ニュース
» 2013年03月21日 19時07分 UPDATE

続き再生も簡単に、HuluがApple TV向けユーザーインタフェースを改善

「Hulu」は3月20日からApple TV向けの新しいユーザーインタフェースを導入した。上部ナビゲーションバーなどを追加。

[ITmedia]

 定額制動画配信サービスの「Hulu」を運営するフールージャパンLLCは3月20日、Apple TV向けの新しいユーザーインタフェースを導入した。

 変更点は大きく3点。まず、トップページの上部にナビゲーションバーを追加し、ここから「テレビ番組」「映画」「視聴履歴」「検索」といった利用頻度の高い機能にアクセスできるようにした。

ts_hulu01.jpg Apple TV向けの新ユーザーインタフェース

 また、トップページに「視聴中」「テレビ番組の新着順」「映画の新着順」などのカテゴリーごとに作品が並べられ、視覚的に目的のコンテンツを探しやすくなっている。視聴したい作品にカーソルをあわせて「再生」ボタンを押すと、すぐに再生がスタート。「従来は作品の情報ページを経由していたが、操作ステップを減らした。ほかのアプリにはない機能」(同社)という。なお、選択ボタンを押せば従来通り作品情報ページが表示される。

ts_hulu03.jpg 「テレビ番組の新着順」などが並び、コンテンツを選びやすくなった

 続き再生の操作も簡単になった。テレビ番組も多くラインアップしているHuluでは、1回の視聴で最後まで見ることは難しい。このため、作品情報ページの中に「番組を再開」というセクションを設け、ユーザーがどこまで視聴したか分かるようにした。例えばテレビシリーズでは、エビソード一覧の上に視聴中のエピソードが表示される。この部分は、ほかのプラットフォームに既に実装されていたものだ。

ts_hulu02.jpg 「番組を再開」セクションに視聴中のエピソードが表示される

 このほか、気になるコンテンツをリストアップできる「マイリスト」機能では、コンテンツ数が表示されるなど、細かい変更も加えた。なお、最新のユーザーインタフェースを利用するためには、Apple TVのソフトウェアが最新版になっている必要がある。

 Huluは、月額980円で1000本以上の映画と1万話以上のテレビ番組が見放題となるオンライン動画配信サービス。ネットワーク対応テレビのほか、スマートフォンやタブレット、ゲーム機、PCなどさまざまなデバイスで利用できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう