ニュース
» 2009年07月22日 14時00分 UPDATE

6.1V型の大画面ポータブルナビ“nav-u”「NV-U3DV」

ソニーから、6.1V型の大画面ワイド液晶を搭載したポータブルナビゲーションシステム“nav-u”の新製品「NV-U3DV」が登場。

[ITmedia]

 ソニーは7月22日、ポータブルナビゲーションシステム“nav-u”の新製品「NV-U3DV」を8月11日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は6万5000円前後。

photo 「NV-U3DV」

 シリーズとしては最大となる6.1V型ワイド液晶(480×272ピクセル)を搭載した、大画面モデル(既存モデル「NV-U3V」は4.8型、「NV-U3C」は3.5型)。地図も2008年12月版が内蔵されるほか、NV-U3/U3V/U3Cに比べ、市街詳細地図のカバーエリアが約2.5倍に拡大した。

 そのほか基本機能は「NV-U3」を踏襲しており、指先で画面に図形を書くとコマンドとして認識され地図縮尺変更などの操作が行える「ジェスチャーコマンド」や気圧/加速度/ジャイロの各センサーを複合させることで、トンネルなどGPSの電波が受信できない環境下でも自車位置を推定する位置測定システム「POSITION plus G」、ダッシュボードなどへの固定がワンタッチで行える「ピタッと吸盤」などの特徴はそのまま継承する。

 メモリ内には約3400万件の住所検索データ、約1000万件の電話番号検索データ、約1000万件の施設データを収録。コンビニエンスストアやガソリンスタンドなど、利用頻度の高いジャンルをメニューに登録することで素早い検索を可能にしたほか、施設の入り口や施設と提携する駐車場情報も追加されている。

photo 市街詳細図
photo 「3Dリアル交差点ガイド」

 グルメやレジャーに便利なガイドブック情報も備える。「グルメぴあ」(約1万2000件)、「ゴルフダイジェストオンライン」(約2000件)、「全国立ち寄り温泉200」(約200件)、「全国レジャースポット100」(約100件)を参照できるほか、ソーシャルマップサービス「PetaMap」からの情報を取り込み、カスタマイズすることもできる。

 歩行中に利用することを想定した、「徒歩モード」も引き続き搭載する。このモードでは歩行程度の速度であっても進行方向を判別して表示するほか、「NV-U3C」と同様に、徒歩/自転車を利用する際の参考になると思われるルートが表示される。

 ワンセグチューナーを搭載しており、ワンセグ放送を楽しめる。また、メモリースティックに記録されたJPEG/MP3/MPEG-4のメディアファイルの再生にも対応する。サイズは約182(幅)×約106.9(高さ)×25.2(奥行き)ミリ/約400グラム。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう