馬県太田市の男性臨時職員が格闘ゲームの世界大会で優勝した」との記事が事実ではなかったとし、Webサイトから記事を削除して謝罪した。(2016/9/28)

群馬県の市役所職員が「ギルティギア」世界大会で優勝? ネットでは「そんな大会ない」との指摘 本人はコメント拒否
格闘ゲーム界の通例であるWeb配信や、他の参加者情報もないようです。 ※追記あり(2016/9/27)

TGS 2016:
e-sportsの世界大会「EVO」日本版の概要発表 採用タイトルは対戦ゲーム全般、同人誌即売会などのサイドイベントも募集
FPSとか採用されそう。(2016/9/15)

司書メイドの同人誌レビューノート:
欅坂46も挑戦した「ポエトリーリーディング」って? 世界大会まである奥深き詩の世界
ただ読むだけじゃないんです。(2016/7/24)

声優の植田佳奈さん、「ガンダムEXVSFB」トーナメントで3位に入賞 ゲームの世界大会EVO2016にて
さすがガチゲーマー……!(2016/7/17)

ルネサス 社長兼CEO 呉文精氏:
ルネサス成長へ材料はあるが「意欲足りない」
経営危機を脱し、成長フェーズへと移ろうとしているルネサス エレクトロニクスの社長兼CEOに就任した呉文精氏。「ワールドカップ優勝、世界市場で勝つ」とグローバルな半導体メーカーとしての成功を目標に掲げる同氏にインタビューした。(2016/7/8)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本よりも先に、中国がサッカーW杯で優勝する(かも)
中国企業が欧州サッカー界に惜しみなく投資している。日本代表の長友佑都が所属するインテルを買収したほか、本田圭佑が活躍するACミランも、中国企業が買収するのではないかとうわさされている。巨額の資金を投じることで、中国サッカーのレベルは向上する!?(2016/6/30)

特定企業の傘下ではなく独立企業として戦う:
呉ルネサス、目指すは「W杯優勝」
ルネサス エレクトロニクスは2016年6月28日、同日付で社長兼CEOに就任した呉文精氏の就任会見を開催し、新CEOとして、戦略的セグメントに特化するなどの経営方針、抱負を語った。(2016/6/28)

フランスの「スト5」大会でももち選手が優勝! 世界大会への切符を日本人最速ゲット ウメハラは7位タイ
日本勢がTOP8中6人も食い込む大活躍。(2016/5/23)

胸が尻で尻が胸で 胸のような尻をデザインした「妄想マッピング」Tシャツが変態的発想のW杯状態
こんなの三度見するでしょ。(2016/4/22)

R25スマホ情報局:
世界初!?スマホケース投げ世界大会
スマホグッズ販売企業がスマホケースを投げて飛距離を競う世界大会を3月19日(土)に小田原城山競技場で開催することを発表した。「もしもし!」と叫びながら、好きなフォームでスマホケースを投げる。(2016/3/14)

スマホケースを力の限り投げ飛ばせ! 新しすぎる「スマ投げ!」世界大会開催
100グラム以内での改造も認められています。(2016/3/9)

ドローンレース世界大会、第1戦の映像公開 未来的でエキサイティング!
手に汗握るレース展開。(2016/2/23)

近未来感にあふれて胸が熱くなる! 難易度の高いコースでドローンの操縦テクニックと速さを競う世界大会がアメリカで開催
映画の予告編かな?(2016/1/28)

水曜インタビュー劇場(天候編):
ウェザーニューズの「気象情報」に、ラグビー日本代表が喝采
気象予報会社のウェザーニューズがスポーツチームの支援にチカラを入れていることをご存じだろうか。2015年秋に開催されたラグビーW杯で南アフリカに歴史的な勝利を果たした日本代表チームもサポートしていたという。どのような形で支援していたかというと……。(2016/1/6)

フェンシングの世界大会に「ジェダイの騎士」が登場!? ライトセーバーで壮絶な闘いを披露!
フォースを信じるのだ。(2015/11/28)

ラグビー日本代表、W杯南アフリカ戦の歴史的勝利が「最高の瞬間」部門受賞
今でも手に汗握る瞬間。(2015/11/2)

『Number』創刊35年で初の発売前増刷 ラグビーワールドカップ特集
文藝春秋は10月16日、ラグビーワールドカップにおける日本代表の快挙を特集した『Sports Graphic Number』緊急増刊号を発売する。(2015/10/14)

ラグビーW杯日本代表、アメリカを下して有終の美 1次リーグで敗退するも自国開催にはずみつける
注目度もぐっとアップ。(2015/10/12)

電気自動車:
パナソニックの太陽電池は世界に勝てるか、ソーラーカー世界大会の出場校を支援
ソーラーカーで約3000キロメートルの走破を目指す世界最大級のレース「ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジ 2015」が2015年10月にオーストラリアで開催される。パナソニックは同大会に出場する東海大学チームとスポンサー契約を結び、同社の太陽光関連製品を提供する。(2015/9/1)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
やはり只者ではない! 世界を相手に戦う、清宮とオコエの凄さ
夏の甲子園で日本中を沸かせた早実の清宮幸太郎内野手と関東一・オコエ瑠偉外野手が、「第27回U18ワールドカップ」のメンバーに加わった。メディアは2人にスポットを当てているが、彼らのどこがスゴいのか。本コラムの臼北氏が取材したところ……。(2015/8/27)

ラグビールールを解説する日テレのセクシー動画に批判殺到 削除して謝罪
日テレがラグビーワールドカップ公式サイトで公開していた、セクシー映像でラグビールールを解説する動画に批判が相次ぎ、同社は動画を削除した。(2015/8/24)

DJ世界大会「Red Bull Thre3Style 2015」と『とんかつDJアゲ太郎』の異色コラボが決定
ワールドファイナルの日本初開催を記念し、ユニークなコラボ企画を展開予定。(2015/7/16)

カオスすぎるWeb漫画「とんかつDJアゲ太郎」 No.1のDJを決める世界大会とコラボ決定!
うおおおおおおおお!(2015/7/15)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
ワールドカップ準優勝から考える「今後のなでしこ」
サッカー・ワールドカップで、なでしこジャパンが準優勝を手にした。史上2チーム目となる連覇こそ逃したが、「よくやった」という声が多い。しかし、本当にこのままでいいのか。スポーツライターの臼北氏は、女子サッカーにまつわる問題点を指摘している。(2015/7/8)

サッカー女子W杯決勝、試合中にTwitterで最も話題になった日本の選手は
サッカーの女子W杯決勝の日本対米国戦で最も話題になったのはあの選手だった。(2015/7/6)

ワールドカップ女子サッカー決勝戦でTwitter盛り上がる、関連ツイートは160万に
Twitterもワールドカップ一色に染まり、盛り上がっていました。(2015/7/6)

安倍首相、1日2回LINE送信 世界遺産登録となでしこ準優勝祝う
安倍首相がLINEの官邸アカウントで1日に2回メッセージを配信した。「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録と「なでしこジャパン」のW杯準優勝を祝っている。(2015/7/6)

マイクロソフトのソリティアが25周年! 世界大会を開催
腕が鳴るぜ。(2015/5/19)

電車ゴッコの世界大会が相模原で開催 ダンボール製の車両でチームがガチバトル
プロの電車ゴッコ師たちよ、今ここに集え。(2015/4/12)

1000人が見守った?:
伝説の格ゲー「エアガイツ」の世界大会(17年ぶり2回目)が開催! 全国から猛者集結
エアガイツ仮面、一体何者なんだ……。(2015/1/19)

「Channel 4K」に初音ミク登場、8K収録のW杯ダウンコンバート放送も
次世代放送推進フォーラムが「Channel 4K」の2015年1月放送番組を発表した。(2014/12/16)

日本のTwitter、今年盛り上がったのは「ソチ五輪」「ワールドカップ」「いいとも最終回」「コミケ」
Twitterが2014年に多くツイートされた出来事やトピックを発表。国内ランキングはテレビ関連の話題が目立つ。(2014/12/10)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。