ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「モデリング」最新記事一覧

キーサイト A-LFNA:
ノイズ測定を統合した1/fノイズ・RTN測定システム
キーサイト・テクノロジーは、ウエハー上のデバイスノイズを測定、モデリングできる、1/fノイズ・RTN測定システム「Advanced Low-Frequency Noise Analyzer」を発表した。(2016/8/16)

CADニュース:
シーメンスPLM、コンバージェンスモデリングなどの予定新機能を紹介
シーメンスPLMソフトウェアは2016年6月9日に記者説明会を開催し、米国責任者がNXにおいて今後力を入れる方向や最新機能の詳細について語った。(2016/6/13)

電子ブックレット(組み込み開発):
電子ブックレット:Q&Aで読むモデリングの極意
今回は紹介してきたモデリングの極意や連載で紹介できなかったコツも含めて、Q&A形式でモデリングの極意を紹介します。連載各回の最後に書いてきた「モデラーへの長い道」と題した教訓も再掲します。(2016/3/22)

電子ブックレット(組み込み開発):
電子ブックレット:「持続可能なモデリング」を実現するために求められる知識
モデリングは一回の成功では成功と言えず、持続してこそ成功と言えます。「モデリングが成功した」状態を持続させるための方法を考察します。(2016/3/14)

電子ブックレット(組み込み開発):
電子ブックレット:失敗から学ぶモデリングのコツ
モデリングで失敗してもそこから学びがあれば、次の成功につながります。連載「プロジェクトを成功させるモデリングの極意」の第5回、「モデリングで失敗しないために――失敗から学ぶモデリングの実践的なコツ」を電子ブックレットでお送りします。(2016/3/3)

プロジェクトを成功させるモデリングの極意(7):
Q&Aで読むモデリングの極意――モデリングの問答集32問と教訓集72カ条
連載「プロジェクトを成功させるモデリングの極意」の総集編として、今回はモデリングとは何か?からその運用までをFAQ(Q&A)形式でまとめました。プロジェクトを成功させる極意としてご利用ください。(2016/3/1)

電子ブックレット(組み込み開発):
電子ブックレット:失敗例から探る、モデリング失敗の原因
モデリングはなぜ失敗するのでしょうか。連載「プロジェクトを成功させるモデリングの極意」の第4回、「UMLやSysMLなどのモデリングは“いつ”“何を”“どうするのか”」を電子ブックレットでお送りします。(2016/2/29)

電子ブックレット(組み込み開発):
電子ブックレット:モデリングは「いつ」「なにを」どうするべきなのか、開発現場の実施例
ソフトウェア開発の現場において、モデリングはどのように行われているのでしょうか。連載「プロジェクトを成功させるモデリングの極意」の第3回、「UMLやSysMLなどのモデリングは“いつ”“何を”“どうするのか”」を電子ブックレットでお送りします。(2016/2/25)

電子ブックレット(組み込み開発):
電子ブックレット:UMLやSysMLを活用できないエンジニアに向けたモデリング実践的活用術(後編)
モデリングはソフトウェア設計を行う際に不可欠な技術ですが、漠然と取り組んでは求める効果を得られません。連載「プロジェクトを成功させるモデリングの極意」の第2回、「UMLやSysMLを活用できないエンジニアのための実践的活用術(後編)」を電子ブックレットでお送りします。(2016/2/22)

ユーザーの状況・行動パターンを未来予測したレコメンドも:
PR:ビッグデータ、機械学習を誰でも手軽にビジネス活用できるようにする、SI現場の知見が詰まったクラウドサービスで何ができるのか
オープンストリームが、リアルタイムデータ収集・蓄積プラットフォーム「LogStream(ログストリーム)」を2015年11月から提供を開始。その概要や、開発の狙い、その活用例として、開発中のビッグデータのモデリング・解析・通知サービスについて担当者に聞いた。(2016/3/4)

電子ブックレット(組み込み開発):
電子ブックレット:UMLやSysMLを活用できないエンジニアに向けたモデリング実践的活用術(前編)
モデリングはソフトウェア設計を行う際に不可欠な技術ですが、漠然と取り組んでは求める効果を得られません。連載「プロジェクトを成功させるモデリングの極意」の第1回、「UMLやSysMLを活用できないエンジニアのための実践的活用術(前編)」を電子ブックレットでお送りします。(2016/2/19)

プロジェクトを成功させるモデリングの極意(6):
モデリングを成功させるために――持続可能なモデリングを目指して
今回はモデリングで失敗しないだけでなく、さらにモデリングを成功させ、継続するための方法を探ります。失敗しないコツが盾であるならば、成功と持続のコツは矛に相当しますので、これらを学んでモデリングを持続可能(sustainable)なものとしていきましょう。(2016/2/1)

プロジェクトを成功させるモデリングの極意(5):
モデリングで失敗しないために――失敗から学ぶモデリングの実践的なコツ
モデリングを失敗しないためには、失敗の原因と失敗しないためのコツを知ることが肝要です。今回は失敗しないための実践的なコツを紹介します。(2016/1/8)

プロジェクトを成功させるモデリングの極意(4):
モデリングはなぜ失敗するのか―― 悪いモデル、汚いモデル、意味がないモデル
誰もが失敗したくてモデリングする訳ではないのに、失敗しているモデリングを見る機会は減りません。今回はモデルの失敗例を通じてその原因を探ります。(2015/12/4)

タイピングやVR空間内でのモデリングも!? 指先のジェスチャーだけでPCやスマホを操作できるコントローラー登場
未来感はんぱない!(2015/11/2)

プロジェクトを成功させるモデリングの極意(3):
UMLやSysMLなどのモデリングは“いつ”“何を”“どうするのか”
「モデリングはいつ誰が何をどのようにするのか」――今回はソフトウェア開発の現場で、モデリングを実際にどのように実施しているのか見ていきましょう。またUMLやSysMLの使いにくいところを、開発現場ではどのようにカバーしているのかも見ていきます。(2015/11/2)

プロジェクトを成功させるモデリングの極意(1):
UMLやSysMLを活用できないエンジニアのための実践的活用術(前編)
モデリングの手法やツールの基礎を覚えるだけでなく、モデリングの目的やその本質をつかんで、ソフトウェアの開発現場で実際に役立つように基本を学んでいきましょう。(2015/10/1)

MEANスタックで始めるWebアプリ開発入門(5):
いまさら聞けないMongoDBの基礎知識とインストール、CRUD操作の基本、モデリングツールMongooseの使い方
MEANスタックを用いたWebアプリの開発方法について紹介していく連載。今回は、ドキュメント指向データベース「MongoDB」の概要とセットアップの仕方、コマンドで基本的なCRUD操作をする方法、MongoDB用モデリングツール「Mongoose」の使い方と、Node.jsからMongooseモジュールでMongoDBを操作する方法などについて。(2015/7/14)

G-Tune、MMDモデル8弾“NEXTGEAR”姿の「Gちゃん」の公開を開始
マウスコンピューターは、G-Tuneブランドのマスコットキャラクターを題材にしたMMDモデリングデータ無償公開の第8弾を開始した。(2014/11/28)

G-Tune、MMDモデリングデータ配布第5弾「Gちゃん」の無償配布を開始
マウスコンピューターは、G-Tuneブランドのイメージキャラクター「Gちゃん」のMMDモデルデータの無償配布を開始する。(2014/8/27)

情シスの本棚(7):
プログラミングの納得感が高まる「オブジェクト指向超入門」
考え方や仕組みに納得できれば、今よりもプログラミングやモデリングを使いこなすことができる。あらためてオブジェクト指向を学び直してみてはいかがだろう。(2014/5/21)

組み込み開発ニュース:
複数拠点での開発を支援するUMLツール「Enterprise Architect バージョン11.0」
スパークスシステムズジャパンは、UMLモデリングツール「Enterprise Architect」日本語版の最新バージョン11.0をリリースした。海外拠点も含む分散環境での設計開発を支援する仕組みを強化している。(2014/4/28)

G-Tune、公式マスコット「Tuneちゃん」のMMDモデリングデータを無償配布
マウスコンピューターは、G-Tuneブランドの公式マスコットキャラクター「Tuneちゃん」のMMD向けモデリングデータを公開した。(2014/4/24)

Microsoft、脆弱性抑止の開発支援ツール最新版を公開
Microsoftは脅威モデリングツールの最新版となる「Threat Modeling Tool 2014」の無料提供を開始した。(2014/4/17)

名器「808」「909」「303」が現代に復活 ローランド、新シリーズ「AIRA」発売
「TR-808」「TR-909」「TB-303」を忠実にモデリングした上で現代のシーンに合わせてチューンアップした「AIRA」シリーズをローランドが発売する。(2014/3/4)

ビジネスニュース:
Intelは9nm以降の技術を発表、IEDMのプログラムが決まる
2013年12月に開催される半導体素子の国際学会「IEDM 2013」では、FinFETとFDSOIに注目が集まりそうだ。TSMCは16nm FinFETの他、14nmのFDSOIについて論文を発表するという。Intelは、9nm以降で用いるトンネル電界効果トランジスタのモデリングについて説明するようだ。(2013/10/10)

マインドマップも標準搭載:
SysML対応のシステム設計ツール「astah* SysML 1.0」発売、チェンジビジョン
チェンジビジョンは、自動車や航空/宇宙分野、通信分野などで採用が進むシステムモデリング言語「SysML」をサポートした、システム設計ツール「astah* SysML 1.0」の販売を開始した。(2013/7/1)

UXデザインのススメ(4):
想定するユーザーを「ペルソナ」としてモデリングする
ユーザーを「ペルソナ」として、1人の人物のように定義しよう。特徴的な属性・好みや行動パターンは? さらに、ゴールを設定し、どのように行動するかを物語形式のシナリオを作ろう。(2013/5/15)

IBM Rational Rhapsody:
PR:複雑化するシステム・ソフトウェア開発を成功に導くために、上流工程で何をすべきか
近年、システム開発は複雑化が進み、品質確保が困難になりつつある。どうすれば不具合をなくし、手戻りコストを削減できるのか……。日本アイ・ビー・エムは、多くの実績・知見・成功事例に裏打ちされたベストプラクティス「Harmony SE」と、モデリング・シミュレーションツール「IBM Rational Rhapsody」による“モデル駆動システムズ・エンジニアリング”を展開し、複雑化するシステム開発を成功に導く。(2013/4/15)

【連載】コミュニケーションデザインのための戦略フレームワーク:
第5回 プロセスの視点 〜内部業務プロセスの「見える化」と「評価」のためのフレームワーク〜
今回お話しするマーケティングコミュニケーション活動におけるプロセスの視点では、「内部業務プロセス」と「コミュニケーションデザイン」という2つのケーパビリティを高めるためのフレームワークやモデル、モデリングの進め方、そしてモデリングを進める上でのポイントやコツを紹介します。(2012/11/30)

シーメンスPLMソフトウェアの新製品発表:
「NX 8.5」は人の顔の形に沿ったメガネの形も作れる!?
シーメンスPLMソフトウェアのCAD/CAM/CAE完全統合システム「NX 8.5」は約2000の新機能を追加。フリーフォームモデリングにユニークな機能が加わり、2次元曲線や3次元形状で任意の箇所を拘束して、基本的な形状を自由に変形可能だ。人の顔を3次元スキャンしたデータも利用できる。(2012/11/6)

【改訂版】初歩のUML:
第5回 少しだけ高度なモデリング技術(その2)クラスの依存関係と実現関係
 今回も「第4回 少しだけ高度なモデリング技術(その1)」に引き続き、高度なモデリングの考え方についてクラス図を取り上げて説明していきます。今回取り上げるのはクラスの依存関係と実現関係です。(2012/10/1)

状態遷移表による設計手法(4):
状態遷移表を使用した設計モデル(拡張階層化状態遷移表)
状態遷移表による設計手法について解説。今回は、前回作成した要求分析モデルを基に、「設計モデル」を作成する。プログラミングを意識したモデリングを行うため、「拡張階層化状態遷移表」による表記を用いる。(2012/9/24)

状態遷移表による設計手法(3):
状態遷移表を使用した要求分析モデル
実際に、要求仕様から状態遷移表を作成するプロセスを紹介する。モデリングを行いながら、要求仕様書で定義されていない曖昧な部分を検討し、明確化。上流工程の段階でモデルを洗練しておくことで、無駄のない最適なソースコードを作成できる。(2012/7/11)

3次元って、面白っ! 〜操さんの3次元CAD考〜(12):
ダイダイダイレクト祭! その1「Solid Edge」
最近の3次元CADのトレンド「ダイレクトなモデリング」をテーマにさまざまな3次元CADの機能を紹介していく。今回は、Solid Edge。(2012/5/18)

ESEC2012:
東芝情報システムがリアルタイムシミュレータを強化、ダッソーの「Dymola」と連携
東芝情報システムのリアルタイムシミュレータ「M-RADSHIPS」は、ダッソー・システムズのモデリングツール/シミュレータ「Dymola」との連携動作が可能になった。(2012/5/16)

NEWS:
ダッソーのMBDツールでリアルタイムシミュレータ連携検証が可能に
PLMベンダーのMBDツール連携、強化が盛んに。ダッソー・システムズは自社の制御システムモデリングツールに東芝情報システムの開発したモデルライブラリを投入する。(2012/5/10)

NEWS:
ダッソーのMBDツールでリアルタイムシミュレータ連携検証が可能に
PLMベンダーのMBDツール連携、強化が盛んに。ダッソー・システムズは自社の制御システムモデリングツールに東芝情報システムの開発したモデルライブラリを投入する。(2012/5/10)

PLMニュース:
ダッソーのMBDツールでリアルタイムシミュレータ連携検証が可能に
PLMベンダーのMBDツール連携、強化が盛んに。ダッソー・システムズは自社の制御システムモデリングツールに東芝情報システムの開発したモデルライブラリを投入する。(2012/5/9)

ESEC2012 開催直前情報!!:
「組み込みソフト開発の信頼性強化へ」、キャッツが3つの技術を提案
ソフトウェア開発ツールなどの開発/販売を手掛けるキャッツはESEC 2012で、組み込みソフト開発の信頼性向上に貢献する3つの技術を紹介する。実機の電動車いすロボットを例に取り上げ、安全監視用ソフトウェアの検証やモデリングについてディスカッションを行うトークイベントも予定している。(2012/4/19)

SolidWorks 2012はパフォーマンス向上に自信あり:
旧バージョン比較でモデリング作業時間が半減
SolidWorks 2012では、ユーザー要望に基づく数多くの新機能・機能改善が盛り込まれた。旧バージョンの2011と作業時間を実際に比較した結果も公表。(2011/9/27)

Creo 1.0の日本向け説明会より:
PTCのダイレクトモデリングのツール、2手に分かれる
Creoでは、ダイレクトモデリングのツールが2手に分かれた。旧CoCreateユーザー、まったく新しいユーザー、両方のニーズに配慮された。(2011/7/11)

富士通とオーストラリア国立大、プラズマ解析ソフトを共同開発
欧州富士通研究所とオーストラリア国立大学は、津波モデリングやプラズマ物理といった自然現象を解析するスパコン用ソフトの共同開発を始めた。(2011/6/16)

3つの設計アプローチで見るETロボコン参戦記録(5):
モデル検討に専念できる!! 「BridgePoint」によるアプローチ
富士ゼロックスのETロボコン参戦記録。今回はモデル駆動開発ツール「BridgePoint」を使い、開発にチャレンジした「みんなとみらい2」の取り組みなどを紹介する。(2011/6/8)

きゃどりる(11):
【解説3-2】見落さなかった形状を作り忘れないで
今回も【問題3】のモデリングについて解説します。前回、ちょっと分かりづらい図面から読みとった形を詳細に作っていきます(2010/10/15)

きゃどりる(10):
【解説3-1】ここを見落とすな!
今回は【問題3】のモデリングについて解説します。分かりづらいにもかかわらず、見落とすと痛い! ポイントです(2010/10/4)

体験! MBD&MDDによる組み込みシステム開発(5):
動きの開発、速度制御ロジックのモデリング
今回は、Scicoslabを使いながら速度制御ロジックのモデリングを行い、「動き」の開発を進めていく!!(2010/8/30)

きゃどりる(6):
【解説2-1】R20のフィレット部はどうなってるの?
今回は 【問題2】のモデリング手順を解説します。エッジに掛かったフィレット、一見何でもなさそうな形状ですが、よく考えないと……!?(2010/8/26)

きゃどりる(3):
【解説1-1】まずベース形状を作成しよう
前回のきゃどりる(2)は、3次元モデリングの問題を出題しました。今回はモデリング方法を解説していきます。前回、モデルを作っていただいたと思いますが、皆さんの作成方法とぜひ比較してみてください。 (2010/7/14)

きゃどりる(2):
【問題1】まずは自力で解こう。目標は25分間!
いよいよ3次元モデリングの問題を出題します。形はイメージできるでしょうが、いざモデリングしてみるとなかなか考えさせられます(2010/7/7)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。