ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Amazon Silk」最新記事一覧

HTML5とかtopi(5):
ブラウザもOSもFacebookもHTML5に本気モード
Windows 8/Mozillaの新OSとマーケットプレイスについて、FacebookのモバイルWeb対応など12本のHTML5関連ネタをお届けする(2012/3/22)

HTML5とかtopi(2):
HTML5Reset、Firefox 10が話題に
ブラウザやHTMLバージョンの互換性問題を解消するリセットCSS「HTML5 Reset」、Firefox 10、Twitter BootstrapなどHTML5関連トピック8連発(2012/2/13)

電子書籍端末ショーケース:
Kindle Fire――Amazon.com
往年の名機から最新のタブレットまで――古今東西の電子書籍端末をショーケース風に紹介する「電子書籍端末ショーケース」。ここでは、米Amazon.comが2011年11月に発売し、米国で爆発的な売り上げを見せた7インチカラータブレット「Kindle Fire」を取り上げる。(2011/12/19)

Amazon、「Kindle Fire」を1日前倒しで出荷開始
Amazonが、15日に予定していた199ドルタブレット「Kindle Fire」を1日早く出荷する。99ドルのタッチパネル電子書籍リーダー「Kindle Touch」も前倒しし、15日に出荷する。(2011/11/15)

AWSのEC2を動的に活用:
Amazon、「Kindle Fire」専用クラウド利用ブラウザ「Silk」を発表
AmazonのクラウドサービスEC2の仮想サーバとFire端末の両方にブラウザのソフトウェアが常駐し、ユーザーは意識せずに高速なWebブラウジング環境を享受できる。(2011/9/29)

Amazon、切り札は199ドルの7インチタブレット「Kindle Fire」
Amazon.comは、長らくそのリリースがうわさされてきたタブレット「Kindle Fire」をついに発表した。価格は199ドル。さらに、タッチパネルを搭載した「Kindle Touch」を99ドルから、Kindleの最新世代モデルを79ドルで販売する。(2011/9/28)

Amazonタブレット「Kindle Fire」は199ドル
Amazonのタブレット端末「Kindle Fire」は199ドルという戦略的な価格で登場する。(2011/9/28)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。