ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「暴力」最新記事一覧

“しつけ”:
“ママ友”が我が子殴るさまを母親がスマホで撮影 法廷で露わになった母親の暴力と飲酒
しつけのためなら子供への暴力は許される──こう考えていた“ママ友”2人の公判が大阪地裁で開かれている。(2017/11/10)

歪んだしつけ、“ママ友”が我が子殴るさまを母親がスマホで動画撮影
しつけのためなら子供への暴力は許される――こう考えていた“ママ友”2人の公判が大阪地裁で開かれている。(2017/11/9)

改訂版「Twitterルール」公開 自殺助長や暴力など「何がダメか」をより具体的に説明
Twitterが10月の予告通り、「Twitterルール」を大幅改定した。自殺助長など、どのような行為が違反として強制措置対象になるのかが従来より明確になった。また、強制措置の内容についても以前よりは具体的になった。(2017/11/5)

Twitter、ルールを更新 「自殺や自傷行為」部分など
「写実的な暴力描写および成年向けに該当するコンテンツ」についても。(2017/11/4)

「これってかわいいの暴力やん」 佐藤ノアの“ウインク動画”が無限ループ余裕すぎて時間泥棒
同じ人類とは思えないかわいさ。(2017/11/2)

にゃんこ型スポンジホルダーとにゃんこ型スポンジが運命の出会い ホールド風景がバイオレンスかわいい
かわいいキッチン用品による突然の凶行。(2017/10/21)

Twitter、嫌がらせ対策強化へ 凍結への異議申し立てにも変更
ルールを変更してセクハラや暴力への対策を強化。また凍結への異議申し立てには、何がルール違反なのかを詳しく説明するようになります。(2017/10/20)

「胸焼けする」「おいしそう」 2キロのラードでラードを揚げる“脂身だけのとんかつ”に意見真っ二つ
カロリーの暴力。(2017/10/17)

#WomenBoycottTwitterを受けて:
TwitterのドーシーCEO、「嫌がらせ対策をさらに強化する」とツイート
セクハラについてツイートする女優のアカウントが制限を受けたことをきっかけに拡散した#WomenBoycottTwitter運動に対し、TwitterのドーシーCEOが嫌がらせや暴力扇動ツイートに関するルールをさらに強化するとツイートした。(2017/10/14)

サカイ引越センター、従業員の暴力行為を謝罪
従業員が酔って他の従業員に暴行したことが報じられていました。(2017/9/29)

Facebook、新広告コンテンツ規定 たとえ報道でも暴力はダメ
Facebookが広告表示可能なコンテンツの規定を改定し、表示できないコンテンツの基準を明確にした。死体や残虐な画像などを含むと、たとえ災害報道などのニュースでも広告が表示されず、収益が得られない。(2017/9/14)

「スマホ当たり屋」にご用心 自らぶつかって修理代請求
スマホを見ながら歩いている人を目がけて体当たりする暴力行為や、故意にぶつかって自分のスマホを落として修理代を請求する「スマホ当たり屋」と呼ばれる新手の犯罪が全国で相次いでいる。(2017/7/31)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
どうなるのか 巨人、山口俊投手の不祥事
前代未聞の不祥事だ。2017年にFA移籍で加入したばかりの巨人、山口俊投手が暴力トラブルを起こしていた疑いが発覚。事態を重くみた球団側は、山口投手を登録抹消としたが、ネット上では「解雇が望ましい」といった声が出ている。(2017/7/20)

啓発ポスターなどが抑止効果:
鉄道係員への「暴力」、2年連続で減少 原因は飲酒が最多
鉄道係員に対する暴力行為は、2016年度はどの程度発生したのだろうか――鉄道事業者計34社調べ。(2017/7/4)

トランプ大統領、CNNをプロレスでボコボコにする合成映像をツイート CNN「仕事せずに子どもじみた行動をしている」
馬乗りになって一方的に殴る内容から「記者に対する暴力を推奨」との批判も。(2017/7/3)

個々が持つ技術と運用上の知見を共有し、「サービスを使えない」ようにしていく:
Facebook、Microsoft、Twitter、YouTubeが「テロリスト撲滅対策」で連携
個人向けオンラインサービス世界大手のFacebook、Microsoft、Twitter、YouTubeの4社が、オンラインサービスから「テロリストや暴力的な過激派を締め出す取り組み」を協力して進める新フォーラムを創設。対策技術や知見を共有し、「テロリストがネットサービスを使う機会を減らしていく」のが狙い。(2017/6/28)

米ソニー・ピクチャーズが暴力シーンなど削った「クリーンバージョン映画」提供計画 監督などの反発で変更
オリジナル版購入者に「クリーンバージョン」提供を計画していましたが、「監督が賛同しなければ提供しない」方針に。(2017/6/18)

「生きた心地しなかった」……「ひきこもり解決」自立支援施設が拉致・軟禁
ひきこもりや家庭内暴力を解決するとうたう民間の自立支援施設が、強制的に対象者を連れ出すなどして相次いでトラブルになっている。(2017/6/8)

あのキャラに花束を:
天才が言う正論は、どうしようもない暴力だ 「剣姫、咲く」戸狩姫咲というキラープリンセス
貴女を私の好敵手(仮)にしてあげる!(2017/4/21)

世界を読み解くニュース・サロン:
信頼できそうな大人に、子どもはどう接すればいいのか
教師が子どもにいたずらをしたり、暴力をふるったり。子どもを守って育てていく立場の大人たちが、実は子どもにとって「最大の敵」なのかもしれない。どういうことかというと……。(2017/4/20)

殺人「中継」で:
Facebook、暴力的動画の通報システム見直し
Facebookは、暴力的な動画など人を不快にさせる素材の扱いを見直した。(2017/4/18)

男性同士で手をつないだ写真投稿、オランダのSNSで広がる 男性カップルへの暴力事件受け
「#allemannenhandinhand」というハッシュタグとともに広まっています。(2017/4/5)

肉の花が咲いてる…… 秋葉原に皿が肉で埋まった「1ポンドメガローストビーフ丼」登場
肉の暴力。(2017/3/24)

ねとらぼレビュー:
主人公は“日商簿記勉強中の殺し屋少女” かわいい顔して淡々と標的を始末する漫画「バイオレンスアクション」
目標に銃を突き付けながらお勉強。「イカレてる……」「人をそういうふうに言うのはよくない!」(2017/3/10)

沖縄・中学生を一方的に暴行する動画拡散 校長が詳しい事情と心境を吐露、市教委は沖縄タイムスの報道を否定
市教育委員会「いじめという認識をもち、対暴力について事実確認及び指導を行っていく」。(2017/1/31)

指定暴力団の貫禄 “ポプ子にぶっ壊される竹書房”が全人類待望のねんどろいど化
ポプ子に地べたを這わせドロ水すすらせたクリーンな出版社。(2016/12/9)

数の暴力(3D)! 総勢44人のプリキュアがホログラフィックでステージに登場
「プリキュアフェスティバル」DMM VR THEATERで12月開催。(2016/10/26)

「ナパーム弾の少女」問題から約1カ月:
Facebook、“意義ある”ヌードや暴力画像であれば掲載認める方針に
歴史的反戦写真「ナパーム弾の少女」をヌードだとして削除(後に復活)した問題から約1カ月後、Facebookは「コミュニティ規定」に反するコンテンツであっても、報道価値があったり、公共の利益にとって重要であれば表示を認める方針を発表した。(2016/10/24)

暴力団との正しい“付き合わない方法”
ビジネスシーンで知らないうちに暴力団関係者と知り合っていたり、取引をしていたりすることも少なくありません。本稿では、暴力団関係者と出会ってしまった場合の正しい“付き合わない方法”を解説します。(2016/7/21)

Facebook、「ライブ動画」非表示のガイドラインを説明──黒人射殺動画を残した理由も
白人警官の黒人射殺ライブ動画が物議を醸す中、Facebookがライブ動画のガイドラインについて説明した。同じ暴力シーンを含むコンテンツでも、目的によっては削除しないとしている。(2016/7/9)

2015年度、鉄道係員への暴力行為の件数は792件 加害者の62.5%が飲酒
日本民営鉄道協会と鉄道会社各社などが、昨年度に発生した鉄道係員に対する暴力行為の件数を発表した。(2016/7/4)

エイミー・シューマーさん、「銃による暴力啓発デー」になぜか“はいてない”写真を投稿し大反響 「最高です!」「下を脱ぐ必要はあったのか」
42万件のいいねが集まり、ある意味啓発としては大成功でした。(2016/6/4)

縄文時代は“平和”だった 暴力死亡率は1.8%――「戦争は人間の本能」は誤り?
縄文時代には、暴力による死亡率が1.8%と極めて低かった――そんな研究成果を山口大学と岡山大学の研究グループが発表した。(2016/3/31)

コンビニ探偵! 調査報告書:
暴力団にどう対応すればいいのか コンビニの現場で注意すべきこと
最近、メディアで暴力団同士の抗争が取り上げられ、不安に思う人も少なくないだろう。今回は、筆者が経験した暴力団とのトラブルとともに、法律の弱点について考えてみたい。(2016/3/28)

世界を読み解くニュース・サロン:
「最恐の殺人地域」を救うことができるのか 武器は日本の意外な“文化”
「中南米は危険」といった話を聞いたことがあると思うが、私たちが想像している以上に“危険”であるようだ。「世界で最も暴力的な都市2015年」を見ると、上位に中南米の都市がランクイン。こうした状況に対して、日本のある文化が期待されている。それは……。(2016/2/4)

公式大暴走 ノンスタイルがセクシーなポーズとセリフをキメる「ノンスタがユニクロに手を出すとこうなる」が映像の暴力
一体誰に向けた広告なんだ。(2015/12/25)

週刊「調査のチカラ」:
「2万円は大金過ぎて持ち歩きが不安」、20代の4割弱
2015年、Yahoo! JAPANで最も検索された人物に、最も読まれた電子書籍、人工知能が代替可能な職業から鉄道係員への暴力の実態まで、「調査のチカラ」で年の瀬の振り返り。(2015/12/15)

鉄道各社が暴力行為防止ポスター「これらはすべて暴力です」を制作 年末年始にトラブルが急増することを受け
暴力は犯罪です。(2015/12/9)

世界を読み解くニュース・サロン:
「テロへの報復は暴力しか生まない」という主張は、“正しい”のか
フランスで起きた同時多発テロを受けて、「暴力が生み出すのは暴力のみ」といった声が出る一方で、「いや、暴力に対しては暴力しかない」という意見も出ている。果たして、どちらの主張が“正しい”のか。(2015/11/26)

イギリスで26歳の性転換女性が男性刑務所へ収監 女性刑務所へ送るためのネット署名が10万件以上集まる
性転換女性が男性刑務所に送られると性的暴力を受ける確率が13倍に上がる研究例もあるとのこと。(2015/10/30)

人気ゲーム「リア充爆発しろ!」が「暴力行為」でAppleからリジェクト 「リア充絶滅しろ!」に改名して復活
人気ゲームアプリ「リア充爆発しろ」が「暴力行為」を理由にAppleからリジェクトされ、ストアから一時消えていたが、「リア充絶滅しろ」に改名し、内容も修正して復活した。(2015/4/17)

リア充が爆発するゲーム「リア充爆発しろ!」、暴力的すぎるとApp Storeから削除→改名して復活
テロ行為だと判断されたため、「リア充絶滅しろ!」に変更。(2015/4/17)

中国政府、「BLOOD-C」など日本アニメを“暴力賛美”と名指しで批判
暴力を賛美するような日本製アニメを配信しているとして、中国政府が同国ネット企業に削除を求めた。(2015/4/2)

「マインクラフト」は子どもに暴力を奨励する? トルコ政府が「禁止するべき」と結論
「こんなに平和なゲームもないと思う」など疑問の声も。(2015/3/11)

3月から地上波でも放送開始! 強烈カオスなファンタジーアニメ「アドベンチャー・タイム」って知ってる?
キュートなキャラにだまされるな! グロにバイオレンス、何でもありの中毒アニメ!(2015/2/24)

テレビ朝日のYouTubeチャンネルがアカウント停止に  「暴力に関するポリシー違反」
テレビ朝日がYouTube上に開設している「ANNnewsCH」がアカウント停止処分に。「暴力に関するYouTubeのポリシーに複数回のまたは重大な違反をした」という。(2015/2/4)

窪田順生の時事日想:
370万人が参加したデモ行進が、うさん臭く感じる理由
フランスの週刊紙『シャルリーエブド』が襲撃され、12名の命が奪われた。罪のない一般市民に向けられた暴力は許せないが、その後のデモ行進などに対し、筆者の窪田氏は「うさん臭さを感じる」という。その理由は……。(2015/1/20)

豆まきしようぜ! 豆3トン持ってきた! 「すごい豆まき2015」が今年もすごそう
完全に豆の暴力。(2015/1/9)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
「カメムシ食え」高校球児のイジメ問題、高野連の闇
カメムシを食え、灯油飲め、そこで自慰しろ──「強豪」と呼ばれる名門高校野球部内で、悪質かつ陰湿化した暴力やイジメ行為が問題になっている。なぜ発生するのか、そしてその闇は……(2014/8/21)

女性が書いた女の子が主人公の小説を大解剖
悩める女性すべてに贈りたい、悩みを解決するヒントとなるような本を紹介する書籍『女子読みのススメ』。今回はその中から、小説『暴力恋愛』の一部を紹介します。(2014/6/17)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。