レビュー
» 2013年01月28日 12時34分 UPDATE

片岡義明の「こんなアプリと暮らしたい」:シンプルなデザインが魅力のアラームアプリ「Alarm Clock Radio」

布団から出るのがおっくうになる季節。せめて1日の始まりを気持ちよく迎えられるよう、目覚ましツールにはこだわりたい。今回紹介する「Alarm Clock Radio」はインターネットラジオの音楽で起こしてくれるアプリだ。

[片岡義明,ITmedia]

 布団から出るのがおっくうになる季節になったが、1日の始まりを気持ちよく迎えられるように、目覚ましツールにはこだわりたいものである。そこでおすすめなのがスマートフォン向けのアラームアプリだ。今回紹介する「Alarm Clock Radio」はインターネットラジオの音楽で起こしてくれるアプリで、見やすいシンプルなデザインが魅力だ。

ts_alarm01.jpgts_alarm02.jpg 「Alarm Clock Radio」のメイン画面(左)とアラーム時刻設定(右)

「Alarm Clock Radio」を起動すると、画面上部に曜日と時刻が表示される。時刻の下にはアラームの状態が書いてあり、「アラームオフ」をタップすればアラームの設定の画面が表示される。アラームは「ブザー」と「Music」の2種類から選択可能。インターネットラジオの音楽とともに起床したい場合は「Music」を選択する。あとは時刻を選べば設定完了だ。起床アラームを設定できるほか、スリープタイマーも設定できるので、ラジオを聴きながら眠りにつきたいときに便利だ。

ts_alarm03.jpg 横置きも可能

 アラームを設定すると時刻の下にその旨が表示されるほか、下部のスライドスイッチも「Alarm」の位置に変わる。このスライドスイッチを「On」の位置にすればラジオの音楽を聴くことが可能。インターネットラジオは世界各国のラジオ局から好きなジャンルを選べる。また、iPhoneのストレージに保存されている音楽ファイルの再生も可能で、再生時にはアルバムアートも表示される。

ts_alarm04.jpgts_alarm05.jpgts_alarm06.jpg iPhone内の音楽ファイルを再生(左)。ラジオ局のリストは音楽ジャンル別に分類されている(中)ジャンルごとにさまざまな局から選べる(右)

 ラジオの再生中は音量レベルも表示されて画面の動きを楽しめるが、横画面にすると時刻表示がメインのシンプルな画面となり、音量レベルの動きは時刻表示の背景として薄く表示される。

 画面の色を変えるのも簡単で、フリックするだけで赤や青、紫、緑、黄色、オレンジとカラフルに変化する。自分の好みの色に変わったときにフリックをやめればその色で固定されるので便利だ。手軽に色を切り替えられるので、毎日気分次第でさまざまな色を選べる。

ts_alarm07.jpgts_alarm08.jpgts_alarm09.jpg フリックで画面をさまざまな色に変えられる(左)。緑色に変更してみた(中)。同じく青に変更(右)

 このアプリには無料版の「Alarm Clock Radio Free」も用意されているので、まずは無料版を試してみよう。無料版はiPhone内の音楽ファイルを再生することができず、インターネットラジオのみの利用となる。

ts_alarm010.jpg App Storeに掲載されているホルダースタンド

 ちなみにApp Storeの紹介画像を見ると、iPhoneをクリップ式のホルダースタンドにセットして置いてある写真が掲載されている。iPhoneを寝かせておくよりも、このようなスタンドに設置して使うほうが画面デザインの良さが映える。お気に入りのホルダーを枕元に設置して毎日好きな色に変えながら使えば、きっと気持ちのいい朝が迎えられるだろう。「新年からは心を入れ替えて早起きになろう!」と決意している人にはぜひおすすめだ。

  • Alarm Clock Radio(170円)
os_iphoneapp01.gif

  • Alarm Clock Radio Free(無料)
os_iphoneapp01.gif

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.