ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「がん」最新記事一覧

関連キーワード

新郎新婦と仲人か! ぺこ&りゅうちぇる、北斗晶&佐々木健介の振袖ショットからあふれる幸福感
幸せオーラがすごい。(2016/12/7)

カンガルーのヘッドロックが決まりすぎてる……! 犬を助けようとカンガルーに立ち向かった人の動画が話題に
どうしたらこんなことになるんだ……。(2016/12/7)

小林麻央さんブログ、共感呼び読者数127万超……専門家「言葉に勝る薬はない」
乳がんで闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央さんの公式ブログに、共感の輪が広がっている。(2016/12/5)

厚労省の禁煙案に病院まで反対 「命短い患者に……」
厚生労働省が喫煙範囲をさらに狭める受動喫煙防止対策案を打ち出しが、反対意見が相次いでいる。飲食店から「店を潰す気か」との批判があるほか、病院からも反対が。なぜ?(2016/12/5)

2020年東京五輪に向け:
「店をつぶす気か」厚労省禁煙案に反対続出
2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、厚生労働省が10月、喫煙範囲を狭めた受動喫煙防止対策案を打ち出したところ、関係団体から反対意見が相次いだ。病院からも「命短い患者にせめてたばこくらいは……」と喫煙室の設置を求める声も。(2016/12/1)

イノベーションで戦う中小製造業の舞台裏(11):
「奇跡の一本松」を保存した生物研究所が乳がん触診シミュレーターを開発した理由
乳がんの早期発見に役立つのが自身での触診だ。だが、自分の胸を触ってシコリを感じても、それががんなのかを判別することは難しい。そのシコリの違いを学べる「乳がん触診シミュレーター」を京都の生物教材メーカーである吉田生物研究所が開発した。「奇跡の一本松」の保存などで知られる同社は、なぜ乳がん触診シミュレーターに取り組んだのか。(2016/12/1)

超電導フィーバーから30年 “冬の時代”続くも、突破口目指す
高温で超電導を示す物質が次々に発見され、エネルギー革命につながると世界中が熱狂した「超電導フィーバー」から30年。超電導研究の課題と展望は。(2016/11/30)

Fastask 人工知能(AI)&ロボット活用に対する意識調査【医療編】:
医療現場での人工知能活用、「待ち時間」「根拠」「値段」などに期待
「病院での診断に人工知能を活用する」とは現実味を帯びているシナリオだが、来院する側の意識は「人工知能による診断」を受け入れることができるだろうか。ジャストシステムのネットリサーチサービス「Fastask」調べ。(2016/11/30)

人工知能でがん治療の精度アップ 国立がん研など新システム開発へ
がん患者の臨床データなどをAIで解析し、診断や治療の精度向上につなげるシステムを国立がん研究センターや産総研らが開発する。(2016/11/29)

治療で休業中だった北斗晶さん、11月29日からテレビ復帰をブログで発表
術後の検査で転移は見られなかったと明かしている。(2016/11/28)

電子ブックレット:
“人の目を超える”、UWBを使った3Dセンサー
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、イスラエルのVayyar Imagingが開発した「3Dセンサー技術」について紹介します。(2016/11/27)

今後の行方をエキスパートが考察
トランプ政権と医療ITの未来を予想する人々 「オバマケア撤廃」の影響は?
次期トランプ政権の下で米国の医療ITの将来はどうなるのか。医療ITの専門家が先行きを展望し、医療ITが果たすべき役割をあらためて解説する。(2016/11/25)

機器と研究施設は寄付:
ロームなど、SiC応用の次世代ガン治療器を開発へ
ロームは2016年11月22日、京都府立医科大学、福島SiC応用技研と次世代パワー半導体として注目されるSiCを活用したBNCTに必要な治療機器の研究開発を共同で実施すると発表した。(2016/11/22)

医療技術ニュース:
ヒトに使えるプラズマ活性点滴を用いた新たな化学療法を開発
名古屋大学は、ヒトに使えるプラズマ照射点滴(プラズマ活性点滴)を作製し、これを用いてグリオブラストーマ(脳腫瘍)や卵巣がんの新たな治療法を開発した。(2016/11/22)

シンガーソングライター・りりィさん、肺がんのため64歳で死去 「私は泣いています」ではミリオンも
ドリカム・吉田美和さんの義母にあたります。(2016/11/11)

難病を見抜く「IBM Watson」だけが医療AIじゃない
「医師はAIを歓迎する」――実用段階に来た、日本の“AI医療”の姿とは
医療分野では人工知能(AI)技術による診断支援や新薬開発といった用途に期待が寄せられている。しかし医療AIの普及には、医療保険制度を筆頭にクリアすべき課題がまだある。日本の医療AI開発の現状とは。(2016/11/9)

禁煙の重要性高まる 喫煙で“遺伝子の突然変異”増加と国立がん研究センターなどが発表
たばこの発がん物質によって“間接的に”変異が誘発されるがんも発見されています。(2016/11/4)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本人が知らない医療大麻の「不都合な真実」
元女優の高樹沙耶容疑者が大麻取締法違反の疑いで逮捕された。容疑者が医療大麻を推進していたこともあって、医療従事者などが「医療大麻ってものはない」「(医療大麻は)必要ない」などとコメントしていたが、本当にそうなのか。世界に目を向けると、ちょっと違うようだ。(2016/11/1)

IBM World of Watson 2016:
血液ガンに侵され、死を覚悟した女性を人工知能「Watson」が救った
人工知能によって、がん治療の姿が変わりつつある。ラスベガスで行われたIBMのイベントで、東京大学の宮野教授が「Watson」を活用するがん治療の事例を紹介した。人間の遺伝子情報と膨大な論文を解析し、患者に最適な薬を投与するのだという。(2016/10/28)

「ナパーム弾の少女」問題から約1カ月:
Facebook、“意義ある”ヌードや暴力画像であれば掲載認める方針に
歴史的反戦写真「ナパーム弾の少女」をヌードだとして削除(後に復活)した問題から約1カ月後、Facebookは「コミュニティ規定」に反するコンテンツであっても、報道価値があったり、公共の利益にとって重要であれば表示を認める方針を発表した。(2016/10/24)

作曲家・たかしまあきひこさん死去 「8時だョ!全員集合」など劇伴音楽で多くの名曲遺す ドリフのオチでおなじみ「盆回り」も
「ヒゲのテーマ」などもたかしまさんの作曲でした(2016/10/22)

がん撲滅のための米国家プロジェクトが進展 バイデン副大統領が説明
月に人類を送り込んだアポロ計画のように困難だが意義のある国家プロジェクト「ムーンショット」。現在、米国が取り組んでいるムーンショットは「がん撲滅」だ。(2016/10/21)

医療機器ニュース:
体内へマーカーを留置せず、高精度に腫瘍を追跡する技術を開発
東芝と量子科学技術研究開発機構は、重粒子線がん治療装置向けの腫瘍追跡技術を共同で開発した。体内に金属のマーカーを埋め込むことなく、誤差1mm程度の精度で腫瘍を追跡できる。(2016/10/11)

海老蔵、笑顔で長女を抱く小林麻央の写真を公開 「最近の中で一番幸せな日でした」
子供たちの優しさに、ほろりときてしまうエピソードも。(2016/10/10)

大隅良典さんノーベル医学・生理学賞受賞:
「オートファジー」 医療への応用研究進む 神経疾患、がん治療に期待
ノーベル医学・生理学賞が決まった大隅良典氏が仕組みを解明した細胞の自食作用「オートファジー」。この働きを促進したり、阻害したりすることで治療法の開発を目指す研究が進んでいる。(2016/10/4)

医療技術ニュース:
脂肪肝の発症メカニズムを解明
大阪大学は、肝臓でタンパク質Rubiconの発現が上昇し、オートファジー(細胞内の分解機構)を抑制することが、脂肪肝の原因であることを明らかにした。(2016/9/30)

「受動喫煙は気配りではなく、健康被害の問題」 受動喫煙に対するJTコメントにがん研究センターが反論
「たばこの煙にさらされることは、人々の健康に危害を与えることと、社会全体に強く認識されるべき」と語っています。(2016/9/28)

松来未祐“愛悼”イベント「サンキュー! 未祐ちゃん」レポート公開 会場全員で「はっきゅん! どっきゅん!」
当日は1000人以上のファンが訪れたとのこと。(2016/9/23)

島津製作所 LIGHTVISION:
乳がんの転移診断を支援する近赤外光カメラシステム
島津製作所は、リンパ管を可視化し、乳がんの転移診断を支援する近赤外光カメラシステム「LIGHTVISION」の販売開始を発表した。(2016/9/23)

「和解しがたい不和」 ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー、離婚の衝撃
「ブランジェリーナ」は存在しなくなってしまうのか……。(2016/9/21)

セラピー犬たちと触れ合える「人と犬との憩いの場所」はモフモフ天国! 最高に癒されてきた
人を癒すお仕事をする「セラピー犬」。そんなセラピー犬と触れ合える「人と犬との憩いの場所」を訪ねました。とっても癒やされます!(2016/9/16)

医療機器ニュース:
乳がんの転移診断を支援する近赤外光カメラシステムを発売
島津製作所は、近赤外光カメラシステム「LIGHTVISION」を発売した。ICG蛍光法でリンパ管の位置を正確に同定し、高精細な画像を描出することで、乳がんの転移診断を支援する。(2016/9/13)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
2400万件の研究データを数時間で分析、AIがもたらす人知を越えたビジネス革新
画像や動画、IoTのセンサーデータなど、これまで活用されてこなかった非構造化データ。今後のビジネスを左右するといわれる膨大な非構造化データの活用を目指す企業が今注目しているのが、人工知能の「IBM Watson」だ。(2016/9/12)

Weekly Access Top10:
爆走! メディア4耐に初参戦
ITmedia ニュース編集部の山口記者がドライバーとして参加!(2016/9/5)

医療機器ニュース:
シンガポールから陽子線がん治療システムを受注
日立製作所は、シンガポール国立がんセンターから陽子線がん治療システムを受注し、10年間のシステム運転・保守契約を締結したと発表した。同社の「PROBEAT」は、東南アジア初の陽子線がん治療システムとして同センター内の施設に設置される。(2016/9/5)

日立製作所/三菱重工業:
X線治療装置事業の譲渡契約を締結、日立は放射線治療システム事業を強化
日立製作所は、三菱重工業とX線治療装置事業について事業譲渡契約を締結し、三菱重工のX線治療装置事業を日立に譲渡することで合意したと発表した。(2016/9/2)

乳がん闘病中の小林麻央がブログ開設 「陰に隠れているそんな自分とお別れ」するため
医師から「癌の陰に隠れないで」と言われたそう。(2016/9/1)

受動喫煙の肺がんリスク約1.3倍に高まると国立がん研究センター リスク評価を「ほぼ確実」から「確実」に引き上げ
複数の論文を統合、解析し、統計学的に有意な関連があることを発表。(2016/8/31)

受動喫煙の肺がんリスク評価「ほぼ確実」から「確実」へ 国立がん研究センター発表
国立がん研究センターは8月31日、日本人の受動喫煙による肺がんリスク評価を「ほぼ確実」から「確実」へアップグレードした。(2016/8/31)

医療機器ニュース:
X線治療装置事業の譲渡契約を締結、放射線治療システム事業を強化
日立製作所は、三菱重工業と事業譲渡契約を締結し、三菱重工のX線治療装置事業を日立製作所に譲渡することで合意したと発表した。これにより日立は、従来の粒子線治療システム事業と合わせ、放射線治療システム事業を強化・拡大していく。(2016/8/31)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/08/25
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年8月25日)(2016/8/26)

知っておきたい医療のこと:
がんの多くは治せる
医療においては、治療や診断することのみではなく、予防する意識が極めて大切な要因だ。(2016/8/24)

極微細蛍光内視鏡イメージングシステム:
低侵襲な極微細蛍光内視鏡イメージングシステムを商品化
東北大学は、ルシールと共同で研究・開発した、低侵襲で簡便に実験動物の脳の神経活動を可視化できる「極微細蛍光内視鏡イメージングシステム」が商品化された。研究機関を中心に、ルシールより販売される。(2016/8/24)

「スター・ウォーズ」ファンの末期がん患者に最新作「ローグ・ワン」を ルークも「いいね!」で応援
生きているうちに観たい。「フォースの覚醒」でも同様の特別上映が行われた。(2016/8/23)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/08/18
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年8月18日)(2016/8/19)

医療機器 メルマガ 編集後記:
男性がん発生部位のトップが胃から前立腺になった理由
いつのまにやら。(2016/8/15)

「Pokemon GO」でチャリティ活動 缶詰や現金の寄付をプレイヤーに呼びかけ
米国各地でPokemonトレーナーたちが「PokeAid」と呼ばれる慈善活動を始めている。(2016/8/15)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/08/11
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年8月11日)(2016/8/12)

医療技術ニュース:
細胞分裂をけん引する分子モーターが逆走する仕組みを解明
理化学研究所は、細胞分裂をけん引する分子モーター「Kinesin-14」が、他のキネシンとは逆向きに動く分子メカニズムを解明した。(2016/8/12)

医療機器ニュース:
マンモグラフィーだけの乳がん検診は不十分!? 超音波やMRIの組み合わせが必要
シーメンスヘルスケアと相良病院が、乳がん検診の現状や、全身検査が可能なPET-MRI同時撮影装置「Biograph mMR」を使った最新の検診手法について説明。マンモグラフィーだけでは乳がんを見つけ出すには万全とはいえず、超音波やMRIなども組み合わせる必要があるという。(2016/8/9)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。