ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「経営のヒントになる1冊」最新記事一覧

経営のヒントになる1冊:
スタウトに込められた情熱の歴史――「ギネスの哲学」
福利厚生の一環として独身社員にデート代を補助する、それがギネスビールを作り出している会社の経営方針なのだ。(2012/4/21)

経営のヒントになる1冊:
気鋭の歴史家に学ぶ――「失われた20世紀」
米国の論壇などで活躍した歴史家、トニー・ジャットが見た20世紀とは……。(2012/4/7)

経営のヒントになる1冊:
“超高齢化社会”日本を救うすべはあるのか
25年後には、3人で1人の高齢者を支える社会になる日本。そうした状況が抱えるさまざま問題に対し、解決手段として注目を集めているものとは。(2012/2/13)

経営のヒントになる1冊:
真偽を見極めろ――「リーダーシップ 6つの試練」
古今東西、リーダーシップの重要性が叫ばれている。しかしながら、あらゆるリーダーシップが正しいわけではないという。その理由とは?(2011/10/15)

経営のヒントになる1冊:
成功プロジェクトを支える――「NASAのチームビルディング」
チャールズ・J・ペレリン博士が提唱する組織のチームビルディング手法「4-Dシステム」。これがNASAでの多数のプロジェクトの基盤となっているのだ。(2011/10/1)

経営のヒントになる1冊:
未来志向で前進せよ――「スターバックス再生物語」
日本では破竹の勢いで事業を拡大しているスターバックスだが、実は数年前、米国では大規模に店舗閉鎖を断行するなど厳しい経営状態に陥っていた。いかにして再生を図っていったのだろうか。(2011/5/28)

経営のヒントになる1冊:
先駆者から学べ――「中国進出 最強のプロフェッショナル50人」
「世界の工場」から「世界のマーケット」に変貌を遂げた中国。市場参入による成功のチャンスがあふれている一方で、リスクも極めて高い。日本企業はどう戦っていくべきだろうか。(2011/3/12)

経営のヒントになる1冊:
やるべきことを100分の1にする――「イシューからはじめよ」
あなたが問題だと思っている多くの事柄は、果たして本当に解くべき“真の問題”といえるのだろうか。(2011/2/11)

経営のヒントになる1冊:
セクシーさこそがZARAの経営哲学――「世界中を虜にする企業」
魅力溢れる会社は、情熱やセクシーさといった人間的な要素によって顧客や社員を虜にする――。(2011/2/5)

経営のヒントになる1冊:
真のプロの姿勢から学ぶ――「仕事に幸せを感じる働き方」
著者はこれまでに3000人以上の転職希望者と会ったものの、この先に成功すると感じたのはわずか10人に過ぎなかったという。その理由とは何か。(2010/12/23)

経営のヒントになる1冊:
体験をムダにしない――「人生は1冊のノートにまとめなさい」
強く心に刻もうとした体験であっても、時間が経つとともに風化してしまう。そうしたムダを防ぐためにお勧めするのが「ライフログ」の活用だ。(2010/12/4)

経営のヒントになる1冊:
負からの開放――「生きるための哲学 ニーチェ[超]入門」
あなたは、ニーチェに対して、「暗くて」「難解な」イメージを持ってはいないか。(2010/11/20)

経営のヒントになる1冊:
ワインを知り、経営戦略を知る――「葡萄酒の戦略」
各国ワインの戦略モデルなどについて、経営コンサルタントがビジネス戦略の視点から多面的に考察していく。(2010/11/6)

経営のヒントになる1冊:
人間の本質――「ニーチェの言葉」
なぜ今、ニーチェが脚光を浴びるのか。(2010/6/21)

経営のヒントになる1冊:
歴史の空白に挑む――「文革 南京大学14人の証言」
1966年から10年間続いた中国の動乱「文化大革命」。誰も正面から語ってこなかった闇に光を当てる。(2010/3/6)

経営のヒントになる1冊:
真の問題とは何か――「論点思考」
企業は数え切れないほど多くの問題を抱えており、それらをすべて解決するのは困難である。重要なのは企業にとって真の問題を見極め、それに対して施策を打っていくことである。(2010/2/27)

経営のヒントになる1冊:
「大和魂」を武器に世界へ挑め――「生き残るSE」
若くて優秀なSEがインドや中国などで大量に育つ中、技術に固執するだけの日本のSEに未来はない。日本のお家芸である組織力を最大限に生かした働き方が求められているのだ。(2010/2/14)

経営のヒントになる1冊:
旧態依然とした営業現場にメスを――「ハイブリッドセールス戦略」
経営環境の変化により、製造、流通、バックオフィスの業務改革が着実に進む中、唯一取り残されているのがB2Bの営業現場だ。「気合、根性、経験」の属人的3K営業手法から脱却するための施策はあるのか。(2009/12/28)

経営のヒントになる1冊:
缶入りコーヒーはこうして生まれた――「コカ・コーラに挑んだ男」
缶入りコーヒー、冷温兼用自販機、ビタミンCキャンディーなど、次々と斬新な商品を世に送り出してきたポッカコーポレーションの創業者、谷田利章氏のアイデアの源泉に迫る。(2009/11/14)

経営のヒントになる1冊:
然るべき模範に――「ヨーロッパ戦後史」
混沌とする社会情勢において全世界が優れた先導者を求めている。この21世紀をけん引するのは誰か。アメリカでも中国でもない、ほかならぬヨーロッパである。(2009/11/7)

経営のヒントになる1冊:
欧州随一の指導者に学ぶ――「モウリーニョの流儀」
選手として名声を得ることはなかったが、サッカー監督としていくつもの輝かしい功績を作り出し、ついにはヨーロッパ最高峰まで登りつめた若き指導者・モウリーニョ。彼のリーダーシップから学ぶべき点は多い。(2009/10/24)

経営のヒントになる1冊:
プッシュ型では通用しない――「頭のいい人脈の作り方」
「人脈は重要だ」と考えているビジネスマンは多いが、果たしてどれだけの人が戦略的に人脈を形成しているのだろうか?(2009/7/25)

経営のヒントになる1冊:
15坪の個人店が示す未来――「新宿駅最後の小さなお店ベルク」
新宿駅前の激戦区で奮闘する飲食店「ベルク」。店長の井野さんはこれからの時代は中小企業にチャンスがあると述べている。(2009/7/18)

経営のヒントになる1冊:
経営理論を体系化せよ――「経営戦略 ケーススタディ」
著名な学者たちは自説を中心に理論を展開するので、さまざまな理論を体系的に把握していなければ、ある特定の理論が経営戦略論のすべてだという勘違いを起こしかねない。(2009/7/4)

経営のヒントになる1冊:
あなたにとって大切なものは何ですか――「日々の100」
必ずしも高級品だけが価値のあるものだとは限らない。有名な陶器も異国の路上で偶然見つけたメモ書きも人によっては等しく価値があるという。(2009/6/27)

経営のヒントになる1冊:
心の対話を交わし続ける――「わが子を経営者に育てる17の極意」
経営者二世に足りないもの、それは経営に関する能力や資質ではなく、本人の気付きや自信にほかならないという。(2009/6/20)

経営のヒントになる1冊:
70年代を壮絶に生きた者たちへ――「歳月の鉛」
三島由紀夫の割腹自殺、あさま山荘事件の勃発、金脈問題による田中角栄の辞任……。激動の1970年代を東大で過ごした著者・四方田犬彦が見てきたものとは?(2009/6/13)

経営のヒントになる1冊:
国際競争力の源泉を探る――「国際競争力の経営史」
なぜ国際競争力の違いは生まれるのか。世界規模での市場主義の台頭、グローバル競争の激化、加えて現在も進行を続ける金融危機に立ち向かう上で、これを知ることは重要であるに違いない。(2009/5/29)

経営のヒントになる1冊:
世界大不況を打ち破る鍵――「日本 米国 中国 団塊の世代」
米国、中国と比べて恵まれた存在といえる日本の団塊の世代。著者の一人である堺屋太一氏は、現在直面している不況から日本経済を回復させるには、これまで積み重ねてきた彼らの経験が不可欠だと強調する。(2009/5/16)

経営のヒントになる1冊:
答えは東京以外にある――「洋菓子の経営学」
日本一の洋菓子店密度を誇る街で、5年連続の右肩上がり。それを可能にしている要因は何か。「神戸スウィーツ」に学ぶ地場産業育成の戦略。(2009/5/11)

経営のヒントになる1冊:
夫婦の強いきずながあってこそ――「ミシェル・オバマ 素顔のファーストレディ」
米国史上で最も優秀なキャリアを持つ大統領夫人(ファーストレディ)となったミシェル・オバマ。プリンストン大学に入学以降、エリートコースをひた走っていた彼女の人生を大きく変えたのがオバマとの出会いだった。無論、オバマも同様である。(2009/5/2)

経営のヒントになる1冊:
遊び心なくして鋭い洞察は提供できず――「世界大不況からの脱出」
ノーベル経済学賞に輝いたポール・クルーグマンは「遊び心のない人々は、経済学だろうとほかの分野だろうと、新鮮な洞察を提供することはできない」と語る。(2009/4/25)

経営のヒントになる1冊:
日本が世界をリードするための施策――「グリーン革命」
人類が永続的に豊かな生活を享受するためには、地球の環境対策は待ったなしの状況である。オバマ米大統領の「グリーン・ニューディール政策」をはじめ、世界各国の首脳が躍起になって取り組んでいる。エコ技術で世界の半歩先を行く日本はこの追い風をものにしたいところだ。(2009/4/18)

経営のヒントになる1冊:
粒度の高い経営戦略を――「マッキンゼー式 最強の成長戦略」
多くの企業はビジネスチャンスを大雑把にとらえており、それが成長の足かせとなってしまっている。実像を正確に把握し、粒度の高い経営戦略を打ち出すことが不況下の今求められている。(2009/4/11)

経営のヒントになる1冊:
最強の資源に育て上げろ――「コメ国富論」
日本人の主食であるコメを取り巻く環境は深刻さを増している。農業の“ムラ社会”化が状況の悪化を加速させる。今こそ広く門戸を開放し、外部から刺激を受け入れ、潜在的な生産力を高めるべきであろう。(2009/4/4)

経営のヒントになる1冊:
息苦しさに悩む社員たち――「ギスギスした職場はなぜ変わらないのか」
自分の出世のことしか考えない社員。社員同士の会話もなく連絡手段はすべてメール。困っている人がいても見て見ぬふり。こうしたギスギスした職場に悩みを抱える人は多い。(2009/3/28)

経営のヒントになる1冊:
組織に奉仕し利益を生み出す――「サーバントリーダーシップ」
部下や組織に対して思いやりや奉仕の気持ちを持って行動する、そうしたリーダーがいま求められているという。(2009/3/14)

経営のヒントになる1冊:
知られざる素顔に迫る――「アメリカ大恐慌」
ローズヴェルト大統領のニューディール政策を激しく批判する米国のある女性ジャーナリスト。その背景にある理由とは。世界恐慌の素顔に迫る。(2009/3/7)

経営のヒントになる1冊:
今の日本政治に多大な示唆――「大恐慌を駆け抜けた男 高橋是清」
積極的な財政政策により「日本のケインズ」と呼ばれる一方で、その容姿から「ダルマ宰相」と親しまれた高橋是清。戦時中、日本を守るために命懸けで軍部と闘った勇姿に学ぶべき点は多い。(2009/2/28)

経営のヒントになる1冊:
半世紀経っても廃れない魅力――「Helvetica forever」
さまざまな企業ロゴやポスターに用いられるなど、多くの日本人に愛されてやまない書体、ヘルベチカ。誕生して50年経った今も失うことのない魅力の源は何か。(2009/2/11)

経営のヒントになる1冊:
労働者の権利を問う――「語られなかった敗者の国鉄改革」
国鉄が分割民営化して20年以上経つ。かつては日本を揺るがすほどの盛り上がりをみせていた労働者運動も、「国鉄崩壊」と時を同じくして衰退していった。その歴史の裏側にはいかなる攻防があったのか。(2009/1/24)

経営のヒントになる1冊:
あらゆる戦略立案に通じる――「ランチェスター思考 競争戦略の基礎」
航空工学者のランチェスターによる軍事作戦の方程式「ランチェスターの法則」が世に提起されて間もなく100年になる。これを基に考案された経営戦略理論は、松下幸之助をはじめ日本の多くの経営者に支持されたという。(2009/1/10)

経営のヒントになる1冊:
若年世代の流出をどう防ぐか――「若い人財を辞めさせない」
少子高齢化が進むことで、日本企業では若くて優秀な人材の確保がますます困難になってくる。一方で「3年3割」という言葉が象徴するように若手社員の離職率は高い。今いる社員の流出をいかに防ぐかが企業にとって重要な鍵となる。(2008/12/27)

経営のヒントになる1冊:
100年に1度の危機は本当か――「大暴落1929」
初版の発行から50年以上も経つ本書は、世の中が不況や景気悪化になると、きまって売れ行きが伸びるという。今回の経済危機においても同様で、麻生首相も1冊購入したそうだ。(2008/12/20)

経営のヒントになる1冊:
経営者とIT部門の対話を活性化させる――「強いIT戦略」
ITはしょせん道具でしかなく、それだけでは何らビジネス効果を生み出さない。ITに経営の意思を注ぎ込むことで、初めてビジネスを動かす“武器”になる。(2008/12/13)

経営のヒントになる1冊:
過去の偉人に学べ――「軍師の生きざま」
群雄割拠の乱世において、知略を持って国の礎を支えた策士たちの生涯から、混沌とする現代社会を生き抜くためのヒントを学ぶ。(2008/12/6)

経営のヒントになる1冊:
日本の製造業が世界で勝ち抜くためには――「地球企業への変革」
従来のようにグローバル対応と現地化をやみくもに進めていては、より激化するグローバルでの企業競争に勝機はない。(2008/11/22)

経営のヒントになる1冊:
来るべき企業再編に備えよ――「M&Aにおけるプライシングの実務」
日本企業による海外企業のM&A総額は2008年1〜10月の累計で過去最高の約6兆6700億円に達するなど、業界問わず企業の買収、統合が活発だ。裏を返せば多くの企業がM&Aの対象になり得る可能性も高まっている。(2008/11/15)

経営のヒントになる1冊:
ビジネス手法の見直しを――「いま起こりつつある“かすかな兆候”を見逃すな!」
経営者が知っておくべき経営手法やアイデアを、明日に備えて今考えるべき5つの戦略から引き出す。(2008/11/8)

経営のヒントになる1冊:
3つの世界を制するものが市場を制する――「戦略学―立体的戦略の原理」
「値段が安く品質も高いのにどうして売れないのだろう?」――こうした戦略の不条理に陥らないための施策とは……?(2008/11/1)

経営のヒントになる1冊:
キャリア形成の道しるべに――「外資系トップの仕事力II」
ボストン コンサルティング、ポルシェ ジャパン、マイクロソフトなど外資系企業の社長の人物像やキャリアをひもとくことで、改めて仕事の本質を見つめ直す契機になるという。(2008/10/25)

経営のヒントになる1冊:
一貫性なくしてビジネスに勝機なし――「経営の真髄」
業務の優先順位付けやリソース配分などが苦手とされる日本のビジネスマン。企業に必要な基礎コンセプトは理解しているものの、経営全体を把握して一貫性のある行動をとらないが故に失敗するという。(2008/10/18)

経営のヒントになる1冊:
速読のための筋肉を鍛える――「フォーカス・リーディング」
仕事が忙しくて時間がない、それでも本をたくさん読みたい。そんなビジネスマンが習得しておきたいスキルが「速読」だ。本を速く読むためには体を使ったトレーニングが必要だという。(2008/9/27)

経営のヒントになる1冊【番外編】:
ビジネス書ランキング BEST10――丸善本店 08年8月
ビジネス書籍の売れ筋ランキングベスト10。丸善 丸の内本店調べ。(2008/9/22)

経営のヒントになる1冊:
現代社会のあり方を問う――「暴走する資本主義」
70年代を境に世界で資本主義が強大になるにつれ、消費者としてのわれわれの声は大きくなった。一方で民主主義は崩壊しつつあり、もはや政治は民意を反映しなくなったという。(2008/9/20)

経営のヒントになる1冊:
日本人の意欲減退に警鐘を鳴らす――「意欲格差」
精神科医の和田秀樹氏によると、格差社会の根底にあるのは「意欲」の違いだという。とりわけ日本人の意欲は海外諸国と比べて低く、このままでは日本が没落しかねないと懸念する。(2008/9/6)

経営のヒントになる1冊:
能力や学歴ではなく価値観の共有に注目――「辞めない採用、即戦力の育成で儲かる会社になる!」
新卒の売り手市場といわれる採用環境の中、苦労して優秀な人材を採ったのにすぐに辞められてしまった、と嘆く企業も多いだろう。辞めない社員をつくるにはどうすればいいのだろうか。(2008/8/30)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。