ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「おにぎり」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「おにぎり」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
時差Bizが「満員電車ゼロ」の“最適解”といえる理由
東京都の「時差Biz」キャンペーンが7月9日から始まった。「満員電車ゼロ」を目指して、時差通勤を呼び掛ける取り組みだ。問題点も多いが、キャンペーン自体にはやる意味がある。なぜかというと、満員電車の解決策は一つしかないからだ。(2018/7/20)

実際にお店で飲んでみた:
生ビールが飲める“居酒屋コンビニ”発見! これがセブンの目指す道?
セブン‐イレブンは生ビールのテスト販売を中止したが、実は2016年から約50店舗で生ビールを提供しているコンビニチェーンがある。お客に好評なので今年からある店舗でチューハイとハイボールの提供も始めたという。実際に記者が足を運んで、どんなお客が利用しているのか取材してみた。(2018/7/19)

「被災地に千羽鶴はやめるべき」議論が西日本豪雨で再燃 熊本地震で現場はどうだったか、熊本市に聞く
「平成30年7月豪雨」の被災地へ支援の動きが高まる中、「千羽鶴を贈るのだけはやめて」という呼び掛けが話題に。熊本地震の際、現場で千羽鶴に困るようなことはあったのか、熊本市の復興総室に取材しました。(2018/7/11)

製造現場でこそ使いたい! Fusion 360の魅力(3):
使って分かった「Fusion 360」を製造現場で活用すべき理由【CAD編】
個人ユーザーを中心に人気を集めるオートデスクのクラウドベース3D CAD「Fusion 360」。ホビーユースだけではなく、本格的な設計業務でも活用できるというが、果たして本当なのか? “ママさん設計者”として活動する筆者が、現場目線でFusion 360の有効性や活用メリットを探る。連載第3回では、Fusion 360の「3D CAD」機能と製造現場での有効性について、事例を挙げながら解説する。(2018/7/10)

“夕食抜き”発言の榮倉奈々、誤読の可能性に神配慮 「そこだけ真似する人がいたらとても危険」
「オヤツを軽食と言うのなら、食事は一日4回してます」と榮倉さん。(2018/7/3)

30年ぶりの刷新:
100人超の社員と約280社を巻き込んだローソンの「発注改革大作戦」
ローソンが30年ぶりに発注システムを大きく変えた。夕方以降の品ぞろえを強化することと、店舗の在庫状況を見ながら柔軟に発注内容を調整できる仕組みを構築するのが目的だ。100人以上に及ぶ社員と280社近くが関わるプロジェクトはどのように進められたのだろうか。(2018/6/29)

新製品発表会|シーメンス:
中小製造業のデジタル変革に最適な「Solid Edge 2019」、電気設計ツールも統合
シーメンスは、ミッドレンジ3D CAD「Solid Edge」の最新バージョンである「Solid Edge 2019」を発表した。ミッドマーケットに向けてポートフォリオを拡充し、機械設計のみならず、その他の周辺プロセスや業務に役立つ機能、ソリューション群の強化も図られている。(2018/6/27)

丸五|3DEXPERIENCE Forum Japan 2018:
地下足袋メーカーが考えたトレーニングシューズ、その製品化と未来の靴づくりを支えるデジタル技術
岡山県倉敷市に本社工場を構える、大正8年創業の地下足袋メーカー丸五。「地下足袋の良さをもっといろいろな人に知ってもらいたい」という思いから考案したのが、地下足袋型トレーニングシューズ「hitoe(ヒトエ)」だ。その開発および製品化には、新たな製法との出会いやデジタル化への挑戦などが欠かせなかったという。(2018/6/21)

朝も昼も夜もトマトを食べて:
コンビニの蛇口からトマトジュースと牛乳が!? ローソンが「トマト尽くし」戦略
ローソンがトマトを多く使った新商品を相次ぎ発売する。朝昼夜の全シーンに対応した食べ方を提案し、健康に特化した商品戦略を打ち出す。(2018/6/8)

特選ブックレットガイド:
「作りながら考える設計」で悩む現場を救った工学技術計算ソフト
グローバルでの製品開発プロセスの改革を目標に、設計品質向上、設計効率化に取り組む“ある企業”の事例を紹介する。(2018/6/8)

CADは“Cognitive Augmented Design”へ:
「3DEXPERIENCE CATIA」とは何か? ダッソー・システムズが解説
ダッソー・システムズが提唱する「3DEXPERIENCEプラットフォーム」上で動作し、3D CADデータ資産を設計だけでなく、解析、製造、マーケティングといった領域にまで拡大して、その価値を最大化できる「3DEXPERIENCE CATIA」とは何か? ダッソー・システムズ主催の「CATIA勉強会」の内容を基に解説する。(2018/6/8)

製造現場でこそ使いたい! Fusion 360の魅力(2):
使って分かった「Fusion 360」を製造現場で活用すべき理由【CAM編】
個人ユーザーを中心に人気を集めるオートデスクのクラウドベース3D CAD「Fusion 360」。ホビーユースだけではなく、本格的な設計業務でも活用できるというが、果たして本当なのか? “ママさん設計者”として活動する筆者が、現場目線でFusion 360の有効性や活用メリットを探る。連載第2回では、切削加工の現場にオススメしたい「3D CAM」の機能について取り上げる。(2018/6/5)

ファミコンやセガサターン、ドリームキャスト……往年のゲーム機風シールでチロルチョコを彩る工作がかわいい
作者はブログで型紙を配布しています。(2018/5/31)

ノリがパリッパリ! 中身ペラッペラ! 3日前のおにぎりが変わり果てた姿に
横から見た写真だけだと何が何やら。(2018/5/29)

もうサブウェイは怖くない 「サブウェイガチ勢による分かりやすい注文フロー」をTogetterが公開
サブウェイ「怖くないので食べに来て」(2018/5/25)

PTCがCAD事業の好調をアピール:
トポロジー最適化やCFDが完全統合された「Creo 5.0」
PTCジャパンは、ハイエンド3D CAD「Creo」の最新バージョンである「Creo 5.0」に関する製品説明会を開催。来日した米PTC CADセグメント担当 シニアバイスプレジデントのブライアン・トンプソン氏が、Creo 5.0の新機能について説明した。(2018/5/24)

XVL 3次元ものづくり支援セミナー 2018 講演レポート:
“つながらない”製造現場から脱却せよ! XVLがもたらすデジタル革新とは
製造現場のIT活用は進んでいるが、設計、生産技術、製造といった各プロセスで生み出されたデータはバラバラに管理され、連携できていないケースが多く見られる。「インダストリー4.0」に代表される第4次産業革命を実現するには、つながらない現場から脱却し、上流から下流まで一気通貫でつながるデータ連携が不可欠である。こうしたモノづくり情報の流通においてキーとなるのが超軽量3D技術「XVL」だ。(2018/5/23)

100均アイテムで手作りしたバスボムがかわいい お風呂嫌いの子どもも喜びそう
中に小さなオモチャを入れると、よりいっそう効果的。(2018/5/16)

オーシャンブリッジ Blazon Enterprise 16.3:
CAD図面をはじめとする各種ファイルをPDFなどに変換できるコンバーターの最新版
オーシャンブリッジは、マルチフォーマットコンバーターの最新版「Blazon Enterprise(ブレイゾン エンタープライズ)16.3」を発売した。(2018/5/15)

しるこサンド・カニチップ・おにぎりせんべい 東海地方出身者が関東では売ってないとなげくお菓子の漫画が反響呼ぶ
しるこサンドとおにぎりせんべいは、他の地域にも広まってきていますが、それでも手軽に手に入るわけではないようで……。(2018/5/16)

頭上から「バサバサッ」……頭にとまったのは鳥! ドジっ子な鳥さんとの交流を描いた漫画がほのぼのする
そしてこのドヤ顔である。(2018/5/11)

画伯健在! 水嶋ヒロ、妻・絢香の“大体でいっか”感あふれるキャラ弁に衝撃走る
人のオニギリを笑うな。(2018/5/9)

「変なホテル」の無人コンビニ、顔認証と画像認識を駆使 NECが技術提供
ハウステンボスが5月1日に開業した「変なホテル ハウステンボス」内の無人コンビニに、NECが顔認証システムと画像認識システムを提供。来店者の確認や、購入する商品の判別に利用する。(2018/5/7)

ハウステンボスの「変なホテル」に無人コンビニ 顔認証と画像認識で買い物
「スマート・コンビニ」がオープンしました。(2018/5/1)

「変なホテル」に無人コンビニ 顔認証で入店、画像認識で精算
ロボットが接客するホテル「変なホテル ハウステンボス」内に、無人コンビニがオープン。顔認証で入店し、購入する商品を画像認識でクレジット精算、顔認証で退店する――という流れだ。(2018/5/1)

ニコニコ超会議2018:
Twitter映え間違いなしのサイズ感 あまりにも大きく、分厚く、重すぎるおにぎりがニコニコ超会議に登場
それはまさに鉄塊……ではないけども。(2018/4/28)

またまたローソンストア100から変わり種おにぎりが! 今度は親子丼やハンバーグなど5種類が登場
108円のボリュームたっぷりのワンハンド弁当。(2018/4/26)

簡便かつデータ互換が可能:
アンドール、2D CAD「CADSUPER Lite」2018年度版を発表
アンドールは、簡便かつデータ互換が可能な2次元CADシステム「CADSUPER Lite」2018年度版を発売した。(2018/4/25)

ASFALIS EX8.0/CADdoctor EX8.0:
エリジオン、CADモデルを軽量化する全自動の形状簡略化技術を「EX8.0」に搭載
エリジオンは、製造業における3Dデータの変換および活用を支援するソリューション「ASFALIS」の最新バージョン「ASFALIS EX8.0」と、同じく「CADdoctor」の最新バージョン「CADdoctor EX8.0」を発表した。(2018/4/20)

原作に忠実すぎるだろッッッッ 「刃牙」のコラボカフェがなんだかおかしい
いや、おかしくないのかも。(2018/4/16)

かわいくて食べられない!? 猫イラストが描かれた「にゃんこまみれの海苔」が登場
「ありがとう」「おつかれさまにゃ」などメッセージ付き。(2018/4/16)

【食べたら更新】朝井麻由美の「ウニ日記」
幸せのオレンジ色を記録していく場所です。(2018/4/15)

カラフルな見た目でインスタ映えも狙える? 笑って食育ができる「(笑)食育うんち米」発売
すごいネーミング。(2018/4/10)

Autodesk Inventor 2019:
「Inventor」を核に“設計と製造の融合”に注力――全員に役立つものが必ずある
オートデスクは、ミッドレンジ3D CAD「Autodesk Inventor」をはじめとする製造業向けソフトウェア製品ラインアップの最新バージョンを、2018年4月5日から順次発売する。製品開発に携わる関係者が、製品情報を効率的に作り込めるような機能強化が行われているという。(2018/4/10)

ポケモン好きはグッとくる お下がりのプリンと初めてトレーナーになった女の子の漫画に「電車で泣きそうになった」「尊い」の声
プリンがかわいすぎる……。(2018/4/7)

「腐れ縁だな」 バービー、元相方イモトとの花見で“東京ホルモン娘”思い出す2ショット
かつてコンビだった2人。(2018/3/28)

工場で1枚ずつ手作り:
ローソンストア100 「お好み焼おにぎり」に込めた開発者の思い
ローソンストア100が「具のせおにぎり」シリーズを強化している。ロングセラー商品のかき揚おにぎりに加え、お好み焼やたこ焼をのせた新商品を投入する。どんな狙いがあるのか?(2018/3/28)

北海道の店舗から“働き方改革”:
セブン-イレブン、検品に電子タグ導入 作業時間を1日100分短縮
セブン-イレブン・ジャパンが、一部店舗での検品作業に電子タグを導入。作業の効率化とスタッフの負担軽減が主な狙い。1日の作業時間を170分から70分に短縮できるという。(2018/3/27)

昭和へタイムスリップ おむすびと冷茶のキャンドルで帰省した気分になる
田舎を思い出しそう。(2018/3/26)

花見シーズン到来:
1個5000円も登場 花見弁当が高額化する理由
本格的に花見シーズンが到来した。景気回復の影響もあってか百貨店では高額な花見弁当が売れている。一方、通年販売される弁当では価格の2極化が進んでいる。その理由とは?(2018/3/23)

「海に帰れ」「愛が重い!」「ハムーン!!!」 食パンさんとおにぎりさんの4コマ漫画が不思議かわいい
食パンさんとおにぎりさんの絶妙な距離感。(2018/3/17)

スピン経済の歩き方:
「551蓬莱の豚まん」が新幹線で食べられなくなる日
新大阪駅で「551蓬莱の豚まん」を買ったことがある人も多いのでは。新幹線の車内でビールと豚まんを食した人もいるだろうが、こうした行為が禁止されるかもしれない。どういうことかというと……。(2018/3/13)

Microsoft Focus:
流通を科学し、建設現場を見える化する――DXを支えるクラウドの力
小売業と建設業の現場で、デジタルトランスフォーメーション(DX)のプラットフォームとして「Microsoft Azure」が採用された。それぞれの特徴から、Azure活用の可能性を探ってみる。(2018/3/17)

利根川チームに“圧倒的アルバイト”加入……! ブラザー×「中間管理録トネガワ」で悪魔的コラボ漫画が誕生する
まさか……いや、間違いない……ダイマ…!(2018/3/7)

炭水化物・オン・ザ・炭水化物……! 「たこ焼おにぎり」「お好み焼おにぎり」ローソンストア100に登場
おにぎりに粉ものだと……!?(2018/3/6)

ふぃぎゅらぼ:
カプセルトイの入れ物がボディーになる!? グッスマ新ブランド第1弾「ころころいど」カービィが登場
まんまるなカービィにぴったり。(2018/3/5)

「れんこんを返せ」「政府を許すな!!」 サスペンス童謡漫画“おべんとうばこのうた”がブラックすぎる展開で話題
○「おにぎりおにぎり」 ×「おにぎりをにぎり」。(2018/3/3)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
過熱する「チーズタッカルビ」ブーム いつまで続く?
韓国料理をベースにしたフュージョン料理「チーズタッカルビ」がヒットしている――。今回は、チーズタッカルビなる料理が日本の外食で広がっている現況と、新大久保コリアン街を再生させて、日本全国に普及した過程を解説していきたい。(2018/2/20)

農作業着で元気に「おー!」 のん、麦わら帽子につなぎ姿で「宇宙最強米への道」最終回を報告
ついに終わってしまったか……。(2018/2/15)

漫画「ルーツレポ」:
自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「戸越銀座商店街」の取材をレポートする
感想「う〜んめぇ!(うまい)」(2018/2/15)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。