ニュース
» 2012年07月31日 21時43分 UPDATE

NTT西日本の「光BOX+」、「ひかりTVどこでも」アプリを提供開始

テレビに接続してネット動画を楽しめる「光BOX+」で、Android向けアプリ「ひかりTVどこでも」が利用可能になった。

[ITmedia]
ts_hikaribox02.jpg 「光BOX+」

 西日本電信電話(NTT西日本)は7月31日、セットトップボックス「光BOX+」向けにNTTぷららの映像配信サービス「ひかりTV」のAndroidアプリを提供すると発表した。同日より利用できるようになっている。

 光BOX+は、テレビに接続することでさまざまなインターネットコンテンツを閲覧できる端末だ。スマートフォンなどに保存した動画を、無線LANによってテレビ画面に表示できるメディア共有機能も備えている(→関連記事)。

 Android向けのアプリ「ひかりTVどこでも」は、ひかりTVで提供しているビデオ作品を楽しめるアプリ。光BOX+内の「光アプリ市場」からアプリをインストールしてID・パスワードを認証すると、月額350円の「すまほエントリープラン」、または月額1000円の「すまほバリュープラン」など、ひかりTVの契約プランに応じた映像コンテンツを視聴できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう