ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「TSUTAYA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「TSUTAYA」に関する情報が集まったページです。

島本和彦さん経営のTSUTAYA札幌インター閉店、「寂しい」と惜しむ声
11月8日で閉店。7日には島本さんが壁に絵を描いている様子が報告されています。(2020/11/8)

「新宿TSUTAYA 歌舞伎町DVDレンタル館」が閉店を発表 「最強の品揃えに偽りナシ」「たくさんの映画と出会いました」
最終営業日は11月15日です。(2020/10/5)

渋谷「TSUTAYA」、映画のVHSビデオ6000本そろえる ビデオデッキ貸し出しも
東京・渋谷駅前にあるTSUTAYAの旗艦店「SHIBUYA TSUTAYA」がこのほどリニューアルした。映画マニア向けに、未DVD化作品を含む約6000タイトルのVHSビデオテープをそろえた「渋谷フィルムコレクション」コーナーを新たに設置。ビデオデッキの貸し出しサービス(税別910円、最大7泊)も行っている。(2020/9/23)

「圧がやべぇ」「何があった渋谷ツタヤ」 SHIBUYA TSUTAYAに未DVD化作品含む“ビデオテープ”レンタルコーナー爆誕
ビデオデッキ持っててよかった……!(2020/9/22)

TSUTAYA、子ども向け番組を無料配信 臨時休校で
TSUTAYAが動画サービス「TSUTAYAプレミアム」で、オリジナルキッズ番組5作品を無料で配信。新型コロナの感染拡大に伴う臨時休校を受け、3月末まで配信する。(2020/3/13)

TSUTAYA、ポケモンGOのスポンサー契約を終了 ジムやポケストップを消去
TSUTAYAがスマートフォンゲーム「ポケモンGO」のスポンサー契約を終了すると発表した。全国のTSUTAYA店舗に設置しているポケストップやジムは1月20日に消去される。(2020/1/15)

TSUTAYA、台風受け「返却は無理しないで」呼びかけ 延滞料金取らない方針
ネットでは「神対応」の声が。(2019/10/12)

TSUTAYAがPayPay導入
「TSUTAYA」でPayPayが利用できるようになった。(2019/10/1)

旭屋書店、TSUTAYA子会社に
TSUTAYAは4月1日、旭屋書店と東京旭屋書店の株式を取得し、子会社化したと発表した。TSUTAYAのデータベースマーケティングと旭屋書店の顧客基盤を掛け合わせ、「お客様にとって価値ある新しいライフスタイル提案型の書店づくりを加速させる」としている。(2019/4/1)

「TSUTAYAプレミアム」は変わったか 対策と拡充の1年
TSUTAYAがサブスクリプション型サービス「TSUTAYAプレミアム」のサービスを拡充する。昨年5月に景品表示法違反(優良誤認)で消費者庁の措置命令を受けたが、その後はどのように変わったのか。(2019/3/20)

TSUTAYA、ポケモンGO「スペシャルウィークエンド」の特典拡充 19日までの申し込みで参加券が2枚に
TSUTAYAは「Pokemon GO Special Weekend」の参加券配布に関する追加特典を発表した。3月19日の23時59分までに月額定額サービス「TSUTAYAプレミアム」に申し込むと、通常は1枚のイベント参加券が2枚もらえる。(2019/3/15)

桃太郎? 有名なの? 今度ツタヤで借りてみる 全く桃太郎を知らない女の子と会話する漫画が癒し太郎すぎる
いろいろな話を教えてあげたい(発売中の電子版で描かれています)。(2019/2/24)

TSUTAYAに1億1753万円の課徴金 「動画見放題」実際に見放題だったのは1〜2割
すべての作品が見放題となるかのような表示をしていたとして、消費者庁が課徴金納付命令を行いました。(2019/2/22)

TSUTAYAに課徴金1億円 「動画見放題」、実際は一部のみ
「TSUTAYA TV」の「動画見放題」プランで、あたかも全ての動画が見放題になるかのように表示。消費者庁が景表法違反に当たるとして、TSUTAYAに課徴金1億1753万円の支払いを命じた。(2019/2/22)

ポケモンGO、TSUTAYAと提携 全国約1200店舗がポケストップとジムに
ポケモンGOが、TSUTAYAとオフィシャルパートナー契約を結んだ。(2019/1/16)

TSUTAYAがバイトスタッフの「不適切投稿」を謝罪 BTSの悪口「許さない」「名前から性癖まで暴露可能」などツイート
「怖すぎ」「守秘義務違反では」など批判を浴びていました。(2018/11/16)

TSUTAYA、首都圏店舗に充電バッテリーのシェアリングサービス「ChargeSPOT Stand」の設置を開始
首都圏TSUTAYAは、モバイルバッテリーシェアリングサービス「ChargeSPOT」の提供開始をアナウンスした。(2018/10/26)

渋谷TSUTAYAにNMB48山本彩の実物大「握手会風パネル」が出現 卒業記念企画に込められた半端ない思い
さや姉と握手ができるぞー!(※ただしパネル)(2018/10/18)

女性の2割がBL・ブロマンス好き? BL作品・ブロマンス作品に関する調査結果をTSUTAYAが発表
男性同士の恋愛や親密な関係が描かれる作品についてのアンケートを実施しています。(2018/10/4)

Twitterの投稿からAIが映画をおすすめ 名作からとんでもないのまで出会えそうな「TSUTAYA AI」がスタート
コマンドー実況民はやっぱりコマンドーを激推しされるのでしょうか。(2018/8/30)

焼きたてのピザが買える自販機が広島のTSUTAYAに登場 設置のいきさつを聞いてみた
実験の結果によっては他の店舗にも設置されるかも。(2018/8/6)

総務省、TSUTAYAに指導 「TSUTAYA光」の不適切な広告表示で
「TSUTAYA光」の広告に不適切な表示があったとして、総務省がTSUTAYAに指導。期間限定割引に関する表示と、「動画見放題」サービスに関する表示が不適切だったとしている。(2018/6/5)

TSUTAYAの「動画見放題」プランに景表法違反で措置命令 実際は1、2割程度しか見られず
まるで全作品が見放題となるような表記をしていたいとして、消費者庁が措置命令を行いました。(2018/5/30)

「TSUTAYA TV」の「動画見放題」、実際は一部動画のみ 景表法違反で措置命令
消費者庁がTSUTAYAに措置命令。「TSUTAYA TV」の「動画見放題」プランについて、まるで全動画が見放題になるかのように表示していたが、実際は一部の動画しか視聴できなかったことが景表法違反(優良誤認)に当たるとしている。(2018/5/30)

提携強化:
キタムラ、「TSUTAYA」のCCCが買収 上場廃止へ
キタムラは、「TSUTAYA」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が実施する株式公開買い付け(TOB)に賛同すると発表した。(2018/5/15)

スマホで開け閉めする受渡しロッカー、都内のTSUTAYA5店舗で実証実験
5月までテスト運用。(2018/3/3)

シュールでゆるい猫キャラ「たまお」 TSUTAYAのオリジナル雑貨から誕生
だんだんクセになってくる「たまお」フェイス。(2018/2/22)

仮想通貨は「一般的にならない」と考える人が8割以上 「理解していない」人が5割以上
仮想通貨は「一般的にならない」と考える人が8割――TSUTAYAや蔦屋書店などを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が2月15日、こんな調査結果を発表した。(2018/2/15)

地元のTSUTAYAが閉店した―― 20年間の感謝と思い出をつづった漫画に感慨する声、公式も反応
20年前の開店はきっと、「この街に住む誰もが自由な時間に好きなものを楽しめるようになった最初の瞬間だった」。(2017/12/20)

「新しいライフスタイル提案」:
「TSUTAYA」のCCC、主婦の友社を買収 「主婦向け」強化か
「TSUTAYA」運営会社が主婦の友社を買収。「新しいライフスタイル提案を行う」という。(2017/12/15)

TSUTAYA運営会社、主婦の友社を子会社化
TSUTAYAや蔦屋書店などを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は、傘下のカルチュア・エンタテインメントを通じ、主婦の友社を子会社化。(2017/12/15)

書店づくりに生かす:
「TSUTAYA」のCCC、主婦の友社を買収か
「TSUTAYA」などを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブが、主婦の友社を買収する方針を固めたと一部が報じた。(2017/12/13)

月額1000円の「TSUTAYAプレミアム」:
TSUTAYA、DVD借り放題・ネットで動画見放題の新サービス
TSUTAYAが、旧作DVD・Blu-rayが借り放題、動画配信サービス「TSUTAYA TV」が見放題となる新サービス「TSUTAYAプレミアム」をスタート。レンタルDVD市場の縮小が続く現状を打破する狙い。(2017/10/2)

TSUTAYA、月額1000円でDVD借り放題・動画見放題
TSUTAYAが「TSUTAYAプレミアム」提供開始。月額1000円(税別)からの利用料金で、DVDやBlu-rayが借り放題、動画配信サービス「TSUTAYA TV」も見放題になるという。(2017/10/2)

TSUTAYAが1000円のDVD/BD借り放題&動画見放題サービスを発表 延滞料がなしに
一気見が捗りそう。(2017/10/2)

「シャア専用ザクII」Tカード登場 「THE ORIGIN」仕様
「Tカード 機動戦士ガンダム THE ORIGINデザイン」の発行受付が、TSUTAYAのWebサイトで始まった。(2017/8/16)

TSUTAYA運営会社、カメラの「キタムラ」筆頭株主に
カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が、カメラ販売のキタムラの筆頭株主に。(2017/5/15)

TSUTAYA運営会社、徳間書店の子会社化を正式発表
CCC傘下のカルチュア・エンタテインメントを通じて、徳間書店を子会社化。(2017/3/21)

CCCが正式発表:
徳間書店、TSUTAYA運営会社が子会社化
TSUTAYAなどを展開するCCCが徳間書店の子会社化を正式発表。(2017/3/21)

添えられた一言だけで映画をレンタルするTSUTAYAの「NOTジャケ借」が全国拡大 SNS連動キャンペーンも
「ジャケ借り」ですらない。(2017/2/17)

ヒントは添えられた一文のみ ジャケットを見せずにDVDをレンタルするTSUTAYAの「NOTジャケ借」、その企画意図は?
「敢えて見ない」という借り方。(2017/1/6)

“TSUTAYAでVR”試験展開 店頭で「HTC Vive」体験、機器レンタルも
「TSUTAYA馬事公苑店」でVR HMD「HTC VR」の無料体験と、VR機器のレンタルが実験的に始まった。(2016/12/28)

TSUTAYA TV、4K映像トライアル配信をクラウドから実施へ
4Kコンテンツの配信にあたり、配信基盤としてマイクロソフトの「Azure Media Services」を採用した。(2016/11/10)

CCCの大型百貨店「T-SITE 枚方」がオープン、店舗とネットを結ぶ「T-SITE Passport」アプリも提供
CCCが、5月16日に大阪府の枚方市駅駅前に生活提案型デパートメント「枚方 T-SITE」をオープン。これに合わせ、枚方T-SITEのショップ・イベント情報を入手したり、TSUTAYA携帯会員証として使ったりできる「T-SITE Passport」アプリも提供する。(2016/5/16)

東芝が「みるコレ」をアップデート――見逃し視聴で「TSUTAYA TV」連携、人名パック検索も容易に
東芝は2月29日、レグザ向けクラウドサービス「TimeOn」で提供している「みるコレ」のアップデートを実施した。見逃し視聴の利便性向上やユーザーインタフェースの改善がメインだ。(2016/2/29)

あなたの作品をTSUTAYA TVで:
「TSUTAYA TV INDEPENDENT FILM PROGRAM」開始――オリジナル作品を配信、ロイヤリティも
T-MEDIAホールディングスは、商用化されていないオリジナル映像(自主制作映画を含む)を募集し、映像配信サービス「TSUTAYA TV」で配信するサービスを開始した。(2016/1/22)

海老名市の“TSUTAYA図書館”、他サイトの画像・文章を公式サイトに無断転載
「TSUTAYA図書館」こと海老名市立図書館のWebサイトに、文章と画像の無断転載があったことが分かった。(2015/12/28)

「<物語>シリーズ」ヒロインたちが集結したコラボTカードが登場、全国のTSUTAYA限定で発行
ヒロイン8人が描かれたTカードが登場。(2015/12/27)

R25スマホ情報局:
ツタヤの格安スマホに期待と不安
激しい競争が続くスマホ業界にツタヤが格安路線で参入。その価格やうたい文句に対して、ツイッター上では期待と不安の声が上がっています。(2015/11/24)

スピン経済の歩き方:
「本を愛する人」からTSUTAYA図書館が嫌われる理由
TSUTAYA図書館に対する「排除ムード」が広がっている。かなり強いバイアスのかかった「ネガ情報」が横行しているが、筆者の窪田氏はこの流れに違和感を覚えるという。なぜなら……。(2015/11/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。