ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

「RFID」最新記事一覧

Radio Frequency Identification

関連キーワード

製造業IoT:
スマートフォンでRFIDを一括管理できるアプリを開発
トッパン・フォームズは、スマートフォンなどのスマートデバイスを用いて各種情報連携ができるRFID(無線通信による個体認識)アプリ「RFtouch」の提供を開始した。ネットワーク環境を利用して、管理システムへ1つのデバイスでアクセスできる。(2016/11/15)

7780万ドル+アーンアウト条項で:
STマイクロ、amsのNFC/RFIDリーダー事業を買収
STMicroelectronics(STマイクロエレクトロニクス)が、オーストリアamsのNFCおよびRFIDリーダー事業を買収した。STマイクロエレクトロニクスは、同社のセキュアエレメントとamsのNFCコントローラーを搭載したデバイスのサンプル出荷を既に開始している。(2016/8/2)

ワイヤレスジャパン2016:
メイドさんを自動認識しちゃう?――IoTでよみがえる「RFID」の世界
NFCの影に隠れてしまった感のあるRFID。それが、昨今のIoT(モノのインターネット)ブームに乗って再び脚光を浴びつつある。メイドさんは、このビッグウェーブに乗るのか、乗らないのか……?(2016/5/27)

デジタル OsiSense XG:
IoT導入に貢献、人やモノの情報を管理する通信機器RFIDシステム
デジタルは通信機器RFIDシステム「OsiSense XG」シリーズを発売。表示器とダイレクトに接続することで、上位PC/PLCとのプログラムレス通信が可能となる。(2016/3/1)

FAニュース:
HMI/PLCとのプログラムレス通信が可能なRFIDシステムを発売
デジタルは、人やモノの情報を管理する通信機器RFIDシステム「OsiSense XG」シリーズを発売した。HMIやPLCとダイレクトに接続できる。(2016/2/29)

お母さんとマッチングさせるとメロディが:
RFIDで乳児の取り違えを防止、日本の病院が導入
サトーヘルスケアは、Cadi ScientificのRFIDタグを活用した赤ちゃんの取り違えを防止するシステムの本格運用を、永寿総合病院(東京都台東区)で開始したと発表した。永寿総合病院で看護部科長を務める小林さつき氏に、同システムを導入した狙いとその効果を聞いた。(2015/10/22)

電子ブックレット:
RFIDチップを糸に織り込む、洗濯機と通信できるスマート衣服の実現も?
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、"スマート衣服"を実現する可能性のある、フランスの新興企業が開発を手掛けたRFIDチップを糸に織り込む技術「E-Thread」について紹介する。(2015/8/2)

在庫確認も、より高精度に:
RFIDチップを糸に織り込む、洗濯機と通信できるスマート衣服の実現も?
フランスの新興企業であるPrimo1Dは、RFIDチップを搭載したマイクロエレクトロニクスパッケージを糸に織り込む技術「E-Thread」を手掛けている。E-Threadを応用すれば、洗濯機と通信して、洗濯の強度や時間などを調節する“スマート衣服”が実現するかもしれない。(2015/7/6)

TECHNO-FRONTIER 2015 開催直前情報:
「Industrie 4.0」実現に向けたコネクタやスイッチを提案――ハーティング
ハーティングは「TECHNO-FRONTIER 2015」(2015年5月20〜22日、幕張メッセ)で、「Industrie 4.0」や「産業システムの統合」を意識した製品を提案する。具体的にはPoE(Power of Ethernet)機能付きイーサネットスイッチやRFIDタグ、部品と基板の一体化を実現する3D-MID(立体成形回路部品)などだ。(2015/5/19)

金属や人体に装着できる小型・薄型RFIDタグ 富士通研が開発
身に着けるIDカードや金属部品など、電波の制限を受けていた素材に装着して利用できる小型・薄型のRFIDタグを富士通研究所が開発した。(2014/12/3)

組み込み開発ニュース:
富士通、金属や人体にも装着可能な「世界最小」RFIDタグ
富士通は金属や人体など、さまざまな素材に装着できる薄型RFIDタグを開発したと発表した。新開発の電波放射技術により取り付ける素材を選ばず、わずか0.5mmと薄くすることが可能だ。(2014/12/3)

製造ITニュース:
バーコードやRFIDも不要! NECが画像と重量で検品を自動化するシステムを提案
NECはユーザーイベント「C&Cユーザーフォーラム & iEXPO2014」を2014年11月20〜21日に開催する。その中で、新たに画像と重量で検品を自動化するシステムを出展する。(2014/11/19)

BEAMS、RFIDを使った商品情報サービスを実験へ
鳥の巣箱に見立てたハンガーポールに商品をぶら下げると、巣箱の中に置いたタブレットに商品情報が表示されるユニークな仕掛けだ。(2014/11/18)

商品ごとの閲覧ログ蓄積:
富士通とビームスが共同 ―― RFID活用で新しい顧客体験を提供
富士通は11月18日、ファッション業を営むビームスと共同で、ファッション業界では初めてとなるRFIDを活用した新たな顧客体験の実証実験に取り組むことを発表した。(2014/11/18)

組み込み開発ニュース:
ビームス、RFIDで着こなし提案
セレクトショップ「ビームス」は、ハンガーポールを模した器具にRFIDタグのついた商品をかけると、商品情報とともに着こなし例を紹介するサービスを試験提供する。(2014/11/18)

マキシム MAX66242:
マスタ/スレーブ機器間の機密データ転送を保護、マキシムのセキュア認証用IC
Maxim Integrated Products(マキシム インテグレーテッド プロダクツ)は、ワイヤレスNFC/RFIDインタフェースとI2Cインタフェースを搭載したセキュア認証用IC「MAX66242 DeepCover」を発表した。(2014/11/7)

産業用機器 基礎解説:
スマートファクトリーを末端から支える「RFID活用」
RFIDタグ技術の自動車製造ラインなどでの採用が進んでいる。ドイツのインダストリー4.0などが示す高度自立分散型「スマートファクトリー」の基幹技術の1つとしても注目される同技術。あらためて産業用途でのRFID技術を整理するとともに、製品動向を紹介する。(2014/11/4)

NFL、RFIDチップ内蔵ショルダーパッドで選手の動きをリアルタイム追跡
NFLは今シーズンからリーグの全32チームの選手のショルダーパッドにRFIDを内蔵させ、スタジアムに設置するレシーバー経由でリアルタイムデータを収集・分析・放映する計画だ。(2014/8/1)

TECHNO-FRONTIER 2014:
RFIDで工場のスマート化をサポートするハーティング
ハーティングは、「TECHNO-FRONTIER(テクノフロンティア) 2014」(2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)で、工場のスマート化をサポートするRFID関連製品を紹介した。(2014/7/25)

製造マネジメントニュース:
富士通の新型RFIDラベル、エアバスのRFID Integrated Labelプロジェクトに採用
エアバスは、RFIDを用いて部品の個体管理と正確なトレーサビリティを実現するRFID Integrated Labelプロジェクトに着手。このプロジェクトにおいて、富士通の新型RFIDラベルが採用される。(2014/5/26)

究極の衣類開発に一役? 電子部品いらずの縫い付け型RFIDタグ
電子繊維を使った伸縮性のあるチップレスRFIDタグが実現可能であることが発表された。電子部品を用いないため安価に製造でき、健康管理やスポーツ、偽造防止などの応用が考えられる。(2014/4/24)

MEDTEC Japan 2014:
機器のスマート化を可能に、村田製作所のI2C内蔵RFIDタグ用デバイス
村田製作所は、I2Cインタフェースを備えたRFID(Radio Frequency Identification)タグ用デバイス「マジックストラップ」(LXMS2HACNF-165)を展示した。医療・ヘルスケア機器のスマート化に向けて、最新の無線通信とセンシング技術を提案する。(2014/4/14)

MEDTEC Japan 2014開催直前情報:
医療やヘルスケアをスマート化、村田製作所の通信/センシング技術
医療機器設計/製造の展示会「MEDTEC Japan 2014」(2014年4月9〜11日)における村田製作所のテーマは「医療/ヘルスケアのスマート化」だ。2014年3月に発表したばかりのI2Cに対応したRFIDタグ用デバイスや、MEMSセンサー、微量物質を容易に検出できる金属メッシュデバイスなど、センシング技術や通信技術を中心に展示する。(2014/4/1)

村田製作所 LXMS2HACNF-165:
I2Cインタフェースを搭載、村田製作所のRFIDタグ用デバイス
村田製作所の「マジックストラップ」(LXMS2HACNF-165)は、I2Cインタフェースを備えたSMDタイプのRFID(Radio Frequency Identification)タグ用デバイスである。同社が推奨する設計パターンを利用すると、RFIDアンテナの設計を独自に行った場合に比べて、設計に関わる労力や基板の専有面積を削減することが可能となる。(2014/3/28)

材料技術 有機半導体:
塗って乾かすだけの有機半導体でRFIDタグの動作に成功
東京大学などのグループは、印刷で製造可能な高性能有機薄膜トランジスタ回路を開発し、電子マネーカードなどで用いられる商用周波数(13.56MHz)での個体識別信号の伝送に「世界で初めて成功した」(東京大学)と発表した。(2014/1/27)

TRONSHOW2014:
ハチの背中に超小型RFIDチップ――生物多様性保全のためのユビキタス
日本大学 生物資源科学部 内ヶ崎研究室は「TRONSHOW2014」において、「生物多様性保全のためのユビキタス」に関する研究成果を披露。西洋ミツバチとクロマルハナバチの背中に、小型RFIDチップを取り付け、RFIDリーダーが設置された通路を通過したハチの個体番号と巣の出入り時間を記録するシステムのデモを実演した。(2013/12/13)

市場調査/予測:
国内RFIDシステム市場、タグの低価格化などを背景に持続的な成長
矢野経済研究所は、国内RFIDシステム市場に関する調査を実施。RFIDタグやリーダ/ライタ、プリンタ、関連ソフトウェアなどを含めたRFIDシステム市場の規模・推移を公表した。(2013/8/8)

競技終了後の回収作業が不要に:
ランナーの手間を省力化、使い捨てOKなRFIDタグ一体型ゼッケン登場!!
センサーネットワークシステムの企画・開発などを手掛けるプロビデントは、UHF帯RFIDタグ(パッシブ型)を組み込んだ一体型のナンバーカード「アスリートアタッチ AA55」を2013年8月1日より販売すると発表した。(2013/7/16)

無線通信技術 RFID:
【ESEC2013】RFIDリーダーもウェアラブルに、タブレット連携も
ウェアラブルな機器は、民生機器やヘルスケアの分野で続々登場しているが、RFIDリーダー端末の業界では、既に5〜6年前から発売されている。業界関係者は、スマートフォンやタブレット端末と連携して使用したいというニーズが多くなっているので、ウェアラブルRFIDリーダー端末は、機能を最小限に抑えた低価格の機種が普及するのではないかとみている。(2013/5/13)

TRONSHOW2013:
道路構造物の老朽化対策の決め手となるか!? トンネルや橋の異常を早期発見するモニタリングシステム
ネクスコ東日本エンジニアリングは、「TRONSHOW2013」の「ユビキタス・コンピューティング展」において、各種センサーや送受信装置、RFID技術などを活用した「道路施設モニタリングシステム」に関する展示を披露した。(2012/12/17)

新山梨県立図書館、RFIDを活用した図書館システムを採用
今月11日にオープンする新山梨県立図書館にNECが図書館システムを構築した。(2012/11/9)

導入事例:
アパレルのビームス、新業態でRFID活用の店舗運営システムを構築
ビームスは、9月に開店した新業態「B:MING LIFE STORE」で全ての商材をRFIDで管理できるシステムを富士通と構築した。(2012/10/15)

日本IBM、10万平米範囲のタグを検知可能なRFIDシステムを発売
日本IBMは、検知範囲を4倍に広めつつ低消費電力化を図ったRFIDシステムを発売した。(2012/9/27)

無線通信技術 RFID:
FRAMを生かして医療・医薬市場を狙う、富士通セミコンのRFIDチップ
医療・医薬品は、RFIDタグの新たな市場の1つと期待されている。ただ、メモリ素子にEEPROMを使う一般的なタイプのRFIDでは、導入が難しい用途がある。放射線を使って滅菌する物品に貼り付けて使う用途だ。富士通セミコンダクターは、得意とするFRAMの特徴を生かして、同用途への提案を活発化させている。(2012/7/5)

導入事例:
シンガポール市民防衛庁、日立のRFIDで消防車の備品を管理
日立のRFID備品管理システムがシンガポール全土の消防署に導入される。(2011/12/15)

画像認識AR+RFID+メガネ型ディスプレイ――ブラザー展示会で“近未来的現場作業”を体験
視界の一角に映像を滑りこませるメガネ型ディスプレイ「AiRScouter」の製品化に乗り出したブラザー工業。同社の展示会で、AiRScouterとAR技術などを組み合わせた“近未来的現場作業”を体験してきた。(2011/9/14)

ワイヤレス給電技術:
【ワイヤレスジャパン2011】電波から電力を回収するデモを日本電業が披露、電子レンジの省エネにも
アンテナと整流回路を組み合わせたいわゆる「レクテナ」を使う。物流用RFIDタグへのワイヤレス給電や、産業用電子レンジなどの大電力マイクロ波を利用する装置における電力回生を提案する。(2011/5/27)

ケータイかざしてクラウド活用――NECとKDDIがRFID搭載端末を使ったクラウドサービスを発表
NECとKDDIが、RFID対応携帯電話を使ったクラウドサービスを3月から提供する。商品などのさまざまなものに付けられたRFIDタグを携帯で読み込み、モバイル網を介してID情報を一元管理できる。保守業務など外勤での作業支援に役立つとしている。(2011/1/11)

モバイルクラウドサービスで営業をサポート:
エプソン販売とNEC、RFIDと携帯電話を活用した営業支援システムの共同実験を開始
RFIDと携帯電話を活用してプリンターなどの展示機を一元管理することにより、営業担当者の負荷を削減し、マーケティング戦略にも活用する。(2010/9/7)

第21回 設計・製造ソリューション展レポート(4):
RFID製造ライン監視・管理、モバイル管理のいま
2010年6月23日から25日までの3日間、東京ビッグサイトにて「第21回 設計・製造ソリューション展(以下、DMS展)」が開催された。製造ライン監視・管理ソリューションを中心に紹介する。(2010/7/14)

ユビキタス社会を“携帯+RFID”で――日立とKDDIが端末を発表
日立製作所とKDDIがRFIDタグの読み書きができる携帯電話を発表。数センチの距離での非接触通信を行うパッシブ型と、十数メートルの距離でも通信できるアクティブ型の双方に対応する。“かざして情報を得る”サービスから“歩くと情報が降ってくる”ようなサービスまで、幅広い用途を見込む。(2010/7/12)

KDDI、法人端末「E05SH」をRFIDリーダー/ライター対応へ
KDDIが、法人端末として提供している「E05SH」をRFIDリーダー/ライターカードに対応させると発表。2010年度中にも商用端末として提供する。(2010/5/10)

NEWS
NEC、中国の大手医薬品卸会社にRFID物流管理システムを納入
九州通医薬集団がNECのRFID物流品質管理システムを導入した。ワクチンや血液製剤などの医薬品物流過程で厳密な温度管理と安全性を確保する。(2010/3/3)

NEWS
CSKシステムズ、生産に応じた部材の調達状況をRFIDで管理できる新システム
CSKシステムズ中部は「製造実行支援シリーズ」の新製品として、生産状況に応じた部材の調達状況を把握・管理できる「RFID部品調達管理」を発表した。(2010/1/14)

流通業におけるRFIDの可能性【物流センター編】
RFIDで実現するサプライチェーンの高度化
RFIDを有効に活用すれば、アパレルのサプライチェーンに内在する物流ロスを可視化し、改善することができる。その具体的な施策と、物流センター内での作業効率向上の方法を紹介する。(2009/8/26)

RFIDで視覚障害者を誘導するハイテク杖、米大学が開発
米ミシガン中央大学の「Smart Cane」は、地面に設置されたRFIDを杖で検知して、視覚障害者をナビゲーションする。(2009/8/4)

iPhoneがおサイフケータイに? AppleがRFID関連特許を出願
AppleがRFID(非接触IC)、指紋入力、触覚フィードバックに関する特許を出願している。これらの機能が将来版のiPhoneに搭載されるかもしれない。(2009/7/8)

流通業におけるRFIDの可能性【店舗活用編】
RFIDで実現する店舗業務の効率化と高精度な販売戦略
店頭でのRFID取得情報を活用することで、どのようなメリットが得られるだろうか。実際の店舗で行った実証実験を基に、RFID活用の可能性を解説する。(2009/7/7)

テロや海賊対策にも:
ICタグで位置情報を把握し物流の安全を担保
開催中のRFIDソリューションEXPO(RIDEX)では、貴重、重要、繊細な品物の物流を管理するさまざまな取り組みが紹介されていた。(2009/5/15)

RFID実証実験レポート:
RFIDはアパレル業界の救いの手となるか?
経済産業省委託事業「IT投資効率性向上のための共通基盤開発プロジェクト」の繊維分野における電子タグ実証実験の概要とデモの模様を紹介する。(2009/3/30)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。