ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「花見」最新記事一覧

ポケモンGOの聖地?「鶴舞公園」にポケモントレーナー多数集結中
名古屋市に本拠地を置くMACお宝鑑定団によるPokemon GO「聖地」レポート。(2016/7/25)

新宿御苑が「ポケモンの巣」に――「Pokemon GO」配信後初の週末、公園は大混雑 「花見の時期と同じくらい」
「Pokemon GO」国内配信後に初めて迎えた週末、都内の公園は大混雑に。どれほどの混雑だったのか――ネット上で「ポケモンの巣」と呼ばれる公園に行ってみた。(2016/7/25)

日本上陸「Pokemon GO」を初プレイ 謎のポケストップが大量出現中? その正体は……
日本で“解禁”された「Pokemon GO」を初プレイ。街中にあふれる大量のポケストップの正体は……?(追記あり)(2016/7/22)

世界を「数字」で回してみよう(32) 人身事故:
だから減らない? 鉄道への飛び込みは“お手軽”か
このシリーズを始めて以来、「鉄道を使った自殺は、他の自殺より“軽い”ような気がする」という印象を拭えずにいます。そこで今回、なぜ“軽い”と感じるのか、それを具体的に検討してみました。(2016/7/19)

記憶力が悪い人工知能ロボットを発見
分かってる。Pepperに悪気がないことくらい。(2016/7/10)

「街は中国人だらけ」なのに……家電・ブランド店ガラガラ 爆買いバブルは終わったのか
中国人観光客らの「爆買い」の中心地、大阪・ミナミの商店街。訪問客は増えているのに、家電・ブランド品の販売店や百貨店の高額品売り場で客足が途絶えている。なぜか。(2016/7/5)

“爆買いバブル”は終わったのか 家電・ブランド品の高級店ガラガラ
中国人観光客らが多い大阪・ミナミの商店街で「異変」が起きている。訪問客は増えているのに、家電・ブランド品の販売店や百貨店の高額品売り場で客足が途絶えているのだ。(2016/6/28)

あふれるダム愛が決壊寸前!? 国交省の異色サイト「ダムコレクション」、完成までにファンと歩んだ9年間
「どう見てもダムファンが作ったとしか思えない」――国交省が今年3月に公開した“ダム好き”のための情報サイト「ダムコレクション」が話題だ。その開設に至るまでには9年来の思いがあったという。(2016/6/24)

SHOWCASE:
札幌のオシャレなiPhoneケース屋さんの暇つぶし アプリ紹介編「筋肉兄貴の幅跳び!」
コアなファンが多い【ぴっぴの筋肉シリーズ】第4弾の今回は、「筋肉兄貴の幅跳び!」を紹介します。とにかく連打をして幅跳びをします。あぁ……、マッチョさんのたくましいお背中…今回もステキです。(2016/6/10)

芋洗坂係長、母の死去ブログで報告 「熊本地震のショックで急性心筋梗塞」
「あまりにも急な別れを受け容れられず絶望と後悔の日々」(2016/6/1)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(11):
PR:脳が辞めたがってるんだ!!!
梧籐 剛(ごとう ごう)、27歳。7次請けIT企業でアンドロイド駆動開発プロジェクトのマネジャーに従事しています。仕事が忙し過ぎて会社を辞めたいのに、なぜか先を越されそうな予感……。(2016/6/1)

PR:Surfaceでキャンパスライフはどう変わる? 「キラキラ女子大生」「理系男子」が2週間試してみた
勉強も遊びも充実させたい大学生にとって、ノートPCやタブレットはマストアイテム。だが、両方購入するのはハードルが高い。そんな大学生にお薦めしたいのが「Surface 3」と「Surface Pro 4」だ。(2016/5/25)

セキュリティ、いまさら聞いてもいいですか?(8):
なぜ、GPSをオフにしても「位置情報」が取得できるの?――最低限押さえておくべき位置情報取得の仕組み
セキュリティ関連のキーワード関する“素朴な疑問”を解消する本連載。第8回では、「位置情報」をテーマに、スマホアプリなどが端末の位置情報を取得する仕組みを解説します。(2016/5/18)

ぬいぐるみだってお泊まりしたい! ぬいぐるみのためのカフェサービス「やわらかん’s cafe」なぜ人気?
ぬいぐるみを大切にする“ヌイグルミスト”が笑顔になれる場所、ぬいぐるみカフェ。(2016/4/25)

姫路駅名物:
うどんでも日本そばでもない――終戦後から創意工夫を重ねた「えきそば」 
1日10万人弱の乗降客が行き交うJR姫路駅。電車を降りてすぐに目に入るのが「えきそば」の文字。戦後の混乱期から現在に至るまで、駅の利用客から愛され続けてきた「姫路のソウルフード」だ。(2016/4/22)

3月の訪日客、200万人超え 単月で過去最高
3月の訪日外国人客数は200万9500人で、単月として過去最高だった。(2016/4/21)

本田圭佑が自粛ムードを批判 「自粛どころか積極的にやるべき」の意見に賛同する声多数
他の著名人からも自粛ムードを批判する声が多数挙がっています。(2016/4/18)

マネーの達人:
友達までできる?! 今どきの代行サービスがスゴイ 
「代行サービス」というのをご存じでしょうか? 現在では家事代行、運転代行、買い物代行などがよく知られています。今回は、バリエーション豊かになった現在の代行サービスについて紹介します。(2016/4/18)

司書メイドの同人誌レビューノート:
みりんと炭酸水でコーラの味に? 17種のみりんを飲み比べたレビュー本で新たな扉が開けそう
みりん粕は隠れた大人スイーツかも。(2016/4/17)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
あの史実が明らかになったのは最近だった! まだまだ謎多き上田城
真田昌幸が居城とした信州・上田城。この城は何とっても攻め込んできた徳川軍を2度にわたり退けたことで有名です。実はいまだに謎が多い城のようです。(2016/4/9)

桐谷美玲、Seventeenメンバーと桜の下で再会 花を見るか、華を見るか、それが問題だ
だってだってもっとお花見したいよ!(2016/4/7)

396(さくら)個限定で873(はなみ)円に:
Spigen、Amazonストアで「Spiring Rose」を開催 iPhone 6s/6s Plus用「タフ・アーマー」を特別割引
Spigenが、Amazoストア限定でiPhone 6s/6s Plus用耐衝撃ケースの特別割引イベントを実施する。桜の季節にちなんで、396(さくら)個限定で873(はなみ)円で販売するという。(2016/4/4)

司書メイドの同人誌レビューノート:
お花見専用から手動のいかだまで 東北の「渡し船」体験をリポートした同人誌に人々の暮らしを感じる
らんます屋さんの「水を越えて〜渡船にゆられて〜 第7巻東北の渡し船+α」をご紹介。(2016/4/3)

俳優、声優、お笑い芸人―― 芸能人のエイプリルフールまとめ
なんだかんだ皆この日が好き。(2016/4/1)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(10):
PR:アンドロイド(人型の)開発から、アンドロイド(人型の)による開発へ!
ボク、梧籐 剛(ごとう ごう)、27歳。7次請けIT企業でアンドロイド(ただし人型の)を開発しています。「退職したい」と会社に言い続けていたら、なぜか昇進しちゃいました。(2016/4/1)

ヒノキ花粉、これからピークに 有効策はワセリン塗布?
ヒノキ花粉の飛散数が、西日本や東日本でこれからピークに。ワセリンを使った効果的な対策をご紹介します。(2016/3/31)

「花見の場所取り」で建設大手・日揮に苦情 広場の大半を5日間にわたり占拠 批判受けて謝罪・撤退へ
ネット上では場所取りをしていた企業に非難が相次ぐ形に。(2016/3/30)

週刊「調査のチカラ」:
「爆花見」需要が急増、訪日中国人に日本の桜が大人気
ドローンビジネス市場の展望からシニアの労働観、主婦のネットショッピング事情にインバウンド花見の予測まで、今週も気になる調査データを集めました。(2016/3/26)

2016年4月30日まで開催:
「おそ松さん×ナナナ」コラボ企画にARアプリ「COCOAR2」を活用
スターティアラボのARアプリ「COCOAR2」が、テレビ東京とアニメ「おそ松さん」のコラボ企画で2016年4月30日まで活用される。(2016/3/25)

お花見に欠かせない食べ物――地域によって違い
お花見に欠かせない食べ物は何ですか? 全国の男女に聞いたところ、地域によって違いがでた。ウェザーニューズ調べ。(2016/3/24)

桜前線上陸、満開までは少し足踏み? 日本気象協会発表
日本気象協会が桜の開花・満開予想を発表しました。週末にかけ寒さが戻るため、満開に向けて長く桜を楽しめそうです。(2016/3/23)

タイムアウト東京のオススメ:
東京の春を謳歌する
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2016/3/22)

東京でサクラ開花 関東でトップ
3月21日、東京都心でサクラ(ソメイヨシノ)が開花しました。関東ではトップです。平年より5日早く、昨年より2日早い開花です。(2016/3/21)

週刊「調査のチカラ」:
SNSで「昔の恋人」を探したことはありますか?
スマホゲームの市場規模からフィンテック市場の成長予測、職場でのお花見にSNSでの昔の恋人探しと、ビジネスからプライベートまで、今週も気になる調査データを集めました。(2016/3/19)

3連休に桜開花 お花見は計画的に?
3連休には桜前線がスタート。3月20日には名古屋や宇和島、21日には東京や岐阜で開花する見込みです。(2016/3/16)

芋洗坂係長も出演:
Yahoo! JAPANと電通、都営大江戸線六本木駅のデジタルサイネージでリアルタイムコンテンツの配信実験
ヤフーと電通は共同で、ヤフーが自社サービス上で提供する生活者に関心の高い旬なコンテンツを、ほぼリアルタイムでデジタルサイネージに自動配信する実証実験を開始した。(2016/3/14)

週刊「調査のチカラ」:
ホワイトデーに男子の手作りスイーツでお返しはアリ?
「保育園落ちた」にまつわる調査からネットショッピング、卒業ソングにホワイトデーまで、今週も幅広い話題をお届けします。(2016/3/12)

桜の開花・満開予想、日本気象協会が発表 平年並みか少し早め
日本気象協会が桜の開花予想を発表。平年並みか少し早いところが多いようです。(2016/3/2)

360度動画で”バーチャルお花見”――サントリー「金麦」のキャンペーン
360度動画を使った”バーチャルお花見プロモーション”をサントリー「金麦」が開始。第1弾コンテンツは、早咲き桜の名所、沖縄県今帰仁(なきじん)城跡と静岡河津町の桜並木。(2016/3/1)

今春のTwitterの盛り上がりを味方につける:
Twitter Japan、マーケティングに役立つ「#春のツイート予想」を発表
Twitter Japanは2016年2月29日、「#春のツイート予想」として、2015年春によくツイートされていた話題・フレーズをまとめ、発表した。(2016/3/1)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(9):
PR:せんぱい! わたしがゴールじゃダメなんですか!
ボク、梧籐 剛(ごとう ごう)、27歳。7次請けIT企業でアンドロイド(ただし人型の)を開発しています。職場が激務で退職したいのに、美人上司と可愛い過ぎる後輩の引き留めにあって、正直ツラいんです。(2016/2/1)

覚醒したゴンさんを木彫で再現 ニコニコ美術部に野生のゼパイルが現れる
ゴン……なのか……!?(2016/1/25)

司書メイドの同人誌レビューノート:
就活を機に散髪→どうせならマゲ結ってみるか 一部始終を収録した同人誌にほっこりする
お相撲さんに見守られる中、床山さんに仕上げてもらったそう。(2016/1/24)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(8):
PR:彼女が浴衣に着替えたら……ぼく、困っちゃう!!
梧籐 剛(ごとう ごう)、27歳。7次請けIT企業で働くITエンジニア。転職を決意するも、美人上司と可愛い過ぎる後輩にあの手この手で阻止されて、今日もアンドロイド開発(ただし人型の)にいそしんでいます。(2015/12/1)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(7):
PR:せんぱい! せまーい密室で二人きりになりませんか?
梧籐 剛(ごとう ごう)、27歳。7次請けIT企業で働くITエンジニア。転職を決意するも、美人上司と可愛い過ぎる後輩にあの手この手で阻止されて、今日もアンドロイド開発にいそしんでいます。(2015/10/1)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(6):
PR:右手に椎子、左手にリナ。僕、ほんとはしあわせなんじゃ……
僕、梧籐 剛(ごとう ごう)。美人上司と可愛い過ぎる後輩と7次請けIT企業で働くITエンジニア。トラブルシューティングざんまいの日々に嫌気がさして転職したいのだけれど、なぜかずーーーーっと退職できないんだ。(2015/7/31)

中国“アルファバイヤー”による爆買いで日本はかき回される
春節が過ぎても中国人による爆買いは止まらない。観光客ではない「アルファバイヤー」による爆買いの裏にあるものとは──現地事情に詳しい山谷氏がリポート。(2015/7/9)

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない(5):
PR:「false」を返すと「null」で上書きする、そんな上司と働いています
美人上司と可愛い過ぎる後輩と7次請けIT企業に勤務するITエンジニア、梧籐 剛(ごとう ごう)。日々の努力が認められ、念願の基本設計に携わることになったような、なってないような……。(2015/6/1)

Gartner Column:
デジタル時代におけるCIOの役割とは何か?
デジタルテクノロジによって、自社のビジネスが脅威にさらされる危険性を察知し、チャンスへと変えることができれば企業を成長へと導く。デジタルの「脅威」と「チャンス」を知らせるのは誰の責任か?(2015/5/11)

15年3月の百貨店売上高、前年比19.7%減 日本百貨店協会調べ
2015年3月の全国百貨店の売上高は5441億9294万円で前年同月比19.7%減と大幅な減少に。昨年3月の消費税増税による駆け込み需要の反動が要因という。(2015/4/23)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。