ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ぷらっとホーム」最新記事一覧

ぷらっとホーム OpenBlocks IoT EX1:
ぷらっとホームのIoTゲートウェイ、「超ビッグデータ創出基盤」実験に利用される
ぷらっとホームは、同社のIoTゲートウェイ製品「OpenBlocks IoT EX1」が超ビッグデータ創出基盤の実証実験に採用されたことを発表した。データを安全、確実に収集し、安定してデータを可視化できることを実証した。(2017/11/17)

組み込み採用事例:
IoTゲートウェイ製品が超ビッグデータ創出基盤の実証実験に採用
ぷらっとホームは、同社のIoTゲートウェイ製品「OpenBlocks IoT EX1」が超ビッグデータ創出基盤の実証実験に採用されたことを発表した。データを安全、確実に収集し、安定してデータを可視化できることを実証した。(2017/11/2)

産業用ネットワーク技術解説:
いまさら聞けないLoRaWAN入門
IoTデバイスを開発する上で重要なLPWA(低消費電力広域通信)ネットワークのうち、自前で基地局設置ができることから注目を集めているのが「LoRaWAN」です。本稿では、このLoRaWANについて、利用者視点で解説します。(2017/9/19)

充実一途の「Azure Certified for IoT」も:
PR:「Windows 10 IoT」はなぜIoTデバイスのためのOSなのか
IoT時代に求められるデバイスOSとは何か。マイクロソフトは「第6回 IoT/M2M展」において、その答えを披露する。充実を続けるIoTデバイスの認証プログラム「Microsoft Azure Certified for IoT」の魅力にも迫る。(2017/4/26)

標準プラットフォームの実現へ:
インテルがスマートホームの実証実験を開始へ
インテルが関西電力、Kii、ぷらっとホームの3社と協力し、家庭向け宅内IoT(モノのインターネット)プラットフォームの実証実験を開始する。同プラットフォームを介して、さまざまな分野のIoTサービスから必要なものを各ユーザーが自由に選択できる――。今回の実証実験を通じて、そんな新しい形のスマートホームの実現を目指す。(2017/4/18)

製造業IoT:
IoTivityはスマートホームのAndroidになれるか、インテルや関電などが実証実験
インテルは、関西電力、Kii、ぷらっとホームの3社と共同して、スマートホームを実現するIoT(モノのインターネット)プラットフォームの実証実験を始める。LinuxをベースとするIoTのオープンソースプラットフォーム「IoTivity」を採用し、スマートホーム分野での普及拡大を目指す。(2017/4/13)

エネルギー管理:
「IoTの新たな可能性探る」 インテルと関西電力がスマートホームの実証実験を開始へ
インテルは、関西電力などと家庭向けIoTプラットフォームの実証実験を開始する。関西電力の家庭向けサービス「はぴeみる電」の利用者100世帯を対象に、環境センサーとゲートウェイを設置。センサーから収集したデータを基に、個々に最適化したサービスを提供することを目指す。(2017/4/13)

インテルが家庭向け宅内IoTプラットフォームの標準化に向けて実証実験を開始
インテルが関西電力などと協力して、家庭向け宅内IoTプラットフォームの実証実験を行う。期間は2017年9月から2018年3月までの予定だ。(2017/4/12)

製造業IoT:
複数拠点のIoTゲートウェイを遠隔地から統合管理するサービス
ぷらっとホームは、複数拠点に設置されたIoTゲートウェイを遠隔地から統合管理するSaaS方式のサービス「AirManage for IoT」を発表した。同社のIoTゲートウェイ製品「OpenBlocks IoT Family」を遠隔地からセキュアに設定/監視できる。(2017/2/22)

製造ITニュース:
IoTデバイスの稼働管理・運用の自動化が可能な管理ツールを発表
日本ユニシスとユニアデックスは、IoTデバイスの稼働管理や運用の自動化が可能な「IoTビジネスプラットフォーム IoTデバイス管理機能」の提供を開始する。(2017/2/16)

ぷらっとホーム OpenBlocks IoT VX1:
処理能力を強化したIoTゲートウェイ、機械学習や分散処理にも
ぷらっとホームがデュアルコアの1.33GHz駆動SoCを搭載したIoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT VX1」を販売。ソフトも大幅に強化され、各種センサーやクラウドとの接続も容易だ。(2016/10/29)

製造ITニュース:
Watson IoTで「自動車」や「産業機器」を支援、IBMが業界特化ソリューション
日本IBMが「Watson IoT」を利用した業界特化ソリューションを展開する。IoT実現に欠かせないパートナーとの関係を強化するパートナープログラムも開始する。(2016/7/26)

ドコモ回線やクラウド15万円分の利用権付き:
IoTの評価/検証に必要なものをワンセットに、ユニアデックスが「IoT評価検証キット」を発売
ユニアデックスが、「IoTスタートキット」を発売する。「IoT、何からやればよいか/何をそろえればよいかが分からない……」といった企業に向けて、IoTの評価検証に必要な製品をパッケージ化した。(2016/7/26)

未知の要件に応えるには、パートナーが大事:
PR:ぷらっとホームがIoTソリューションを展開する上でWatson IoT Platformを選んだ理由
ぷらっとホームは、2000年に国内初のLinuxマイクロサーバを開発・出荷、大手通信事業者や金融業界、物流など幅広い業界で着実に実績を積み重ね、その技術力が高く評価され続けている。代表取締役社長の鈴木友康氏によれば、同社のIoTゲートウェイ製品「OpenBlocks IoT Family」には、データの通信を受け止めることができるクラウドサービスが必要だったという。そこで白羽の矢が立てられたのが「IBM Watson IoT Platform」だ。同社は、Watson IoT Platformを活用して、どのようなソリューションを開発・提供しているのだろうか。(2016/7/21)

ESEC2016特別企画:
PR:IoTデバイスのビジネスチャンスを生み出す「Microsoft Azure Certified for IoT」
マイクロソフトの「Microsoft Azure Certified for IoT」は、OSやデバイスの種類を問わずクラウドへつながることを無料で認証するプログラムだが、単純な認証にとどまらず、さまざまな角度から「IoTビジネス」を推進するプログラムでもある。ESEC2016の会場で垣間見えたその魅力を紹介する。(2016/6/1)

ホットリンクやロックオンなども参画:
国内初のブロックチェーン業界団体「ブロックチェーン推進協会」が発足
2016年4月25日、日本国内においてブロックチェーン技術の研究開発および実装推進を行う有志企業34社は、「ブロックチェーン推進協会」を設立したことを発表した。(2016/4/26)

IoT:
IoT導入に必要な5要素をパッケージ、ぷらっとホームが提供
ぷらっとホームがIoT導入に必要な「センサー」「ゲートウェイ」「回線」「クラウド」「アプリ」をパッケージにした「IoT クラウドベーシックセット for ソフトバンク」を発売する。(2015/7/29)

INTEROP TOKYO 2015速報:
2015年のINTEROP TOKYO、Best of Show Award受賞製品が決定
INTEROP TOKYOにおける優秀展示製品を選ぶBest of Show Awardで、2015年の受賞製品が決定した。(2015/6/10)

Edison対応拡張カードも続々登場:
「Edison」で盛り上がるインテル“ものづくり”気質
Maker Faire Tokyo 2014に出展したインテルが主催したワークショップでは、Edisonを使った工作ができると聞いた。開場12時だから2時間前に行けばいいよね。(甘(2014/11/26)

組み込み開発ニュース:
何に使うか「Edison」、ロボット制御や小型IoTエッジデバイスなどインテルが紹介
米Intelの日本法人であるインテルは展示会「ITpro EXPO 2014」において、国内販売の決定した超小型コンピュータ「Edison」とその利用例を紹介している。(2014/10/17)

組み込み開発ニュース:
ぷらっとホーム、インテル「Edison」を使用した超小型サーバ
ぷらっとホームは2014年9月29日、インテルのEdisonを使用した超小型サーバ“OpenBlocks IoTファミリ”「OBSBX1」を2015年2月より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は3万円台半ば(受注台数により変動)の見込みだ。(2014/9/29)

組み込み開発ニュース:
インテル「IoTを取り巻く全てを支援する」、Edison搭載製品も披露
インテルはIoTに関する同社の取り組みを紹介する記者会見を開催、国内外のIoTを取り巻く環境と日本国内の事例もあわせて紹介した。また、正式発表した超小型コンピュータ「Edison」の搭載製品も披露した。(2014/9/29)

Zabbix Conference Japan 2013レポート:
「Zabbix 2.2は最も優れ、安定したリリース」、開発者が語る
Zabbix Japanは2013年11月22日、「Zabbix Conference Japan 2013」を開催した。オープニングスピーチには、ラトビアのZabbix SIA創設者兼CEOで、オープンソースの統合監視ソフトウェア「Zabbix」の生みの親であるアレクセイ・ウラジシェフ氏が登場した。(2013/11/22)

あれから30年、これから30年:
jusの歴史からたどる日本のITコミュニティの道のり
1983年6月に設立された日本でも最も古いUNIX系ユーザーコミュニティの1つ、「日本UNIXユーザ会(jus)」が設立30周年を迎えました。その道のりと記念イベントの模様をお伝えします。(2013/8/6)

ぷらっとホームの小型サーバを採用:
オープンソースの統合監視ツール「Zabbix」がアプライアンスに
Zabbix Japanは5月29日、オープンソースの統合監視ソフトウェア「Zabbix 2.0」を搭載したアプライアンス製品「Zabbix Enterprise Appliance ZS-5200」を発表した。(2013/5/29)

パーツショップ栄枯盛衰(前編):
まだオレらのホームだった「電車男」以前――自作PCの街アキバを振り返る
映画「電車男」がヒットした2005年。街の再開発が進み、思えばそのころから“自作の街・アキバ”の空気が変わっていった。当時の空気感を写真とともに振り返ってみよう。(2013/3/14)

ぷらっとホーム、スマートフォンが約10回充電できるポータブルバッテリー「Sherpa 50 Recharger V2」を発売
ぷらっとホームから、50Whのリチウムイオン電池を搭載したポータブルバッテリー「Sherpa 50 Recharger V2」が登場。スマートフォンを約10回充電でき、オプションのインバーターを使えばAC100V出力も行える。(2013/1/16)

オプション含めフル機能が利用可能に:
Hinemos 4.0をOpenBlocks Aに搭載したアプライアンス、発売
(2012/10/5)

NTTデータとぷらっと、運用管理OSSを搭載するマイクロサーバを発売
ぷらっとホームは、NTTデータが技術支援する統合運用管理のオープンソースソフトウェア「Hinemos」を搭載したシステム管理アプライアンスを発売した。(2012/10/5)

マイクロサーバ「OpenBlocks」向け監視ツール、コムスクエアが提供
コムスクエアはぷらっとホームのマイクロサーバ向けに、サーバ・ネットワーク監視ソフトを提供する。(2012/8/10)

組み込み技術:
超小型サーバを作るには――ARMプロセッサの選び方
ARMアーキテクチャを採用したプロセッサが多数、製品化されている。組み込み機器を設計する場合、どのプロセッサを選べばよいのだろうか。一般には、性能条件を満たした上で、必要な周辺機能を備えたSoCを選択すべきだとされているが、必要な仕様は組み込み機器によって千差万別だ。小型ARMサーバを製品化したぷらっとホームの事例「OpenBlocks」を紹介する。(2012/6/7)

ぷらっとホーム、ARMベースのマイクロサーバ新製品を発売
ぷらっとホームは、ARMベースのCPUを搭載したマイクロサーバ「OpenBlockS AX3」「OpenBlockS A6」を発売。Atom搭載IAサーバと比較して消費電力を7〜8割程度削減できるという。(2012/6/7)

ぷらっとホーム、柔軟な拡張が可能なストレージを発売
ぷらっとホームは、分散ストレージシステム製品の「CloudStation dSS」を発売する。(2010/5/27)

ぷらっとホーム、手のひらサイズのLinuxサーバ最新版を発売
ぷらっとホームは、小型Linuxサーバの最新機種「OpenBlockS 600」の販売を開始した。(2009/5/12)

電源消費の削減に注力:
ぷらっとホーム、Xeon 5500搭載のクラウドサービス向けサーバ
(2009/4/6)

ぷらっとホーム、Xeon 5500番台を搭載した省電力型1Uサーバを発売
ぷらっとホームは、省電力機能に特化した1Uのラック型サーバ「CloudStation E」を5月中旬に出荷する。(2009/4/6)

AdminIT Daily News:
アキバの老舗 ぷらっとホームがクラウド向け高密度サーバを発売
ぷらっとホームは1Uラックサーバとブレードサーバの中間層を狙った高密度サーバを発売する。社内クラウドサービスの迅速な立ち上げニーズに応えるという。(2008/12/4)

いますぐ使える! BusyBox活用術(5):
組み込み機器にBusyBoxとuClibcを導入しよう【後編】
BusyBox+uClibcによるWebサーバを動かすためのファームウェアを実際にOpenBlockS266に書き込んでWebサーバを動作させる。(2008/11/10)

いますぐ使える! BusyBox活用術(4):
組み込み機器にBusyBoxとuClibcを導入しよう【前編】
BusyBox+uClibcの効能をさらに理解するために、ぷらっとホーム社の「OpenBlockS266」を用いて実際にWebサーバを構築する。(2008/10/10)

ぷらっとホームの本多弘男会長が死去
秋葉原の「おやじ」として親しまれたぷらっとホームの本多会長が死去した。(2008/6/11)

有馬あきこのはじめましてインターネット:
六本木系女子大生になれずアキバでUPSを担ぐ
女子高生時代は新宿南口のタイステ(TAITOSTATION)で「ゆうゆのクイズでGo!Go!」をひたすらプレイ。花の女子大生ライフに突入かと思いきや、アキバのぷらっとホームで買ったUPSを担ぐハメに……。(2008/5/8)

ぷらっとホーム、「PacketiX VPN 2.0」の英語版を販売開始
ぷらっとホームは、ソフトイーサが開発しているL2-VPNソフトウェア「PacketiX VPN 2.0」の英語版を販売開始した。(2007/10/10)

週末アキバPickUP!:
「突然死」か「緩やかな死」か――アキバから姿を消していくPCショップ
Windows Vista深夜販売の翌日、“特需”に沸くアキバで「激安店」として名を馳せたPC-Successが突然の閉店。しかし周囲のショップは意外と冷静に事の成り行きを見つめていた。(2007/2/3)

アキバツアーズ2006 第2回:
アキバに詳しいのね、と言われたい 〜後編〜
物欲に駆られた魂の救済をめざす「アキバツアーズ」。マニアックなPCパーツショップを回って物欲を満たすついでにメイドさんに揉みほぐしてもらった。仕事だッ!(2006/8/24)

エンタープライズLinuxの実力:
第1回:エンタープライズとLinuxの関係
企業システムをLinuxで構築する例が増えている。現在では、ミッションクリティカルな業務アプリケーションだけでなく、社会インフラを支えるソフトウェア基盤としても、Linuxが受け入れられるようになってきた。今回は、エンタープライズ市場におけるLinuxの状況を見てみよう。(2006/7/7)

Interop Tokyo 2006:
グーグル製ドキュメント検索アプライアンスの廉価版が登場
ぷらっとホームは展示場において、社内の文書検索やECサイトの商品検索などを行うグーグルの検索エンジンアプライアンスを紹介した。(2006/6/9)

ぷらっとホームと東大、ロボットやITで共同研究
(2006/3/10)

キーボード:
フロントフューチャー、指紋センサー搭載のミニキーボードを発表
フロントフューチャーは、本体キーボードのみで処理を完結することを特徴とする指紋デバイス内蔵ミニキーボードを発表した。(2006/3/6)

BeOSの後継OSが舐める辛酸、これはスーツとギークの局地戦か?
BeOSの後継OS「ZETA」を開発するyellowTABが日本の総代理店であるBerry Japanと契約を打ち切った事件は、ZETAの将来を閉ざしてしまうのだろうか。(2006/2/13)

PCパーツショップが考える秋葉原ブーム:
第2回 「アキバブランド」という考え方とその価値
“アキバ”ブームに沸く秋葉原。第2回は、電気街が盛り上がった1995年頃から現在の状況までの変遷を振り返り、昨今のPCパーツショップの現状を探ってみる。(2005/12/27)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。