ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「花見」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「花見」に関する情報が集まったページです。

ミッツ、マツコとの12年前の2ショットを公開 「悔しいけれど若い」
品を感じる1枚。(2018/6/20)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
近鉄のフリーゲージトレインは「第2の名阪特急」になる?
長崎新幹線のフリーゲージトレイン(軌間可変列車)採用は消えたが、近鉄が開発に積極的な姿勢を見せている。新幹線でなくても、この技術は役に立つ。なぜかというと……(2018/6/15)

【追補編】真説・人工知能に関する12の誤解(19):
人工知能が絶対にできないこと――AI研究の難問「フレーム問題」を考える
「データがあれば人工知能は正しい判断をしてくれる」。そう思う人は多いですが、一方で人工知能ができないこと、苦手とすることもあるのです。今回は、人工知能を扱う上で重要な難問である「フレーム問題」についてお話しします。(2018/5/24)

てへペロのお顔もかわいい アイドル並みのポージングを披露するハリネズミさん
ビーチでの撮影です。(2018/5/17)

どこを見ても美女だらけ! 「チア☆ダン」土屋太鳳、朝比奈彩らの女子会が「可愛いの極み」
先生(オダギリジョーさん)は来ないのかな。(2018/5/11)

おまとめ こぐまのケーキ屋さん:
ぴんくいろの…ゆきみたいですね! こぐまのケーキ屋さん(21)「おはなみにいきましょう」
桜の花びらが「はらはら」落ちると店長も「はらはら」するお花見です。(2018/5/6)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「昭和の喫茶店」が廃れる一方で「ルノアール」が好調な理由
低価格が武器のコーヒーチェーンが伸びる一方で、昔ながらの「昭和の喫茶店」が次々と閉店を余儀なくされている。喫茶店としては割高な料金でゆったりと過ごせる椅子やテーブルが特徴の「喫茶室ルノアール」が好調だというが、その理由とは?(2018/4/24)

ドライブもお団子もだいすき! モフモフワンコ、飼い主さんとのお花見で笑顔が咲き誇る
その乗車姿、もはや人間。(2018/4/22)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
連休目前! 春の花をキレイに撮るコツ
まもなく大型連休。サクラの季節は終わりつつあるけれど、これから咲くキレイな花もある。ということで、キレイな花を撮るためのコツをまとめてみるのである。(2018/4/19)

漫画「ルーツレポ」:
自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「花見(井の頭公園)」の取材をレポートする
感想「なんどしても面白いな、チャンプ事件の話」(2018/4/16)

列車の座席に紙置き席取り 仙台市老人クラブ連合会が謝罪
「敬老者が乗車します」と紙を置いて席取りする行為に批判が集まっていました。(2018/4/10)

地面に現れた「桜カービィ」 桜の花びらと枝を使って制作
すごいクオリティ!!(2018/4/4)

美咲が教える スマホ時代の歩き方:
フォロワーだけが知る、Instagram「ストーリー」の24時間で起きていること
イマドキ女子の「美咲」が上司の課長に分かりやすく解説する連載。前回はInstagramの実態をお伝えしましたが、このInstagramの「ストーリー」で、ちょっと過激なことが起きているようです。(2018/4/4)

「ホントにイケ麺いいスープ!」 カップヌードルの食事を2次元ホストがコールで盛り上げてくれる謎動画公開
声優は諏訪部順一、花江夏樹、増田俊樹と謎に豪華。(2018/4/3)

【画像36枚】写真でお花見! 都内の“絶景”花見スポットで満開の桜を撮ってきました
桜だああああ!(2018/4/1)

桜ごしにのどかな春 猫ちゃん2匹のお花見に時間もゆるり流れてゆく
枝を伸ばす桜、その下に小さく並ぶ猫たち、これが春。(2018/4/1)

経営陣との意思疎通もスムーズ:
完全リモートワークの会社で盛り上がる社内イベントとは?
完全リモートワークを実践している社員30人の会社がある。経営陣が命令しているわけではないのに、社員が次々と社内行事や勉強会を企画している。その原動力はどこにあるのか?(2018/3/30)

総額1万7825円 “全身ユニクロ”の小林幸子、「ヒルナンデス!」のコーデバトルで爆誕
あれ、普通にすてきだ。(2018/3/29)

「腐れ縁だな」 バービー、元相方イモトとの花見で“東京ホルモン娘”思い出す2ショット
かつてコンビだった2人。(2018/3/28)

花より美女! 観月ありさ、沢尻エリカ、芹那らの“大人なお花見”が夜桜よりも華麗に咲き誇る
メンバーのパンチ力よ。(2018/3/27)

ピーター、ミッツらの花見会に“隠れマツコ”? 集合写真で顔隠す人物
気になる。(2018/3/27)

スピン経済の歩き方:
中国人観光客を締め出しても、「日本の花見文化」が守れない理由
「お花見」の経済波及効果が注目されているが、実は不安材料もある。それは「中国人観光客」。彼らに対する「被害者意識」が、好調なインバウンド消費にブレーキをかけてしまうのではないか。(2018/3/27)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
お花見は嫌だけど「インドア花見」なら行きたいというインサイト──スペースマーケット調査
桜シーズン到来で心躍る今日この頃ですが、「混雑する」「寒い」「花粉症」など、花見嫌いも少なくないようで……。(2018/3/26)

お花見にぴったり! スマホとつなげるゴッパ「Bluetooth カラオケマイク」がどこでも歌えて便利
アプリを使えばカラオケ採点ゲームも楽しめる!(2018/3/26)

花見シーズン到来:
1個5000円も登場 花見弁当が高額化する理由
本格的に花見シーズンが到来した。景気回復の影響もあってか百貨店では高額な花見弁当が売れている。一方、通年販売される弁当では価格の2極化が進んでいる。その理由とは?(2018/3/23)

クセがすごくてジワジワくる猫イラスト 『世にも不思議な猫世界』著者が初のサイン会
顔出しNGの著者に会えるチャンスです。(2018/3/20)

訪日客へ「体験型」花見商戦が本格化 撮影スポット設置、名所を散策する宿泊プランも
桜が開花した東京都心で今月下旬に花見シーズンが到来するのを前に、観光業界などが訪日外国人旅行者向けの「花見商戦」を本格化させている。(2018/3/19)

ワンちゃんとネコちゃんがお花見に 2匹の姿が絵になりすぎてそのままポスターにしたいレベル
見ているのは河津桜です。(2018/3/14)

タイムアウト東京のオススメ:
花見の計画を立てる
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2018/3/13)

タイムアウト東京のオススメ:
春を味わう
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2018/3/7)

PR:プライベートも仕事もはかどる 新生活はファーウェイのスマートフォンで決まり!
就職や入学を控えたこの春に、新しいスマートフォンを買って新生活を迎えよう。そこでオススメなのが、高画質カメラや大容量バッテリーが魅力のファーウェイ製スマホだ。今回は最新ラインアップから4モデルを紹介したい。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2018/3/6)

その名前が言いたかっただけだな? 畳んで持ち運べるダンボール製イス、テーブルセット「どこでもイース」登場
お花見にどうぞ。(2018/3/2)

みたらし団子を再現 もち入りアイス「やわもちアイス」に「みたらし」登場
玄米風味のミルクアイスに団子とみたらしソース。(2018/3/1)

成果につながる行動とは:
“平均点”から抜け出した生保営業マンの「ちょっとした差」
人生設計に深くかかわる生命保険の営業マンは、どんな営業活動をしているのか。メットライフ生命の野村雄一郎さんは、「ちょっとした差」を生む行動を積み重ね、トップクラスの成績を出している。(2018/1/29)

タイムアウト東京のオススメ:
夜の門仲を探索する
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2018/1/24)

「リア充特集に疲れた」――おひとりさまのための情報誌『おひとりさま専用Walker』が生まれたワケ
ひとりでの楽しみ方を紹介する『おひとりさま専用Walker』が重版に。その誕生の経緯を取材しました。(2017/12/22)

NEDO/慶應義塾大学 General Purpose Arm:
腐ったミカンもつぶさずにつかめる「リアルハプティクス技術」搭載双腕ロボット
NEDOと慶應義塾大学は、身体感覚を伝送できる双腕型ロボット「General Purpose Arm」を開発。世界初をうたう「リアルハプティクス技術」を搭載したマスタースレーブ方式のロボットで、物体の硬さや柔らかさなどの触覚をありのままに伝えることができる。腐ったミカンの除去(選果)など、実用化に向けた取り組みも進められている。(2017/10/17)

ロボット開発ニュース:
世界初の力触覚制御を実現した双腕ロボット、「固くて柔らかい」矛盾を解決
NEDOと慶應義塾大学は、身体感覚を伝送可能な双腕型ロボット「General Purpose Arm」の開発に成功した。「世界初」とする力触覚に応じた制御により、力加減を調節し多様な作業を柔軟に行えることが最大の特徴。「固くて柔らかい」という矛盾した制御が必要な力触覚はどのように実現されたのか。(2017/9/29)

「食えなければ飢え死にしなさい」その言葉が紀里谷和明のキャリアに火をつけた 対談小説:鏡征爾
開始10分。紀里谷さんは言った。不意打ちだった。「きみは何を恐れているんだ?」(2017/9/26)

ハリウッド監督・紀里谷和明2万字インタビュー×東大作家・鏡征爾:禁断の解禁 ここにあなたの悩みをひもとく全てがある<前編>
インタビューは、映画「ラスト・ナイツ」の日本公開直後、2015年に行われた。(2017/9/22)

水曜インタビュー劇場(カリカリ公演):
たこ焼き器はたくさんあるのに、なぜイワタニの「炎たこ」が売れているのか
岩谷産業のたこ焼き器「スーパー炎たこ」が売れている。自宅でたこ焼きをつくろうとしても「上手に焼くことができない」「うまくひっくり返すことができない」といった不満の声が多いのに、なぜ炎たこは支持されているのか。その理由は……。(2017/8/9)

転職バーのハルカさん(2):
PR:取りあえずビール? それともビール“を”飲みたいの?
転職活動中のエンジニア「シュウヘイ」がやっと獲得した内定に難色を示す美人バーテンダーの「ハルカさん」。「仕事をゆずれ」とすごむ「シタロー」さん――「転職バー」は、今日も波乱のヨ・カ・ン。(2017/6/1)

「大好きなありさ」 桐谷美玲、親友・佐藤ありさとの猫目姉妹ショットで妊娠を祝福
桐谷さんもお嫁に行く日がいつか来るのか……。(2017/5/29)

シシレンジャーを演じた能見達也さん死去 突然の訃報に俳優仲間からの哀悼相次ぐ
ご冥福をお祈りいたします。(2017/5/21)

ふわもこな柴犬・だいふく君 お散歩したりオモチャで遊んだり毎日楽しそう
お花見に行ったワン。(2017/5/5)

【厳選絶景写真16枚】 空とつながる丘、国営ひたち海浜公園のネモフィラが見ごろ
約450万本のネモフィラが咲き誇る大絶景はGWにもオススメ!(2017/5/3)

組み込み開発ニュース:
壁や床がタブレット端末になる、ソニーの家庭用プロジェクター
ソニーモバイルコミュニケーションズは、床や壁に投影した表示をタブレット端末のようにタッチ入力で操作できるようにするプロジェクター「Xperia Touch」を発売する。床や壁に投影された表示は、タブレット端末と同じように操作可能。最大10点のマルチタッチに対応しており、複数人で同時に操作することもできる。(2017/4/21)

どうしてこうなった 「バベルの塔」展、公式マスコットの「タラ夫」から漂う狂気と混沌
なぜすね毛を追加した……。(2017/4/18)

【連載】電通デジタルが教えるデジタルマーケティング 第4回:
デジタルマーケティングを構築するための定石(前編)
デジタルマーケティングの課題に対して解決策とヒントを教える書籍『デジタルマーケティング 成功に導く10の定石』から一部を抜粋し、デジタルマーケティングの基礎をおさらいする本連載。今回は10の定石のうち1〜5について学びます。(2017/4/17)

司書メイドの同人誌レビューノート:
税率で変わる2人の関係 お金“異形頭”マンガ「おかねちゃん!」は恋するコインの物語
手袋はめてるのもポイント高いです。(2017/4/16)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。