ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「電磁波」最新記事一覧

バラして見ずにはいられない:
iPhone 5s/6sと何が違う? 「iPhone SE」を分解してみた
iPhone 5sと同じデザイン・サイズで、iPhone 6s相当のスペックとなった「iPhone SE」。中身はどうなっているのか分解してみた。(2016/4/20)

衛星「ひとみ」の復旧は絶望的……「日本のお家芸」X線天文学に暗雲
「日本のお家芸」とも言われたX線天文学が危機的な状況に追い込まれている。屋台骨として期待された衛星「ひとみ」の通信が途絶し、復旧は極めて厳しい情勢だ。(2016/4/19)

DICのプリンテッドエレクトロニクス用インク:
多層印刷によるTFT素子への適用事例も初公開
DICは、「第26回 ファインテック ジャパン」で、各種印刷システムに適合するプリンテッドエレクトロニクス用インクを紹介した。TFT素子への適用事例も初めて会場で公開した。(2016/4/12)

「1999年が近づいてきてヤバいと思った」 伝説の漫画「MMR」を作った男たち タナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー(後編)
まさかの「復活予告」も!(2016/3/11)

“ステルス人間”が実現する? レーダー波を抑える「メタスキン」、米大学が開発
レーダーから見えにくくなるという「メタスキン」を米大学が開発。研究を進めれば、可視光でも見えなくすることが可能化もしれないという。(2016/3/10)

野村ケンジの「ぶらんにゅ〜AV Review」:
徹底検証! OPPO「BDP-105D JAPAN LIMITED」は“画面が明るい”という噂は本当か?
面白い話を聞いた。「BDP-105DJP」のアップグレードサービスを利用したユーザーの間で「画面が随分明るくなった」と評判なのだという。映像に直接関わる仕様変更はなかったはずだが……。よし、確認してみよう。(2016/3/4)

疲労を回復するベネクスの「リカバリーウェア」 普段着や部屋着として使える新シリーズが登場
副交感神経の働きを促して疲労を回復させるという「リカバリーウェア」を販売するベネクスが、新たに肌触りのよい素材を開発し、軽く柔らかい、部屋着などとして着られるリカバリーウェアを発表しました。(2016/3/3)

バッファロー、4極プラグにも対応する汎用ヘッドセット2製品
バッファローは、アナログ接続に対応する片耳/両耳タイプのヘッドセット2製品「BSHSECM01BK」「BSHSHCS01BK」を発表した。(2016/3/2)

PR:まだ古いWi-Fiルーター使ってる? 「Aterm WG2600HP」に買い替えると無線環境はこう変わる!
もう何年もWi-Fiルーターを買い替えていない、という人は案外多いのではないだろうか。最新のルーターを導入すると、通信が速くなったり、安定性が高まったりと、快適さが向上するのだ。(2016/3/2)

頭脳放談:
第189回 IoTデバイスの電源どうしますか?
IoTデバイスは、長期間にわたって電池交換などをせずに使える方がよい。そこでPsiKickが開発している、受信する電波そのものを電源とする超低消費電力の無線技術に注目したい。(2016/2/26)

2020年に向けた病院内のIT化を推進する取り組みとは
iPhone 3200台導入の東京慈恵会医科大学、情報共有の在り方を一新
Appleの「iPhone」3200台を導入するなど、2015年からモバイル端末を中心としたIT環境を着々と構築している東京慈恵会医科大学。同大学が目指す医療ITのビジョンとは。(2016/4/11)

ULTRASONE、装着感を向上させたプロフェッショナル向けヘッドフォン新製品「PRO900i」「PRO2900i」
ULTRASONEのプロ向けヘッドフォン2機種がリニューアル。音響面はそのままに、ヘッドバンドの構造を見直した「PRO900i」および「PRO2900i」が登場。装着感が向上したという。(2016/2/5)

ニプロン UZP-120 Series:
ノイズと発熱を大幅に低減した基板型AC-DC電源
ニプロンは、ノイズと発熱を限りなくゼロに近づけた基板型AC-DCスイッチング電源を開発したと発表した。外部にノイズフィルターを設置する必要がなく、コストと工数を削減できるという。(2016/2/4)

パナソニックと京都大学が共同で開発:
非接触で心拍間隔を計測、ミリ波レーダーで
パナソニックは2016年1月20日、京都大学の「Center of Innovation(COI)」と共同で、非接触で心拍間隔を計測する生体情報センシング技術の開発に成功したと発表した。スペクトラム拡散ミリ波レーダーを用いて、心電計相当の精度で心拍間隔をリアルタイムに計測できるという。(2016/1/29)

福田昭のデバイス通信 ISSCC 2016プレビュー(9):
IoE向けの超低消費電力無線チップ
今回はセッション24〜26を紹介する。「ワイヤレス通信」がテーマとなっているセッション24では、IoE(Internet of Everything)向けの低消費電力無線チップの発表が相次ぐ。ソニーとソニーLSIデザインが開発した、消費電力が1.5mW〜2.3mWと低いGNSS(全地球航法衛星システム)受信器などが発表される。(2016/1/19)

着ているだけで疲れがとれる「リカバリーウエア」が静かなブーム アスリートの口コミが追い風に
着ているだけで疲れがとれる「リカバリー(疲労回復)ウエア」が静かなブームを呼んでいる。商品化までの道のりは平坦ではなかった。(2016/1/13)

エルサレムで金ピカな謎の物体発見 ネットで情報募集して正体判明
謎の物体についてFacebookで情報を募ったところ、現代の健康器具と判明。(2015/12/23)

CAEニュース:
ムラタソフトの解析ソフト「Femtet」がバージョンアップ
ムラタソフトウェアは、解析シミュレーションソフトウェア「Femtet」の最新バージョン「Femtet 2015.1」を発表した。(2015/12/10)

目指せ“宇宙征服”中国の野望 NASAに対抗、世界最大の電波望遠鏡建設中
NASAを追い抜こうと、中国が世界最大の電波望遠鏡建設を進めている。パラボラアンテナの直径は500メートルだ。(2015/12/2)

アリゾナ砂漠の砂を使う実験ってなんだ!?:
ThinkPadを育てた“大和研究所”を“みなとみらい”で見た
レノボ・ジャパンが誇るThinkPadの開発拠点「大和研究所」。みなとみらいにあると聞いてはいたが……ってここ、オフィスビルの中じゃないですか!(2015/11/27)

R25スマホ情報局:
成人の8割が!?「スマホ首」解消法&グッズ
肩や腰のコリ、頭痛、手のしびれなどの原因になることもある「スマホ首」。気になるところがある人は、ここで紹介する解消法やグッズで対策をしましょう。(2015/11/27)

CAE豆知識:
熱伝導、熱伝達、熱放射って何?
今回は、伝熱解析の基礎「熱の伝達」についてです。(2015/11/18)

血行を促進して疲労回復 パーカータイプのリカバリーウェアをベネクスが発売
生地に練り込んだナノプラチナなどにより、血行促進効果が得られるパーカータイプのリカバリーウェアをベネクスが発売します。(2015/10/26)

近日、リポート公開予定:
「NICTオープンハウス2015」開催――IoT関連技術や災害対策関連技術など、60以上の最新研究成果を公開
国立研究開発法人の情報通信研究機構(NICT)は2015年10月22日、同機構の最新の研究成果を発表する「NICTオープンハウス2015」を開催した。(2015/10/22)

年配の方でも安心!:
イーバランス、土鍋も使える万能電気グリルROOMMATE「EB-RM401A」を10月中旬に発売
セラミックヒーターを採用した万能電気グリル「ROOMMATE(ルームメイト) クリスタルガラスグリル EB-RM401A」がイーバランスから登場。価格は1万2800円(税込)。(2015/10/13)

5分でわかる最新キーワード解説:
ハイヒールで踏んでも壊れない「CNTゴムトランジスタ」って何?
「ハイヒールで踏んでも壊れないトランジスタ」を実現したのは、カーボンナノチューブ(CNT)でした。ねじりや引っ張りにも強い“柔らかなトランジスタ”の特徴を解説します。「ハイヒールでの踏みつけ」にも意味はあります。(2015/10/5)

オーロラが瞬く仕組み、JAXAらの研究グループが解明
2016年打ち上げ予定の「ジオスペース探査衛星(ERG)」によって、電子の変調過程などさらに研究が進みそうです。(2015/9/28)

期間限定! アニメ「機動戦艦ナデシコ」「宇宙のステルヴィア」 niconicoで全話無料配信中
シルバーウィークにぴったり。(2015/9/18)

5分でわかる最新キーワード解説:
スプレーで作れる発電機「有機薄膜太陽電池」
スプレーするだけで太陽電池を生み出す「有機薄膜太陽電池」。その電力変換効率を12〜15%へと改善する技術が理化学研究所の手で開発検証されました。その効率アップのヒミツに迫ります。(2015/9/18)

太陽風から地球を守れ:
通信を切断する「太陽風」から地球を守れ、「宇宙天気予報」の広がり
太陽による地球磁場への影響を観測する「宇宙天気予報」の実用化が情報通信研究機構(NICT)によって進められている。毎日Webサイトで公開されるデータは、人工衛星や通信を守る貴重な情報源となっている。(2015/8/31)

Spigen、早くも「iPhone 6S(仮)」向け保護フィルムの予約販売を開始
Spigenは、「iPhone 6S(仮)」向けの保護フィルム「クリスタル」「ウルトラ・クリスタル デュアル」の予約販売を開始した。(2015/8/21)

レーダー方式の運転者支援システム:
インフィニオン車載用チップが20台に1台搭載へ
インフィニオン・テクノロジーズは、同社の高周波レーダーチップの出荷個数が1000万個を突破したことを発表した。最大250mの範囲で物体を認識できる77GHzのチップで、2016年には自動車の20台に1台が、同チップを採用した運転者支援システムを搭載するという。(2015/8/7)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
OPPOから間もなく登場する「BDP-105DJP」限定版、一足先に“最終試作機”をチェック!
先月末、OPPO Digital Japanから、とても興味深い告知があった。同社のトップエンド機「BDP-105DJP」のリミテッド・バージョンを開発し、日本国内限定で販売するという。そのプロトタイプの最終仕様をチェックすることができたので報告しよう。(2015/7/29)

FAニュース:
IoT対応の半導体ひずみセンサーを量産開始
日立製作所と日立オートモティブシステムズが、半導体ひずみセンサーの量産を開始した。−40〜+120度の環境下でも、長期間にわたって高精度な計測ができる。今後は車載はじめ、IoTに対応したソリューションサービスへの適用を目指すとしている。(2015/7/25)

コンセントのプレートで音が変わる!? クリプトンがJIS規格準拠の3層構造特殊カーボンプレートを開発
クリプトンは、音質を向上させるというJIS規格準拠のコンセントプレートを開発。3層構造の特殊カーボン素材で、電磁波を遮へいし、防振に優れるという。(2015/7/23)

法制度・規制:
進むインフラ老朽化、“達人頼み”を補う技術が続々登場
日本の道路や橋梁、トンネルなど、インフラの老朽化が加速している。いまだに多くを人手によって点検・整備・補修しているこの領域だが、労働人口減少により現在の手法では対応が難しくなり、先進技術の活用に注目が集まっている。2015年7月22〜24日に東京ビッグサイトで開催された「インフラ検査・維持管理展」での出展内容を紹介する。(2015/7/23)

フリースケール開発者会議(FTF)レポート(6):
インターネットの明日を詰め込んだ大型トレーラー「IoT Truck」(後編)
今回は、先進運転システムやスマート・シティ向けのIoT技術の他、ベンチャー企業が開発したバッテリ内蔵リュックサックや、スマートフォンに取り付ける赤外線カメラが展示された。別のコーナーでは、RFパワートランジスタを採用した電子レンジや、生ビールの残量をモニタリングするプレートなど、ちょっと変わった開発品も並んだ。(2015/7/10)

5分でわかる最新キーワード解説:
日本発世界標準、生活支援ロボット安全規格「ISO 13482」
生活の中に溶け込んでゆくロボット、その安全性を評価するための国際規格が「ISO 13482」です。日本ロボット産業の起死回生への第一歩になるかもしれません。(2015/7/3)

USB3.1試験の課題(2):
Type-Cケーブル、相互接続動作を評価するには?
3回にわたって、最新USB規格である「USB3.1」に対応するための試験について解説していく本連載。第2回は、USB3.1デバイス対応として設計された新しいリバーシブル型コネクタType-Cである。全ての機能を1種類のサイズで提供するType-Cケーブルだが、設計や試験の観点からみればさまざまな問題がある。ケーブルとコネクタに対する新コンプライアンス試験について紹介しよう。(2015/6/18)

サンコー、熱暴走を防ぐ冷却シートが付いたiPhone 6/6 Plus向けクーラーケースを発売
サンコーは、内側に冷却シートを搭載したiPhone 6/6 Plus向けクーラーケースを発売。(2015/6/16)

新技術:
光が表面を散乱せずに伝わるフォトニック結晶を発見、シリコンで実現可能
物質・材料研究機構(NIMS)国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(MANA)の古月暁主任研究員らは、フォトニック結晶において光が表面のみを散乱せずに伝わる新しい原理を解明した。このフォトニクス結晶は、シリコンのみで実現することが可能であり、既存の半導体技術との融合により、新機能デバイスの開発につながる可能性を示した。(2015/6/10)

5分でわかる最新キーワード解説:
セキュアなIoT実現に新機軸「LSI個体差暗号技術」
LSIにも指紋のような個別特徴があり、それを利用すると周到なサイドチャネル攻撃でも内部情報を窃取されることのない暗号システムが実現します。IoT時代のセキュアな暗号化通信にコンパクトで無駄のないチップで貢献する可能性を秘めた、画期的な暗号技術の誕生です。(2015/6/2)

電気自動車:
電気自動車用ワイヤレス給電器を小型化、高調波抑制フィルタを新開発
日本電業工作は、電気自動車(EV)用無線充電(ワイヤレス給電)器向けの高調波抑制フィルタを新たに開発した。同社の従来品と比べて、容積比で30%減、発熱による温度上昇を40K以下に抑えたことが特徴。同フィルタを応用した製品を2015年夏にリリースする予定だ。(2015/4/27)

前田真一の最新実装技術あれこれ塾:
第31回 損失
実装分野の最新技術を分かりやすく紹介する前田真一氏の連載「最新実装技術あれこれ塾」。第31回は、信号が伝送線路を伝播するとき、信号の一部が熱となり信号のエネルギーの一部が失われてしまう「損失」について取り上げる。(2015/4/1)

新技術:
光通信デバイスに「透磁率」の概念導入、光変調器を1/100程度に小型化可能
東京工業大学(東工大)、理化学研究所、岡山大学の研究グループは、光通信デバイスの開発において、これまでの「誘電率」制御に加えて、「透磁率」制御の概念を導入することに成功した。これまでより極めて小さく、高性能なデバイスを実現することが可能となる。(2015/3/26)

アインシュタイン提唱の「物理学の100年論争」が決着!:
量子の非局所性の厳密検証に成功――新方式の量子コンピュータにも道
東京大学 教授の古澤明氏らの研究チームは2015年3月、約100年前にアインシュタインが提唱した「量子(光子)の非局所性」を世界で初めて厳密に検証したと発表した。検証に用いた技術は、「新方式の超高速量子暗号や超高効率量子コンピュータへの応用が可能」(古澤氏)とする。(2015/3/24)

ウェアラブル:
ウェアラブル製品の規制対応と課題
市場拡大が見込まれるウェアラブル機器市場だが、“携帯”から“装着”に変わることで利便性と同時にリスクも増大する。本稿では、こうしたウェアラブル製品に対するリスクと規制の現状および課題について解説する。(2015/3/24)

国民生活センター、電子レンジの汚れや食べカス付着で発煙や発火のおそれ
食品の加熱しすぎでも。(2015/3/20)

無線通信技術:
部屋に入るとスマホを自動で充電、赤外線LEDを使ったワイヤレス給電
イスラエルの新興企業Wi-Chargeは、「MWC 2015」で、赤外線LEDを使用した家電/モバイル機器向けのワイヤレス給電技術を紹介した。位置合わせの自由度が高い給電技術として、既存のワイヤレス給電技術との共存を狙う。(2015/3/12)

サンワサプライ、背面カバーを開いてICカードを入れ替えられるPhone 6向けケースを発売
サンワサプライが、ICカードを収納できるiPhone 6向けケースを発売。背面カバーを開いて簡単に入れ替えられるほか、縦・横向きスタンド機能も備えている。(2015/2/24)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。