ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「フランス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「フランス」に関する情報が集まったページです。

「ポストパリ協定時代」における企業の気候変動対策(5):
環境分野で最重要の格付指標となった「CDP」、効果的に活用するポイントとは?
「パリ協定」以降の企業の気候変動対策について解説する本連載。最終回となる今回は、ESG投資家が企業の気候変動対策についての重要指標として参照する「CDP」の活用手法と、気候変動対策に関する企業の「情報発信」の手法について解説する。(2018/12/14)

製造IT導入事例:
高級ワインの偽造防止に貢献、脆性加工を施したNFC対応ICタグ
凸版印刷のNFC対応ICタグ「Cachet-Tag」が、フランスの高級ワインメーカーであるドメーヌ・ポンソのグラン・クリュクラスの全製品に採用された。一度剥がすとデータの読み取りができなくなるため、ラベルの不正な貼り替えを防止する。(2018/12/11)

electronica 2018:
GaNデバイス向けにAEC-Q100の拡張が必要、Exagan
フランスのGaNデバイス専業メーカーExaganは、ドイツ・ミュンヘンで開催された「electronica 2018」(2018年11月13〜16日)で、同社のパワートランジスタ「G-FET」と、GaNゲートドライバー「G-DRIVE」を展示した。(2018/12/4)

「ポストパリ協定時代」における企業の気候変動対策(4):
世界トップ企業が加盟する「RE100」、日本企業が「再エネ100%」を達成するには?
「パリ協定」以降の企業の気候変動対策について解説する本連載。第4回は日本企業の加盟も増えている国際的な環境イニシアチブ「RE100」について解説する。(2018/12/3)

マストドンつまみ食い日記:
mastodon.cloudの運営、きぼうソフトへ
mstdn.jpに続き、フランスの大規模インスタンス「mastodon.cloud」もきぼうソフトに譲渡された。(2018/11/30)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
フランス政府の思惑 ゴーン問題の補助線(3)
多くのメディアではルノー日産アライアンスを成功例と位置付けているが、筆者はそれに同意しない。提携以来、ルノーの業績は右肩下がりを続け、日産自動車が新興国で汗水垂らして作った利益を吸い込み続けているからだ。(2018/11/28)

キログラムの定義130年ぶり改定 重りから原子に 日本の技術、初の貢献
質量の単位「キログラム」の定義が130年ぶりに改定されることが16日、フランスで開催された国際会議「国際度量衡総会」で決まった。これまでは金属製の重りを基準としていたが、原子の質量から計算する精度の高い方式に改める。(2018/11/19)

「ポストパリ協定時代」における企業の気候変動対策(3):
環境目標の“科学的な整合性”を裏付ける、SBT認定の手順とポイント
「パリ協定」以降の企業の気候変動対策について解説する本連載。第3回は代表的な気候変動イニシアチブである「SBT(Science Based Target)」の認証取得に向けたポイントについて解説する。(2018/11/6)

これが神話の戦い……! 仏南部に14メートルもの巨大ミノタウロスが出現、巨蜘蛛「アリアドネ」と激闘を演じる
巨大ロボットが街なかに現れるフランスやべえ。(2018/11/5)

「ポストパリ協定時代」における企業の気候変動対策(2):
気候変動対策の“主役“は、なぜ国から産業界へシフトしているのか
「パリ協定」以降の企業の気候変動対策について解説する本連載。第2回では気候変動対策に関連するパリ協定前後の世界の動向とともに、2014年9月に設立された代表的な気候変動イニシアチブである「SBT(Science Based Target)」の概要を説明する。(2018/11/1)

米司法省、中国情報当局者らの訴追を発表 航空機エンジン情報狙ったハッキングの疑い
米司法省は、米国やフランスの航空宇宙企業からエンジンに関する技術情報を盗み出そうとしたとして、中国国家安全省の江蘇省支部職員などを訴追したと発表した。(2018/11/1)

製造マネジメントニュース:
日立オートモティブは“全方位”を諦めた、選択と集中でクラリオンを手放す
日立製作所は2018年10月26日、東京都内で決算会見を開き、フランスの大手サプライヤーであるフォルシア(Faurecia)にクラリオンを899億円で売却すると正式に発表した。日立グループの自動車ビジネスにおいて、注力事業の選択と集中を進める一環でクラリオンの売却を決めた。(2018/10/29)

「治安のくせが強い」「大泥棒じゃ!」 千鳥ノブがフランスでスリ被害 “無の顔”で注意を呼びかける
パリにも泥棒田泥男がいたか。(2018/10/27)

デニーズに期間限定で洋なしデザートが登場! 国産ラ・フランスを使ったサンデーがゴージャス
梨好きにはたまらない……!(2018/10/23)

「ポストパリ協定時代」における企業の気候変動対策(1):
世界で広がるESG投資、企業も気候変動対策を無視できない時代へ
気候変動対策への取り組みが、企業価値にも影響を与える時代になりつつある現在。本連載では「パリ協定」以降における企業の気候変動対策の動きについて概説し、各種イニシアチブの紹介や、それらが設立に至った背景、そして実際の企業の動きについて実例を交えて紹介する。(2018/10/17)

太陽光:
目標は再エネ100%、シンガポールの離島で進むマイクログリッド実証を探訪
集中型エネルギーシステムから分散型エネルギーシステムへ。電力系統の在り方が、いま改めて問われている。フランスの重電大手・シュナイダーエレクトリックが、同国のエネルギー大手・エンジーとともに展開する、シンガポールのマイクログリッド実証プロジェクトを訪ねた。(2018/10/18)

そろえて並べて飾りたい 「リサとガスパール」がおしゃれな陶器のミニチュア食器になって登場
フランス生まれのかわいいキャラクターのミニチュア食器を並べたら、お部屋がちょっとおしゃれになりそう。(2018/10/16)

「フランス落とし」って言うのか! ドアを下部で固定する錠の名称を知り「必殺技みたい」とTwitter沸く
昔の戦隊ロボの決め技みたいだ。(2018/10/5)

ZOZO前澤社長、ベッカムらセレブとパリで交流 投稿には剛力彩芽の姿も
9月末からパリを訪れている2人。(2018/10/3)

FAインタビュー:
シュナイダーエレクトリックが考える産業用IoTで成功するための2つの注意点
フランスのシュナイダーエレクトリックは独自のIoT基盤など産業用IoTへの取り組みを強化しているが、重点領域の1つとして産業用機械向けのIoTソリューションを展開。同社のマシンソリューション事業への取り組みとシュナイダーエレクトリックの産業用IoT分野における強みについて、シュナイダーエレクトリック インダストリービジネス マシンソリューションズのシニア・バイスプレジデントであるアリ・ハジ・フラジ氏に話を聞いた。(2018/9/28)

モフモフ、むくむくの子犬4きょうだい 秋田犬の赤ちゃんの写真集『秋田犬のおやこ』がかわいい
フランスで生まれました。(2018/9/25)

スマホ料金、大容量では東京が世界最高額 総務省の内外価格差調査
総務省が19日発表した平成29年度の電気通信サービスの内外価格差調査によると、1カ月のデータ利用が20ギガバイトの場合、東京のスマートフォンの月額利用料金は7022円と世界の主要6都市中最高だった。ニューヨークが6975円、ドイツ・デュッセルドルフが5049円、ソウルが5009円と続いた。最も安かったのはパリで2460円だった。(2018/9/20)

「フランスパンの神様」フィリップ・ビゴさん亡くなる 日本にフランスパンを普及
日本のフランスパンの草分け的存在でした。(2018/9/18)

自然エネルギー:
電源開発が仏エンジーと協業、日本での洋上風力事業も検討
電源開発がフランスのエネルギー大手エンジー社と協業。日本における洋上風力発電事業も検討していくという。(2018/9/12)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
フランスの高級車復活に挑むDS7クロスバック
戦後のフランスでは高級車のマーケットが激減。その結果、大衆車をメインとするメーカーだけが残った。2014年に設立したDSオートモビルズは、シトロエンの上位ブランドとしてフランスの高級車復活に挑んでいるというが……。(2018/8/27)

市場撤退を決断:
英仏航空大手がイラン便休止へ 来月後半から 米制裁発動で収益見込めず
【パリ=三井美奈】欧州の航空大手、フランスの「エールフランス」と英国の「ブリティッシュ・エアウェイズ」は23日、両国の首都とイランを結ぶ直行便を来月後半から休止するとそれぞれ表明した。トランプ米政権のイラン制裁再開で、収益が見込めないとして市場撤退を決めた。(2018/8/27)

Xiaomi、Snapdragon 845搭載で約3万円の「POCO F1」をインドで発売へ
中国Xiaomiが、Snapdragon 845搭載で約3万円の「POCO F1」をインドで発表した。フランス、香港、インドネシアでも発売する計画だ。発表イベントでは「Galaxy S9」や「OnePlus 6」との性能比較も紹介した。(2018/8/23)

3Dプリンタニュース:
3Dプリンタ事業を拡大、BNBがAdvanc3D MaterialsとSetup Performanceを買収
BASF New Businessは、3Dプリント材料メーカーのドイツAdvanc3D MaterialsとフランスSetup Performanceの2社を買収した。同社の子会社であるBASF 3D Printing Solutionsに2社を統合し、BASFの3Dプリント分野の事業拡張を狙う。(2018/7/26)

「万引き家族」是枝裕和監督の最新作、日仏合作で2019年公開へ 主演にフランスの至宝カトリーヌ・ドヌーヴ
フランスの往年の大女優が見せる家族の葛藤の物語。ねえ、ママ。教えて。人生って楽しい?(2018/7/16)

フランスの原発に「スーパーマン」ドローン激突 グリーンピースが動画投稿
グリーンピースがスーパーマンの格好をした無人機を原子力発電所に激突させた。(2018/7/5)

幼児を助けた“パリのスパイダーマン”が消防隊に入隊 名実ともにヒーローとなる
本当にパリのヒーローになってしまった。(2018/7/3)

納豆味のポテチ爆誕 納豆フレークをかけて楽しむネバネバ&パリパリの新食感
やばいヤツが生まれてしまった。(2018/6/20)

ル・マン24時間は初優勝:
トヨタ「GRスーパースポーツ」市販化へ コンセプトカーを公開
トヨタ自動車は、レーシングカー「GRスーパースポーツコンセプト」の市販に向けて開発を始めたと発表。フランスのル・マン24時間レースの会場でコンセプトカーを公開した。(2018/6/18)

自転車通勤や営業にぴったり?:
「スーツに見える作業着」に軽量の夏モデル登場 社長「パリコレ目指す」
ネットで賛否両論を呼んだ「スーツに見える作業着」に軽量の夏モデルが登場。裏地をなくすなどの工夫によって軽量化と通気性の向上を実現したという。開発元に意気込みと今後の目標を聞いた。(2018/6/12)

ハノーバーメッセ2018:
「製造業IoTは日本の強みの生かせる領域で」“つながる化”先進企業の考え
フランスのSchneider Electric(シュナイダーエレクトリック)は、ビル制御や工場オートメーション、エネルギーマネジメントなどの領域で、早期から“つながる化”による「見える化」や自動制御などへの取り組みを進めてきた。同社 インダストリービジネスのエグゼクティブバイスプレジデントであるPeter Herweck(ピーター・ハーウェック)氏に話を聞いた。(2018/6/8)

レオタードはもともと、“フランスのマッチョなヒゲダンディー”が着るものだった
ナイスバディー(筋肉)(2018/6/5)

フランスで移民の“スパイダーマン”がビル5階の幼児を救出 パリ市民権・消防士入隊資格を授与
超人すぎる身体能力(2018/6/2)

モータースポーツ:
「24時間走り切る強さが足りなかった」、速さと強さで2018年のル・マンに挑む
トヨタ自動車がFIA 世界耐久選手権(WEC)の「ル・マン24時間レース」(2018年6月16〜17日、フランス)の参戦概要を説明した。(2018/5/31)

Apple、「HomePod」をカナダ、フランス、ドイツで6月18日発売(日本はまだ)
Appleがスマートスピーカー「HomePod」をカナダ、フランス、ドイツで6月18日に発売すると発表した。日本についてはまだ不明だ。(2018/5/30)

早まる通知プロセス
GDPRのデータ漏えい通知 “72時間ルール”、開始タイミングはいつ?
GDPRではデータ漏えい通知に関する新たな規則が発効する。企業はこれまでよりも迅速に行動を起こす必要がある。何が変わり、どのように対処すればよいかについて、Mimecastのマーク・フランス氏に話を聞いた。(2018/5/24)

フランスの学生が制作した「ヒロアカ」ファンムービーが超作画 色彩、撮影まで一人で担当
コマ送りしたくなる。(2018/5/12)

初音ミク、初のヨーロッパコンサートツアー開催 フランス公演は「ジャポニスム2018」の一環
フランス、ドイツ、イギリスの3カ国3都市を巡る。(2018/5/4)

お嬢様とパリデートなう 欅坂46ソロ写真集3人目はキャプテン菅井友香に
爺やたちもこれにはニッコリ。(2018/4/11)

医療機器ニュース:
MRI撮像のノイズ除去に深層学習を、キヤノンメディカルらが研究開始
キヤノンメディカルシステムズは、熊本大学とフランスのボルドー大学と共同で、ディープラーニングをMRI撮像に適応したノイズ除去再構成技術「Deep Learning Reconstruction」に関する共同研究を始めると発表した。(2018/4/5)

タイムアウト東京のオススメ:
パリのおいしい日常を味わいに行く
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2018/4/3)

あらカッコイイ オシャレなおフランスの「プジョースクーター」が日本上陸
レトロ調やマットブラックのカラーリングがいい感じ。(写真20枚)(2018/3/23)

「痩せた?」「色っぽい」 高畑充希、パリで魅せたドレス姿がトレビアン
ルイ・ヴィトンのファッションショーに参列したようです。(2018/3/8)

Mobile World Congress 2018:
もっと“縦長”な「View 2」シリーズ見参――Wiko(ウイコウ)新製品発表会
フランス発祥の「Wiko(ウイコウ)」が、ワイドスクリーンスマートフォンの新モデルを発表した。ディスプレイはアスペクト比「9:19」で、従来よりもさらに“縦長”になった。合わせて、手頃な価格のワイドスクリーンスマートフォンも発表した。(2018/2/28)

高性能で超省エネ:
AIは“人の脳への回帰”でさらに進化する?
AI(人工知能)をさらに発展させるヒントは、人間の脳にあるかもしれない。「ISSCC 2018」で、フランスCEA-Letiに聞いた。(2018/2/21)

光学システムが一番の技術的進歩:
「iPhone X」の密かな勝者たち(後編)〜進化を遂げた光学システム
「iPhone X」を分解し、ロジックIC以外のデザインウィンに焦点を当てる。フランスの調査会社Yole Developpementが、今回のiPhoneで「一番の技術的進歩」と指摘するのが光学システムだ。(2018/2/16)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。