ニュース
» 2006年08月17日 12時14分 公開

パナモバ製ソフトバンク端末「705P」がJATE通過

パナソニック モバイル製のソフトバンクモバイル向け端末「705P」やシャープ製「810SH」「811SH」、三洋電機製「W42SA」などがJATEを通過した。

[岩城俊介,ITmedia]

 パナソニック モバイルコミュニケーションズ製ボーダフォン(ソフトバンクモバイル)端末「705P」、シャープ製「810SH」「811SH」などがJATE(電気通信端末機器審査協会)を通過した。

 8月より、一部現行機種にボーダフォンからソフトバンクの新ブランドロゴに変更した「ソフトバンクモデル」を順次発売し、新色も追加する(2006年8月16日の記事参照)ソフトバンク向け端末だが、2006年後半の新モデルと思われる810SH、811SHのほかに、パナソニック モバイル製端末「705P」もこの時期に投入するであろうことが明らかになった。ソフトバンク孫社長は2006年5月、同社が供給メーカーとして参入することを表明していた(2006年5月10日の記事参照)

 なおパナソニック モバイルは、ソフトバンクモバイル、NTTドコモのほかau向けにも投入することも予定している。

 そのほかauの2006年後半モデルとして、三洋電機製の「W42SA」と1X端末「A5522SA」も7月18日にJATE認可を受けている。W42SAは「W33SA II」に続いてワンセグ対応と思われるが詳細は未定。

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう