ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「暴力」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「暴力」に関する情報が集まったページです。

続出する「退職トラブル」:
詐術、脅迫、暴力、洗脳 「辞めたくても辞めさせないブラック企業」急増の真相
「会社を辞めたいのに辞めさせてくれない」という人の相談が増えている。厚生労働省の調査では、会社に辞めたいと伝えても辞めさせてくれない「自己都合退職」の相談が2番目に多く、3万8945件(相談件数の12.8%)もあった。「退職トラブル」の実態とブラック企業への対策を探る。(2018/11/6)

「可愛さの暴力」「天使っていたんだね…」 橋本環奈&清野菜名が見せた“今日俺ダンス”がキュートでキレッキレ
ずっと見ていられる。(2018/11/4)

保護者への対応などが原因:
教員8割がストレスや悩み 過労死白書を閣議決定
過重労働が多いとされ、国の調査重点職種となっている教職員や医療関係者らが精神疾患など「心のストレス」を抱える原因として、保護者への対応や患者からの暴力・暴言が多いことが30日、厚生労働省などの調査で分かった。教職員への大規模調査で約8割が業務上のストレスや悩みがあると回答。調査内容を含む平成30年版の「過労死等防止対策白書」は同日、閣議決定された。白書は過重労働の是正に加え、ストレス対策も重要と指摘した。(2018/10/31)

ユダヤ礼拝所銃撃容疑者が利用していたSNS「Gab」をPayPalやGoDaddyが締め出し
ピッツバーグのユダヤ礼拝所銃撃の容疑者が反ユダヤ発言を繰り返していたSNS「Gab」に対し、PayPalやStripe、Joyent、GoDaddyなどが取引停止を通告。Gabは発言を阻止された人は暴力に向かうと主張する。(2018/10/29)

「こんな青春送ってみたかった」「甘酸っぱい暴力」と身もだえする人続出 両思いを知らずにドキドキする2人にヤキモキな漫画
これがキラッキラな青春ってやつか!(2018/10/12)

Super! C CHANNEL 2018:
フォロワー100万人超えモデル・テリちゃんが明かした“スタイル維持の秘訣”
暴力的なまでのかわいさよ……。(2018/10/7)

「問題噴出」の構造的背景を聞く:
“会社なら当たり前のこと”をすればうまくいく――フェンシング太田雄貴が挑む「スポーツ業界の健全化」
暴力、パワハラ、助成金の不正流用――。スポーツの競技団体で噴出する問題は止まる気配を見せない。昨年、日本フェンシング協会会長に就任した太田雄貴氏に現状の課題を聞いた。(2018/10/5)

「可愛さの暴力!」「橋本環奈ちゃんかと」 福原遥、人生初の“バッサリカット”で激かわショートボブになる
また新たな魅力を発掘してしまった。(2018/10/2)

スピン経済の歩き方:
日本人が「ある程度の暴力は必要」と考える、根本的な原因
全国で「暴力指導」が次々と明るみとなっている。会社、学校、クラブ、家など、あらゆるところで暴力指導が日常的に行われているわけだが、なぜ日本人は「ある程度の暴力は必要」と考えるのか。その思想には根深い問題があって……。(2018/9/11)

依然として金曜深夜などに多発:
ついカッとなる人、減少中? 「鉄道係員への暴力」17年度は過去10年で最少
2017年度に発生した鉄道係員に対する乗客の暴力行為は656件で、過去10年間で最も少なかった。警察官の巡回などが抑止に貢献した。今夏は新たなポスターを掲出し、さらなる抑止を図る。(2018/7/10)

ねとめし:
お菓子史上類をみない中毒性……! “マシュマロ+バター+コーンフレーク”の「マシュマロック」が悪魔のおいしさ
これぞカロリーの暴力……だがそれがいい。(2018/6/29)

衝撃事件の核心:
新幹線殺傷 親子の軋轢で孤立、仕事で挫折し引きこもり…… 親族証言やメモから浮かぶ男の「暴力性」
神奈川県内を走行中の東海道新幹線内で乗客の男女3人が刃物で襲われ殺傷された事件で、小島一朗容疑者(22)は県警の調べに「むしゃくしゃしてやった。誰でも良かった」と供述し、社会への恨みにも言及している。(2018/6/21)

Valve、Steamにおける“すべてのゲーム”を容認していく方針を明言 「荒らしと違法行為」以外はポルノや暴力コンテンツも制限せず
全て(一部例外)を容認という姿勢。(2018/6/7)

Spotify、ヘイトコンテンツ削除へ 新ポリシーで
音楽サービス大手のSpotifyが、性的暴力や差別などを含むいわゆるヘイトコンテンツをサービスから排除する新しいポリシーを発表した。アーティストによるヘイト行為もポリシーに抵触する。(2018/5/11)

大相撲協会、女人禁制問題に関する談話発表 舞鶴巡業のアナウンスは「日頃の指導が足りていなかった」
「暴力等の問題に続き、土俵の女人禁制をめぐる混乱を起こしまして、誠に申し訳ありません」(2018/4/30)

ニコラ編集部、「母親からの暴力」相談への回答について謝罪 無責任と批判受ける
母親からの暴力はしつけなのか、という読者からの相談に「怒られない生活を心がけてみたら」と回答していました。(2018/4/9)

ホワイトハウスがゲームの暴力性を訴える動画公開 → NPO団体が「ゲームの美しさ」を切り取った動画を公開し反論
ホワイトハウスの動画が物議を醸していました。(2018/3/16)

Twitter、暴力・嫌がらせ・ヘイトに関する新ルールの適用開始
Twitterが、サービス上の暴力や嫌がらせを減らす取り組みの一環として、永久凍結の対象拡大などの新ルールの適用を開始した。(2017/12/19)

Twitter、トランプ大統領の反イスラムRTを削除しない理由を変更
Twitterが、トランプ米大統領による反イスラムの扇動的動画RTを削除しないことについて批判される中、削除しない理由を当初の「公共の利益に値する」から「メディアポリシーに基づいて」に変更した。メディアポリシーには「一部の写実的な暴力描写や成人向けコンテンツを含むツイートが許可されることがあります」とある。(2017/12/2)

改訂版「Twitterルール」公開 自殺助長や暴力など「何がダメか」をより具体的に説明
Twitterが10月の予告通り、「Twitterルール」を大幅改定した。自殺助長など、どのような行為が違反として強制措置対象になるのかが従来より明確になった。また、強制措置の内容についても以前よりは具体的になった。(2017/11/5)

Twitter、ルールを更新 「自殺や自傷行為」部分など
「写実的な暴力描写および成年向けに該当するコンテンツ」についても。(2017/11/4)

「これってかわいいの暴力やん」 佐藤ノアの“ウインク動画”が無限ループ余裕すぎて時間泥棒
同じ人類とは思えないかわいさ。(2017/11/2)

にゃんこ型スポンジホルダーとにゃんこ型スポンジが運命の出会い ホールド風景がバイオレンスかわいい
かわいいキッチン用品による突然の凶行。(2017/10/21)

Twitter、嫌がらせ対策強化へ 凍結への異議申し立てにも変更
ルールを変更してセクハラや暴力への対策を強化。また凍結への異議申し立てには、何がルール違反なのかを詳しく説明するようになります。(2017/10/20)

「胸焼けする」「おいしそう」 2キロのラードでラードを揚げる“脂身だけのとんかつ”に意見真っ二つ
カロリーの暴力。(2017/10/17)

#WomenBoycottTwitterを受けて:
TwitterのドーシーCEO、「嫌がらせ対策をさらに強化する」とツイート
セクハラについてツイートする女優のアカウントが制限を受けたことをきっかけに拡散した#WomenBoycottTwitter運動に対し、TwitterのドーシーCEOが嫌がらせや暴力扇動ツイートに関するルールをさらに強化するとツイートした。(2017/10/14)

サカイ引越センター、従業員の暴力行為を謝罪
従業員が酔って他の従業員に暴行したことが報じられていました。(2017/9/29)

Facebook、新広告コンテンツ規定 たとえ報道でも暴力はダメ
Facebookが広告表示可能なコンテンツの規定を改定し、表示できないコンテンツの基準を明確にした。死体や残虐な画像などを含むと、たとえ災害報道などのニュースでも広告が表示されず、収益が得られない。(2017/9/14)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
どうなるのか 巨人、山口俊投手の不祥事
前代未聞の不祥事だ。2017年にFA移籍で加入したばかりの巨人、山口俊投手が暴力トラブルを起こしていた疑いが発覚。事態を重くみた球団側は、山口投手を登録抹消としたが、ネット上では「解雇が望ましい」といった声が出ている。(2017/7/20)

啓発ポスターなどが抑止効果:
鉄道係員への「暴力」、2年連続で減少 原因は飲酒が最多
鉄道係員に対する暴力行為は、2016年度はどの程度発生したのだろうか――鉄道事業者計34社調べ。(2017/7/4)

トランプ大統領、CNNをプロレスでボコボコにする合成映像をツイート CNN「仕事せずに子どもじみた行動をしている」
馬乗りになって一方的に殴る内容から「記者に対する暴力を推奨」との批判も。(2017/7/3)

個々が持つ技術と運用上の知見を共有し、「サービスを使えない」ようにしていく:
Facebook、Microsoft、Twitter、YouTubeが「テロリスト撲滅対策」で連携
個人向けオンラインサービス世界大手のFacebook、Microsoft、Twitter、YouTubeの4社が、オンラインサービスから「テロリストや暴力的な過激派を締め出す取り組み」を協力して進める新フォーラムを創設。対策技術や知見を共有し、「テロリストがネットサービスを使う機会を減らしていく」のが狙い。(2017/6/28)

米ソニー・ピクチャーズが暴力シーンなど削った「クリーンバージョン映画」提供計画 監督などの反発で変更
オリジナル版購入者に「クリーンバージョン」提供を計画していましたが、「監督が賛同しなければ提供しない」方針に。(2017/6/18)

あのキャラに花束を:
天才が言う正論は、どうしようもない暴力だ 「剣姫、咲く」戸狩姫咲というキラープリンセス
貴女を私の好敵手(仮)にしてあげる!(2017/4/21)

世界を読み解くニュース・サロン:
信頼できそうな大人に、子どもはどう接すればいいのか
教師が子どもにいたずらをしたり、暴力をふるったり。子どもを守って育てていく立場の大人たちが、実は子どもにとって「最大の敵」なのかもしれない。どういうことかというと……。(2017/4/20)

男性同士で手をつないだ写真投稿、オランダのSNSで広がる 男性カップルへの暴力事件受け
「#allemannenhandinhand」というハッシュタグとともに広まっています。(2017/4/5)

肉の花が咲いてる…… 秋葉原に皿が肉で埋まった「1ポンドメガローストビーフ丼」登場
肉の暴力。(2017/3/24)

ねとらぼレビュー:
主人公は“日商簿記勉強中の殺し屋少女” かわいい顔して淡々と標的を始末する漫画「バイオレンスアクション」
目標に銃を突き付けながらお勉強。「イカレてる……」「人をそういうふうに言うのはよくない!」(2017/3/10)

沖縄・中学生を一方的に暴行する動画拡散 校長が詳しい事情と心境を吐露、市教委は沖縄タイムスの報道を否定
市教育委員会「いじめという認識をもち、対暴力について事実確認及び指導を行っていく」。(2017/1/31)

指定暴力団の貫禄 “ポプ子にぶっ壊される竹書房”が全人類待望のねんどろいど化
ポプ子に地べたを這わせドロ水すすらせたクリーンな出版社。(2016/12/9)

数の暴力(3D)! 総勢44人のプリキュアがホログラフィックでステージに登場
「プリキュアフェスティバル」DMM VR THEATERで12月開催。(2016/10/26)

「ナパーム弾の少女」問題から約1カ月:
Facebook、“意義ある”ヌードや暴力画像であれば掲載認める方針に
歴史的反戦写真「ナパーム弾の少女」をヌードだとして削除(後に復活)した問題から約1カ月後、Facebookは「コミュニティ規定」に反するコンテンツであっても、報道価値があったり、公共の利益にとって重要であれば表示を認める方針を発表した。(2016/10/24)

暴力団との正しい“付き合わない方法”
ビジネスシーンで知らないうちに暴力団関係者と知り合っていたり、取引をしていたりすることも少なくありません。本稿では、暴力団関係者と出会ってしまった場合の正しい“付き合わない方法”を解説します。(2016/7/21)

Facebook、「ライブ動画」非表示のガイドラインを説明──黒人射殺動画を残した理由も
白人警官の黒人射殺ライブ動画が物議を醸す中、Facebookがライブ動画のガイドラインについて説明した。同じ暴力シーンを含むコンテンツでも、目的によっては削除しないとしている。(2016/7/9)

2015年度、鉄道係員への暴力行為の件数は792件 加害者の62.5%が飲酒
日本民営鉄道協会と鉄道会社各社などが、昨年度に発生した鉄道係員に対する暴力行為の件数を発表した。(2016/7/4)

エイミー・シューマーさん、「銃による暴力啓発デー」になぜか“はいてない”写真を投稿し大反響 「最高です!」「下を脱ぐ必要はあったのか」
42万件のいいねが集まり、ある意味啓発としては大成功でした。(2016/6/4)

縄文時代は“平和”だった 暴力死亡率は1.8%――「戦争は人間の本能」は誤り?
縄文時代には、暴力による死亡率が1.8%と極めて低かった――そんな研究成果を山口大学と岡山大学の研究グループが発表した。(2016/3/31)

コンビニ探偵! 調査報告書:
暴力団にどう対応すればいいのか コンビニの現場で注意すべきこと
最近、メディアで暴力団同士の抗争が取り上げられ、不安に思う人も少なくないだろう。今回は、筆者が経験した暴力団とのトラブルとともに、法律の弱点について考えてみたい。(2016/3/28)

世界を読み解くニュース・サロン:
「最恐の殺人地域」を救うことができるのか 武器は日本の意外な“文化”
「中南米は危険」といった話を聞いたことがあると思うが、私たちが想像している以上に“危険”であるようだ。「世界で最も暴力的な都市2015年」を見ると、上位に中南米の都市がランクイン。こうした状況に対して、日本のある文化が期待されている。それは……。(2016/2/4)

公式大暴走 ノンスタイルがセクシーなポーズとセリフをキメる「ノンスタがユニクロに手を出すとこうなる」が映像の暴力
一体誰に向けた広告なんだ。(2015/12/25)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。