ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「暴力」最新記事一覧

暴力団との正しい“付き合わない方法”
ビジネスシーンで知らないうちに暴力団関係者と知り合っていたり、取引をしていたりすることも少なくありません。本稿では、暴力団関係者と出会ってしまった場合の正しい“付き合わない方法”を解説します。(2016/7/21)

Facebook、「ライブ動画」非表示のガイドラインを説明──黒人射殺動画を残した理由も
白人警官の黒人射殺ライブ動画が物議を醸す中、Facebookがライブ動画のガイドラインについて説明した。同じ暴力シーンを含むコンテンツでも、目的によっては削除しないとしている。(2016/7/9)

2015年度、鉄道係員への暴力行為の件数は792件 加害者の62.5%が飲酒
日本民営鉄道協会と鉄道会社各社などが、昨年度に発生した鉄道係員に対する暴力行為の件数を発表した。(2016/7/4)

エイミー・シューマーさん、「銃による暴力啓発デー」になぜか“はいてない”写真を投稿し大反響 「最高です!」「下を脱ぐ必要はあったのか」
42万件のいいねが集まり、ある意味啓発としては大成功でした。(2016/6/4)

縄文時代は“平和”だった 暴力死亡率は1.8%――「戦争は人間の本能」は誤り?
縄文時代には、暴力による死亡率が1.8%と極めて低かった――そんな研究成果を山口大学と岡山大学の研究グループが発表した。(2016/3/31)

コンビニ探偵! 調査報告書:
暴力団にどう対応すればいいのか コンビニの現場で注意すべきこと
最近、メディアで暴力団同士の抗争が取り上げられ、不安に思う人も少なくないだろう。今回は、筆者が経験した暴力団とのトラブルとともに、法律の弱点について考えてみたい。(2016/3/28)

世界を読み解くニュース・サロン:
「最恐の殺人地域」を救うことができるのか 武器は日本の意外な“文化”
「中南米は危険」といった話を聞いたことがあると思うが、私たちが想像している以上に“危険”であるようだ。「世界で最も暴力的な都市2015年」を見ると、上位に中南米の都市がランクイン。こうした状況に対して、日本のある文化が期待されている。それは……。(2016/2/4)

大声、殴る蹴る……小学校の“暴力教室”なぜ急増 ネット利用のストレスも?
大阪府内の暴力行為発生件数は全国ワーストクラス。急増の背景には、貧困など家庭環境の悪化に加え、ネットの普及も指摘されている。(2016/2/3)

「妻の暴力が怖い……」増える男性のDV被害 プライド邪魔して相談できず
DV被害者は女性というイメージがあるが、男性が被害を受けているケースが増えている。「男らしさ」というプライドから周囲に相談できず、1人で抱え込んでしまうことも。(2016/1/28)

公式大暴走 ノンスタイルがセクシーなポーズとセリフをキメる「ノンスタがユニクロに手を出すとこうなる」が映像の暴力
一体誰に向けた広告なんだ。(2015/12/25)

週刊「調査のチカラ」:
「2万円は大金過ぎて持ち歩きが不安」、20代の4割弱
2015年、Yahoo! JAPANで最も検索された人物に、最も読まれた電子書籍、人工知能が代替可能な職業から鉄道係員への暴力の実態まで、「調査のチカラ」で年の瀬の振り返り。(2015/12/15)

鉄道各社が暴力行為防止ポスター「これらはすべて暴力です」を制作 年末年始にトラブルが急増することを受け
暴力は犯罪です。(2015/12/9)

世界を読み解くニュース・サロン:
「テロへの報復は暴力しか生まない」という主張は、“正しい”のか
フランスで起きた同時多発テロを受けて、「暴力が生み出すのは暴力のみ」といった声が出る一方で、「いや、暴力に対しては暴力しかない」という意見も出ている。果たして、どちらの主張が“正しい”のか。(2015/11/26)

イギリスで26歳の性転換女性が男性刑務所へ収監 女性刑務所へ送るためのネット署名が10万件以上集まる
性転換女性が男性刑務所に送られると性的暴力を受ける確率が13倍に上がる研究例もあるとのこと。(2015/10/30)

人気ゲーム「リア充爆発しろ!」が「暴力行為」でAppleからリジェクト 「リア充絶滅しろ!」に改名して復活
人気ゲームアプリ「リア充爆発しろ」が「暴力行為」を理由にAppleからリジェクトされ、ストアから一時消えていたが、「リア充絶滅しろ」に改名し、内容も修正して復活した。(2015/4/17)

リア充が爆発するゲーム「リア充爆発しろ!」、暴力的すぎるとApp Storeから削除→改名して復活
テロ行為だと判断されたため、「リア充絶滅しろ!」に変更。(2015/4/17)

中国政府、「BLOOD-C」など日本アニメを“暴力賛美”と名指しで批判
暴力を賛美するような日本製アニメを配信しているとして、中国政府が同国ネット企業に削除を求めた。(2015/4/2)

「マインクラフト」は子どもに暴力を奨励する? トルコ政府が「禁止するべき」と結論
「こんなに平和なゲームもないと思う」など疑問の声も。(2015/3/11)

3月から地上波でも放送開始! 強烈カオスなファンタジーアニメ「アドベンチャー・タイム」って知ってる?
キュートなキャラにだまされるな! グロにバイオレンス、何でもありの中毒アニメ!(2015/2/24)

テレビ朝日のYouTubeチャンネルがアカウント停止に  「暴力に関するポリシー違反」
テレビ朝日がYouTube上に開設している「ANNnewsCH」がアカウント停止処分に。「暴力に関するYouTubeのポリシーに複数回のまたは重大な違反をした」という。(2015/2/4)

窪田順生の時事日想:
370万人が参加したデモ行進が、うさん臭く感じる理由
フランスの週刊紙『シャルリーエブド』が襲撃され、12名の命が奪われた。罪のない一般市民に向けられた暴力は許せないが、その後のデモ行進などに対し、筆者の窪田氏は「うさん臭さを感じる」という。その理由は……。(2015/1/20)

豆まきしようぜ! 豆3トン持ってきた! 「すごい豆まき2015」が今年もすごそう
完全に豆の暴力。(2015/1/9)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
「カメムシ食え」高校球児のイジメ問題、高野連の闇
カメムシを食え、灯油飲め、そこで自慰しろ──「強豪」と呼ばれる名門高校野球部内で、悪質かつ陰湿化した暴力やイジメ行為が問題になっている。なぜ発生するのか、そしてその闇は……(2014/8/21)

女性が書いた女の子が主人公の小説を大解剖
悩める女性すべてに贈りたい、悩みを解決するヒントとなるような本を紹介する書籍『女子読みのススメ』。今回はその中から、小説『暴力恋愛』の一部を紹介します。(2014/6/17)

NY市警が警官との記念写真ツイート投稿を呼びかける→暴力写真なども投稿され騒動に
ありゃりゃ。(2014/4/24)

「妻のお気に入りのAK47が火を噴きます」 Amazonの防弾座布団のレビューがバイオレンス
「先日お寺へ納経へ行ったんですが、その際に過激派ゲリラの銃撃が始まり、この座布団のお陰で命を守る事が出来ました」(2014/2/13)

公式サイトで全編公開中:
イラストレーター榎本よしたかさんの壮絶すぎるエッセイ漫画が話題に これは思わず一気読み!
将来の夢に向けて歩んでいく榎本さん。その道程には、家庭内暴力、ブラック企業、介護、事故、事件など困難がゴロゴロと転がっていて……タフな姿勢に心を打たれる人が続出しています。(2014/1/31)

【映像の暴力】おまえらの愛で神崎さんが見えない「神崎かおり地獄のオフ会」に行ってきた 
当選者5人中3人が辞退し「開催の危機」とまで言われましたが……。(2013/11/8)

都内の人に聞く、交際相手から暴力を受けたことがありますか?
交際相手に殴られたり、モノを投げつけられるなどの経験がある人はどのくらいいるのだろうか。都内に住む男女に聞いた。東京都調べ。(2013/2/20)

日々是遊戯:
暴力ゲームを非難していた全米ライフル協会が射撃ゲームをリリース → ゲームファンから大ブーイング
当然、そうなりますよね。(2013/1/16)

窪田順生の時事日想:
桜宮高校バスケ部キャプテンの自殺の原因は「体罰」ではない
大阪市立桜宮高校で、バスケ部の顧問の教師に暴力を受けていた男子生徒が自殺した。この問題を受け、マスコミは連日のように「体罰」として取り上げているが、どうもしっくりこない。この教師がやったことは「体罰」ではないからだ。(2013/1/15)

偏見・暴力……野良猫たちの過酷な日常
心を揺さぶられる、野生を生き抜く猫たち達の真の姿――映画(『Dancing Cat』)の題材となったフォトエッセイが出版。(2012/12/10)

窪田順生の時事日想:
角田美代子容疑者に“戸籍ロンダリング”を伝授したのは誰なのか
「尼崎連続変死事件」で主犯格とされている角田美代子容疑者。養子縁組を悪用することで警察の介入を妨げたと報道されているが、その手口は暴力団や闇ビジネス関係者が良く使っているもの。誰かが角田容疑者にこの支配と暴力のスキームを伝授したはずである。(2012/10/30)

反日デモ暴動に「あまりに愚かで悲しい」「義和団や文革のようだ」──中国のネット「理性愛国」の声
中国各地で暴徒と化した反日デモの映像が連日報道されている。だが中国人は反日デモに参加しない人が多数派。ネットでは暴力デモに反対し、「理性愛国」を訴える動きも多いという。現地からのリポート。(2012/9/18)

デモが世界を変えるとき 「非暴力抗議運動」を考える、ニコ生×デモクラシー・ナウ!
「かつて、逮捕者を続出しながら、世界を変えた非暴力の抗議デモがあった」――アメリカの公民権運動「フリーダム・ライターズ」をテーマに、非暴力抗議運動について考える。アメリカの独立系報道番組「デモクラシー・ナウ!」によるニコニコ生放送で、2人のライダーズへのインタビュー映像も公開。アメリカ南部と黒人文化の研究に取り組むジェームス・バーダマンさんと、政治学・国際関係論研究者の五野井郁夫さんがゲスト出演する。配信は7月31日20時0分〜。(2012/7/27)

駅員への暴力、40代以上が増えている
日本民営鉄道協会などは7月4日、平成23年度に発生した駅係員に対する暴力行為の件数を発表した。平成23年度の発生件数は911件(昨年度868件)と、依然として高い件数で推移していることが分かった。(2012/7/5)

Facebookにポルノや暴力画像が突然氾濫、ユーザーから苦情殺到
Facebookの自分のページにポルノや動物虐待などの画像が勝手に掲載されてしまったという訴えが相次いでいるという。(2011/11/16)

5社中1社が暴力団と何らかの関わりを体験――帝国データバンク調査
10月1日に東京都と沖縄県で施行された「暴力団排除条例」。業種によっては、「銃弾を撃ち込まれた」「日々、暴力団との戦い」など暴力団と何らかの関わりがあった企業もあるようだ。帝国データバンク調べ。(2011/11/15)

「暴力的なゲームは犯罪を減らす」と欧米の研究者が報告
欧米の研究者が、暴力的なゲームは犯罪を減らすという研究結果を報告。ゲームで忙しくて、犯罪をする時間がなくなるからとしています。(2011/10/4)

米最高裁、暴力ゲーム規制法は「違憲」の判断
暴力的なゲームソフトを規制するカリフォルニア州法に対し、米最高裁が言論の自由を侵害するとの判断を下した。(2011/6/28)

1人で抱え込まないで……内閣府が、性暴力を受けた被害者を支援
異性や配偶者からの暴力被害にあっている女性は少なくない。内閣府の調査によると、女性のおよそ3人に1人は何らかの被害を受けているという。こうした状況を受け、内閣府は電話相談「パープルダイヤル」を始めた。(2011/2/8)

相場英雄の時事日想:
暴力行為、許すまじ……筆者が経験した恐い話
「不審者を発見したら、即座に通報すること」――。筆者の相場英雄氏が所属していた通信社では、このような通達が出た。暴力による言論弾圧は許されることではないが、現実は違う。今回の時事日想は、相場氏が経験した恐い話を紹介しよう。(2010/7/29)

対談・肉食と草食の日本史:
歴史を動かす暴力 ガンダムで女性が強い理由
時代を変えるのはいつも「暴力」だった――気鋭の歴史学者・本郷和人氏と、「人とロボットの秘密」などを手掛けた編集者の堀田純司氏による対談を連載します。(2010/5/6)

YouTubeに「セーフモード」 不適切な動画をフィルタリング
セーフモードでは暴力的な映像を含む可能性のある動画などが除外され、「naked(裸)」など特定キーワードの検索結果が表示されない。(2010/2/12)

アーマード・コアはより暴力的に進化する――「アーマード・コア 5」発売決定
フロム・ソフトウェアが2010年に贈る新たな「アーマード・コア」は、新機軸「オーバード・ウェポン」が導入される。PS3/Xbox 360に対応。(2010/1/18)

駅員らへの暴力が過去最悪……加害者の若年化が進む
(2009/11/20)

本山由樹子の新作劇場:
愛すべきB級アクション――「ドゥームズデイ」
「アンダーワールド:ビギンズ」のローナ・ミトラ主演、暴力と血が吹き荒れるヒロイン・アクションの決定版が12月23日にBD化。(2009/10/26)

“陵辱系ゲーム”発売禁止 業界団体が自主規制
アダルトPCゲームの業界団体は、性暴力を描写した、いわゆる「陵辱系ゲーム」の制作・販売の禁止を決めた。国内外からの批判を受けて決定した。(2009/6/5)

「Googleストリートビューは違法」――英プライバシー保護団体が苦情
「Street Viewのせいで夫婦げんかになった」「暴力夫に見つかってしまうのでは」――英プライバシー保護団体が、市民から多数の苦情が寄せられていると主張している。(2009/3/25)

「暴力メディアを視聴すると人の痛みに鈍感になる」と米研究者
暴力的なゲームや映画に接触した人は、人助けに消極的になると米大学の教授は報告している。(2009/2/20)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。