ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「女神転生」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「女神転生」に関する情報が集まったページです。

真・女神転生シリーズ最新作 Nintendo Switch用ソフト「真・女神転生V」発表 
ティーザームービーも公開。(2017/10/23)

女神転生の2Dアクションゲー無料公開 おなじみの敵キャラや弱点攻撃などメガテンらしさ抜群
主人公は「ジャックフロスト」と「ジャックランタン」。(2017/10/16)

「真・女神転生」の“マーラ様”フィギュアがグッスマから登場 倫理的に大丈夫か不安になるレベルの再現度
大丈夫、アレじゃなくて魔神だからきっと大丈夫。(2017/2/20)

「スプラトゥーン2」「真・女神転生」最新作など注目タイトル発表! 任天堂最新ゲーム機
(2017/1/13)

「ダビスタの伝道師」成澤大輔さん死去 著作に「ダービースタリオンを一生遊ぶ本」「女神転生2のすべて」など
成澤さんの本がきっかけで「ダビスタ」や「女神転生」の魅力に気付いた人も多かったのでは。(2015/3/9)

セガ、「アトラス」ブランド有するインデックスの事業を譲り受け
「女神転生」「ペルソナ」などで知られる「アトラス」がセガへ。(2013/9/18)

「真・女神転生」×「ファイアーエムブレム」 Wii Uで異色コラボ実現へ
ジャンルはRPG、タイトルや発売時期などはまだ不明。(2013/1/24)

アトラス、ニンテンドー3DS向けRPG「デビルサマナー ソウルハッカーズ」を8月30日発売
「真・女神転生」シリーズの外伝版といえる「デビルサマナー」シリーズ2作目が、10年以上の時を経てニンテンドー3DS版として登場。オリジナル版に加え、多数の新要素も追加予定となっている。(2012/5/17)

「真・女神転生IMAGINE」のフィッシングサイト出現、カード情報流出事件に便乗か
米国でクレジットカード情報が流出した可能性のある事件に便乗した詐欺メールが出回っている。(2012/4/2)

App Town ゲーム:
インデックス、「真・女神転生」のiPhoneアプリを発売
アトラスのRPG「真・女神転生」がiPhoneアプリで登場。インデックスのポーティング技術により、ゲームボーイアドバンス版の雰囲気やシリーズの世界観を損なうことなく忠実に再現している。(2012/2/24)

「真・女神転生」がiPhoneアプリで提供開始
インデックスよりアトラスの人気シリーズ「真・女神転生」のiPhone向けアプリが提供された。(2012/2/24)

MMORPG「真・女神転生IMAGINE」、TVアニメ「ギルティクラウン」とのタイアップ企画を始動
10月からオンエアしている、オリジナルストーリーアニメ「ギルティクラウン」とMMORPG「真・女神転生IMAGINE」のタイアップ企画がスタート。第1弾としてアバタープレゼントを開催中。(2011/11/9)

「デュラララ!!」とのタイアップ企画もスタート――「真・女神転生IMAGINE」、5月2日にアップデートを実施
今回のアップデートでは、メインエピソードの最新話「chap.2 Don't take my Name -2-」を公開。さらに、放映中のTVアニメ「デュラララ!!」とのタイアップキャンペーン企画もスタートする。(2011/5/2)

ゲームのお供はプリングルス――「真・女神転生IMAGINE」、2月15日よりローソン・プリングルズとのコラボキャンペーンを実施
2月15日から4月30日まで、ローソンで「プリングルス」を買うと「真・女神転生IMAGINE」アイテムが手に入るキャンペーンが開催される。(2011/2/1)

「真・女神転生IMAGINE」、新エピソード「Act.18 Do not make cast idols.」がスタート
魔階都市トーキョーで少女「アズラ」と「十戒の宝石」を巡るエピソードがスタート。果たして、イノセントな少女・アズラの運命はいかに。(2010/10/5)

新フィールド「イケブクロ 東地区」も登場――「真・女神転生IMAGINE」今夏のアップデート予定を発表
(2010/6/2)

日々是遊戯:
すぐにけせ すぐにけせ すぐにけせ……「真・女神転生」の怖すぎるウワサは本当だった?
「真・女神転生」の間ではわりと有名な「怖いウワサ」をご存知ですか? そのシーンを実際に再現、録画した動画が「ニコニコ動画」で話題となっています。(2010/2/2)

「真・女神転生IMAGINE」が「とある科学の超電磁砲」とコラボ
(2009/12/25)

「プチデモナイズド」を調査せよ――ケイブ「真・女神転生IMAGINE」
(2009/12/18)

登場悪魔はシリーズ最大――「真・女神転生 STRANGE JOURNEY」
(2009/8/19)

「真・女神転生IMAGINE」内でジューンブライドを
(2009/6/23)

「真・女神転生IMAGINE」、新システム「VERSUS」を実装
(2009/2/19)

仲魔の成長タイプを変更できる「デビルリユニオン」を実装――「真・女神転生IMAGINE」
(2008/12/18)

「女神異聞録デビルサバイバー」公式サイトがオープン
(2008/11/11)

DB-NETなどアップデート実施――「真・女神転生IMAGINE」
(2008/9/25)

仲魔からプレゼントがもらえる――「真・女神転生IMAGINE」
(2008/9/19)

レアアイテムの強化が可能に――「真・女神転生IMAGINE」アップデート実施
(2008/9/11)

悪魔同士でデビルフュージョン――「真・女神転生IMAGINE」
(2008/8/21)

中立都市「プロトピア」実装――「真・女神転生IMAGINE」夏の大型アップデート第1弾
(2008/8/7)

BIGLOBEゲームに「真・女神転生IMAGINE」登場
(2008/7/24)

新魔晶を集めてゲーム内アイテムをゲット――「真・女神転生IMAGINE」
(2008/7/22)

「真・女神転生IMAGINE」新規登録者に経験値アップアイテムをプレゼント
(2008/7/17)

「真・女神転生III」の魔神が登場――「真・女神転生IMAGINE」
(2008/7/14)

ログイン翌日にアイテムプレゼント――「真・女神転生IMAGINE」サマーキャンペーン
(2008/7/10)

「GAMERS HEART」プロジェクト賛同者専用ルームを設置――「真・女神転生IMAGINE」
(2008/7/3)

全員で協力して目標達成!?――「真・女神転生IMAGINE」
(2008/6/30)

「真・女神転生IMAGINE」、新エピソードを追加
(2008/6/26)

ゲームでエコを考える――「GAMERS HEART」プロジェクト
オンラインゲーム「真・女神転生IMAGINE」にて、「100万人のキャンドルナイト」に合わせて行われるキャンペーンの発表会が開催された。ゲームの世界でカーボンオフセットに協力できるプロジェクトとは?(2008/6/20)

「真・女神転生IMAGINE」、3つのキャンペーンを実施
(2008/6/17)

「真・女神転生IMAGINE」、6月19日にアップデートを実施
(2008/6/16)

経験値アップアイテム3日分をプレゼントするキャンペーンを実施――「真・女神転生IMAGINE」
(2008/6/4)

おきて破りの悪魔が登場――「真・女神転生IMAGINE」
(2008/6/2)

「真・女神転生IMAGINE」が「OCN GAME」に提供開始
(2008/5/29)

条件を満たせば「孫悟空の魔晶」をプレゼント――「真・女神転生IMAGINE」
(2008/5/16)

新ダンジョン「魔階カグラザカ朱雀洞」を実装――「真・女神転生IMAGINE」
(2008/5/12)

「真・女神転生IMAGINE」でユーザーコミュニケーション向上のためのイベントを開催
(2008/5/1)

新ワールドでキャラクターを作成してプレゼントを手に入れよう――「真・女神転生IMAGINE」
(2008/4/23)

生産システム第2弾、最後の要素「改造」を公開――「真・女神転生IMAGINE」
(2008/4/21)

「真・女神転生IMAGINE」で「スタートダッシュキャンペーンII」を実施
(2008/4/15)

生産システム第2弾「合成」の情報が明らかに――「真・女神転生IMAGINE」大型アップデート
(2008/4/14)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。