ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「金メダル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「金メダル」に関する情報が集まったページです。

「鉄道会社は鉄ヲタを採用しない」という都市伝説は本当か 鉄オタ学生がガチ鉄道事業者と模擬面接に挑む
ともあれ、みんなよくがんばったー。(2018/4/30)

金メダリストそろい踏み! フェンシング太田雄貴&笹川友里アナの披露宴に北島康介、井上康生、野村忠宏ら
豪華すぎるメンバー。(2018/4/24)

「信じられない艶やかさ」 のん、“桜を見る会”の着物姿で魅力満開の大和撫子になる
かっわええ……。(2018/4/22)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
女子レスリングのパワハラ問題、一体誰が得をしたのか
一応の決着を見た。女子レスリングで五輪4連覇中の伊調馨が、日本レスリング協会の栄和人氏にパワハラ行為を受けていたと認定されたわけだが、この問題の背景に何があったのか。激しい覇権争いが見え隠れしていて……。(2018/4/8)

女王ザギトワもデレデレ もっふもふな愛猫“イリースカ”との2ショットが金メダル級のかわいさ
ザギトワ選手が4歳のときから一緒に暮らす仲。(2018/4/5)

……クセが強いぃ! 階段をアクロバティックにのぼるワンコに驚きの声が集まる
かわいいお顔とのギャップがすごい。(2018/4/5)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
2018年入社の新卒は「SNSを駆使するチームパシュートタイプ」、その心は?──産労総合研究所
新入社員の初々しい姿に、心癒されたり、背筋が伸びたりする季節がやってきました。2018年の新入社員には、どういう傾向があるのでしょうか。産労総合研究所が発表したデータを紹介します。(2018/4/5)

2018年度の新入社員は「SNSを駆使するチームパシュートタイプ」 チームワークとスピードに強み
過労死問題やパワハラ問題から、働くことに対し不安を抱く声も。(2018/3/27)

女性ドライバー1000人に聞いてみた:
「こんな男性ドライバーはイヤだ」女性の意見1位は……?
女性ドライバーは男性の運転時に垣間見える人間性をしっかり見ている――ホンダアクセスが3月14日、こんな調査結果を発表した。(2018/3/14)

羽生結弦のものまね芸人・羽生ゆずれない、ヤフオク出品のスケート靴が5万円突破 本人は高額入札相次ぐ
2人の“羽生”がヤフオク上に登場。(2018/3/9)

不正入札疑う声も 羽生結弦ヤフオク出品のサイン入りスケート靴、1億円超で再び入札中止の事態に
初回出品時から高額入札が相次ぎ、6日に再出品されていました。(2018/3/8)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
カーリング女子はどうなる? このままでは行く末が心配
カーリング女子が脚光を浴びている。平昌五輪で銅メダルを獲得したこともあって、ちょっとしたフィーバーになっているが、心配もある。熱が冷めた際に、彼女たちの立場がどうなっているかということである。関係者がしなければいけないことは……。(2018/3/2)

「せっかくの綺麗な顔がーー!」 羽生結弦の“変顔ショット”に世界中から黄色い声援
世界中がときめく変顔。(2018/2/26)

「お仕事が増えました」 羽生結弦のモノマネで話題、芸人の羽生ゆずれないがブレイクの予感
頑張れ、超頑張れ。(2018/2/26)

きっかけは「下町ボブスレー」 日本の町工場、東京五輪で“雪辱”へ
東京五輪に向け、東京都内の町工場が中心となって競技用具を開発するプロジェクトが相次いで進行している。そのきっかけは「下町ボブスレー」。「日本のモノづくりの素晴らしさを世界に」という関係者の思いが広がっている。(2018/2/26)

「くりそつ〜」 平野ノラ、カーリング韓国代表“メガネ先輩”のモノマネが金メダル級の完成度
あれ、ストーンが見えるぞ……?(2018/2/25)

「やだ……Googleって便利すぎて怖くない?」 PCど素人の女子高生、Google先生の圧倒的支配力にとまどう
「人生乗っ取られそうで不安だわ」(2018/2/25)

「ゆづる心に金メダル」「そだねー」熊本県警が素早く五輪ネタに対応 県警担当者の“警部”さんに聞いてみた
仕事早いねー。そだねー。カー女銅よくやったよー。そだねー(2018/2/24)

「うにゃー!」と華麗にジャンプ! 猫じゃらしに飛びかかる猫ちゃんが金メダル級
スローモーションでゆっくりとご覧ください。(2018/2/24)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
韓国のライバルにも、KYな質問にも。小平奈緒の“神対応”に、称賛の声
平昌冬期五輪のスピードスケート女子500メートルで日本女子初となった金メダリスト、小平奈緒選手。彼女は類まれなスケーティング能力もさることながら、1人の人間としてもキラリと光り輝いていた。(2018/2/23)

平昌オリンピック中継で炎上多数 米NBCの失策はSNS時代ならでは
米NBCはオリンピック解説者の「日本は韓国の重要なモデル」発言で韓国の怒りを買った。それだけではない。(2018/2/22)

平昌五輪「選手村のベッドが硬い」 小平のスポンサー企業が神対応、ネットの憶測も一蹴
「選手村のベッドが硬い」――平昌五輪も中盤に入った16日、こんなニュースが、「5ちゃんねる」である憶測を呼んだ。(2018/2/22)

闇に飲まれなさそう 「デレステ」新カード背景の神崎蘭子が最高の笑顔でクソコラグランプリ素材化
この笑顔は光属性。(2018/2/19)

スケートリンクに投げ込む花やぬいぐるみはなぜラッピングしないといけない? 日本スケート連盟にマナー聞いた
花びらや繊維が脱落してしまうと試合続行の妨げになってしまう可能性も。(2018/2/19)

フィギュア羽生選手金メダル号外 メルカリなどで転売相次ぐ
スポーツ報知は号外の取り寄せを告知。ネットで公開されている号外もあります。(2018/2/18)

スピン経済の歩き方:
マスコミの「メダルの期待がかかります」報道がスポーツをダメにする
平昌五輪で、ようやく日本人選手がメダルを手にした。一般的なスポーツ報道は、一流のプレイヤーたちがみせる妙技やチームワークなどにフォーカスを当てるのに、なぜか日本は違う。とにもかくにも「日本人選手の勝利」にフォーカスを当てる。なぜそのような報道をするかというと……。(2018/2/13)

Twitterにオリンピック応援絵文字 「#JPN」で日本国旗など
Twitterにオリンピックの応援絵文字が実装した。オリンピック関連ハッシュタグをつぶやくと、タグの末尾に絵文字が表示される。(2018/2/9)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
高梨沙羅にイチャモンをつけたくなる、3つの理由
ノルディックスキー・ジャンプ女子で活躍する、高梨沙羅への風当たりが厳しい。平昌五輪が近づいているなかで、なぜ彼女を批判する声が多いのか。その理由は……。(2018/2/2)

東京五輪も「金」狙う:
東大阪から世界へ 「OGK KABUTO」が欧州自転車プロチームにヘルメット供給
大阪府東大阪市のヘルメットメーカー「OGK KABUTO」が今年から2年間、イタリアの自転車プロ・ロードレースチームに競技用ヘルメットを供給する。(2018/1/29)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
卓球王者の張本が、いまひとつ支持を得られない要因
全日本卓球選手権の男子シングルス決勝で、14歳の張本智和が王者・水谷隼を破って優勝した。最年少優勝の偉業を達成したのに、いまのところ“張本フィーバー”は起きていない。なぜ新王者がいまひとつ支持されないかというと……。(2018/1/27)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(37):
ザッカーバーグになりたくても、たぶん無理――夢も目標もない私はダメ人間ですか?
新年は「今年の目標」を設定するちょうどいい季節です。でも特別「夢や目標がない」「やりたいことが分からない」という人も多いのでは?(2018/1/17)

特集「Connect 2018」:
量産車向けは絶対に明け渡さない――ルネサス呉CEO
ルネサス エレクトロニクス社長兼CEOの呉文精氏は2017年12月25日、インタビューに応じ、投資方針や自動車向け事業でのルネサスの事業姿勢、2018年の経営方針などについて語った。(2017/12/26)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
次どうするのか 絶対に負けられないボクサーの村田諒太
10月22日、ボクシングの村田諒太が王者のアッサン・エンダムに挑む。因縁のリマッチになるわけだが、村田はどのような思いで戦い、対戦後はどのようなプランを考えているのか。(2017/10/14)

カーネル・サンダース、WWEのプロレスゲームに参戦 強靭な肉体とキレのある技で相手レスラーをボッコボコに
イッツトゥルー、イッツダムントゥルー!(2017/10/13)

羽生結弦選手を漫画『ファイアパンチ』作者が描き下ろし キシリトールガム発売20周年記念プロジェクト
人気漫画家と氷上のプリンスがコラボ。(2017/8/16)

「美香さん、それは、どこの穴なの?」とらのあな新CMに叶姉妹 初出展のコミケについて思い明かす
「すごいあな」(美香さん)。(2017/8/12)

モータースポーツ:
SUPER GT勝率5割のニスモ柿元氏、「結果が全ての覚悟」と「天“知”人」
ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)の柿元邦彦氏が、過去のカーレースの出来事を紹介しながら、最高のパフォーマンスを発揮して過酷な戦いを勝ち抜くための「天“知”人」や、人材育成について語った。(2017/8/10)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
オリンピック4大会連続出場を成し遂げた松田選手の「自超力」とは
0.01秒単位で記録を縮め、世界で結果を出すために考えたこと、変えていったこと、壁を乗り越えるために必要だったこと。(2017/7/13)

東京五輪記念ナンバープレート、最終候補出そろう 国交省が意見募集
2020年東京五輪・パラリンピックを記念した特別仕様のナンバープレートについて、最終候補5作品を国交省が発表。(2017/6/27)

女子力も金メダル級! 吉田沙保里、マツエク&ネイル新調に同性から支持の声
女子は気高く美しく。(2017/6/24)

吉田沙保里「たけのこの里好き」 “きのたけ戦争”終戦か
試合終了かも。(2017/6/7)

スピン経済の歩き方:
日本の生産性が低いのは「たばこ後進国」だから?
数年ほど前から「日本企業の生産性が低い」といった話をよく耳にする。労働時間を短縮したり、効率化を図ったり、さまざまな取り組みをしているが、喫煙者の問題はあまり話題にならない。仕事中に「ちょっと一服」と言って、何度も離席する人は生産性がいいのだろうか。(2017/6/6)

小型家電ごみの妖精(やさぐれ系イケメン)が京都市広報誌に登場 リサイクル前後どちらがタイプ?
こんなん届いたら読んじゃう。(2017/5/30)

堀北真希、広瀬すずを超えた! 大友花恋、シースルー水着で次世代のエースに名乗りを上げる
超えた(リフティングで)。(2017/5/18)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
浅田真央が引退したのに、なぜキム・ヨナはノーコメントなのか
フィギュアスケートの浅田真央さんが4月、現役引退を表明した。日本のみならず、海外のスポーツ選手からメッセージが寄せられたが、なぜかあの人からはまだ届いていない。最大のライバルだった韓国のキム・ヨナさんである。(2017/5/12)

水曜インタビュー劇場(ムダ公演):
閑散としていた「競輪場」に、なぜ人が集まってきたのか
バブル崩壊後、公営レースは「氷河期」が続いていた。売上減が続いていたが、ここ数年、反転しつつある。レース場といえば、ゴミが落ちている、トイレが汚い、高齢者が多い、といったイメージがあるが、なぜ売り上げが伸びつつあるのか。その理由は……。(2017/5/10)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
井岡一翔を「善戦マン」にしてしまったTBSの罪
4月23日のWBA世界フライ級タイトルマッチ。チャンピオンの井岡一翔が同級2位のノクノイ・シットプラサートを判定で下したが、疑問の声が出ている。井岡は「超攻撃型」を目指しているはずなのに、試合では違った。なぜこのようなことになったかというと……。(2017/4/27)

eスポーツ、2022年アジア競技大会で公式メダル種目に まず2018年大会でエキシビジョンに採用
「母ちゃん、おれメダリスト目指すよ!」がゲーミングPCを買う口実になるかも。(2017/4/19)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
なぜ浅田真央が好かれ、安藤美姫は嫌われたのか
女子フィギュア界の国民的ヒロイン・浅田真央選手が引退を表明した。多くのマスコミが大々的に報じ、その影響力の高さを改めて証明する形になったが、もうひとりの存在を忘れてはいけない。安藤美姫さんだ。(2017/4/13)

水曜インタビュー劇場(応援される公演):
なぜリーダーは「自分の経験」を伝えなければいけないのか
「リーダーは自分の経験を伝えなければいけない」――。オリンピックで4つのメダルを手にした、水泳の松田丈志さんの言葉である。競泳チームのキャプテンを務めた松田さんは、チームをどのようにまとめたのか。話を聞いたところ、ビジネスパーソンにも役立つ情報が多く……。(2017/4/12)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。