ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「目指せ!シスアドの達人−番外編」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「目指せ!シスアドの達人−番外編」に関する情報が集まったページです。

目指せ!シスアドの達人−番外編(4):
上司にITを使わせる秘訣は1ページのマニュアル!?
前回、坂口が作ったマニュアルをテストしていた谷田だが、すぐに行き詰まってしまう。そこに現れた松嶋の指摘によって、坂口のマニュアルには「複数の操作を1文で説明しており、分かりにくくなっている」という欠点があることが分かった。その後、谷田の協力もあり、坂口はその欠点に気付き、ついにマニュアルを完成させるが……。(2006/10/14)

目指せ!シスアドの達人−番外編(3):
大失敗する坂口、そして和解する女2人
前回、松嶋に「本当にマニュアルは必要なの?」と問われ、マニュアル作り以外にもIT活用を促す方法があることに気付いた坂口。その結果、「まず一度使ってみる」というハードルを超えるために、ごく短時間での操作教育を行おうと考えた。また、テストの重要さを教えられた坂口は、早速谷田にテストを頼んだのだが……。(2006/9/27)

目指せ!シスアドの達人−番外編(2):
マニュアル作りに燃える坂口、でも本当に必要なの?
前回、坂口は第一部第4回の時期を思い出していた。このころ、電子会議室を有効に使ってほしかった坂口は豊若に相談。マニュアル作りの達人である松嶋を紹介された。松嶋はマニュアル作りはシステム作りと同様に「要件定義」「設計」「開発」「テスト」の順になっていると教えるのだった。(2006/9/22)

目指せ!シスアドの達人−番外編(1):
坂口リターンズ!! 今度は使えるマニュアル編
この物語は初級シスアドである坂口啓二の奮闘(ふんとう)する姿を通して、システムアドミニストレータの役割などを紹介していった連載「目指せ!シスアドの達人」の番外編です。本編に入る前に第1部や登場人物関係図に目を通すと一層楽しめると思います。ぜひ、ご覧になってから本文をお楽しみください。(2006/9/7)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。