ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ファンタテニス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ファンタテニス」に関する情報が集まったページです。

今度は「ファンタテニス」できゅんきゅんしちゃいますぅ
「ファンタテニス」のイメージガールに、葉月あこさんが就任。そのごあいさつと言うことで、編集部にいらっしゃいました。(2008/5/8)

Lievoでのサービス開始から一周年――「ファンタテニス」記念キャンペーンを実施
(2008/4/24)

インラインスケートで爆走する?――「Street Gears」をプレ体験してきました
4月30日からのクローズドβテストが予定されている「Street Gears」は、インラインスケートをテーマとするオンライン対戦ゲームだ。今回、日本での運営を担当するガーラを訪問し、βテスト前のメディア向け先行プレイを体験してきたので、その内容について、ここで紹介しよう。(2008/4/4)

「ファンタテニス」初心者応援キャンペーンを実施
(2008/4/3)

「じっくりゲーム」31タイトル合同イベント開催――ハンゲーム
(2008/3/27)

GMも登場――「ファンタテニス」ホワイトデーイベント
(2008/3/6)

男女ペアで試合をすると獲得経験値が2倍に――ファンタテニス
(2008/2/7)

カジュアルテニス「ファンタテニス」、ハンゲームで提供開始
(2008/1/24)

「ファンタテニス」、獲得経験値&ゴールドが2倍になるキャンペーン
(2007/12/20)

「ファンタテニス」、正式サービス1周年キャンペーンとクリスマスイベントを開催
(2007/12/14)

「ファンタテニス」でクラブチャット機能を実装。ハロウィンイベントも
(2007/10/25)

「Lievo 1st アニバーサリー」でイメージガールのゲームイベントを開催
(2007/10/19)

ファンタテニス、「バトルモンモード」と「ハウジンググレードアップ機能」を実装――記念キャンペーンも実施
(2007/10/19)

対戦前の練習にいかが?――「ファンタテニス」、シングルモードを実装
(2007/10/5)

ユーザーの要望を取り入れてコミュニケーション機能を強化――「ファンタテニス」
9月から4連続大型アップデートが実施されている「ファンタテニス」。これまで導入された機能の詳細と今後の展開について、ソリッドネットワークスの人に話を聞いてみた。(2007/9/28)

テクモ、東京ゲームショウ2007出展タイトル&イベントスケジュールを発表
(2007/9/13)

「ファンタテニス」、クラブシステム実装記念キャンペーンを開催
(2007/9/7)

大規模システムアップデートを4回にわたって開催――「ファンタテニス」
(2007/9/3)

「ファンタテニス」でサマーカーニバル第1弾開催。限定ハウジングアイテムプレゼントも
(2007/8/9)

「ファンタテニス」でハウジングアイテムがもらえる「星に願いを・・・」イベントを開催
(2007/7/5)

ネクソンジャパン、「ファンタテニス」のサービスを開始
(2007/6/21)

GMとミックスダブルスで対戦。勝利すると……?――「ファンタテニス」
(2007/6/8)

ファンタテニスが「ウェブリブログ」ブログテンプレートに――「GASH」
(2007/6/5)

ガマニア、「ファンタテニス」の掲示板を公開
(2007/1/26)

「ファンタテニス」サービス開始記念プレゼントキャンペーン――「アットゲームズ」
(2006/12/22)

GASH、「ファンタテニス」正式サービス開始記念キャンペーン
(2006/12/21)

ワンセグチューナーやゲームパッドをプレゼント――GASH、「ファンタテニス」のオープンβテスト開始記念キャンペーン
(2006/12/14)

@games、「ファンタテニス」オープンβサービス記念プレゼントキャンペーン開催
(2006/12/14)

テニスとファンタジーが融合?!――「ファンタテニス」オープンβテスト開始
ソリッドネットワークスがサービスするオンラインアクションスポーツゲーム「ファンタテニス」。このオープンβテストが、本日午後3時から開始される。プレス向けの説明会が開催されたので、改めてどのようなゲームなのかご紹介しよう。(2006/12/14)

@games、「ファンタテニス」先行クローズドβテスターを2000人追加
(2006/11/10)

「ファンタテニス」先行クローズドβテスターを抽選で5000名募集
(2006/11/7)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。