ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ロックバンド」最新記事一覧

洋楽ロック誌「ミュージック・ライフ」がネットで“復刊”
洋楽ロックの専門誌「ミュージック・ライフ」が、20年ぶりにWebで“復刊”。「往年のファンのためのロックのアミューズメントパークを目指す」と森田敏文編集長(60)も意気込んでいる。(2018/4/19)

「みんなは僕の宝」 ワンオクTakaの誕生日、佐藤健や三浦翔平、山田孝之ら豪華メンバーが大集結
どこから見ればいいのか分からない。(2018/4/18)

三木谷氏がXジャンプ?:
YOSHIKI、リハーサル抜け出し「新経済サミット」に 英語の重要性語る
ファンの前に立った時は泣きそうだった――ロックバンド「X JAPAN」のリーダーで実業家でもあるYOSHIKI氏が4月11日、新経済連盟(代表理事:三木谷浩史 楽天会長兼社長)が主催する「新経済サミット2018」に出席した。(2018/4/12)

客席ダイブにXポーズも! YOSHIKI、完全復活のドラムプレイでファン号泣「聴いた瞬間鳥肌たちました」
興奮するぜ。(2018/4/12)

「待ってくれてる人がいる事が、私には希望」 LINDBERG渡瀬マキ、「機能性発声障害」を発表
「次にみんなと会える時は、心から笑顔で会いたい」。(2018/4/11)

RADWIMPS、3.11へ向けた楽曲「空窓」を発表
今回で6曲目。(2018/4/8)

「たてない。声でない。これがまさか」 ワンオクTakaに立ちはだかる壁、ファンから励ましの声
まだまだこれからだ(2018/4/7)

「どんな絵にも描いた奴の努力は出る!」 東京五輪マスコットを描いた元“専門学校の先生”のエピソードに反響
東京五輪のマスコットキャラクターをデザインした谷口亮さんとの思い出が描かれています。(2018/3/30)

マストドンつまみ食い日記:
マストドン(コーヒー豆)登場
ロックバンドでもSNSでも戦隊メカでもなく、コーヒー豆のマストドン。(2018/3/28)

みなさん最終回にさまぁ〜ず三村、ナイナイ岡村らが贈った言葉とは ネットでも悲しみの声続出
「みなさんのおかげです」シリーズ放送開始から約30年。全1340回で番組の歴史にピリオド。(2018/3/23)

「セカイノオワリって知ってる?」 益若つばさ、タクシー運転手に“セカオワ”の魅力を熱弁されニッコリ
まさか相手がボーカルの恋人とは……。(2018/3/21)

『週刊少年ジャンプ』や「B'z」とコラボしたオリジナル人生ゲームが登場 タカラトミー「人生ゲーム」発売50周年
日本の「人生ゲーム」も今年で50歳です。(2018/3/15)

新商品続々:
「人生ゲーム」50周年 友情・努力・勝利の「少年ジャンプ」コラボも
タカラトミーの「人生ゲーム」が発売50周年を迎える。50周年を記念した新商品ラインアップが続々と登場。「週刊少年ジャンプ」とコラボした「週刊少年ジャンプ人生ゲーム」も発売する。(2018/3/15)

「感動の連続でした!」 ワンオクTaka、めちゃイケ最終回見学で“青春”にチャンネルを合わせる
めちゃイケで育った人は数知れず。(2018/3/9)

イラストのクセが強いな! hydeとGLAYのTERU、お互いを描くも“別人”を生み出してしまう
似ているようで似ていない。(2018/3/2)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:
人生の異世界トラックに跳ね飛ばされた東大ラノベ作家、コミケで結界をつくる
誰かに認めて欲しかった。存在を認めて欲しかった。(2018/2/25)

「GLAY」TERUのSNSに異常事態発生! アイコンが“白塗りのバケモノ”にジャックされる
TERUさんノリノリ。(2018/2/24)

これパンダなの? RADWIMPS野田洋次郎、米津玄師とのお絵かきごっこである意味圧倒的画力を見せつける
パンダとは。(2018/2/20)

「次は3人で撮って」 森進一、ワンオクTakaに続き「MY FIRST STORY」Hiroとの親子ショットが温かいと話題に
マイファスに溶け込みすぎな進一パパ。(2018/2/13)

「クソ盛れててリスペクト上がる」 オカモトレイジ、“盛りの師匠”きゃりーとのプリクラで女子力が跳ね上がる
ファンは微妙な反応?(2018/2/4)

音楽界でもインフルの猛威続く 「BUMP OF CHICKEN」藤原基央、A型罹患で福岡ツアー中止が決定
この時期は本当怖い。(2018/1/26)

常見陽平のサラリーマン研究所:
希望の部署に異動するための「異活」を始めよう
転職などを考えている人には、異動という「社内転職」の選択肢も視野に入れてもらいたい。会社を変えずに、環境を変え、新たなチャレンジをすることができるからだ。(2018/1/19)

「初めて見ましたが、ぶっ飛んでますね」 「ポプテピピック」見たGLAYのTERU、「ポプ子」風の自画像を公開する
しかもうまい。(2018/1/17)

ヴァンパイアなミクさん爆誕 スペシャルコラボのゴスロリ衣装が受注販売開始
ブルーグリーンをリボンに取り入れたドレスがステキ。(2018/1/16)

TENGA登場する楽曲「DAPPI」発表 ドローンに吊り下げられた「TENGA」追う
TENGAとロックバンド「SAKANAMON」は、コラボ楽曲「DAPPI」を収録したアルバムをリリースする。(2018/1/15)

【連載】HubSpotに学ぶ「働き方改革」 第1回:
ボストンで働きたい会社ナンバーワン「HubSpot」のカルチャー経営とは
中小企業向けのマーケティングオートメーション(MA)ツールとして多くの企業に支持される「HubSpot」。市場で存在感を増している理由を、さまざまな観点から紹介する。(2018/1/12)

紅白休演のセカオワSaori、第1子出産を発表 「小さな命は本当に愛しくて」
紅白歌合戦は3人での出演となりました。(2018/1/4)

なにこれすごい! ベッキーやローラ、三浦翔平、井岡一翔などが集結したワンオクTakaの新年会が豪華すぎる
息子の勧めで森進一さんもInstagramを開設。(2018/1/2)

「大きくなったね」「口元そっくり!」 益若つばさが成長した息子と2ショット
すくすく成長中。(2017/12/20)

セカオワSaori初の小説『ふたご』が直木賞候補に! 処女作が選出される快挙
ピアノだけが友達だった夏子が人一倍感受性の強い月島に導かれるままに成長していく青春小説。(2017/12/20)

常見陽平のサラリーマン研究所:
稼ぐためだけの副業はオススメできない
「全てはお小遣いのために」という副業について、否定するつもりはない。ただ、お金だけが目的ではなく、自分のためになる副業の方が楽しいことは言うまでもない。私がオススメしたい副業はこの3つのタイプだ。(2017/12/15)

同じTシャツだよね? 中村アン、小籔千豊のバンドTをスタイル華麗に着こなす
マイケル・ジャクソン感ある。(2017/12/14)

「B'z人生ゲーム」発売 人気ゲームとロックバンドが異色コラボ
2018年に50周年を迎えるタカラトミーの「人生ゲーム」が、ロックバンドのB'zや日清食品の「出前一丁」などとコラボする。(2017/12/11)

GLAY、結婚式での楽曲利用に「人生の素晴らしい舞台で使ってもらえるなら無償提供」 著作隣接権を徴収しないと発表
名曲「ずっと2人で…」も利用可能。(2017/12/11)

著作権管理会社への手続きは必要:
GLAYの楽曲、結婚式に“無償提供” 隣接権料を不要に
GLAYが自身の楽曲をブライダル用途に限り無償提供。著作隣接権料を徴収しないと発表した。著作権に関する利用料は従来通り管理団体に支払う必要がある。(2017/12/11)

いとこのお兄さんかな? 川谷絵音とアンゴラ村長の2ショットから圧倒的身内感が漂う
似て……なくもないな。(2017/12/4)

プリンター567台を使ったOK GoのPVが奇想天外 色とりどりの排紙が背景に流麗なアニメを描く
演者と紙のシンクロぶりがまた素晴らしい。(2017/11/27)

「OK Go」の新MVは567台のプリンタが出力する紙とのシンクロダンス
ドローンで2000人のダンサーを一発撮りしたミュージックビデオなどで知られるロックバンド「OK Go」の新曲「Obsession」のMVは、567台のプリンタが出力し続ける紙の壁との共演だ。(2017/11/26)

チャットモンチーが“完結”を発表 「正直、不安と期待が同じくらい」
元旦に再度発表があるとのこと。(2017/11/24)

しゃくれたカービィの存在感 アゴを進化させた「星のカービィ×シャクレルプラネット」がいろんな意味で強そう
カービィにアゴあったんだ……。(2017/11/24)

「昔の美しい洋服の情熱と、現代カルチャーの熱狂のはざま」 フランスのロリータファッション事情
現地のロリータを取材してみました。(2017/11/18)

乃木坂がヘドバン!? ロックバンド結成の「乃木マウス」が追っかけ確実のかわいさ
女の子×楽器の最強コンボもってくるマウス、やっぱり有能だった。(2017/11/16)

2017年紅白出場歌手決定! 初出場はSHISHAMO、TWICE、エレカシ、竹原ピストルら計10組、安室奈美恵は不出場
TWICEやLittle Glee Monster、WANIMA、トータス松本らも。(2017/11/16)

なぜ作ったし 川谷絵音、「マジ卍」を連呼する謎楽曲でファンの語彙力を低下させる
こんなかっこよく「卍」使う人初めて見た。(2017/11/13)

「私、魔女のえのんです」川谷絵音が本気のキキコス、奇跡の1枚でファンを魅了する
「こっちはチャイナっ娘のいこか」。(2017/11/1)

PR:40年前のガイドブックで大阪・道頓堀を食べ歩く
今も残っているお店は絶対おいしいはず!(2017/10/12)

サラリーマン、プリキュアを語る:
プリキュアが「手をつなぐ」意味とは?
プリアラ第35話レビュー。「2人はどうして友達なの?」への回答はあおいちゃんらしいものでした。(2017/10/12)

専門家の見解:
5Gの実用化、予想を超える速さで進む
2017年9月に米国サンフランシスコで開催された「Mobiel World Congress Americas」では、通信業界の大手メーカー各社が、5G(第5世代移動通信)の実用化について強気な見通しを強調した。(2017/10/11)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本は大丈夫なのか 米大使館を苦しめている「音響兵器」
キューバで起きた奇怪なニュースが話題になっている。キューバに駐在する米大使館員の多くが体調不良を訴えていて、その原因が「音波」ではないかと指摘されているのだ。音波による攻撃とは一体どんなものなのかというと……。(2017/10/5)

モバイルによるデジタル変革を調査
「多数の厄介事が……」、モバイル活用で心が折れたIT部門幹部の嘆き
Forresterのアナリストが、モバイルを用いたデジタル変革への道のりについて40人のテクノロジーリーダーにインタビューした。決してたやすい道ではないというのがその答えだ。(2017/10/3)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。