ニュース
» 2010年03月12日 14時46分 UPDATE

CP+:ソニーブースで“例のアレ”を手にする

CP+のソニーブースでは、同社が今年の販売を予定しているレンズ交換式小型カメラが展示されている。

[ITmedia]

 ソニーがCP+開催に先だって記者説明を行った「レンズ交換式小型カメラ」。CP+会場のソニーブースには3種類のレンズとともにモックアップが展示されている。

photophoto
photophoto ソニーブースに3種類のレンズとともに展示されている、「レンズ交換式小型カメラ」。背面にはMOVIEボタンが独立して設けられている
photo

 これらモックアップは残念ながら来場者の手の届かない場所へ展示されており、実際に手にしてそのサイズや質感などを確かめることはできない。しかし、製品のサイズと重量を再現した発泡樹脂製のサンプルならば実際に手にすることができるため、サイズ感を確かめることが可能だ。

 実際に投入される製品のサイズは未定であるため、このサンプルもいわばイメージを伝えるだけためのモノである可能性は高いが、実際に手にできるためどのような収まりになるかの想像は付く。持参したスケールでざっと本体のサイズを測ってみると約116(幅)×66(高さ)×36(奥行き、グリップ部)ミリで、オリンパスのE-P1よりやや小さく、パナソニックのDMC-GF1よりやや大きいというサイズであった。

photophoto こちらは手にとることができるサンプル

 撮像素子には新開発の「Exmor APS-C HD CMOSセンサー」が搭載されるが、このセンサーを搭載したデジタル一眼レフ「α」シリーズの新製品も参考展示されていた。展示されていたのは「メインストリーム機」「中級機」の2種類で、型番は不明。いずれも既存モデル「α380」や「α550」よりも直線の占める割合の多く、「α900」よりは柔らかみのある、中間的なボディデザインが採用されている。

photophotophoto
photophotophoto 上が「メインストリーム機」、下が「中級機」。いずれも背面には動画撮影用ボタンが設けられている

 「メインストリーム機」「中級機」のいずれもAVCHD形式のフルハイビジョン動画撮影機能を搭載しており、2010年中の販売が予定されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう