ニュース
» 2013年01月10日 21時28分 UPDATE

2013 International CES:オンキヨー、音とデザインにこだわったヘッドフォンを開発

オーディオのボリュームをイメージしたデザイン。スマートフォンでDSDやFLACを再生できるアプリも用意。

[ITmedia]

 オンキヨーは、新開発のヘッドフォン/イヤフォンを米ラスベガスで開催中の「2013 International CES」に出品する。これまでもBluetoothヘッドフォンなどは手がけていたが、今回は「オーディオのノウハウと技術力を集結させた」という本格派になる。また、スマートフォンでDSDやFLACを再生できるアプリも用意する。

ts_onkyohead.jpg

 オーバーヘッド型ヘッドフォン、インナーイヤー型イヤフォンの2タイプで、北米向け製品の型番は「ES-HF300」「ES-FC300」。いずれもケーブルの着脱が可能で、ブラック、ホワイト、バイオレットの3色をラインアップした。高純度無酸素銅を使用したハイファイケーブルが付属したモデル(カラーはブラックのみ)も用意する。

 デザインにも力を入れており、ハウジングにはアルミ素材を使用。オンキヨーのハイファイオーディオ機器やAVレシーバーのボリュームコントロールをイメージしてデザインしたという。

 一方のアプリは、FLACやDSDなどのハイレゾ音源をスマートフォンで再生できるというもの。アプリ内でPCM変換(およびダウンサンプリング)を行うため、厳密にはハイレゾ再生とはいえないものの、e-onkyo musicなどで購入できるハイレゾ音源をスマートフォンでも再生できるのはメリットだ。イコライザーも搭載する。

 なお、ヘッドフォンの国内展開については「未定」としているが、1月19日と20日に東京・代官山のTSUTAYA「T-SITE」で開催される「ホームシアター&プレミアムヘッドフォンフェア2013 in 代官山」で、お披露目と試聴デモを行う予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう