ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「東京オリンピック」最新記事一覧

政府と重要インフラ組織のサイバー演習、過去最大規模で実施
政府省庁と13の重要インフラ組織による横断型のサイバー演習が行われ、過去最大となる505組織2084人が参加した。(2016/12/7)

「温泉マーク」、一転存続で調整 業者からの反対受け経産省
変更が検討されていた「温泉マーク」について、国際規格などとの併記で活用を続ける方向で調整へ。(2016/12/7)

2015年度は前年比117%の8900億円:
ネット広告代理市場、2016年以降年平均16.4%の大幅な伸び──ミック経済研究所調査
ミック経済研究所の調査によるとネット広告代理市場の総市場規模は2016年度以降、年平均16.4%の伸びで推移し、2020年度には1兆9000億円市場にまで拡大する見通し。(2016/12/6)

森ビル 虎ノ門ヒルズを進化 国際新都心へ「住み、働き、遊ぶ」機能集約
海外から認められるためにはビジネス環境の整備のほか、住居や文化・娯楽、交通インフラの充実も不可欠。(2016/12/5)

厚労省の禁煙案に病院まで反対 「命短い患者に……」
厚生労働省が喫煙範囲をさらに狭める受動喫煙防止対策案を打ち出しが、反対意見が相次いでいる。飲食店から「店を潰す気か」との批判があるほか、病院からも反対が。なぜ?(2016/12/5)

FAニュース:
制御と計測の技術が共演、SCFと計測展が一体化して開催
日本電機工業会、日本電気制御機器工業会、日本電気計測工業会が主催する、産業用オートメーションと計測技術の展示会「システムコントロールフェア(SCF)2017/計測展2017 TOKYO」の開催概要が発表。前回は同時期同会場開催だったSCFと計測展が今回から一体化し1つの展示会として開催する。(2016/12/2)

2020年東京五輪に向け:
「店をつぶす気か」厚労省禁煙案に反対続出
2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、厚生労働省が10月、喫煙範囲を狭めた受動喫煙防止対策案を打ち出したところ、関係団体から反対意見が相次いだ。病院からも「命短い患者にせめてたばこくらいは……」と喫煙室の設置を求める声も。(2016/12/1)

楽天が分析:
2016年ショッピングのトレンドは――「インスタ映え」
2016年のヒット商品とトレンドは?――楽天が分析。(2016/11/28)

ボーカロイド“初音ミク”と太鼓芸能集団の“鼓童”がコラボ! スペシャルライブでミクさんの“鼓童”を感じろ
2020年東京オリンピックに向けてのスペシャルライブとのこと。(2016/11/27)

「劇的ビフォーアフター」レギュラー放送終了へ 今後はキャストそのままに特番を予定
関係スタッフにとっても「急な話」だったとのこと。(2016/11/25)

SEMIジャパン代表に聞く:
「地図はここに」 40周年SEMICONが魅せる世界
マイクロエレクトロニクス製造サプライチェーンの国際展示会「SEMICON Japan 2016」(2016年12月14〜16日/東京ビッグサイト)は、2016年の開催で40周年を迎える。主催者であるSEMIジャパンの代表を務める中村修氏に、その見どころなどについて聞いた。(2016/11/25)

世界を「数字」で回してみよう(36) 人身事故:
飛び込みにまつわる「6つのなぜ」に新たな仮説が続々?
今回は、「なぜ7月に飛び込みが多いのか」「なぜ火曜日に飛び込みが減るのか」など、私が仮説立案できなかった6つの疑問に対して、読者の皆さまが寄せてくださった仮説の中から、私のハートにヒットしたものを紹介したいと思います。後半では、小田急線の人身事故に巻き込まれた人々の実際のTwitterを分析してみました。(2016/11/24)

「(ヱヴァ)頑張っています」 カラー10周年記念展で庵野秀明が新作アニメ「龍の歯医者」についても語った
記念展が11月23日から11月30日まで、ラフォーレミュージアム原宿で開催中。(2016/11/22)

競技人口60万人:
「ボルダリング」人気急上昇 歌って登れるカラオケ店も
2020年東京五輪の追加種目の1つにスポーツクライミングが初採用され、その一種である「ボルダリング」が人気を集めている。仕事帰りのサラリーマンや子供、高齢者らにも愛好者が増え、街のボルダリングジムは大盛況だ。(2016/11/22)

ET2016会場レポート:
「Society5.0」時代に求められるサイバーセキュリティ9つのポイント
「Embedded Technology 2016」「IoT Technology 2016」(2016年11月16〜18日/パシフィコ横浜)の特別講演として東京大学大学院 情報理工学系研究科 教授の江崎浩氏が登壇。「IoT・ビッグデータ時代に向けたSociety5.0インフラストラクチャの設計」をテーマに、「Society5.0」時代に組み込みシステムに求められることを提言した。(2016/11/21)

新人記者(応援団長)が行く:
自動運転の普及で山手線がなくなる日
自動運転の実用化に向けた動きが加速している――。安倍首相は「2020年に東京で完全自動運転車(無人車)を走らせる」と宣言しているが、無人車の普及は社会に、経済にどのようなインパクトを与えるのだろうか。野村総合研究所の「自動運転車の普及による影響」などについて詳しい専門家、晝間敏慎(ひるまとしみつ)氏に話を聞いた。(2016/11/21)

ビジネスパーソンのための建設と建築:
ゼネコン、サブコン、CM 東京五輪前に押さえておきたい「建設の常識」
建設と建築の違いは? 知っているようで知らない基礎知識を解説。(2016/11/21)

人気ゲーム「龍が如く」ゲオ独占で実写ドラマ化 葉山奨之さんら出演
ゲオ独占配信。(2016/11/20)

トヨタ、燃料電池トラック事業化へ 米国で調査開始
トヨタ自動車は、燃料電池を大型トラックに搭載するための事業化調査を米国で実施すると発表。(2016/11/18)

10Gbpsの高速通信にも実現のめどが――ドコモが5Gの最新技術やサービス像を披露
NTTドコモは11月17日から18日にかけて、同社の最新技術などを展示する「ドコモR&Dオープンハウス」を開催。同イベントの開催に先駆けて、11月16日にはドコモは次世代の通信技術とされる「5G」に関する取り組みを報道陣に公開した。(2016/11/17)

NHK大河ドラマに“オリンピック” 2019年の大河はクドカン脚本でスポーツマンの奮闘ぶりが描かれる
今後のキャスト発表にも注目。(2016/11/16)

2019年NHK大河ドラマは「オリンピック」 クドカン脚本
2019年のNHK大河ドラマは「オリンピック」がテーマに。(2016/11/16)

銀座ソニービルが“特別な場所”であり続ける理由
東京・銀座のソニービルで開幕した「It's a SONY展」。日本が高度成長期のまっただ中にあった1966年に建設され、今もソニーとそのファンにとって特別な場所であり続ける銀座ソニービルについて、展示からひもとく。(2016/11/15)

IoTデバイスの開発秘話(5):
「なくす」をなくす、日本ゆえに生まれたIoTタグ
落し物を追跡するIoTタグ「MAMORIO」を知っているだろうか。MAMORIOとは、Bluetooth Low Energy対応のビーコンを活用するタグであり、紛失したくない物に取り付ける。スマートフォンとペアリングすることで、置き忘れ防止のアラートがスマホに通知されたり、紛失時には、どこに置き忘れたかを地図で表示できたりする。最大の特長は、日本発だからできる、ユーザー同士で協力して紛失物を探す機能といえるだろう。(2016/11/15)

使用済み携帯電話を東京五輪のメダルに ドコモが協力を提案へ
2020年東京五輪では、不要になった携帯電話から収集した金属が、メダルに使われる見通しだ。(2016/11/14)

司書メイドの同人誌レビューノート:
2020年東京五輪により消えゆく「霞ヶ丘アパート」 そして建設中の湾岸地区を写真集に
静と動の対比。(2016/11/13)

池澤あやかとミライを試そう!:
2020年に超臨場感のあるパブリックビューイングを!  池澤あやかがNTTの「研究開発センター」に潜入
あの巨大なNTTの研究開発センタに、ギーク女優・池澤あやかが潜入! そこで見た“超臨場感リアルタイム伝送技術”に一同驚愕! 「疑似3D」と共演した池澤あやかの反応は…? ニコニコ超会議の話題をかっさらったあの技術を大解剖!(2016/11/12)

PR:頻発する企業の情報漏えい事故に有効な「データ中心型セキュリティ」、その実現手法とは?
99%の情報セキュリティ事故はデータに関連して発生している。ビジネスにおけるデータの重要性の高まりに伴い、企業のデータ保有のリスクも確実に増している。情報漏えい事故で企業が負担すべき損害賠償額は平均1件あたり3億円以上で、その額は経営的に決して無視できるものではない。だが、データの活用が広がりを見せる中で、その管理徹底が困難さを増しているのも事実である。この状況の抜本的な改善策として、日本ヒューレット・パッカードが訴えるのが「データ中心型セキュリティ」である。(2016/11/10)

「なまはげ」×最新テクノロジー 日本文化を伝える新プロジェクト
電通国際情報サービスが、IoTやVRなどのテクノロジーを活用して日本の文化を再解釈し、国内外に発信するプロジェクトを開始した。「なまはげ」を題材とした映像作品が第1弾となる。(2016/11/9)

電気自動車:
トヨタがEV投入を表明し全方位化、ただ「究極のエコカーはやはりFCV」
トヨタ自動車は2016年11月8日に開催した2017年3月期第2四半期決算会見の場で、あらためてエコカー戦略を表明。従来主力と位置付けてきた、HVやPHV、FCVとともにEVもラインアップに加え全方位で展開していく方針を示した。(2016/11/9)

自然エネルギー:
東日本にCO2フリーの水素が広がる、3地域で技術開発を加速
太陽光や風力など再生可能エネルギーの電力を使ってCO2フリーの水素を製造する取り組みが活発になってきた。山梨県ではメガソーラーの電力から水素を製造・輸送するシステムを開発して2018年度から実証に入る予定だ。北海道や福島県でもCO2フリー水素の技術開発プロジェクトが始まる。(2016/11/8)

多摩美学祭、佐野研二郎氏の葬儀パフォーマンスに批判 実行委員「事前に承知していたものではない」
「皮肉の域を超えている」などの批判が相次いでいる。(2016/11/7)

NEC、ICT活用の先進警備支援システムを実証実験
2020年の東京オリンピックなどを見据え、大規模なスポーツイベントの会場にて、NEC独自の映像解析技術や伝送技術を用いた先進警備支援システムの実証実験を実施した。(2016/11/7)

「パソコンなんでも相談室」的な業務に従事しているエンジニアにもお勧め:
PR:今、1番足りない現場のセキュリティ担当者育成を支援する「CompTIA Security+」
「セキュリティ人材が足りない!」との声に、個人は、そして企業は、何をすれば良いのだろうか?(2016/11/7)

「青信号だから発進した」……自動運転車のAI「判断」も記録 事故の究明や再発防止へ新システム
AIがどのような判断で車を操作したのかを詳細に記録するシステムを産総研などが開発している。自動運転車が交通事故を起こした際の捜査や原因究明、再発防止に役立てる狙いだ。(2016/11/1)

省エネビル:
工業化で生産性向上、人材不足に備えた中高層用ビルシステム
旭化成ホームズは商業用途が想定される4〜6階建てをメインターゲットとした中高層用ビルディングシステムを開発した。工業化により戸建てと同様に自社グループで施工できるようにした。(2016/11/1)

東京五輪に自動運転バス:
「青信号だから発進した」 自動運転車のAI「判断」内容を記録
「完全自動運転車」の実用化に向けて、AIがどのような判断で車を操作したのかを詳細に記録するシステムを産業技術総合研究所などが開発していることが30日、分かった。国内外の自動車メーカーに提供し、技術の世界標準化も目指す方針。(2016/11/1)

教えて、怜士先生!:
PR:液晶で満足ですか? 画質の基準を変えた「有機ELテレビ」の真価とは
テレビの買い替えに悩むモデルの初音さんにAV評論家の麻倉怜士氏が最新テレビ事情をレクチャー。有機ELテレビと液晶テレビの違いとは? HDR(ハイダイナミックレンジ)で何が変わる? ぜんぶ解き明かします。(2016/11/1)

「渋滞予測」「異常検知」 2020年、テクノロジーは東京の安全をどう守るのか
近い将来、テクノロジーの進化によって、あらゆる“渋滞”をなくすことができるかもしれない――。いま、人(集団)の行動を分析して、渋滞や危険を予測する研究が進んでいる。(2016/10/31)

ユーザーが多いほど効率アップ “生中継”に効く動画配信技術「LTE-Broadcast」とは
スマホの動画視聴が増え、モバイルトライフィックの効率化が急がれている。ソフトバンクは9月、ヤフオクドームで「LTE-Broadcast」という技術の実証実験を行い。その効果を確認した。(2016/10/28)

人工知能ニュース:
東京五輪の体操競技はコンピュータが自動採点!? あん馬から技術開発がスタート
富士通研究所は、現在開発を進めている体操競技の採点支援技術の最新成果を披露した。「可能であれば2020年の東京オリンピックで使ってもらいたい」(同社)という。(2016/10/27)

セガ、東京五輪公式ゲームソフトの世界販売権を独占取得
セガは、2020年東京オリンピックを題材にしたゲームソフトの独占販売権を取得した。(2016/10/27)

HPS ビッグデータ分析の重要性に関する調査:
企業の67%が12カ月以内にデータアナリティクスに対する投資増加を予定
米ハネウェル・プロセス・ソリューションズ(HPS)は、北米製造業経営幹部200人を対象に実施した、ビッグデータ分析の重要性に関する調査結果を発表した。(2016/10/27)

エネルギー列島2016年版(27)大阪:
大都市で生かす下水のエネルギー、バイオガス発電から熱まで供給
大阪府と大阪市は再生可能エネルギーを中心に150万kWにのぼる電力を2020年度までに増やす計画だ。下水処理場でバイオガス発電を拡大しながら、建物の屋根を利用した太陽光発電や地中熱による空調に取り組む。新たに水素エネルギーを拡大する「H2Osakaビジョン」にも乗り出した。(2016/10/25)

電気自動車:
トヨタが燃料電池バスを市場投入、東京で2017年春から運行開始
トヨタが開発した水素で走る燃料電池バスの販売が、ついに2017年から始まる。最初の導入先として、東京都交通局が運行する路線バスとして利用されることが決まった。2台の燃料電池バスが2017年3月から運行する予定だ。(2016/10/25)

五輪視野 「次世代スポーツ観戦」広がる NTTやソフトバンク、競技場でIT活用
観客のスマートフォンなどに情報を送り、スポーツ観戦をより楽しんでもらう仕組みづくりが動き出した。(2016/10/24)

トヨタ、燃料電池バスを来年発売 東京都交通局が路線バスに導入へ
トヨタが燃料電池バスを2017年に発売。東京都交通局が2台導入する予定という。(2016/10/21)

トヨタ、燃料電池バスを17年から販売 都が路線バスに採用
トヨタ自動車は、燃料電池(FC)バスを2017年初めから販売すると発表。(2016/10/21)

燃料電池車:
トヨタが2017年から燃料電池バスを市販、東京都交通局の路線バスで採用
トヨタ自動車は、2017年から燃料電池バスを販売する。2018年に新型車を投入し、2020年には東京都などに100台以上を納入する計画だ。燃料電池バスの市販は日本初となる。(2016/10/21)

特選ブックレットガイド:
「デスクトップ仮想化」導入 〜よくある質問と回答〜
設計・解析現場へ導入する際、いろいろな疑問が出てくる……。(2016/10/21)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。