ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ワールドカップ/世界大会」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ワールドカップ/世界大会」に関する情報が集まったページです。

スピン経済の歩き方:
剛力彩芽が叩かれる背景に、日本人の国民性
タレントの剛力彩芽さんが、ネット上で壮絶なリンチにあってしまった。交際宣言したスタートトゥディの前澤友作社長と同じタイミングで、ロシアW杯を観戦した写真をInstagramにあげたところ、批判が殺到したのだ。それにしても、なぜこのような「いじめ」が後を絶たないのか。(2018/7/31)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
W杯やオリンピックと同じ、4年に1回の「国際農機展」はスゴかった
まさにW杯と同時開催でした。(2018/7/24)

サッカーW杯ロシア大会、延べ1億7500万人がテレビの前で応援 深夜の対ベルギー戦も約3000万人が視聴
ビデオリサーチがサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会の推計視聴者数を発表。日本代表戦は4試合で約1億7458万人が視聴したという。(2018/7/23)

「幸せオーラいっぱい」 剛力彩芽、W杯直後のフェスで絢香と2ショット 交際公言の前澤友作も同行
剛力さんの幸せオーラ。(2018/7/19)

定番の攻撃が拡大:
キヤノンITSが2018年6月のマルウェア検出状況を公開、複数のワールドカップ関連詐欺メールも
キヤノンITソリューションズは、2018年6月のマルウェア検出状況を公開した。「VBA/TrojanDownloader.Agent」が継続して数多く検出されていることや、WannaCryが突いてきたWindowsの脆弱性に対する攻撃が増加していることに注意を呼び掛けた。(2018/7/18)

「夢みたい。感謝」 剛力彩芽、W杯決勝を現地観戦 はじける笑顔に「もしや!」の声
笑顔がかわいいからオールオッケーです。(2018/7/16)

見たこともないくらい清潔な都市:
W杯取材記者が見た、ロシア「最高の素顔」
W杯開催国ロシアについて、「冷涼な気候と冷淡な国民」というお決まりのイメージは誤解。取材で訪問した記者は一様に、自分たちが目にしたロシアの姿に喜び、啓発され、少なからず自分を恥ずかしく思った。(2018/7/10)

「めっちゃ顔ゆるんでる」 日本代表の乾貴士、W杯帰国後に大ファンの小島瑠璃子と2ショットで満面の笑み
こじるりのファンだったか。(2018/7/7)

【ラビオくん】W杯の結果を予言する生物、数打てば割と当たる説【検証】
来年のラグビーワールドカップでも何か出てきそう。(2018/7/7)

川口春奈、「五輪ペイントでW杯応援」の真相明かす  騒動の広がりにファンから同情の声
まれによくある。(2018/7/5)

「最高に楽しいW杯だった」「やりきった」 長友佑都、ベルギーとの激戦を終え心境明かす
最高の元気玉だった。(2018/7/3)

W杯敗戦の日本代表、更衣室を清掃し、ロシア語で「ありがとう」のメモ Twitterで称賛
W杯でベルギーに惜敗した直後の日本代表の更衣室の写真が、FIFAのスタッフによりTwitterに投稿され、称賛を集めている。きれいに清掃され、ロシア語で「ありがとう」と書かれたメモが残されていたという。(2018/7/3)

日本、ベルギーに惜敗……「ナイスゲーム」Twitterトレンドに サッカーW杯
W杯で日本がベルギーに惜敗。早朝にも関わらず、Twitterは応援の書き込みで盛り上がり、試合終了後には「ナイスゲーム」などとたたえる投稿が相次いだ。(2018/7/3)

「なにこの試合」「これが勝負の世界」 野村周平、竹内涼真ら賛否分かれるW杯日本代表の試合にそれぞれの意見
試合後半の時間稼ぎに賛否。(2018/6/29)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
本当にこのままでいいのか 日本版「フーリガン」の正体
サッカーの日本代表が奇跡を起こした。W杯前の下馬評は最悪だったのにもかかわらず、ベスト16入り。しかし、気になることがある。日本代表が勝利するたびに渋谷や道頓堀でバカ騒ぎする集団である。こうした連中は「フーリガン」と呼んでもいいのではないだろうか。(2018/6/29)

W杯「おっさんジャパン」、応援もおっさん
平均年齢の高さから「おっさんジャパン」などとやゆされた日本代表。実は代表を応援しようとロシアに集結した日本のサポーターも、年齢層の高さが目立つ。(2018/6/29)

W杯16強の経済効果は215億円 自宅観戦でビール、4Kテレビ好調
W杯ロシア大会で日本代表が活躍し、国内商戦が盛り上がっている。連日深夜の自宅観戦でビールや総菜の売り上げが伸びており、大型テレビの販売も好調だ。(2018/6/29)

テレビ局苦悩、高騰するW杯放映権料 「単独放送」の歴史持つテレ東中継断念
監督交代のゴタゴタ劇にテストマッチの惨敗から一転し、サッカー日本代表チームはランキングでは格が上のコロンビアを撃破した2018FIFAワールドカップ(W杯)ロシア大会。続くセネガル戦も2度のリードに追い付く粘り強さを見せ、勝ち点4を挙げて決勝トーナメントへ王手をかけた。その戦いぶりは日本列島を熱狂させた。(帝京大学准教授・川上祐司)(2018/6/29)

W杯16強の経済効果は215億円 自宅観戦でビール、4Kテレビ好調
サッカーのワールドカップロシア大会で日本代表が活躍し、国内商戦が盛り上がっている。(2018/6/28)

テレビ局苦悩、高騰するW杯放映権料 「単独放送」の歴史持つテレ東中継断念
日本代表の活躍で盛り上がるW杯ロシア大会。放映権料は600億円といわれている。果たして各社の思惑と採算はいかがなものか。(帝京大学准教授・川上祐司)(2018/6/28)

同点ゴールの本田に「ごめん」……ネット上で相次ぐ謝罪と称賛
本田さん、ごめん――W杯ロシア大会のセネガル戦で同点弾を決めた本田圭佑選手に対し、ネット上では称賛とともに“謝罪”の声が相次いだ。大会前は批判を浴びることもあった本田選手だが、実力で前評判を一転させた格好だ。(2018/6/26)

「ワールドカップを応援するにゃ!」 イギリス財務省の公務員ネコちゃんがクールでお茶目
なおボールはちょっと勘違いしているもよう。(2018/6/24)

「おもいやり運転ハンパないって!」熊本県警がまたW杯クラスの秀逸標語 「ハンパない思い」4代目担当者に聞いた
標語に込めた思いもハンパなく深いものでした。マジで交通安全を。(2018/6/21)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
だから、本田圭佑は「稀代のヒール」として叩かれる
サッカーのW杯で日本が強豪コロンビアを撃破した。大会前はあまり盛り上がりを見せていなかったが、この勝利で注目度は大きく上がり、ネット上も大騒ぎ。賛辞を送られるメンバーのなかで、逆風にさらされている選手がいる。本田圭佑だ。(2018/6/21)

「2度見しちゃった」「じわじわくる」 香川、大迫、長友ら“ものまねJAPAN”がピッチ外で躍動してしまう
ものまね界にもW杯バブル到来。(2018/6/20)

メルカリで売り切れ続出:
W杯金星で「大迫半端ないってTシャツ」が人気沸騰 その由来は?
FIFAワールドカップで、日本代表がコロンビア代表を破る番狂わせを演じた。そんな中、「大迫半端ないって Tシャツ」の人気が高まり、ネット上で話題に。本人ではなく、高校時代の対戦相手の顔がプリントされているというが、どういうことか――。(2018/6/20)

W杯初戦目前、川淵元会長のツイートが炎上 ハリル時代に講演で「勝てる可能性ないので出場をラッキーと考えて楽しんで」
Twitterでは「ハリルホジッチ監督や選手に失礼では」と批判が集まっています。(2018/6/19)

アップルPickUp!:
これぞ新時代の観戦スタイル! NHKのロシアW杯アプリがとにかくすごい
(2018/6/19)

やだかっこいい…… W杯モロッコ代表監督がイケメンで視聴者の視線を釘付けにする
色気あふれる男とはこのことか。(2018/6/17)

「ラブホテル」観光も?:
東京五輪で活気付く「ラブ」業界 認知度アップ狙う
2019年のラグビーワールドカップ(W杯)と翌年の東京五輪に向けた準備が進む中、さまざまな企業が、日本を訪問する大勢の観光客やメディア、選手たちをビジネスチャンスにつなげようと画策している。(2018/6/12)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
ハリル解任は吉か凶か 西野ジャパンが盛り上がらない
FIFAワールドカップ・ロシア大会が6月14日に開幕する。4年に1度のビッグイベントにもかかわらず、日本代表には戦う前から逆風が吹き荒れている。このシュプレヒコールを助長させている選手がいる。本田圭佑(パチューカ)だ。(2018/6/7)

味の素スタジアム、第1期改修工事は7月に着工
味の素スタジアムのラグビーW杯・東京五輪に向けた改修工事が、2018年7月に着工する。施工は西武/協栄JV。ラグビーW杯後には、車いす利用者のための観客席を整備する第2期工事も行われる予定。(2018/6/5)

「不安が隠せない」「これは案外観てみたい」 漫画『ヒカルの碁』、中国で実写ドラマ化決定にネットざわつく
5月18日に行われた愛奇芸の世界大会で発表。(2018/5/25)

大迷惑:
「中国式白タク」横行で、W杯・五輪仕様のナンバープレートに想定外の余波
訪日外国人客を相手に無許可でタクシー営業し、全国的に問題化している「白タク」。東京五輪開催を記念した特別仕様のナンバープレートが思いも寄らない迷惑を被っている。その理由とは……。(2018/4/2)

トップチームへのボーナスは2000万円:
Supercell、eスポーツに参入 「クラロワリーグ」開催
「クラッシュ・ロワイヤル」運営のSupercellがeスポーツに参入。公式eスポーツリーグ「クラロワリーグ」を発足し、世界大会を行う。(2018/3/7)

ハウステンボス、「プロジェクションマッピング世界大会」開催へ
ハウステンボスが2019年に「プロジェクションマッピング世界大会」を開催。世界大会に先駆け、第6回目になる「プロジェクションマッピング 国際コンペティション」をハウステンボスで実施する。(2018/2/16)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
サッカー日本代表はハリル監督で大丈夫なのか
サッカー日本代表、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督に対するバッシングが止まらない。ネットを見渡せば、彼にまつわる批判記事のオンパレード。ロシアW杯開幕まで半年ほどしかないのに、このままで本当に大丈夫なのか。(2017/12/28)

G-Tune、スポンサード選手の世界大会出場を記念した5000円引きセールを開催中
マウスコンピューターは、同社スポンサード選手2名が世界大会に大会出場したことを記念する割引セールを開始した。(2017/12/11)

2018年FIFAワールドカップロシア大会のオフィシャルテレビ、ハイセンスが発売
ハイセンスジャパンからサッカーW杯のオフィシャルテレビが登場。液晶パネルにKSF(フッ化物蛍光粉末)を取り入れ、色再現性を上げた「ウルトラカラー」(同社)が特徴。(2017/11/13)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
ハリル監督は“本田切り”を断行できるのか
サッカー日本代表、本田圭佑が厳しい現実を突きつけられている。ロシアW杯アジア最終予選に出場したものの、パフォーマンスは目を覆いたくなるほどひどかった。スポンサーからの圧力や協会の声を無視して、ハリルホジッチ監督は“本田切り”を断行できるのだろうか。(2017/9/8)

サイコム、チーム「DeToNator」の世界大会参戦を記念したコラボモデル値引きキャンペーン
サイコムは、同社がスポンサーするプロゲーミングチームの世界大会参戦を記念したDeToNatorコラボモデル値引きキャンペーンを開始した。(2017/8/18)

「レインボーシックス シージ」公式世界大会で日本人だけ賞金を受け取れない「おま賞金」発生 その理由とは
おま国、おま値、おま言語、そしておま賞金。(2017/7/24)

G-Tune、スポンサー選手の大会入賞を記念した特別セールを開催中
マウスコンピューターは、同社がスポンサーするプロゲーマー選手の大会入賞を記念した「格闘ゲーム世界大会上位入賞セール」を実施している。(2017/7/20)

サンドアート世界大会で日本人アーティストが優勝! 砂像「宮本武蔵」に「度肝抜かれた」の声続々
ヒーローというテーマで選んだのは、侍。(2017/5/8)

来週話題になるハナシ:
なぜ米国は「美食のW杯」で優勝できたのか
「美食のW杯」があることをご存じだろうか。2年に1度、料理人にとって最も栄誉のある「コンクール」が開催されていて、これまで北欧諸国の優勝が目立つ。そんな中で、2017年に優勝したのは「米国」。ジャンクフードのイメージが強い米国が、なぜ優勝を手にできたのか。(2017/2/24)

図柄入り車ナンバーは初:
ラグビーW杯記念ナンバープレート申し込み開始
2019年のラグビーワールドカップ開催を記念した特別仕様のナンバープレートの申し込みが始まった。交付開始は4月3日。(2017/2/13)

格闘ゲーム大会での挑発は是か非か Killer Instinct世界大会で挑発行為の禁止がアナウンスされ議論に
挑発で心理的な効果も狙える?(2017/1/27)

お見事なセーブを連発だにゃ! 真剣な表情のにゃんキーパー特訓動画がめんこい
目指せ猫のワールドカップ!(2017/1/23)

FIFAワールドカップ、2026年大会から出場国が48カ国に
現行の32カ国から拡大。(2017/1/10)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
絶体絶命の本田圭佑 電撃引退説まで飛び交う舞台裏
サッカー日本代表の本田圭佑が、かつてないピンチを迎えている。所属クラブのACミランからは戦力外に近い扱いを受けていて、W杯アジア最終予選のサウジアラビア戦ではスタメン落ち。他のクラブチームに移籍のうわさも出ているが、このままの状況だと……。(2016/11/18)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。