ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「迷彩」最新記事一覧

星4つ! チェリオ「ライフガード・インフィニティ」をレビュー!
今回選んだのはチェリオジャパンの「ライフガード・インフィニティ」(270円/税込、店頭価格)だ。(2016/5/18)

紙の魔術師!? ぜーんぶ紙でできたニット帽と服のクオリティが半端ないぞ!
読子・リードマンの親戚さん?(2016/4/26)

複数買い不可避 「メタルギアソリッド2」のモブキャラ「ゴルルコビッチ兵」がfigma化!
警備より雑誌がラヴ。(2016/4/19)

まるで光学迷彩! 西武鉄道の新型特急車両は風景に溶け込むデザインを予定
「線路を見ろ!」「プレデターだ!」「攻殻機動隊だ!」「いや、西武鉄道の新型特急だ!」(2016/3/14)

ブーム再燃中の迷彩柄をメタリック仕上げのスマホケースに UNiCASEの「CAMO Diary」シリーズ
メタリックなカムフラージュ柄を大胆に使ったiPhoneケース「CAMO Diary」がUNiCASEから登場。カラーは6色。特にPinkのインパクトが強いんです。(2016/2/26)

「攻殻機動隊の世界」を実現する、夢と英知の現在地
産学一体で“攻殻機動隊の世界の実現”を目指すプロジェクト「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT」が、各地で開催してきたコンテストの最優秀賞を選出した。2029年のテクノロジーはどこまで“リアル”となったのか。(2016/2/12)

女優・松井玲奈の迷彩服姿からあふれる戦士感 Instagramの写真に称賛の声
自衛官役に期待大。(2016/1/15)

「攻殻機動隊」の世界を現実に 「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT」が仲間・サポーターを募集中
「支援しなきゃ」そう囁くのよ、私のゴーストが。(2016/1/12)

オウルテック、5.2型までのスマホに対応した手帳型ケースデザインを発売
オウルテックは、5.2型までのスマートフォンに使えるマルチタイプの手帳型ケースを発売。デザインは千鳥格子やストライプ、裏地迷彩など4種類を用意した。(2016/1/6)

開発陣に聞く「Galaxy Active neo」:
サムスンが投じる“変化球”スマホ「Galaxy Active neo」の秘密
サムスンがドコモ向けに開発した「Galaxy Active neo」は、グローバルモデルがベースになっているが、所々、日本向けにカスタマイズが施されている。その秘密を機構設計とデザインの担当者に聞いた。(2015/11/6)

全部見せます:
こんなにあったの?――「コトン」のカラバリが増殖した理由
欲しいアイテムを見つけたとき「どこで買うか?」は意外と重要。最近はネット限定モデルや特定の店舗だけで扱う製品も増えています。「COTON」(コトン)もそんな商品の1つ。(2015/9/18)

閲覧注意:
でちゃった……ビバリー、「ゴキブリ地獄」を本当に発売
6月の「東京おもちゃショー2015」に参考展示され、物議を醸した「地獄パズル」のシリーズ最新作「ゴキブリ地獄」が本当に発売されることになった。(2015/8/5)

5分でわかる最新キーワード解説:
世界初の技術で光学迷彩に手が届く「3次元メタマテリアル」
真空を進む光の屈折率(1.0)よりも低い屈折率(0.35)を持つ人工物質が生み出され、「光学迷彩」や「透明マント」が現実味を帯びた。この物質の活用で光通信の高速化も期待されます。(2015/7/29)

EE Times Japan Weekly Top10:
“見えない光”を使う加工技術
EE Times Japanで2015年6月6〜12日に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2015/6/21)

東京おもちゃショー2015:
“置く”パズル「枯山水ジグソーパズル」でワビさびをめでる――閲覧注意のアイツも登場
ビバリーが、ジグソーパズル界に波紋を投げかける製品を8月に投入する。その名も「枯山水ジグソーパズル」だ。(2015/6/19)

攻殻機動隊「3D草薙素子」が誕生! 3Dモデルをぐりぐり回して堪能できる
光学迷彩も操れる!(2015/6/12)

“攻殻機動隊”の世界だ……! 中から外は見えても、外から中は見えない光学迷彩を理化学研究所が理論的に実証
透明マントだって実現できちゃうかも。(2015/6/9)

先端技術:
非対称な光学迷彩装置を理論的に実証、透明人間も可能?
理化学研究所(理研)と東京工業大学の共同研究チームは、非対称な光学迷彩を設計する理論を構築した。新たに実証した理論では、外部からは光学迷彩装置内にいる人間や物体は見えないが、内部からは外部を見ることが可能となる。(2015/6/9)

モデルは草薙素子 「攻殻機動隊S.A.C.」コラボジャケットが発売
少佐がかっこいい!(2015/3/30)

捨てたゴミは異次元に? 大阪市中津駅に「光学迷彩ゴミ箱」現る
ロマンを感じます。(2015/3/17)

塩の弾丸でハエを退治する害虫駆除ガン「バグアソルト」 前モデルより威力アップした「2.0」誕生
塩の量は減らしながら威力はアップ!(2015/2/13)

バンナイズ、「ヘッドフォン専用キャリングケース/ソフトタイプ」2種を発売
バンナイズが、「ヘッドフォン専用キャリングケース/ソフトタイプ」を発売。ヘッドフォンの大きさに合わせて調整できる本体側面のコード、さまざまなパーツを取り付けられるOリングやD環が特徴的だ。(2015/2/12)

烏賀陽弘道の時事日想:
お腹が減った、どうすれば? 福島原発に近いホテル(1泊7500円)に宿泊
筆者の烏賀陽氏は、福島原発の被災地を南北に貫く国道6号線を取材して、その日は近くのホテルに宿泊することに。シングル1泊7500円。決して安くないホテルで目にしたものは……。(2015/2/5)

自衛官たちの“素顔”が愛され「MAMOR」8周年!
バラエティにあふれた連載が楽しい「自衛隊公認専門雑誌」を紹介。(2015/2/3)

ダンボール+小さな穴=ネコまっしぐら ネコの好きなものを組み合わせたキャットハウス「猫の秘密基地」
たくさん積み上げて高層タワーにもできます。(2015/1/21)

RCカーや戦車の操作、ゴルフスコアの記録も――「SmartWatch 3」の利用シーンを広げるアプリ
スマートウォッチはAndroidスマートフォンと連携してさまざまな情報を通知してくれるが、ソニーモバイルは、さらに利用シーを広げる取り組みを行っている。開発中のものがほとんどだが、「SmartWatch 3」と連携する新しいサービスを紹介する。(2015/1/20)

マリオカートみたい! ジャガーが開発中の「ゴーストカー」ナビが未来すぎる
さらに窓枠を消す透明化技術で死角なし運転も(2015/1/15)

次の戦場はアキバ! 初心者でも楽しめるサバイバルゲームフィールド 「ASOBIBA秋葉原店」2月オープン
秋葉原でサバゲーやろうぜ!!(2015/1/11)

古田雄介のアキバPickUp!:
「これぞ規格外」――水冷クーラーつきのGTX 980カード3枚セットが登場
箱が一般的なPCケースのもより大きく、価格は43万円台で、国内入荷数は1ケタ……ツッコミどころ満載の超ハイスペックパーツがギガバイトから登場した。冬ボでいかが?(2014/12/22)

PC USER 週間ベスト10:
年末商戦を盛り上げる“激安”Windowsタブレット&ミニノート(2014年12月15日〜12月21日)
今回のアクセスランキングは、ビジネスシーンで重宝するパーソナルなIT関連デバイス、低価格が魅力の8型Windowsタブレットや11.6型ミニノートPC、一風変わった自作パーツ、来年注目したいMicrosoftの新技術などが上位に入りました。(2014/12/22)

ユニットコム、“迷彩だからかえって目立つ”「カモフラノート」を3パターン×3構成で
野外戦、市街戦、砂漠戦で有効なカモフラージュパターンだけに、室内ではえらく目立つノートPCの登場だ。(2014/12/17)

古田雄介のアキバPickUp!:
イチから自作したくなる新製品ラッシュ――持ち運べる工具箱風ケースや裏まで白い限定マザーなど
とても物欲をそそるけれど、魅力を生かすには丸ごと自作する必要がある。そんな新製品がさまざまなジャンルでみられた一週間。今回は4つのトピックスを一貫したテーマで紹介していこう。(2014/12/15)

ASUS、高耐久Z97マザー「SABERTOOTH Z97 MARK 1」の“グレー迷彩”基板モデルを発売
ASUSTeKは、同社製のIntel Z97チップセット採用マザーボード「SABERTOOTH Z97 MARK 1」のバリエーションモデル「SABERTOOTH Z97 MARK S」を発売する。(2014/12/12)

義体に電脳、光学迷彩…… 「攻殻機動隊」の世界をリアルに実現するプロジェクトが始動
日本を代表する産学が一体となって行う壮大な企画。(2014/11/17)

プレゼントにいかが? カラーバリエーションが豊富なコンデジ5選
カメラと言えばブラックかシルバーというイメージがあるが、最近ではさまざまなカラーバリエーションを用意しているコンパクトデジカメがある。ここでは新製品を中心に紹介しよう。(2014/9/1)

狙い撃つぜ! 銃で的を撃ち抜かなければ止まらない目覚まし時計でスリル満点の目覚めを
5回撃つ必要のあるハードモードも搭載。(2014/8/19)

Weekly Access Top10:
今シーズン初の金魚すくいはまさかの会社内
かき氷にヨーヨー釣り、金魚すくいにすいか割り――全部社内で終えたので、夏、もう満喫しました。(2014/8/4)

「10周年記念 モンスターハンター展」開催 こんがり肉が食べられるカフェも
肉球模様のアイループリンもかわいい!(2014/7/26)

空と宇宙がテーマの「アニメフェスタ in 所沢」開催 ロジコマや光学迷彩服を展示、IAのライブも
アニメファンも航空ファンも楽しめるイベントです。(2014/7/8)

第5回「ポタフェス」開幕、注目の新製品と参考展示を一気にチェック
東京・秋葉原で「第5回ポータブルオーディオフェスティバル2014 in 秋葉原」が開幕し、小雨がパラつく天気の中で熱心なポータブルオーディオファンが朝から詰めかけた。会場の雰囲気と注目の展示品を紹介していこう。(2014/6/28)

迷彩色DUALSHOCK 4も:
PS4初のカラバリ「グレイシャー・ホワイト」、本体と専用ワイヤレスコントローラー「DUALSHOCK 4」を今秋発売
ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は6月10日、PS4初のカラバリとして「グレイシャー・ホワイト」の本体および専用ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4)、迷彩色「アーバン・カモフラージュ」のDUALSHOCK 4を今秋より世界各地で順次発売すると発表した。(2014/6/10)

それって光学迷彩!? 医療機器ニュース:
手術器具の死角をARで可視化、早稲田大学が鉗子を透明化する技術を開発
早稲田大学が、内視鏡手術中に鉗子(かんし)の死角となる領域を透明化する可視化技術を開発。画像処理によって、手術器具があたかも透明になったかのような拡張現実感(AR)を実現している。(2014/4/3)

虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!第15回:
アキバ系ラブコメという矛盾 マンガ「デンキ街の本屋さん」の“もげそうでもげない”秀逸さ
アキバの本屋さんを舞台に一癖も二癖もあるラブコメが展開。本屋さんの裏側ものぞけて楽しい一冊です。(2014/2/21)

週末は物欲解放:
ここから選ぶ! やっぱり気になるiPhone 5s対応ケース
iPhone 5sを選ぶ理由は見た目じゃなくて、というユーザーは意外と多い。そういう場合、何の迷いもなくケースをつける。というわけで新作ケースをまとめてみた。(2014/1/31)

アウトドアで落としたら見つからないカモ:
「Realtree」のリアルな迷彩柄をプリントしたiPhoneケース
世界的な迷彩ブランド「Realtree」のカモフラパターンをプリントしたiPhone 5s用ケースが登場。もちろん、防水・防塵・防雪・耐衝撃性能を備えたアウトドア仕様だ。(2014/1/27)

見て持てばこれもアリ:
出荷直前! まとめておさらい「Xperia Z Ultra」
発表から半年。先行する海外出荷を指をくわえてみてた日本のユーザーもやっと買えるぞ! 半年かけて掲載してきたディープな情報をもう一度チェックだ(2014/1/24)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/1/14)

飲み、食い、狩り放題! モンハン好き限定の街コン「狩りコン」開催
何を狩るかはあなた次第。(2013/12/12)

イタリアン合成皮革の迷彩柄スマホ/タブレットケース「Camoシリーズ」3種が登場
iPhone 5s/5、GALAXY Note 3、タブレット向けの迷彩柄ケース「Camoシリーズ」3種が発売。イタリアン合成皮革を採用しており、端末をしっかりと保護する。(2013/12/3)

ピーワーク、迷彩柄のスマホケースとスタンドになるタブレットケースを発売
ベルトループやカラナビ付きで迷彩柄のスマホケースと、スタンドにもなる腹筋レザーのタブレットケースが登場。(2013/11/27)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。