ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ゴンゾロッソ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ゴンゾロッソ」に関する情報が集まったページです。

「君の名は。」「おそ松さん」「文スト」……アニメの“予告編”ってどうやって作られてるの? ディレクターに聞いてきた
予告編制作の裏側。(2017/11/25)

「ピザハット」×「Master of Epic」キャンペーン開催――新装備「アニマ装備」登場
(2010/2/16)

TVアニメのGONZOスタッフが再集結――「ドルアーガの塔〜the Recovery of BABYLIM〜」OPムービー解禁
(2010/1/8)

「WebMoney Award 2009」授賞タイトル発表――2009年最高のオンラインゲームは?
(2009/12/14)

「Master of Epic」PRムービーコンテストの結果が発表されましたよ
(2009/11/17)

ユーザー視点で改良された公開テスト実施――MMORPG「アルカディアサーガ」
(2009/11/12)

アトラスがゴンゾロッソを子会社化
アトラスがゴンゾロッソを子会社化。オンラインゲーム事業を強化する。(2009/10/30)

「RAN ONLINE」で1stアニバーサリーイベント開催
(2009/10/13)

ITmedia Gamez枠で80名募集:
MMORPG「アルカディアサーガ」第2回クローズドβテスター募集中
ゴンゾロッソは、新作MMORPG「アルカディアサーガ」において、第2回クローズドβテストのテスター募集を開始した。それに伴い、ITmedia Gamez枠で80名分確保した。(2009/10/2)

MMORPG「Master of Epic」――大型アップデート「Ancient Age」のクローズドβテストをリポート
ゴンゾロッソは8月22、23日と9月12、13日の期間に、MMORPG「Master of Epic」において今秋実装予定の大型アップデート「Ancient Age」のクローズドβテストを開催した。(2009/10/2)

「Master of Epic」でPRムービーコンテスト開始――zoomeに応募せよ!
(2009/9/24)

「シャイヤETERNITY」連続アップデート第1弾は「Lv56武器強化開放」
(2009/9/11)

「ドルアーガの塔〜the Recovery of BABYLIM〜」にランダムダンジョン「サキュバスの窟」実装
(2009/9/1)

「パンドラサーガ」に「セイカヴァリエ攻城戦」実装
(2009/8/27)

ITmedia Gamez枠で200名募集:
MMORPG「アルカディアサーガ」βテスター募集開始
ゴンゾロッソがサービス予定のMMORPG「アルカディアサーガ」のクローズドβテスター募集を、8月20日から開始した。それに伴い、ITmedia Gamez枠で200名分確保した。(2009/8/20)

「アルカディアサーガ」クローズドβテスト実施日時決定
(2009/8/18)

あなたのお家はどこですか? 生活するMMORPG「アルカディアサーガ」発表
豪華クリエイター陣を迎え始動したゴンゾロッソの「アルカディアサーガ」は、生活することを起点とした、すべての行動が密接につながるMMORPGである。(2009/8/7)

8カ月のご無沙汰です「シャイヤETERNITY」
(2009/7/30)

夏はおウチで勇者のススメ――「ドルアーガの塔 〜the Recovery of BABYLIM〜」
懐かしい人も、そうでない人も緊張感溢れる冒険が味わえる「ドルアーガの塔 〜the Recovery of BABYLIM〜」を、勇者になって遊んでみました。(2009/7/7)

27階は狭くて危険――「ドルアーガの塔〜the Recovery of BABYLIM〜」
(2009/6/24)

雨乞いしてます――「パンドラサーガ」
(2009/6/19)

今夏大型アップデート実施「ドルアーガの塔〜the Recovery of BABYLIM〜」――アニメ連動も
(2009/6/10)

「メイフマスターズ」サービス終了決定
(2009/6/10)

学園アクションオンラインRPG「RAN ONLINE」で、スティーヴン・セガールが占拠
(2009/5/19)

オンラインゲーム最新イベント情報:
もう1つのWBC
World Baseball Classicで日本が大会2連覇を果たしました。オンラインゲームでもWBCが開催されるようです。(2009/3/24)

新戦争「ジークヘイム攻防戦」を実装――「パンドラサーガ」
(2009/3/5)

レベル20以上のキャラクターが入れる新ダンジョンを実装――「メイフマスターズ」
(2009/2/25)

ネットワークゲームへのパスポート(第14回):
カンタン入国案内 Vol.8――「RAN ONLINE」編
数あるネットワークゲームの中から、初心者でも気軽に遊べる基本無料・一部無料のゲームを紹介する当連載。今週のピックアップタイトルは、学園を舞台にしたMMORPG「RAN ONLINE」! 部活間の抗争や軍団同士の戦いなど、過激で刺激的な学園生活を楽しめる作品だ。アツき青春時代に戻って学園のテッペンを目指してみよう!(2009/2/20)

新戦争マップの公開テストを実施――「パンドラサーガ」
(2009/2/13)

新マップは地下遺跡――「パンドラサーガ」
(2009/2/6)

ネットワークゲームへのパスポート(第11回):
カンタン入国案内 Vol.6――「ドルアーガの塔 〜the Recovery of BABYLIM〜」編
今週は「ドルアーガの塔 〜the Recovery of BABYLIM〜」をご紹介。タイトルを聞いただけで色めきたったあなた、オールドゲーマーに認定。本作は、国産のMMORPGではトップクラスのプレイヤー数を誇り、TVアニメとの連動も実施中の意欲作だ。(2009/1/30)

カラオケ パセラ×ドルアーガの塔――コラボフードメニューは基本的にダジャレです
(2009/1/16)

ゴンゾロッソのオンラインRPG「ドルアーガの塔〜the Recovery of BABYLIM〜」が、ネクソンジャパンの「NEXON」でサービス開始
(2009/1/15)

ハンゲームに「ドルアーガの塔〜the Recovery of BABYLIM〜」登場
(2009/1/8)

「ドルアーガの塔」スターターパッケージの1.5バージョンが登場
(2009/1/6)

「メイフマスターズ」オープンβテスト、1月16日よりスタート
(2009/1/6)

「Master of Epic」スターターパッケージ発売決定
(2008/12/26)

「RAN ONLINE」、参加者全員が敵の「バトルロイヤル」を実装
(2008/12/24)

新マップと「ドルアーガの塔」24〜25階を実装――「ドルアーガの塔〜the Recovery of BABYLIM〜」
(2008/12/17)

プレゼンターに加藤夏希さん――「WebMoney Award 2008」開催
「WebMoney Award 2008」授賞式が都内で開催。Best Games賞としてノミネートされた20作品の中から、ネクソンジャパンの「メイプルストーリー」がグランプリを受賞した。(2008/12/17)

「パンドラサーガ」3次職スキル追加――バランス調整で公開テストを実施
(2008/12/9)

「シャイヤ」、大型アップデート「シーラム・グリーンディエタ」を実装
(2008/11/28)

GDH、経営再建へアニメ作品絞り込み 制作ラインのリストラも
GDHがアニメ事業の大幅スリム化を発表。現在は年間8作品程度を制作しているが、今後は制作ラインを一部売却するなどし、社内制作は年間4作品程度に絞り込む。(2008/11/10)

オンラインゲーム最新イベント情報:
アイテムを復旧します
応募者の中から抽選で30人分にプレゼント。(2008/11/7)

新マップ「エルアン宮殿」実装――Master of Epic 〜The Resonance Age Universe〜
(2008/10/28)

「ドルアーガの塔〜the Recovery of BABYLIM〜」、「スーマール丘陵地」&「ドルアーガの塔」23階を実装
(2008/10/22)

プレオープンβテスト実施日程発表――「メイフマスターズ」
(2008/9/30)

「RAN ONLINE」プレオープンβテストを実施――公式サイトもオープン
(2008/9/12)

「塔聴!!ドルアーガ」との連動クエストを実装――「ドルアーガの塔〜the Recovery of BABYLIM〜」
(2008/9/3)

転職やギルドシステムを追加――「ドルアーガの塔〜the Recovery of BABYLIM〜」8月のアップデート
(2008/8/13)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。