ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「データ通信」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
次世代PCデータ通信 - ITmedia PC USER
質問!通信→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で通信関連の質問をチェック

Android版Chromeの「データセーバー」で動画データも最高67%削減可能に
Android版Chromeのデータ通信料節約機能「データセーバー」が画像とテキストに加え、動画もサポートするようになった。また、間もなくコンテンツをダウンロードしてオフラインで表示できる機能が追加される。(2016/12/1)

SIM通:
WiFiルータなどデータ通信専用SIMで「020」番号が2017年スタート?
総務省は、電気通信番号規則等の一部改正に関する省令等案を承認した。携帯電話番号の枯渇に向けた対策として、新たに「020」から始まる携帯電話番号を新設する。主にM2M向けに使用されるほか、パケット通信のみを行うSIM単体やWiFiルータ用として付与される。(2016/11/29)

PR:データ容量が気になる人も、家族でまとめて使いたい人も「エキサイトモバイル」におまかせ!
エキサイトモバイルは、使った分だけデータ通信の料金が選択される「最適料金プラン」と、SIMカードを3枚持てるコースを用意しているのが大きな特徴。具体的な利用シーンを見ながら、どんな使い方がお得なのかを紹介しよう。(2016/11/28)

SIM通:
LINEモバイル、新規契約でデータ通信量を3か月で9GB増量キャンペーン
LINEモバイルは、「LINEモバイルデビュー応援キャンペーン」を実施。期間中にLINEモバイルを新規契約したユーザーを対象に、最大3か月連続で毎月3GB、合計9GBのデータ通信量が増量される。(2016/11/25)

IIJ、余ったデータ通信量に応じて割り引くサービスを提供――au SIM+端末セットで
IIJが、余ったデータ通信量に応じて月額料金を割り引くサービス「IIJmioモバイルプラスサービス」を提供する。au VoLTEのSIM+端末をセットで購入したユーザーが対象。月3GBか7GBのプランを提供する。(2016/11/24)

データ通信量余ったら値引き IIJ、格安スマホの新プラン
au回線と端末をセットで提供するIIJの新プランは、データ通信量を使い切らなかった場合、500MB当たり100円割り引く新たな仕組みを導入した。(2016/11/24)

PR:格安スマホへの乗り換えを迷っている人にこそ――「UQ mobile」を勧めたい5つの理由
「毎月の通信料金をもっと安くしたい」「SNSのヘビーユーザーだけどデータ通信量を抑えたい」「iPhoneを使い続けたい」「通信品質やサポートも重視したい」――そんなわがままな要望をかなえてくれる格安スマホがUQ mobileだ。その魅力を見ていこう。(2016/11/21)

IIJmio meeting 13:
「悪ではないが、検討すべき課題がある」――IIJのゼロ・レーティングに対する考え
特定のアプリやサービスを使ったときのデータ通信量をカウントしない「ゼロ・レーティング」を採用するMVNOが増えているが、「通信の秘密」や「ネットワーク中立性」で議論の余地が残っている。IIJの考えは?(2016/10/31)

LINEモバイル、データ通信量のカウントフリープランに「Instagram」を追加
LINEモバイルは、11月1日から特定サービスのデータ通信量を消費しない「コミュニケーションフリープラン」に「Instagram」を追加する。(2016/10/25)

LINEモバイル、Instagramも“使い放題”に 通信量をカウントせず
MVNOサービス「LINE モバイル」のコミュニケーションフリープランで、LINE、Twitter、Facebookに続き、Instagramもデータ通信量がカウントされず“使い放題”になる。(2016/10/25)

DMM mobile、データ通信量の1GB増量キャンペーン第2弾を実施
DMM mobileは、3カ月毎月データ通信量が1GB増量となるキャンペーン第2弾を実施。対象は通話SIMプランを新規で申し込みしたユーザーで、期間は11月7日まで。(2016/10/21)

iOS 10.0.3リリース、モバイルデータ通信の不具合を修正
AppleがiOS 10.0.3の配信を開始。モバイルデータ通信の不具合を修正する。シャッター音が無音になるバグは……?(2016/10/18)

日本通信、月額2380円からの大容量SIM「b-mobile SIM 25GB定額」発売
日本通信は、10月17日にデータ通信量が25GBの定額プラン「b-mobile SIM 25GB定額」を発売する。月額利用料金は、データ通信専用SIMが2380円(税別、以下同)、SMS付きSIMが2510円、音声付きSIMが3180円。(2016/10/12)

衛星電話も「小さく」「安く」なった
「飛行機からインターネット」を支える「衛星データ通信」入門
衛星回線や衛星データ通信接続について、どこでも使えるメリットとそのコストを考えるために知っておくべきことを確認しておこう。(2016/9/28)

MVNOの深イイ話:
格安スマホユーザーが海外でデータ通信を利用する方法
「格安スマホ」のユーザーが困ることの1つが、海外でのスマートフォン利用です。現時点では、MVNOで国際ローミングを提供しているところはあまりありません。今回は、海外で利用できるプリペイドタイプのデータ通信サービスについてご紹介します。(2016/9/20)

SIM通:
LINEモバイル1GB/月500円から カウントフリーや年齢認証にも対応
LINEは、新たに参入するMVNO事業「LINEモバイル」のサービス詳細を発表した。1GB/月500円からの料金で、LINEのデータ通信量がカウントフリーとなる「LINEフリー」などのプランを提供する。(2016/9/20)

SIM通:
IIJ、「フルMVNO」でワイヤレスインフラネットワークの実現を目指す
IIJは、NTTドコモからHLR/HSSの連携に関する承諾書を取得したことを発表した。これを受け、2017年度より「フルMVNOデータ通信」の商用サービスを提供する。(2016/9/15)

iOS 10にしたSIMフリー「iPhone SE」で格安SIMのデータ通信を使ってみた
格安SIMユーザーにとって、iOSのバージョンアップは常に「戦々恐々」な面がある。バージョンアップによってデータ通信ができなくなることがあるからだ。とりあえず、iOS 10にしたSIMロックフリーの「iPhone SE」で、格安SIMを何枚か試してみよう。(2016/9/14)

ドコモは「ウルトラパック」 家族で100GBシェアも 「ギガモンスター」「スーパーデジラ」に対抗
ドコモが大容量データ通信プラン「ウルトラパック」を発表。ソフトバンクの「ギガモンスター」、KDDI(au)の「スーパーデジラ」に対抗した。(2016/9/13)

SIM通:
エキサイトモバイル、格安SIM業界で最大級の大容量プラン提供開始
エキサイトモバイルは、「30GB」「40GB」「50GB」の超大容量データ通信をバンドルした新プランを提供開始した。いずれも定額プランで、「30GB」「1枚コース」が6,980円となっている。(2016/9/9)

ソフトバンク、月20GB/30GBのデータ通信が可能な新プランを追加
ソフトバンクが、月額6000円の「データ定額20GB」と、月額8000円の「データ定額30GB」を追加。「スマ放題」と「スマ放題ライト」と組み合わせられる。9月29日からプラン変更の受け付けを開始する。(2016/9/8)

SIM通:
mineo「パケットシェア」のルール大幅緩和!家族以外でも利用可能に
ケイ・オプティコムは、mineoにおいて「mineoスイッチ」と「パケットシェア」の機能改善を実施。mineoスイッチでは、Webサイト上からデータ通信の高速・低速切り替えが可能になる。パケットシェアでは、家族以外とも繰り越しデータ量のシェアが可能になる。(2016/9/8)

ロケットモバイル、「スーパー神プラン」提供――200kbps通信無制限+端末保証で月額719円
MVNOサービス「ロケットモバイル」は、月額298円(税別)で200kbpsのデータ通信を無制限で利用できる「神プラン」と端末故障時に修理または交換機を提供する「つながる端末保証」がセットになった「スーパー神プラン」を719円(税別)で販売する。(2016/9/2)

データ通信、通話、SMSの品質が優れているキャリアは?――RootMetricsがテスト結果を発表
RootMetricsが、通信品質を測るテストを日本で実施。ドコモ、KDDI、ソフトバンクの6項目で実施したテスト結果を発表した。単なる回線速度を測るだけでなく、メール、ブラウザ、通話、SMSなど、実際の利用シーンに即して包括的にテストを行った。(2016/8/24)

格安SIM定点観測:
「ポケモンGO」便乗ラッシュ? MVNO同士の協業も――2016年6月・7月データ通信編
2016年からはその淘汰(とうた)が始まると指摘されているMVNO。それを見越してか、MVNO同士が販売面で提携する動きが出てきた。また、日本でも配信が始まった「ポケモンGO」にあやかろうとするMVNOも見られた。(2016/8/12)

「データローミング=怖い」を解消したい――KDDIに聞く「世界データ定額」の狙い
KDDIが7月22日に開始した「世界データ定額」は、対応する国と地域で1日980円でデータ通信が利用できる。その安さはもちろん、予期せぬ高額請求を防げる仕様にした点も注目したい。KDDIの担当者に、サービス提供の狙いや苦労を聞いた。(2016/8/5)

SIM通:
DMM mobileよりも安い! 業界最安の7GBプラン登場
ジーエーピーは、7月1日より格安SIM業界最安値となるSIMカード「G-Call SIM」の提供を開始した。データ通信容量は7GBのみで、「データ専用プラン」なら月額1,840円で利用できる。(2016/7/28)

「Pokemon GO」のデータ通信料が1年間無料になる「DTI SIM ノーカウント」予約受付開始
DTIは、特定アプリでのデータ通信量が1年間無料になる新プラン「DTI SIM ノーカウント」を発表。月額1220円(税別)から利用でき、リリースは「Pokemon GO」の日本配信開始後を予定している。(2016/7/19)

「Pokemon GO」のデータ通信が1年間無料に 格安SIM「DTI SIM ノーカウント」
モバイル高速データ通信サービス「DTI SIM」で、「Pokemon GO」のデータ通信を1年間無料にするプランが登場。(2016/7/19)

「ポケモンGO」のデータ通信を1年間無料に DTIが格安SIMに新プラン
ポケモンGOのデータ通信を1年間無料にする格安SIM「DTI SIM」の新プラン。(2016/7/19)

「Pokemon GO」利用は1年間データ通信無料──T-Mobileが太っ腹なプレゼント
「Pokemon GO」の爆発的な人気を受け、米通信キャリアのT-Mobileが利用者プレゼントとして、向こう1年間の同ゲーム利用についてはデータ通信料を無料にする。ポケストップが目的地ならLyftの料金を無料にしたり、Wendy'sのフロスティを無料にするサービスも(これらは1日限定)。(2016/7/15)

SIM通:
楽天モバイルが新端末・新料金プランを発表 ポイント支払い対応も!!
楽天モバイルは、SIMフリースマホ2機種の取扱い開始と、データ通信+5分通話かけ放題+端末代 をセットにした「コミコミプラン」を発表した。また、楽天スーパーポイントでも利用料金の支払いが可能になる。(2016/7/14)

利用シーンが広がって便利――「Moto G4 Plus」のLTE/3G同時待受を試す
「Moto G4 Plus」はLTEと3Gの同時待受に対応しており、「通話用」と「データ通信用」のSIMカードを1台で使い回せる。Moto G4 PlusのデュアルSIMはどれだけ便利なのか? 主な設定や使い勝手をまとめた。(2016/7/13)

「GMOとくとくBB」に最大5枚のSIMカードでデータ通信量を分け合える「シェアSIM」提供開始
プロバイダーサービス「GMOとくとくBB」で、1契約につき最大5枚のSIMカードでデータ通信量を分け合える「シェアSIM」がスタート。まずは「GMOとくとくBB SIM スタンダードプラン」向けに提供開始する。(2016/7/13)

IIJ、郵便局で格安スマホ販売 高齢者への普及目指す
IIJが、MVNOによる個人向けデータ通信サービス「IIJmio高速モバイル/Dサービス」を、郵便局に置いたカタログで販売すると発表。高齢者などに格安スマホの普及を目指す。(2016/7/5)

楽天モバイル、5分かけ放題でスマホ込み1880円〜の「コミコミプラン」を7月開始
「ZTE BLADE E01」「HUAWEI P9 lite」「arrows M03」の3機種限定。2GBまたは4GBのデータ通信に音声通話の5分かけ放題、そしてスマホの本体価格をセット。1年目の料金は1880円〜2980円から。(2016/6/28)

「1980円スマホ」で第3極目指すUQ mobile 量販店ではauスタッフも動員し“総攻撃”へ
UQ mobileは、1980円でデータ通信2GB/通話60分相当が利用できる「イチキュッパ割」を発表。量販店を中心に販売チャンネルも拡大し、auスタッフとの連携も図る。(2016/6/24)

Y!mobile、Pocket WiFi向け「アドバンスオプション6カ月無料キャンペーン」開始
Y!mobileは「Pocket WiFiプラン2」向けの「アドバンスオプション6カ月無料キャンペーン」を開始。月額3696円(税別)でデータ通信量の上限を6カ月間撤廃する。(2016/6/24)

最新バージョン「Bluetooth 5」が発表 データ通信容量が8倍まで増加
Bluetooth 5対応機器は2016年後半〜2017年前半にリリース予定とのこと。(2016/6/17)

BIC SIM 3周年キャンペーン、音声通話無料&データ通信量プレゼント
音声通話機能付のオリジナルSIMカード「BIC SIM」販売開始3周年を記念した「おかげさまでBIC SIM 3周年キャンペーン」を実施。音声通話料を3カ月間、最大5分×30回無料とし、データ通信量を6カ月間2GB増量する。(2016/6/17)

格安SIM定点観測:
自然災害時の対応もバロメーターになるか――2016年4月・5月データ通信編
サービス改善が大きな軸が移ったMVNOサービス(格安SIM)。単にサービスを拡充するだけではなく、従来にはないサービスのあり方の模索も始まっている。また、4月の「熊本地震」を通して格安SIMの選び方に新たな評価軸が出てきた。(2016/6/13)

Intel試作機での検証で設計時間1/50に:
NECがCPU-FPGA密結合デバイス用新通信方式を開発
NECは2016年6月、CPUとFPGAによる密結合プロセッサで、CPUとFPGA間の高速通信を実現するための開発時間を大幅に短縮できる新たなデータ通信方式を開発した。(2016/6/2)

au、24時間980円「世界データ定額」8月から 海外旅行中もいつものスマホで
KDDIが24時間980円の定額料金で海外からデータ通信を利用できる「世界データ定額」を8月に始める。(2016/5/31)

SIM通:
格安SIMの契約プランは3GB、使用量は1GB未満が最多に
MMD研究所が発表した調査結果によると、スマホ利用者のデータ通信の契約プランは、4キャリア利用者は「5GBプラン」、格安SIM利用者は「3GBプラン」が最多となった。また、格安SIM利用者のほうが、データ通信量の節約意識が高いことがわかった。(2016/5/26)

半年間基本料金を割り引くキャンペーンも:
「DTI SIM」、5分以内の電話かけ放題+ネット使い放題プランを提供
DTIが、5分以内の通話し放題のサービスと、データ通信し放題のプランを提供する。前者は月額780円。後者は10GBプランの料金(2200円〜)据え置きで提供する。(2016/5/25)

ピクセラ、SIMフリーのLTE対応USBデータ端末「PIX-MT100」発売
ピクセラがUSBスティック型のLTE対応データ通信端末「PIX-MT100」を発売した。IoT向け機器ブランド「Conte」(コンテ)の第1弾製品。直販サイトでの販売価格は1万4800円(税込)。(2016/5/18)

エイビット、3G対応のUSBスティック型データ通信端末「AK-020」
エイビットは、USBスティック型筐体を採用した3G対応データ通信端末「AK-020」を発表した。(2016/5/11)

データ通信プランは4キャリアが5GB、格安SIMは3GBが最多――MMDの調査
MMD研究所が「モバイルインターネット通信に関する利用意識調査」の結果を発表。データ通信の契約プランは4キャリア利用者は5GB、格安SIM利用者は3GBが最多となり、4キャリア利用者の2割は契約プランが「わからない」と回答した。(2016/5/9)

携帯各社、熊本地震被災者の通信速度制限解除を5月31日まで延長
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは、熊本地震の被災者を対象に実施しているデータ通信の速度制限解除を5月31日まで延長する。(2016/4/27)

UQ、熊本地震で被災した「UQ mobile」ユーザーのデータ料金を一部無料化
4月はデータ通信容量に上限を設定せず、チャージ料金を無料に。5月は2GBを無償で提供。(2016/4/25)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。