ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「フィギュアスケート」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!フィギュアスケート→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でフィギュアスケート関連の質問をチェック

奇跡も、魔法も、あるんだよ ザギトワ&メドベージェワが「まどマギ」衣装で氷上を舞う姿が魔法にかかったような美しさ
やってくれたなマギレコ……。(2019/1/19)

マジック界に現れた超新星! 中学生マジシャン「MH」が創り出す“不可能を可能にする”仕掛け
おそろしいまでの才能。(2018/12/30)

「姉妹が離れる事はない」 浅田舞、ツアー卒業で真央への思いを明かす “姉妹愛”にファン感動
ファンも涙。(2018/12/18)

「女性との関係など事実無根」 羽生ゆずれない、フィギュア小塚崇彦との“女性ホテル連れ込み”報道に反論
報道を強く否定したゆずれないさん。(2018/12/13)

世相を反映:
子供の名前「ひろし」が復活するか 大阪万博開催決定
2025年国際博覧会(万博)の大阪開催が決まった。昭和45(1970)年の大阪万博では、日本全体が熱気に包まれただけに、55年ぶりの開催に景気浮揚への期待は大きい。当時の興奮は、人名にも「レガシー」(遺産)として残っている。明治安田生命保険の資料によると、45年に誕生した男の子の名前では「博」の漢字を使った人名がトップ10に2つも登場。「万博」が人々に与えた感動の大きさがうかがえる。名前は世相を映した鏡のようだ。(2018/12/6)

子供の名前「ひろし」が復活するか 大阪万博開催決定
万博の大阪開催が決まった。1970年の大阪万博の興奮は、人名にも「レガシー」(遺産)として残っている。70年に誕生した男の子の名前では「博」の漢字を使った人名がトップ10に2つも登場。「万博」が人々に与えた感動の大きさがうかがえる。(2018/12/5)

「姉と戦えるよう頑張りたい」「もっとクソガキで」 オスカー美女が恒例の晴れ着披露 岡田結実、本田望結らが2019年の抱負を明かす
麗しさしかない。(2018/12/4)

「夫婦で話し合いを重ねておりまして」 小塚崇彦、妻・大島由香里との別居報道に言及
オフィシャルブログを更新してファンに伝えました。(2018/12/3)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
パッとしない本田真凜を、なぜ大企業とメディアは“ヨイショ”するのか
女子フィギュアスケートの本田真凜が悪戦苦闘している。成績はパッとしないのに、なぜ大企業とメディアは彼女を擁護するのか。背景にあるのは……。(2018/11/29)

「鉄板ネタ」にも変化あり:
「宇野VS. 羽生」「プーチンの肉体美」……カレンダー商戦を追った
2018年も残すところわずかだが、19年用のカレンダー商戦が熱を帯びてきた。どのような商品が売れているのだろうか。取材を進めると「宇野VS. 羽生」「プーチンの肉体美」といったトレンドが見えてきた。(2018/11/23)

フィギュアNHK杯優勝の紀平梨花さんはN高生
「NHK杯フィギュア」女子シングルで優勝した紀平梨花さんは、「N高等学校」(N高)の1年生だ。(2018/11/12)

「さらなる進化楽しみっす」 安藤美姫、“西日本選手権”優勝の高橋大輔を密着2ショットで祝福
幼馴染で元戦友からの心強いエール。(2018/11/5)

松岡修造、羽生結弦とのCM初共演に感激 「羽生さんの感性はほかにはないもの」と絶賛
8分に及ぶインタビュー動画も必見。(2018/11/1)

家族にして欲しいワン モフモフで愛らしい「秋田犬ぬいぐるみポーチ」付きムック本が登場
目が合うたびに癒されそう。(2018/10/24)

製品は3種類:
羽生結弦選手監修のオルゴール ファンの予約殺到
音響機器や電子機器製造の日本電産サンキョー(長野県下諏訪町)は、2月の平昌五輪のフィギュアスケート男子で連覇を達成した羽生結弦選手が楽曲を監修したオルゴールを制作した。熟練の職人による手作りの高級品から手軽に楽しめる普及品までラインアップし、17日から販売を開始する。すでに予約が殺到しており、同社の担当者は「予想外の反応」と熱気に驚いている。(太田浩信、写真も)(2018/10/15)

「涙腺崩壊」「熱いものがこみ上げる」 浅田真央、公演中に28歳のサプライズバースデー、ファンも仕掛け人
これはうれしい。(2018/9/25)

作ってほしいワン 凛々しくてかわいい秋田犬のペーパークラフトが登場!
どんな名前にしよう?(2018/9/4)

「天下無敵のかわいさ」「めっちゃ萌える」 スケート女王ザギトワがまどかコス披露、氷上の魔法少女に大反響
スケーティングが変身バンクに見えてきた。(2018/8/15)

「ニッポンのゆかいな皆さんと」 女王ザギトワ、日本語でInstagramを初更新 浴衣でマサルポーズがかわいい!
マサルポーズ最高だな。(2018/7/31)

提督さすがです 「艦これ氷まつり」の影響で洋菓子のヒロタ・無良崇人選手応援セットに遅延が発生してしまう
かっこいいから仕方ない。(2018/7/23)

フィギュアスケーターのデニス・テンさん、暴漢に刺され死亡 悲しみの声広がる
報道によると、2人組の暴漢に襲われ刺し傷を負い、病院に運ばれたが間もなく亡くなったという。(2018/7/19)

「私は花になった」フィギュア女王メドベージェワがピンク色の浴衣披露 ファンも「君は薔薇より美しい」と絶賛
メドちゃんは日本大好き。(2018/7/13)

「大ちゃんがんばー!」 高橋大輔の現役復帰に、小塚崇彦&無良崇人が応援メッセージ
復帰めでたいっ!(2018/7/2)

「緊張感の中で戦いたい、滑りたい」 男子フィギュア高橋大輔、約4年ぶりの現役復帰を発表
スゴい決断だ。(2018/7/1)

「羽生結弦半端ないって!」 織田信成、“大迫ハンパない”パロディーでワールドクラスの顔芸を炸裂させる
期待を裏切らない織田さん。(2018/6/26)

レジェンド来ちゃった! 「艦これ」リアルイベントに伊藤みどり出演決定でネットざわつく
桜ホロどころのレアリティじゃない。(2018/6/21)

「第二のスケート人生ずっと応援してる」 安藤美姫、引退発表した村上大介に激励の言葉を贈る
おつかれさまでした!(2018/6/15)

2人ともかわいすぎ! 羽生結弦&高木菜那の“全力笑顔”2ショットが金メダル級の輝き
2人で金メダル4つ!(2018/6/10)

「なんてかわいいんだ」 本田真凜、秘蔵写真で妹・望結の誕生日を祝福  姉バカ納得の幼カワ姿に反響
これはかわいい。(2018/6/1)

兄者しゃべり倒しそう! 安藤なつ、明石家さんま(兄)とお笑い界最強の“戸愚呂兄弟”になる
戸愚呂兄弟シリーズ最新作。(2018/5/27)

これがフィギュアスケーターの“ジョジョ立ち” 田中刑事、本田真凜、高橋大輔らがグレートに再現ッ!
田中刑事さんは、東方仗助のコスプレでエキシビションを滑走。(2018/5/21)

「今まで見た中でいちばん可愛い!」「やっぱ妖精だわ」 美容誌デビューの浅田真央、“新たな自分”だという大人カワイイ姿に反響
肌の透明感スゴい。(2018/5/19)

秩父の三峯神社、毎月1日の「白」い「氣守」頒布休止を発表 交通渋滞緩和できず
「この苦渋の決断をどうか御理解いただきますよう切にお願い申し上げます」とのこと。(2018/5/15)

おふざけペア優勝! 織田信成&村上佳菜子の“ゴリラ顔ダンス”が現役時代のような躍動感
ゴレイヌさんかな?(2018/4/28)

土曜インタビュー劇場(ぼっち公演):
出世するオジサンが、孤独の迷宮に入りやすいワケ
世界的に「孤独」が問題になっている。人の心や体に影響を与えると言われているのに、なぜ日本人は無関心なのか。孤独オジサンにならないために、どうすればいいのかというと……。(2018/4/28)

「すごい躍動感」「さすがアスリート」 浅田舞&真央の美ボディー写真に称賛の声集まる
思わず親目線になってしまう人も。(2018/4/25)

「仲良しでほっこり」 浅田真央&舞、シンクロ率100%の“お昼寝ショット”が癒やしの塊
さすが仲良し姉妹。(2018/4/23)

「連覇の意味と命の重さ」 尾木ママ、羽生結弦の“死にたくなった”発言に大ショック
涙を流した尾木ママ。(2018/4/16)

女王ザギトワもデレデレ もっふもふな愛猫“イリースカ”との2ショットが金メダル級のかわいさ
ザギトワ選手が4歳のときから一緒に暮らす仲。(2018/4/5)

予想以上のクオリティー フィギュア女子メドベージェワ選手、USJでのハーマイオニー姿が癒やししかない
癒えよ。(2018/4/2)

日本の2大王子様、及川光博が羽生結弦をライバル視 「20代のころあんな感じだった」
ミッチー「あと20年若かったら羽生選手の着ている衣装を着たい」。(2018/3/29)

「元気出る笑」「船越さんやん」 ガリットチュウ福島&羽生ゆずれないの“フィギュアものまね”がじわじわくる
ブライアン・オーサーコーチなのに、どことなく船越さん。(2018/3/27)

2歳で杜甫を暗唱!? 本田望結、幼少期の “おめめパッチリ”ムービーが至高の癒やし力
妹の紗来さんと新CMで共演。(2018/3/27)

本田望結が茶髪で「チョベリグ!」 コギャルにスケバン、マブイJKに変身してマジで恋する5秒前
どの望結ちゃんが好き?(2018/3/15)

不正入札疑う声も 羽生結弦ヤフオク出品のサイン入りスケート靴、1億円超で再び入札中止の事態に
初回出品時から高額入札が相次ぎ、6日に再出品されていました。(2018/3/8)

ヤフーが今年も「Search for 3.11 検索は応援になる。」を開催 羽生結弦選手らが出品するチャリティーオークションも
3月11日に「3.11」と検索すると1人につき10円が復興支援団体に寄付されます。(2018/3/5)

「マオスタグラムに続いてマイスタグラム」 浅田舞、妹・真央に触発されInstagram開設
「真央のInstagramが楽しそうなので」。(2018/2/28)

「せっかくの綺麗な顔がーー!」 羽生結弦の“変顔ショット”に世界中から黄色い声援
世界中がときめく変顔。(2018/2/26)

「お仕事が増えました」 羽生結弦のモノマネで話題、芸人の羽生ゆずれないがブレイクの予感
頑張れ、超頑張れ。(2018/2/26)

「ゆづる心に金メダル」「そだねー」熊本県警が素早く五輪ネタに対応 県警担当者の“警部”さんに聞いてみた
仕事早いねー。そだねー。カー女銅よくやったよー。そだねー(2018/2/24)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。