ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「告白」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「告白」に関する情報が集まったページです。

「告白してみてくれないか」 “未来からやってきた”先輩が後輩を全力で振り回す漫画
早く付き合っちゃえば良いんじゃないかな。(2018/7/12)

「痩せるまで無期限休憩」 Popteen専属モデルのなちょす、露出減の理由告白と新たな決意に応援の声
「絶対痩せて痩せて可愛くなってまたPopでみんなに見てもらえる日を迎えてみせます!」(2018/7/3)

叶美香が「おっさんずラブ」ロスを告白 「牧春、春牧、ほんとうによかった」「分かち合いたい」
土曜日が来るたびに切なくなる。(2018/6/10)

「安室透に出会ってから世界がきらきらして見える」安室の女の胸の内
「隣の安室の女」の信仰告白。(2018/6/9)

赤ちゃんをこっそり変顔で笑わせようとする人「親もめっちゃ気づいてる」 母親が投稿した告白マンガに戦慄する人々
「それでもやる」の声も。(2018/6/4)

多忙、重圧……追い詰められるアーティストたち 華やかな米音楽業界の影
米人気歌手のマライア・キャリーさんが双極性障害を告白。人気DJで音楽プロデューサー、アヴィーチーさんは死去し、自殺との見方も出ている。人知れずストレスや孤独を抱えるスターたちの姿とは……。(2018/5/15)

「告白しようか迷ってます」→「現場から応援してます!」 工事現場の意見箱、回答が丁寧すぎてほっこり
徹底して丁寧な回答。(2018/5/15)

伊達ちゃん早くツッコんで! サンド富澤、“ドバッと血尿が出た”「精巣上体炎」告白もボケが止まらない
これが芸人の性。(2018/5/11)

「通り魔かよ」 川崎麻世、見知らぬ男性に背後から傘で殴られる暴行被害を告白
危険がいっぱい。(2018/4/25)

告白したら相手が無表情……!? 猪突猛進&のんびりのテンポがずれたカップル漫画がかわいい
振られると思ったら、一転ハッピーに。(2018/4/19)

最上もが、左手薬指にダイヤリング 「けっ結婚ですか?」などファンに波紋広がる
その後「良さげな相手もいないです…ときめき皆無です」と29歳の遊び心を告白(2018/4/18)

「内心、、、、グッチャグチャです」 元恵比寿マスカッツの川村りか、子宮頸部腺がん告白
“極めて2に近いステージ1”の子宮頸部腺がん。(2018/4/16)

「妬みから私が」 アイドルのTwitterを乗っ取っていたのは同グループのメンバー 真相を告白
デビュー直前にTwitterが乗っ取られる事件が発生。(2018/4/14)

まさかのダイミダラー! 『極黒のブリュンヒルデ』の岡本倫、アニメ化で心に大ダメージを負っていたことを告白
涙なしには聞けない。(2018/4/6)

「考えれば考えるほど怒りが」 元SKE48岩永亞美、ファンによるストーカー・誘拐被害を告白
反省語る加害者に「リセットできることが羨ましい」。(2018/4/3)

「歯茎を削る…正直こわかったです」 有村藍里、“口元ブサイク”改善の矯正手術を告白
過去5年間で6本の抜歯も経験。(2018/3/29)

「ねほりんぱほりん」のLINEスタンプが登場 どんな衝撃の告白も中和してくれる
ねほりんとぱほりんや豚のキャラクターをイラストにしたスタンプです。(2018/3/27)

血液サラサラやん! 「安田大サーカス」HIRO、ダイエット成功で血液年齢が27歳に若返る
リバウンドの恐怖も告白。(2018/2/11)

タランティーノ「時速64キロで走れ。できなかったら撮り直しだ」 「キル・ビル」主演女優、パワハラによる交通事故を告白
「やっちまいな!」流行に潜んでいた闇。※追記あり(2018/2/5)

「想いが3分で伝わる」:
日清、“麺の花束”「ヌードルブーケ」発売 プロポーズのお供にぴったり?
日清食品が、「カップヌードル」をブーケ風に束ねた「ヌードルブーケ」を発売。プロポーズや愛の告白でのプレゼントを想定。「あなたの想いが3分で伝わる」としている。(2018/2/5)

GENKINGが“沙奈”に改名、性適合手術も告白 ファンからは「素敵な人生を謳歌して」と激励の声
手術は2017年5月に受けたとのこと。(2018/1/29)

瀬戸康史、“かわいすぎる女装”の裏側を告白 「人生初の脱毛」「減量のため1日1食」
ストイックだ……。(2018/1/15)

稲垣吾郎、香取慎吾への密かな憧れを告白 「香取君のような……」
稲垣さんもステキですよ?(2017/12/21)

Webサービスから生まれた若者文化:
恋愛流行語、1位は「公開告白」 どういう意味?
マッチングアプリ「タップル誕生」の利用者を対象に「2017年の恋愛流行語」を調査。1位は「公開告白」。どういう意味か分かりますか?(2017/12/6)

SNSだらけの「恋愛流行語2017」公開 「公開告白」「#プレ花嫁さんとつながりたい」など
マッチングサービス「タップル誕生」で、「恋愛流行語2017」を調査。「公開告白」「婚活アカウント」などSNS用語が上位にランクインした。(2017/12/6)

大正製薬「『リポビタンD』の『デー』、おじさん発音ではなくドイツ語の発音」 Twitterで突然の告白
なぜドイツ語由来なのかについても聞きました。(2017/12/4)

「実はタラやねん」 ビッグカツのすぐるが“いいにくいことをいう日”に衝撃告白
安さの秘訣?(2017/11/30)

「並んだら濃いですね!」 ブルゾンちえみ、夏木マリとの2ショットで憧れを告白
夏木さんかっけえ……。(2017/11/28)

「もし、サザエとマスオが現代の高校生だったら」 カップヌードルの新CM第3弾は“マスオの公開告白
原作エピソードを現代風にアレンジ。告白の結果はもちろん……。(2017/11/22)

「自分を好きでいてほしい」 同性愛告白の元女子バレー滝沢ななえ、告白後の心境つづる
初めて女性と付き合ったのはチームを移籍した20代前半とのこと。(2017/11/21)

「元どおりになるのか」「まともに発音が出来なくなった」 いしだ壱成、顔面麻痺の後遺症を告白
心配……。(2017/11/15)

キンタロー。「社交ダンス世界選手権」7位入賞の裏側を告白 「相当思い悩んでました」
キンタロー。さん「1年間のいろいろな努力が報われました」。(2017/11/7)

「事実だと知りました」 たむらけんじ、片岡飛鳥から「めちゃイケ」終了の報告を受けたことを告白
これ言っていいの……?(2017/11/3)

はーちゃんは垂らしたい 川口春奈の“よだれ祭り”告白にファン歓喜
「そういう無防備なところがかわいい」。(2017/10/3)

吉高由里子、映画「ユリゴコロ」舞台あいさつでハイボールへの"純愛”告白 「愛の結晶のシュワシュワ(笑)」
吉高節さく裂でしたが、最後は監督からの感動的なコメントも。(2017/9/24)

飯田圭織、第3子女児の出産を報告 「命の大切さを改めて感じました」
「妊娠初期は重い悪阻、妊娠後期は切迫早産で自宅安静や入院もしていた」との告白も。(2017/9/19)

DISH//リーダーが「好きだよ」:
音楽ライブの直通バスでVR体験 歌手から「愛の告白」も
WILLERとKDDIが、ライブ会場への直行バス内でVRコンテンツを視聴できるサービス「ライブバス VR」を始める。バンドメンバーと近くで会話しているかのような体験ができる点が特徴だ。まずは2018年元旦に開催される「DISH//」の武道館ライブに向かう車内で、メンバーからの“告白”などを体験できるVR映像を配信する。(2017/8/31)

マラソン完走のブルゾンちえみ、写真とともに思いを告白 「素直にありのまま言葉で」
崩れないメークにも注目が集まっています。(2017/8/28)

24時間テレビ、羽生結弦選手が告白した小児ぜん息について「病気を言い訳にせず」とツイートし物議 視聴者から非難の声
ぜん息は死亡例もある病気。(2017/8/27)

「周りの方々に本当に理解されなかった」最上もが、脱退後初のメディア出演で心境告白
冠番組に生出演し「人間と久しぶりに会いました」。(2017/8/15)

「最近は仮面ライダー出身って言っても……」うどん県副知事の要潤、世間の認識とのギャップを告白
俺たちは、G3を、忘れない!(2017/8/2)

週刊少年マガジン×ねとらぼ:
メールでの告白、あなたは許せる? 許せない? マンガ『徒然チルドレン』から『Re:』
返事がくるまでの間に、死にそう。(2017/8/1)

2人に1人が気になる相手とSNSで連絡 「告白」「別れ」にも利用
パートナーエージェントは、7月7日に「SNSを利用した恋愛事情の変化」に関するアンケート調査の結果を発表。2人に1人が交際相手/気になる相手とSNSで連絡を取り、10年前と比較すると「告白」「別れ」にSNSを利用するユーザーが2倍以上となった。(2017/7/7)

週刊少年マガジン×ねとらぼ:
「告白しようと思ったのに」「なーんちゃって!!」 青春が爆発する高校生たちの恋に笑い泣く マンガ『徒然チルドレン』から『スピカ』
「なーんちゃって」と言っちゃったら、後が大変。(2017/7/4)

“尾行告白”の松居一代、心配の声にブログで返答 「苦しくても…怖くても…悲しくても…」
ふむ……。(2017/6/28)

「1年5カ月も尾行され続けている」 松居一代が“恐怖の告白”、15日間の逃亡生活を明かす
何があったの……。(2017/6/27)

やだイケメン…… 永野芽郁、“美少年”な学ラン姿披露で性別不問の告白続出
女の子だから……と言い聞かせる。(2017/6/16)

「22年目の告白」舞台あいさつに藤原竜也や仲村トオルら トークは“NGブザー”でネタバレを防止する徹底ぶり
竜星涼さんからは「眉毛を抜いた」告白も。(2017/6/12)

Pawoo、スパイ大作戦ごっこができる「自動消滅トゥート」を実験中
「このトゥートは自動的に消滅する」も黒歴史の告白もできる。(2017/6/1)

「奴隷のほうがマシな生活」「人材枯渇」 自動車整備業界の危機的状況を現役整備士が告白
整備士、業界関係者を取材しました。(2017/6/4)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。