ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「Grand Fantasia ‐精霊物語‐」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Grand Fantasia ‐精霊物語‐」に関する情報が集まったページです。

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/3/19)

MMORPG「GrandFantasia −精霊物語−」、「ソーシャルクエストゲーム」サービスを開始
SNSサイトなどで紹介をした友だちがミニゲームをクリアすることでアイテムが手に入る――そんな「ソーシャルクエストキャンペーン」がMMORPG「GrandFantasia −精霊物語−」で実施される。(2011/4/15)

新ワールド「ユートピア」がオープン――オンラインRPG「NineTailOnline−精霊物語外伝−」、3月23日にワールドを統合
オンラインRPG「NineTailOnline−精霊物語外伝−」では、3月23日に「アガルタワールド」「シャングリラワールド」を統合。新ワールド「ユートピア」をオープンする。(2011/3/22)

「スタートダッシュキャンペーン」も実施――オンラインRPG「NineTailOnline−精霊物語外伝−」、12月21日よりハンゲームでのサービス開始
1月18日までキャラクターレベル20達成で乗り物「戦場の白馬(永久)」をプレゼント。さらに、アイテムモール利用でのプレゼントも用意される。(2010/12/21)

ハロウィン関連イベント絶賛開催中――オンラインゲームイベント情報
日本でもすっかりメジャーとなったハロウィン。各オンラインゲームでも、10月31日に向けてさまざまなイベントが絶賛盛り上がり中です。(2010/10/27)

アエリア「JS Online」の日本における独占配信契約締結――邦題は「NineTailOnline -精霊物語外伝-」に決定
「グランドファンタジアの外伝と言うべき「JSオンライン」(邦題:「NineTailOnline -精霊物語外伝-」)の日本展開が発表された。(2010/8/27)

オンラインゲーム最新イベント情報:
まだ間に合うクリスマス対策
クリスマスイベントが終わるとたぶん(いや、きっと)正月イベントです。(2009/12/22)

AKB48「渡り廊下走り隊」が「Grand Fantasia –精霊物語-」とコラボ
(2009/10/16)

ミグルが錬金粘土をこねこね――「Grand Fantasia –精霊物語-」
(2009/6/25)

「Grand Fantasia -精霊物語-」正式サービス後初アップデート
(2009/6/10)

「Grand Fantasia ‒精霊物語-」今後の実装内容&GMイベント
(2009/4/20)

「Grand Fantasia -精霊物語-」の3次職はこんな感じ――動画も公開
(2009/4/16)

ITmedia +D Games枠で250名募集:
「GRAND FANTASIA -精霊物語-」クローズドβテスト募集開始
アエリアが3月19日〜3月31日までの期間中、「GRAND FANTASIA -精霊物語-」のクローズドβテスト参加者を募集する。そこで、ITmedia +D Games枠を用意しました。(2009/3/19)

アエリア、新作オンラインゲームの正式タイトル決定
(2009/3/5)

アエリア、MMORPG「Dreamy Journey Online」の日本における独占配信権を獲得
(2009/2/13)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。