ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「W42SA」最新記事一覧

auの「W42SA」に不具合、ソフト更新で対応
auの「W42SA」に、不具合があることが分かった。KDDIはソフトウェア更新で対応する。(2006/12/18)

「W42SA」に着うたフル・Eメール関連の不具合――ソフト更新を実施
KDDIは、三洋電機製の「W42SA」に不具合があることをアナウンスした。内容は、ダウンロードに失敗した着うたフルを削除すると、au Music Playerが起動しないといったもの。(2006/10/31)

“手書き”対応の「W42SA」発売──新規価格は1万5000円前後
ダイヤルキーを文字入力フィールドに、手書き文字の入力を可能にした三洋電機製のWIN端末「W42SA」の販売が開始された。(2006/10/6)

タッチセンサーで手書き入力──「W42SA」、6日から順次発売
KDDIは、ダイヤルキー部分にタッチセンサーを備え、手書きによる日本語入力が可能な「W42SA」を6日から順次発売する。(2006/10/5)

「手書き」で操作はこう変わる──開発陣に聞く「W42SA」
ダイヤルキーをなぞって、手書きで文字を入力する──。こんなユニークな機能を搭載したのが、鳥取三洋電機製の「W42SA」。目指したのは、これまでにない分かりやすい操作の実現だ。(2006/9/5)

写真で解説する「W42SA」
ダイヤルキー部分に指で文字を書けば、テキスト入力できるという、ユニークな携帯が登場した。開発を手がけたのは鳥取三洋電機だ。(2006/8/28)

ダイヤルキー部が手書き入力センサーに──「W42SA」
三洋電機製の「W42SA」は、ダイヤルキー部分が手書き入力フィールドとして機能する。指で文字を書けばテキスト入力できるため、携帯の文字入力が苦手な人にも安心だ。(2006/8/28)

パナモバ製ソフトバンク端末「705P」がJATE通過
パナソニック モバイル製のソフトバンクモバイル向け端末「705P」やシャープ製「810SH」「811SH」、三洋電機製「W42SA」などがJATEを通過した。(2006/8/17)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。