ニュース
» 2008年04月10日 18時18分 UPDATE

ニコン、9メガになった無線LANデジカメ「COOLPIX S52c」

ニコンが画像のワイヤレス送信が可能なコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX S52c」を発売する。

[ITmedia]

 ニコンは4月10日、無線LANを内蔵し画像のワイヤレス送信が可能なコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX S52c」を5月16日より発売すると発表した。価格はオープンプライスで、実売予想価格は4万円前後。

 COOLPIX S52cは、IEEE 802.11b/g準拠の無線LAN(Wi-Fi)機能を内蔵した「COOLPIX S51c」の後継機種。インターネット経由で画像のワイヤレス送信が可能なほか、画像保存・共有サイト「my Picturetown」を活用することにより、画像を同サービスへ直接ワイヤレス送信し保存できる「ピクチャーバンク」、携帯電話を含むメールアドレスに画像を送信する「ピクチャーメール」といった機能を利用できる。

photo 無線LAN(Wi-Fi)機能を内蔵した「COOLPIX S52c」

 本体サイズは約97.5(幅)×59(高さ)×21(奥行き)ミリ・約125グラムで、アルミ製フロントパネルやメッキ処理のサイドプレートを採用する。ズーム機能は、35ミリ換算で38〜114ミリ相当の光学3倍ズームニッコールレンズ(F3.3〜4.2)および最大4倍の電子ズームを搭載。有効画素数は900万画素で、液晶モニターには3.0型TFT液晶を採用している。記録媒体は約38Mバイトの内蔵メモリーおよび、SDメモリーカードに対応。標準バッテリーで約200コマの撮影が行える。

 そのほか、独自の画像処理コンセプト「EXPEED」、レンズシフト方式手ブレ補正(VR)機構、音楽付きのスライドショー「Pictmotion」、人物の表情を美しく撮る「フェイスクリアー機能」などを装備。本体カラーはパープリッシュブラックのみとなっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう