ニュース
» 2009年09月30日 15時28分 UPDATE

ケーブル1本でサラウンド――ボーズの新2.1chサラウンドシステム“CineMate”

ボーズが2.1chホームシアターシステムの新製品を発売。ケーブル1本でテレビと接続するだけで、さまざまなソースをサラウンドで楽しめる。

[ITmedia]

 ボーズは9月30日、2.1chホームシアターシステム「CineMate GS Series II digital home theater speaker system」(以下、CineMate GS Series II)「CineMate Series II digital home theater speaker system」(以下、CineMate Series II)を10月17日より販売開始すると発表した。価格はCineMate GS Series IIが9万4500円、CineMate Series IIが7万1400円。

 両製品ともに「FreeStyle」シリーズの後継となる製品で、2つのフロントスピーカーとウーファーの2.1ch構成ながら、DSP「TrueSpace」によって自然な音の広がりを生みだすことができる。

photophoto 「CineMate GS Series II」(写真=左)と「CineMate Series II」(写真=右)

 CineMate GS Series IIとCineMate Series IIの主な違いはスピーカーとリモコンで、CineMate GS Series IIにはワンボディに2ドライバーを内蔵した“Gemstone”スピーカーと外部機器の操作可能なユニバーサルリモコンが付属する。CineMate Series IIにはFreeStyleシリーズ同等のスピーカーと、電源及び音量の調整が行えるシンプルなリモコンが付属する。入力インタフェースはいずれも光デジタルとアナログのみ。

 対応する音声フォーマットはDolby Digital(AC-3)/PCM/MPEG-2 AAC(DTS非対応)。搭載する「Videostage5デコーディング回路」によってモノラルやステレオなどのソースをサラウンド化することができるほか、自動音量バランス機能も備えており小音量でもセリフをはっきり聞き取れる。

photo 試用イメージ

 フロントスピーカーのサイズはCineMate GS Series IIが142(幅)×66(高さ)×107(奥行き)ミリ/440グラム、CineMate Series IIが200(幅)×88(高さ)×136(奥行き)ミリ/1200グラム。アンプ部(Acoustimass モジュール)のサイズは両製品とも222(幅)×364(高さ)×489(奥行き)ミリ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう