ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「星座」最新記事一覧

幻の星座「ねこ座」はなぜ消えた? 歴史に埋もれていった「トンデモ星座」ベスト5を解説する
今も残っていてほしかった……。(2018/2/6)

ほぼ真っ黒じゃないか! 星座を集める神経衰弱「ほしあわせ」が美しい写真だけに高難度
カードの裏面がどっちかわからなくなりそう。(2017/11/11)

原田知世、20年ぶりMステ出演決定 セルフリメイク版「時をかける少女」を披露
過去も未来も星座も超えてきた。(2017/6/23)

Twitterで注目を集めた「12星座ブラ」が商品化! イラストを再現したモデルの着用イメージも公開
くっそかわいい。(2017/4/10)

胸元に星座がキラリ LEDで星空のように輝くスカーフがパーティーを華麗に演出
話題としても一花咲きそうな。(2016/12/24)

“宙(そら)ガール”篠原ともえ、星座をデザインした手作り浴衣を披露
“物作りマイスター”の称号を与えたい。(2016/8/2)

石井英男の「週刊Gear VR」(第7回):
太陽系を自由に飛び回れる! VRプラネタリウム「星座表」
GALAXYスマートフォンと組み合わせて気軽に本格VRが楽しめる「Gear VR」。本連載では、Gear VRで楽しめるアプリを毎週紹介していく。第7回目は、宇宙の広さを実感できるプラネタリウムアプリ「星座表」を紹介する。(2016/6/28)

夜空に箔押しで星座が輝くマスキングテープ「夜間飛行」に心ときめく
販売に向けて準備を進めているそう。(2016/4/9)

愛知県警が「星座から見た交通死亡事故の特徴」を公開 「気をつけよう」「星座占いなの?」と賛否両論
注意が必要な時間帯、曜日などを掲載しているほか、交通死亡事故や飲酒運転の星座別ランキングも。ただし統計データは閲覧できません。(2015/9/4)

PlanetPTC Live 2012 〜米フロリダ州オーランド〜:
“星座のような”PLMを展開するワールプール、終わりなき旅へ
PTCは、米フロリダ州オーランドにおいてユーザーイベント「PlanetPTC Live 2012」を開催。同イベントで、米国家電メーカー ワールプールが自社のPLM導入について語った。(2012/7/26)

天使と星座のカルマカードでバトルがヒートアップ――MMORPG「魔導学院エスペランサ」、4月26日にアップデートを実施
カルマカードの追加のほか、新たなフィールドも登場。5月10日までは「ゴールデンウィーク特別講座」としてイベントも実施される。(2012/4/26)

6星座のコスプレが楽しめる――「魔導学院エスペランサ」、特設プロモーションページの情報を追加
先日の6星座に引き続き、残りの6星座のコスプレも公開に。さらに「カルマカード」イベントも近日実施される予定。(2012/4/11)

MMORPG「魔導学院エスペランサ」、「カルマカードシステム」のコスプレを公開
戦闘の鍵を握る「カルマカードシステム」に登場する12星座のうち、6星座をモチーフにしたコスプレを特設プロモーションサイトで公開中!(2012/4/6)

Biz.ID Weekly Top10:
2012年の仕事運は? 血液型×星座×干支の占いをチェック
毎年フジテレビ系番組でお正月の深夜に発表している血液型、星座、干支を組み合わせた576通りの最強運ランキング。ザッパラスの「超運占い」と合わせて2012年の運勢を占ってみました。(2012/1/6)

誕生日プレゼントに:
持ってれば運気が上がる……んじゃないかな、きっと――「iPhone4 iPhone4S用 12星座ハードケース」
上海問屋から、各星座における星の配置をラインストーンでかたどったiPhone 4/4S用ケースが発売された。価格は499円。(2011/12/20)

12星座MMORPG「ルーセントハート」次期大型アップデート「NOVA」のティーザーサイト公開
ガマニアデジタルエンターテインメントは、11月25日より順次実装を予定しているアップデート「NOVA」の情報が掲載されたティーザーサイトを公開した。(2010/11/12)

12星座MMORPG「ルーセントハート」2nd Anniversary ユーザーカンファレンス開催
(2010/7/1)

今日のアプリ第469回:教育:
iPhoneを夜空にかざして天体観測――星座早見盤アプリ「Star Walk」
「Star Walk」は、iPhone・iPod touchを夜空にかざすだけで、星座・惑星・流星群の位置を確認できる星座早見盤アプリ。iPhoneを持って星の観察に行ってみませんか?(2009/10/24)

App Town エンターテインメント:
“オリジナル星座”作成機能も備えた星座早見表──「NIGHT SKETCH」
ユビキタスが発売したiPhone/iPod touch向けアプリ「NIGHT SKETCH」は、夜空の星座を簡単に探せるだけでなく、星と星をつないで自分だけの星座が作れる点が面白い。(2009/9/8)

Webサービス図鑑/Bizアプリ:
星座徹底マスタークイズ
星座徹底マスタークイズは、生年月日から星座を当てるためのトレーニングを行えるサービスです。(2009/9/1)

大型アップデート「arma〜誇り高き戦〜」実装――「ルーセントハート」
ガマニアデジタルエンターテインメントは、12星座MMORPG「ルーセントハート」において5月7日、クラン戦システムなどを実装した。(2009/5/7)

App Town ユーティリティ:
iPhoneを裏返してタロット占い――「毎日の運勢2009(1月-3月)」
iPhone/iPod touch向け12星座占いアプリ「毎日の運勢2009(1月-3月)」が登場。「タロット恋愛占い」や「毎日の運勢」などを利用できる。(2009/2/25)

App Town エンターテインメント:
iPhone向け占いアプリ「今日の星占い」配信──iPhoneを振って占うおみくじも
iPhone向けの占いアプリ「今日の星占い」が配信された。「今日の運勢」「12星座ランキング」「おみくじ」の3コンテンツを用意する。(2009/2/20)

12星座MMORPG「ルーセントハート」本日大規模アップデート実装
(2009/2/2)

Bizアプリの使い方:
相手の星座をさっと言い当てる! 「星座徹底マスタークイズ」
同僚や上司との何気ない会話の中で、誕生日の話題になることってありますよね。そんなときに「ということは、あなたは○○座ですね!」とさっと相手の星座を言い当てられたら、会話もスムーズに進むかもしれません。(2008/11/25)

星座を描いて超・必殺技だ!――「装星機 ガジェットロボ」
クリエイティヴ・コアが熱き血潮たぎるロボットRPGを発売する。250種類のパーツを組み合わせて自分だけのガジェットロボで戦え!(2008/9/12)

「ルーセントハート」リポート:
プレイの仕方は運勢次第!?――新機軸のMMORPGを体験してみた
8月14日からオープンβテストが行われる「ルーセントハート」は、12星座をモチーフにしたMMORPGだ。今回は7月24日から30日にかけて行われていたクローズドβテストのプレイリポートをお届け!(2008/8/12)

ITmedia +D Games枠で150名募集:
12星座ファンタジーMMORPG「ルーセントハート」クローズドβテスト募集開始
ガマニアデジタルエンターテインメントが発表した「ルーセントハート」のクローズドβテストの募集が開始された。そこで、ITmedia +D Gamesでもβテスターを募集する。(2008/7/10)

12星座が巡り会う――ガマニア「ルーセントハート」発表
ガマニアデジタルエンターテインメントは、新作オンラインMMORPG「ルーセントハート」を発表。ティーザーサイトを公開し、クローズドβテストを実施することを明かした。(2008/7/7)

ねとらぼ:
「奇跡のマイミク」って何?
「奇跡のマイミク」――mixiのコミュニティで最近、こんなトピックが乱立している。星座や干支、携帯キャリアなどが「奇跡的に」同じ人同士でマイミクになりましょう、という趣旨だ。(2008/4/17)

+D Style News:
天体ウォッチ「アストロデア」に待望のライトイエローモデルが登場
天体ウォッチ「アストロデア」に新色「ライトイエロー」の星座盤モデルが追加される。従来モデルもバージョンアップを行い天体表示の視認性を高めた。(2007/12/3)

着ボイスで運勢占い──「12星座で着占い」開始
(2007/10/12)

この1年、株でもっとも儲けたのはB型の男性とO型の女性
昨年と比べ個人投資家の儲けが減少していることが分かった。男性は大幅に減らしたが、女性はプラスに。星座・血液型と損益の関係は……?ジョインベスト証券調べ(2007/6/21)

交通事故を起こす意外な要因は……
InsuranceHotline.comの調査では、年齢よりも星座の方が交通違反や事故に大きく影響すると示された。ワーストドライバーはどの星座?(2006/12/14)

火星目指すスペースシャトル後継宇宙船、「オリオン」に命名
アポロ、スペースシャトルに続くNASAの有人宇宙船の名前は、「冬の星座」から取られた。(2006/8/23)

アストロアーツ、904SH対応Vアプリ「星座をさがそ」
(2006/3/3)

「メイプルストーリー」、12星座をモチーフにした装備品などポイントアイテムを追加
(2006/1/10)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。