ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「一人暮らし」最新記事一覧

岩手大学、出席確認にスマホアプリを試験導入 学生から“完全刑務所化”と批判も、大学は「GPS情報収集しない」と説明
考えがあってのことのようです。(2018/1/5)

MajiでKoiしそう 広末涼子、約20年ぶりの女子高生姿がデビュー当時のまま
本当に3児の母ですか!?(2018/1/4)

製造ITニュース:
産学連携IoT、ARの実証実験向けにIoTプラットフォームを提供
PTCジャパンは、国内の3つの大学が進める産学連携IoT、ARの実証実験向けに同社のIoTプラットフォーム「ThingWorx」を提供した。ThingWorxを活用した研究が進展することで、新たなビジネスの創出や次世代産業の育成が期待される。(2017/12/19)

米好きさんに朗報 いつものご飯を低糖質に炊き上げる「糖質カット炊飯器」が画期的
おいしさは変わらないそうです。(2017/12/16)

「4合炊き炊飯器」登場 ありそうでなかった“ぴったりサイズ”
3合炊きでは足りない、5.5合炊きでは多すぎる……。そんな悩みを解決する炊飯器が登場した。エスキュービズムの「4合炊き炊飯器」だ。(2017/12/15)

何よりのプレゼントをありがとう 『海王ダンテ』の原作者が描く“ピンクのサンタクロース”の漫画がハートフル
ブランドよりもずっと欲しかったもの。(2017/12/13)

買い物難民のニーズに対応:
介護施設が物販サービスを始めている 狙いは?
日用品をデイサービス利用者に販売する介護事業者が増えている。その理由とは?(2017/12/12)

孤立する高齢者:
「ゴミから多額の現金」事例続々 孤独死、タンス預金、問われる家族のあり方
ゴミ捨て場処理場から高額の現金が見つかるニュースが相次いでいる。(2017/12/7)

月額500円で使える独居高齢者の安否確認サービス
ジーエーピーは、独り暮らしの高齢者の安否を確認できる「安心みまもりセット」サービスの提供を開始する。(2017/12/6)

荷物専用バッグで再配達解消 リバースN51、初年度30万個販売目標
人手不足が進む中、不在などによる再配達の増加が社会問題化していることから、運送会社の要望を受けて開発した。(2017/12/6)

「ゴミから多額の現金」事例続々……なぜ?
ゴミ捨て場処理場から高額の現金が見つかるニュースが相次いでいる。背景を探ってみると、「核家族」「孤独死」「タンス預金」など、高齢者の生活環境をとりまくいくつかのキーワードが浮上する。(2017/12/6)

定年バカ:
「定年後いくら必要なのか」 考えてもムダだった
定年後、ゆとりを感じられる生活を送るためには、どのくらいの預貯金が必要なのか。多くの専門家がいろいろな意見を述べているが、結局のところ本人の生活によってその金額は大きく変わってくる。(2017/11/27)

石野純也のMobile Eye:
サービスを拡充したが課題も多い「au HOME」/独自性が欲しかったau冬モデル
KDDIが7月に開始した「au HOME」を強化し、auひかり以外のユーザーも利用できるようになった。ただし製品バリエーションや料金には課題が残る。冬モデルも10機種がそろうが、auでしか買えないスマートフォンは1機種もない。(2017/11/25)

ねとめし:
これは悪魔の食べ物だ! 熱々ご飯に「揚げ玉」「塩昆布」「大葉」をかけたら炭水化物を延々と摂取できるぞ
一人暮らし男子が覚えたら、週5で食べてそうなメニュー。(2017/11/21)

依存〜歪んだアイドル崇拝(2):
中年男 待ち伏せ、つきまとい 非難、逆上「これが注いだ愛情の答えですか」
個人活動も含めると2千組近くに上るとされるアイドルに「愛情」を注ぎ込むあまり、行為がどんどんエスカレートし、ついには犯罪行為へとつながるケースも少なくない。(2017/11/16)

日本ワイン 140年の真価:
造り手は増えるも……日本ワインの課題にどう立ち向かう?
活況を呈している日本ワイン。その一方で、これまでなかったような課題も出てきている。シャトー・メルシャンのチーフ・ワインメーカーを務める安蔵光弘氏に、日本のワイナリーが直面する課題や、これからの日本ワインのことなどをインタビューした。(2017/11/16)

中年男 アイドルにつきまとい、逆上……「これが注いだ愛情の答えですか」
アイドルに「愛情」を注ぎ込むあまり、行為がどんどんエスカレートし、ついには犯罪行為へとつながるケースも少なくない。(2017/11/15)

「高齢者の発話促す」表情豊かな球形ロボット 日立が開発「名前はまだない」
日立製作所が「Ageing with me」をコンセプトに作ったコミュニケーションロボットが、「Hitachi Social Innovation Forum 2017 TOKYO」に登場した。(2017/11/1)

「家族全員フリーター」ブログ大人気の河相我聞さんを直撃 「文章は苦手だった」
「現在、家族全員フリーター」――2人の息子との日々を、親しみやすい文章と独自の視点でつづるブログ「お父さんの日記」が注目されている俳優の河相我聞さんを直撃した。(2017/10/31)

「ああああっ!」「止めろ貸せ!!」 月桂冠15秒CM動画料理シーンで”木べらの使い方”に怒髪天をつく人が続出
本編動画ではちゃんと料理しているのですが……。(2017/10/16)

MVNOに聞く:
薄利のMVNO事業で、なぜ「エックスモバイル」は生き残れたのか
MVNO業界の慣習にとらわれない“やんちゃぶり”で話題となったエックスモバイル。サービス開始当初は「超絶赤字」だったそうだが、ついに債務超過をクリア。淘汰(とうた)が進むMVNOで、なぜエックスモバイルは生き残れたのか。木野社長に聞いた。(2017/10/16)

「LINEデリマ」との競合にも自信:
上陸から1年 社長が語る「UberEATS」好調の舞台裏
フードデリバリーサービス「UberEATS(ウーバー イーツ)」が日本でのサービス開始から1周年を迎えた。1周年を記念した記者会見に、Uber Japanの高橋正巳社長が登壇。好調の要因と他社サービスとの違いについて語った。(2017/10/2)

プロ棋士もハマった恋愛番組「バチェラー・ジャパン」とはなんだったのか 広瀬八段×久保裕丈、異色の特別対談
「羽生さんに魂を抜かれた人」と「バラおじさん」の対談が読めるのはねとらぼだけ!(2017/9/30)

働いてる人みんなに「えらいよ」と伝えたい漫画『はぐちさん』 作者のくらっぺ先生、初インタビュー
無理すればな、漫画家にもなれんねん。(2017/9/29)

夜道を歩いて家に着くと突然腰に手が…… 実体験を描いた注意喚起のための漫画「変質者に襲われました」が恐ろしい
鍵を締めるまで油断せず警戒して帰りましょう。(2017/9/23)

麹町OLの週末ビジネス探検:
家事代行サービスを使ってみた
ここ数年で一気に普及してきた「家事代行サービス」を導入してみた麹町OLの末路は――。各サービスの比較もしてみた。(2017/9/16)

会社の先輩に忠告された内容が現実になるも……? かわいい「ネコの画像をツイッターにアップするだけ」の生活が幸せそう
ネコがいればすべてオーケーな世界。(2017/9/15)

ビットコイン・セミナーが犯人と被害者を結びつけた……強殺事件の意外な接点
仮想通貨ビットコインが関係した強盗殺人事件が起きた。親子ほど離れた野田さんと西田容疑者を結びつけたのはビットコインの取引セミナーだった。(2017/9/6)

依存〜溺れるネット世界:
ゲーム内の女性ルナディアナ溺愛 MMORPG「マビノギ」で出会った
熊本県阿蘇市出身の男性(32)がインターネットのオンラインゲームの世界に逃げ込んだのは、大学3年の夏だった。(2017/9/4)

遺品整理の仕事とは?:
“終活”展示会で「孤独死・ごみ屋敷」再現模型に出合った
“終活”ビジネスの展示会で、「孤独死・ごみ屋敷ミニチュア展示中」とポップを掲げるブースがあった。遺品整理クリーンサービスのToDo-Companyだ。ミニチュアを制作した25歳の女性社員に、制作意図や「遺品整理の仕事とは?」を聞いた。(2017/8/25)

なぜ拘置所は特定の商店だけを“差し入れ屋”に指定するのか 法務省と拘置所の見解、そして差し入れ代行業者が語る「利用者の実態」(後編)
差し入れ代行業者「差し入れはしたいけど、自分の名前は出したくない人は一定数いる」(2017/8/18)

登場人物は一人だけ 哲学系部屋コメディー『吾輩の部屋である』が実写ドラマ化、作者「本当なんですか?」
信じて!(2017/8/10)

東大ラノベ作家の悲劇――新小岩で笑っている自殺警備員をみたら、十五歳で立ちんぼをしていた首が“自主規制”な新宿の少女を思い出した:<前編>
これは私の物語でもあり、同時にあなたの物語でもある。(2017/8/6)

PR:ソニーの“ひと味違う”ポータブル超短焦点プロジェクター、「LSPX-P1」と「Xperia Touch」をガチ比較!
(2017/8/4)

「アラジンのプリンセスみたい」 黒柳徹子、45年前の大胆ファッションにファン興奮
キャピキャピ!(2017/8/2)

RSSリーダーは“オワコン”なのか? スマホ・SNS時代の情報収集を考える
「Live Dwango Reader」が8月31日にサービスを終了する。RSSリーダーはもうその役割を終えつつあるのか。(2017/7/27)

かーずSPのインターネット回顧録:
「もせあ」って覚えてる? 音楽データの扱いに革命を起こした「MP3」の衝撃
MP3の普及で、音楽・音声の扱いは一気に変わりました。(2017/7/29)

別洗い用サブ洗濯機に最適な小型二槽式洗濯機「別洗いしま専科」登場!
二槽式洗濯機ファンにもオススメ。(2017/7/26)

酒に溺れる父とDV彼氏の板挟み アルコール依存漫画『酔うと化け物になる父がつらい』の恐怖は加速する
ページをめくるのもつらい。(2017/7/25)

ラジオ局が本気で作った:
人の声が心地良いラジオ「Hint」 業界盛り上がるか
ニッポン放送など3社が、ラジオ受信機の「Hint」を9月初旬に発売する。出演者が話す声が心地良く聞こえるよう調整されたスピーカーを搭載するなど独自の工夫がなされており、ラジオ業界を盛り上げる狙いがあるという。(2017/7/20)

あなたの家でも起こるかも…… 「小窓を施錠しないまま寝ていたら、恐ろしい目にあった」漫画が本当に怖い
鍵はちゃんと掛けよう(確信)。(2017/7/18)

Uber、愛する人のためにリモート配車できる機能スタート
企業イメージ回復に注力するUberが、ユーザーが自分以外の、例えば1人暮らしの母親の通院のためなどに遠隔から配車できる機能を公式アプリに追加した。(2017/6/28)

一見地味な街(駅)対決:
東京23区の隅っこに住むならどっち? 成増VS. 千歳烏山
東京23区に住みたいという人は多い。しかし、一般に東京23区は家賃が高く、中心に向かえば向かうほどどんどん家賃が上がっていく。不動産を購入する場合ももちろん高くなる。しかし、さまざまな観点から23区にこだわる人もいる。(2017/6/12)

アナゴ・ウナギを100円で:
スシロー、「王道ネタ」と「宅配」で新たな客握る
回転ずしチェーン最大手のあきんどスシローが、アナゴやウナギなどの王道ネタの投入と1皿90円の「創業祭」実施を発表。さらに6月から始めたデリバリーの取り組みで、新規客の獲得を狙う。(2017/6/6)

製造ITニュース:
センサーが振動を検知、プレス機の見守りサービスを提供
フリックケアは、日進精機と共同開発した「プレス機みまもりサービス」の提供を2017年6月より開始する。センサーがプレス機の振動を検知して、停止状態になると現場担当者に即時通知し、自動化工場のダウンタイム低減を支援する。(2017/6/6)

ロボット開発ニュース:
高齢者向けコミュニケーションロボットの生活改善効果に対する実証実験を開始
NTTデータは住環境研究所と共同で、一般住宅などにおいてコミュニケーションロボット「Sota」が、高齢者の生活改善に効果があるか否かの実証実験を開始する。(2017/5/31)

ちゃんと起きたかどうか親に報告 家族見守り型の「モーニングコール」サービスで寝坊がなくなりそう
女性オペレーターが電話で起こしてくれるサービスです。(2017/5/27)

月額約45円 月間0〜3MB想定 「SORACOM Air」の低トラフィック向け新プランが登場
ソラコムが、MVNOサービス「SORACOM Air for セルラー」の新プラン「Low Data Volume」を発表。月間0〜3MBという低トラフィックの通信を対象とする。SORACOM Air for セルラーの新事例や、LoRaWAN対応デバイスのオープン化も発表した。(2017/5/10)

週刊「調査のチカラ」:
なぜ連休は終わるのか――「社会人」にまつわる調査まとめ
ゴールデンウイークも残すところあとわずか。週明けから再開される日常を想像して気持ちがふさぐのは、あなただけじゃない。負けるな社会人。頑張ろう社会人。(2017/5/6)

MAX・LINA「私なりのプロフェッショナル論」:
何歳になってもピンチがあれば成長できる
40歳を目前にして、人生初の海外暮らし、海外留学を決行しました。「なぜこの年齢で?」と思う人もいるでしょうが、夢を持つことや挑戦することに年齢制限なんてありません。今回はそんな留学先での大ピンチエピソードをお話しします。(2017/5/3)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。