ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「がん」最新記事一覧

携帯型の健康センサーに応用へ:
従来比10億分の1で動く分子センサー、単位はpJ
九州大学の柳田剛教授らの研究グループは、従来の10億分の1のエネルギーで駆動する分子センサーの開発に成功した。化学物質をモバイル端末で検知するといった応用が期待されるという。(2016/7/25)

医療技術ニュース:
重粒子線放射線照射が全身に与える影響を明らかに
東京大学は、がんの放射線治療にも利用される重粒子線を照射した場合の、全身への影響について調べる新たな方法を開発した。重粒子線を体表に照射したメダカを連続的にスライスし、その切片を用いて、全身組織の変化を細胞レベルで明らかにした。(2016/7/22)

中小企業のモノづくりイノベーション(1):
石こう型技術で人工乳房事業を創出、事業継続へ――女性として、経営者として
大学で教鞭を取る准教授が日本のさまざまなモノづくり中小企業の事例を紹介する本連載。今回は愛知県常滑市のマエダモールドを訪問。同社の人工乳房事業が誕生した経緯を聞いた。(2016/7/20)

乳がん検査向けから開発が始まった:
“人の目を超える”、UWBを使った3Dセンサー
イスラエルのVayyar Imagingが開発した「3Dセンサー技術」は、超広帯域(UWB:Ultra Wide Band)無線周波数を利用して、対象物を画像化するものだ。乳がんの検査用に開発されたこの技術は、ガス管の検査からセキュリティチェック、高齢者の見守り、食品の組成検査まで幅広い分野に応用できる可能性がある。(2016/7/19)

手元に残すべきデータとは
「医療ビッグデータ」でもクラウド移行は“じわり”と進行、その最新事例とは
EBM(根拠に基づく医療)へ移行するほど、医療機関ではクラウドストレージの需要が高まっていく。では何のデータを手元に残すべきか。事例から考察する。(2016/7/19)

「Butter-Fly」でおなじみ和田光司の楽曲を網羅したCDがイベント会場限定発売決定! ジャケットのエンジェモンが神々しい
ゴーキゲンな蝶になって〜!(2016/7/15)

医療技術ニュース:
肝臓がんを抑制する新規化合物を同定
新潟大学は、肝細胞がんが増殖する仕組みを解明し、その仕組みを打ち消す新規化合物により、肝細胞がんの悪性化を抑制することに成功したと発表した。また、それが既存の抗がん剤の効果を高めることも分かった。(2016/7/15)

海外医療技術トレンド(16):
プレシジョンメディシンの鍵を握る次世代シーケンサー規制
遺伝子の塩基配列を高速に読み出す次世代シーケンサー。米国では、遺伝子プロファイルを利用して各個人に合った治療法を提供する「プレシジョンメディシン」の中核技術として、臨床適用に向けたルールづくりが進んでいる。(2016/7/15)

富士フイルム Excellent:
体内の立体構造を正確に描出できる人工知能を用いた画像処理技術
富士フイルムは、患者ごとの体内の立体構造をより正確に描出できる、人工知能を用いた新たな画像処理技術を開発したと発表した。(2016/7/14)

結局安全なの? 「子宮頸がんワクチン」対立は泥沼化 国の研究班に「不正」の指摘も
厚労省が子宮頸がんワクチンの積極的な接種勧奨を中止して3年。「中止が続けば子宮頸がんの患者が増えてしまう」と危機感を募らせる学術団体に対して、被害者団体は「時期尚早」と主張する。(2016/7/12)

日本勢、次世代がん治療で存在感 期待の重粒子線で中韓勢しのぐ高い技術
次世代がん治療装置で日立製作所や三菱電機、東芝の国内3社が世界をリードしようとしている。(2016/7/11)

名古屋医療センター、DB統合機能を持つWeb型電子カルテシステムを導入
名古屋医療センターは、富士通のWeb型電子カルテシステム「HOPE LifeMark-HX」を導入、約1300人の職員が利用を始めた。(2016/7/11)

医療技術ニュース:
眼球内の血管が自発的に退縮するメカニズムを解明
慶應義塾大学は、マウスを用いて硝子体血管を明瞭に可視化する技術を確立し、血管が自発的に退縮するメカニズムを明らかにした。この研究成果は先天性眼科疾患の病因解明や、腫瘍を血行不全に陥らせる新しいがん治療法の開発にもつながるという。(2016/7/8)

医療機器ニュース:
体内の立体構造をより正確に描出する画像処理技術
富士フイルムは、体内の立体構造をより正確に描出できる、人工知能を用いた新たな画像処理技術を開発したと発表した。乳がん診断において見分けにくかったノイズと微小な石灰化が見分けやすくなるなど、診断に適した高精細なX線画像を提供する。(2016/7/5)

医療技術ニュース:
脂肪の「さび」が、がん化を促進させる
九州大学は、体内の脂肪が酸化される際に生じる「脂質ラジカル」と呼ばれる中間体の検出技術を開発し、脂質ラジカルが肝細胞がん発症に重要な役割を担っていることを明らかにした。(2016/6/30)

医療機器ニュース:
尿中代謝物で、健常者、乳がん患者および大腸がん患者の尿検体を識別
日立製作所は、住友商事グループと共同で、尿中の代謝物を網羅的に解析することにより、健常者、乳がん患者および大腸がん患者の尿検体を識別する基礎技術の開発に成功した。(2016/6/28)

竹原慎二「誰かの役に立つなら」 治療終了から2年、膀胱がんの闘病ブログをスタート 
第1回は「自己免疫力」について。(2016/6/27)

いしゃまち:
口腔がんの原因は喫煙だけではない! やりがちな危険な習慣
あなたには治療せずに放置している虫歯はありませんか? 口腔内の環境が悪いまま放置していると思わぬ病気を引き起こすことがあります。今回は、口の中や唇にできる「口腔がん」の症状と原因について紹介します。(2016/6/21)

そっくり過ぎる! 映画「聖の青春」、羽生善治役は東出昌大 七冠達成時のメガネを実際に着用
東の羽生、西の村山と並び称されながらも29歳で亡くなった棋士・村山聖の一生を描く映画。村山役の松山ケンイチさんに対し、ライバルの羽生は東出昌大さんに。(2016/6/17)

医療技術ニュース:
卵細胞の因子を用いて、高品質のiPS細胞を高効率に作製
慶應義塾大学は、卵細胞にのみ発現するタンパク質「H1foo」を用いて、従来の方法よりも高品質なiPS細胞を効率良く作製することに成功した。(2016/6/17)

特集:IoT時代のビジネス&IT戦略(6):
コグニティブ技術も生きる、IoTの最新12社事例――製造業、自動車、ヘルスケア・医療、顧客対応、農業、建築・公共
社会一般から大きな注目を集めているIoT(Internet of Things)。だが、その具体像はまだ浸透しているとはいえない。今回は、2016年5月25、26日に開催された「IBM Watson Summit 2016」の幾つかのセッションの模様から、その最新事例をお伝えしよう。(2016/7/6)

がん細胞を放射線で“狙い撃ち” 量研機構、副作用少ない治療薬を開発
副腎のがん細胞に効く新薬を、量研機構が開発。投与した薬剤ががん細胞に到達し、体内で放射線を照射してピンポイントに治療する。(2016/6/14)

尿で分かる乳がん・大腸がんの有無 日立と住商が技術開発 実用化目指す
尿中の代謝物を解析することで、がん患者を識別する技術を日立製作所と住友商事グループが共同で開発した。尿を用いた簡便ながん検査方法の確立を目指す。(2016/6/14)

ジョブズ「重要なことに集中したいならノーと言え」IT企業偉人たちの名言まとめ
故スティーブ・ジョブズ氏の名言「われわれには、そんなにたくさんのことができる機会はない」。ITの偉人たちは何を考えたか。頭髪ネタへの孫正義氏の見事な切り返しもすごい。(2016/6/15)

「人の命に関わることです」 海老蔵さん、マスコミの取材に対して再度配慮を求める
会見後、ブログで実家近くでの取材を控えてもらうよう訴えていた。(2016/6/11)

携帯電話の電磁波は人体に悪影響がある? ない?
携帯電話の発する電磁波が脳腫瘍の発生率に与える影響については長年議論されてきたが、結論が出たようだ。ただし……。(2016/6/10)

市川海老蔵、マスコミに「静かに見守って頂きたい」とブログで切願 「今のまおには酷でございます」
緊急会見後も小林麻央さんの実家にカメラが来たとのこと。(2016/6/10)

「AI新時代」 出遅れた日本 勝ち目はあるのか
AI研究は米国が先行しており、日本は出遅れた。この先、巻き返すことはできるのか――。(2016/6/10)

日本は出遅れた第2グループの中団:
AI新時代――出遅れた日本、迫る中韓 産業と連携「勝機は必ずある」
政府は人工知能を成長戦略の柱と位置付け、2016年度から始まった第5期科学技術基本計画の重点に掲げた。日本は出遅れを挽回するため、新たな体制づくりを急いでいる。(2016/6/10)

小林麻央、約1年8カ月前に「乳がん」発覚 会見で市川海老蔵「比較的深刻」「本人は前向きに病とたたかっている」
人間ドックで判明した。(2016/6/9)

1260億円の売上見込み:
がん患者の希望の星「ニボルマブ」 小野薬品が“爆弾”新薬で狙う第2ステージとは
大阪・小野薬品工業のがん治療薬「オプジーボ」の売り上げが大きく拡大し、注目が集まっている。患者自身の免疫に働きかけてがんを抑える画期的な薬で、心待ちにする患者、医療関係者は多い。(2016/6/9)

いしゃまち:
体を流れる「リンパ」って何?
「リンパ」は健康にも美容にも関わるとても大切なもの。今回は、リンパの役割について確認しておきましょう。(2016/6/8)

医療技術ニュース:
細胞がプラズマを感受する機構を発見
東北大学は、細胞がプラズマを感受する機構を発見した。プラズマ照射溶液中で、数分で失活する短寿命活性種が、細胞膜のTRPチャネルを介してカルシウムイオン流入を誘発していることが分かった。(2016/6/3)

たばこのパッケージ 画像付きの警告表示に7割が賛成
警告表示の面積拡大や画像付きで警告することに賛成だった人が7割――国立がん研究センターの調査で分かった。(2016/5/30)

医療技術ニュース:
がんになりにくい長寿ハダカデバネズミからiPS細胞の作製に成功
北海道大学は、長寿命でがんになりにくい体質のハダカデバネズミからiPS細胞を作製することに成功し、その腫瘍化耐性メカニズムを解明した。将来、人間にも応用できるがん化抑制法の開発やがん予防に役立つことが期待される。(2016/5/27)

「セキュリティ心理学」入門(5):
「ヒューマンエラー」は個人の責任ではない
人間にまつわるセキュリティを考える本連載。今回のテーマは「ヒューマンエラー」です。個人の意識だけに原因を求めてもうまくいかないヒューマンエラー対策について考えます。(2016/5/24)

勢いをどう保つか
「IBM Watson」への高過ぎる期待、ビジネス成功への鍵は開発者?
IBMは米国の人気クイズ番組「Jeopardy!」で脚光を浴びたWatsonをベースとした製品を作って、再び世間の関心を集めようとしている。(2016/5/23)

「もうあの優しい笑顔が見られないなんて」 水谷優子の訃報に深い悲しみ、神谷明や緒方恵美ら声優仲間がメッセージ
漫画家・貞本義行さんは「ふしぎの海のナディア」マリーのイラストを投稿しています。(2016/5/20)

「ちびまる子ちゃん」でお姉ちゃん役を演じた水谷優子さん 5月29日が最後の放送、後任は未定
公式サイトには追悼メッセージも。(2016/5/20)

声優・水谷優子さん死去 「ちびまる子ちゃん」のお姉ちゃん役など
声優・水谷優子さんが乳がんで亡くなった。51歳だった。(2016/5/19)

声優の水谷優子さんが乳がんで死去 「ちびまる子」お姉ちゃん役や「ナディア」マリー役など
声優の古川登志夫さんや榎本温子さんもTwitterで訃報にコメント。(2016/5/19)

知っておきたい医療のこと:
がんを克服するためにすべきこと
治療が困難ながんも存在するが、誰にでも日常的に発症し得る疾患であること、早期に発見して適切な治療を施せば治すことができる疾患であることを認識して対応して欲しい。(2016/5/18)

ワトソン君が変える医療の未来
ワトソン君とは、IBMが開発を続ける最新鋭のコンピュータ。2009年に米国で開発がスタート。当初の目的はクイズ番組に出場して勝つことだったが、その後飛躍的な進化を遂げ、東大医学部と共同でがん解明に挑むようになっている。(2016/5/17)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
尊厳ある人生を享受するために――病から自分を守る予防術とは
日本は世界一の長寿大国といわれているが、医療行為により単に長生きすることは幸せなのか。尊厳を保つ人生、高い質の生活を維持するためには、日々どのように健康管理に取り組めばよいのだろうか。(2016/5/10)

知っておきたい医療のこと:
日本のがん医療の現状と課題
日本では社会の中核となって活躍している世代で、がん死の割合が大きくなっている。治療はもちろんだが予防も重要。余生をまっとうするために、今できることとは。(2016/4/27)

北斗晶さん 最後の抗がん剤治療後の眠れぬ夜をブログで告白
携帯で撮った写真を見てさまざまな思いが去来したそう。(2016/4/22)

体温計のような手軽さで生活習慣病を早期発見 富士通研究所が呼気センサーデバイス開発
体温計を使うような手軽さで生活習慣病の早期発見が可能になる――。富士通研究所は、息に含まれる成分を素早く測定できる呼気センサーデバイスの開発に成功した。(2016/4/19)

生活習慣病の早期発見に役立つ可能性:
呼気中のわずかなガスを検出する小型センサー
富士通研究所は2016年4月18日、アンモニアなど生活習慣病のマーカー物質とされる特定のガス成分を呼気中から抽出できる小型の呼気センサーを開発した。(2016/4/18)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「人工知能の抱える課題と限界」
人工知能に人間と同様の知能を実現させようとする試みには、大きく2つの方向性があります。人工知能が抱える課題や限界を踏まえながら整理していきましょう。(2016/4/18)

「Butter-Fly」などで知られるアニソン歌手・和田光司さん(42) 上咽頭がんのため死去
4月下旬にファンに向けたお別れ会を設ける予定。(2016/4/8)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。