ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  H

  • 関連の記事

「Hulu」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Hulu」に関する情報が集まったページです。

PR業界の“旬な事例ランキング” 「SDGs」や「錯視」を抑えて1位になったのは?
国内外のPR事例メディア「PR EDGE」より、前月注目を集めたPR事例をランキング形式で紹介。(2021/5/1)

動画配信「日本独自」で勝負 スタジオ確保、地上波連動……競争が激化
大手のインターネット動画配信サービスが、日本オリジナル作品の制作を強化している。(2021/4/23)

動画配信「日本独自」で勝負 スタジオ確保、地上波連動……競争が激化
大手のインターネット動画配信サービスが、日本オリジナル作品の制作を強化し、競争を激化させている。NetflixやHuluなど、各サービスは独自のコンテンツを確保して視聴者層の拡大を図っている。(2021/4/23)

開き直ったカップルが見せる“ループもの”の新たな地平 映画「パーム・スプリングス」レビュー
コロナ禍の今だから余計に響くループもの。(2021/4/13)

Netflix、「ガンダム」実写版製作発表 「キングコング: 髑髏島の巨神」のロバーツ監督で
Netflixが「機動戦士ガンダム」の実写版を独占配信すると発表した。制作は2018年にサンライズと契約したLegendary。ストーリーやキャストはまだ発表されていない。(2021/4/13)

新連載「小寺信良のIT大作戦」:
デジタル一眼で「フィルムテイスト」の動画を撮るとはどういうことなのか
ベテランのテクノロジーライターである小寺信良さんがIT分野全般にわたって考察する新連載「小寺信良のIT大作戦」。(2021/4/9)

定額動画配信サービスの利用経験者は4割以上 加入の決め手は?
18歳以上の男女1321人を対象にした、定額動画配信サービスの利用に関するアンケート調査。定額動画配信サービスの利用経験がある人は4割以上いて、加入の決め手は「料金」と答えた割合が約半数であることが分かった。(2021/4/8)

動画配信サービスの利用率3位はNetflix、2位はTver、1位は?
10〜50代の7241人を対象に、動画配信サービス利用率を調査。結果は?(2021/3/29)

Amazon、「Fire TV」用3代目リモコン発売へ 4つのアプリボタン付き
Amazonが「Fire TV」シリーズ用の新しいAlexa対応リモコンを4月14日に発売する。単体で2980円だ。ライブ配信を一覧できる「番組表」ボタンと、予めプライムビデオなどが割り当てられた4つのボタン付きだ。(2021/3/25)

PlayStation Storeでの映画とテレビ番組販売とレンタル、8月31日に終了
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、PlayStation Storeでの映画とテレビ番組コンテンツの販売およびレンタルを8月31日に終了すると発表した。(2021/3/3)

いつの間に大きくなったの! ブリトニー・スピアーズ、息子に身長抜かれ「時間の流れがクレイジー」 思春期迎えた子への配慮も
根強く陰謀説を唱えるファンも。(2021/3/2)

HuluやNetflixの利用で10%還元 ソフトバンクが「エンタメ特典」を開始
ソフトバンクは、3月17日からさまざまな特典が受けられる「ソフトバンクプレミアム」を提供開始。まずは動画・音楽配信サービスの月額料金の最大20%相当をPayPayボーナスで還元する「エンタメ特典」から実施する。(2021/3/1)

コロナ禍の“映画鑑賞”どう変わる? 激動の「ストリーミング戦争」 Netflixは会員数500万人にほぼ倍増
ここ1年で人々の消費の形が変化し、特に映画の受容形態は大きく変わった。新作の公開の場としてストリーミングサービスが活用されている。(2021/2/27)

Anker、Android TV 9.0を搭載したフルHD対応モバイルプロジェクター
アンカー・ジャパンは、フルHD投写をサポートしたモバイルプロジェクター「Nebula Vega Portable」など2製品を発表した。(2021/2/17)

ジャスティン・ティンバーレイク、ブリトニーとジャネットに過去の過失を謝罪 「この謝罪は最初の一歩で、過去がなかったことになるわけではない」
配信が始まったブリトニーのドキュメンタリーから再噴出した批判。(2021/2/13)

画面と時間の争奪戦……動画配信サービス、独自色で国内勢攻勢
コロナ禍で存在感を増したのが動画配信サービスだが、Amazon Prime VideoやNetflixなどの海外勢が先行しているが、ここにきて国内の動画配信サービスも独自色を打ち出しながら、顧客の取り込みに攻勢をかけている。(2021/2/12)

画面と時間の争奪戦……動画配信サービス、独自色で国内勢攻勢
このコロナ禍で存在感を増したのが動画配信サービスだが、アマゾンプライムビデオやネットフリックスなどの海外勢が先行しているイメージだ。ここにきて国内の動画配信サービスも独自色を打ち出しながら、顧客の取り込みに攻勢をかけている。(2021/2/12)

Hulu、「ウォッチパーティ機能」β版を日本でもスタート
動画配信サービス「Hulu」で、最大8人とチャットをしながら同じ動画を視聴できる「ウォッチパーティ」機能(β版)の提供が日本でも始まった。(2021/1/26)

調査で判明:
コロナ禍の“おうち時間”にどんな番組を見る? 3位は「ワイドショー」、2位は「ドラマ」、1位は……
コロナ禍で在宅時間が増えた。テレビや動画の視聴時間が増えた人もいるのでは。どんな番組を見ているのか?(2021/1/20)

“花晴れコンビ”復活! 平野紫耀&杉咲花、Hulu新CMでうさぎに変身しぴょんぴょんする姿がかわいさの限界突破
なんだこのかわいい生き物たち……。(2021/1/15)

速水もこみち、「ごくせん」第2シリーズごろの写真を公開 16年前の姿に「若い笑」とリアクション
「ごくせん」第2シリーズの再放送も決定したばかり。(2020/12/18)

「Chromecast with Google TV」に「Apple TV」アプリ追加 「TV+」コンテンツを視聴可能に
Googleが、10月に発表した映像ストリーミング端末「Chromecast with Google TV」で、来年初頭にAppleの「Apple TV」アプリおよび「Apple TV+」をサポートすると発表した。他の「Android TV OS」スマートテレビにもロールアウトしていく計画。(2020/12/17)

「Disney+」、米国で来年3月から1ドル値上げ 欧州でも
Walt Disney Companyは、定額制動画ストリーミングサービス「Disney+」のサブスクリプション料金を、来年3月に1ドル値上げし、月額7.99ドル(約830円)にすると発表した。来年は「スター・ウォーズ」シリーズやMarvelの新コンテンツを大量投入する計画だ。(2020/12/11)

2020年流行はネット配信から 巣ごもりで躍進 テレビ局も力
新型コロナウイルスの感染拡大で「巣ごもり」を余儀なくされた今年は、インターネットで配信される動画の影響力が増した一年となった。(2020/12/11)

2020年流行はネット配信から 巣ごもりで躍進 テレビ局も力
コロナ禍で「巣ごもり」を余儀なくされた2020年は、インターネットで配信される動画の影響力が増した一年となった。地上波の番組を配信で見る人も増えており、テレビ各局は若年層を中心とする配信視聴者の取り込みにも力を入れる。(2020/12/11)

「Amazon Fire TV」シリーズのUIがより使いやすく 12月10日から順次刷新 Alexa対応も強化
かねて予告されていた「Amazon Fire TV」シリーズのユーザーインタフェース(UI)の刷新が始まる。まず最新の「Fire TV Stick」から順次展開をし、2021年初頭からは他のデバイスでも利用可能となる予定だ。(2020/12/10)

主戦場はテレビからモバイルへ:
「サブスク疲れ」を超えて広がるOTTメディアとモバイル広告のこれから
現在のOTTはサブスクリプションモデルが主流です。しかし、長期的にはストリーミングコンテンツの前後や合間に再生される広告、バナー上に表示される広告、そして作品中にオーバーレイされる広告などが増え、今後OTTでより多岐にわたる広告を目にするようになるでしょう。(2020/11/30)

Netflixバンドル版もあり:
自ら動画や音楽を再生できる「Chromecast with Google TV」が11月25日発売 4K/HDR対応で税込み7600円(単体版)
Chromecastの新モデルが日本に上陸する。4K/HDRの映像出力に対応した他、アプリを追加することで映像や音楽を“自ら”再生できる機能も備えた。直販ストアでは、Neflixの6カ月視聴権とのセットも販売される。(2020/11/18)

「Chromecast with Google TV」日本での販売価格は7600円
Googleが9月に米国で発売した映像ストリーミング端末「Chromecast with Google TV」を日本でも発売する。価格は7600円(税込み)。リモコン付きで「Google TV」を利用できる。(2020/11/18)

PS5との日々:
ついにやってきたPlayStation 5発売日 しばらく使って分かったPS5の○と×
PS5実機をしばらく使ってみて分かったこと。(2020/11/12)

石野純也のMobile Eye:
Y!mobileとUQ mobileの「20GBプラン」が担う役割 メインブランドとの差別化が課題か
KDDIとソフトバンクがサブブランドの20GBプランを発表した。実は20GBプランへの対応の仕方は2社で異なる。サブブランドの役割や新料金プランの狙いをあらためて解説する。(2020/10/31)

新連載「PS5との日々」:
「PlayStation 5」がやってきた! PS5は縦か横か、それが問題だ
しばらくの間、我が家にいることになるPlayStation 5。PS5との暮らしを連載の形で報告しよう。(2020/10/28)

PlayStation 5、Apple TV+にも対応 Netflix、Disney+、YouTube、SpotifyはPS5メディアリモコンから一発立ち上げ
メディアリモコンのサービスは固定されている模様。(2020/10/23)

「今までとちょっと雰囲気が違う」 竹内涼真、初ブリーチに無精ヒゲ姿で一変 影のあるまなざしにファン「新しい涼真くん」
見たことない新しい表情を披露。(2020/10/9)

「PlayStation 5」は次の6年で何を担うのか 実機プレイで分かったこと
PS5実機で試遊する機会を得た記者が感じたこと。(2020/10/5)

Googleさん:
Googleのくつろぎ製品パーティー「Launch Night In」はどんな様子だったのか
Googleが例年の「Made by Google」の代わりにバーチャルで配信したハードウェア発表イベント「Launch Night In」の30分をまとめてみました。ハードウェアだけでなく、「カメラ」アプリの新機能や11月の音楽イベントなども発表。(2020/10/3)

Googleの「Chromecast with Google TV」はリモコン付きで49ドル
Googleが、4年ぶりに映像ストリーミング端末を発表した。「Chromecast with Google TV」は付属のリモコンで「Apple TV」や「Fire TV」のような画面を操作できる。価格は49ドルで、日本でも発売の見込み。(2020/10/1)

Amazon Fire TV、「ライブ」機能を日本で追加 ライブ配信コンテンツを検索、視聴可能に
Amazon Fire TVに「ライブ」タブが日本で追加。ライブ配信されるコンテンツをFire TVのメニュー画面から素早く検索し、視聴できるようになる。(2020/9/10)

Fire TVに新機能「ライブタブ」が9月10日より追加 ライブコンテンツへのアクセスがより手軽に
今後もチャンネル追加の予定はあるとのこと。(2020/9/10)

AmazonがFire TV上に新たなタブ「ライブ」を日本で提供開始
Amazonは9月10日、Amazon Fire TVシリーズに「ライブ」タブ機能を追加した。これにより、視聴権利がある対応アプリを導入していれば、Fire TV上でライブ配信されているコンテンツを横断的に利用できるようになる。(2020/9/10)

5000円オフの今こそ:
この価格で2年保証と子ども向けコンテンツを楽しめる破格な「Fire HD 8 キッズモデル」を試す
Amazonの格安タブレット「Fire HD 8」に新型が登場し、同時にキッズモデルも生まれ変わった。通常モデルより5000円高くなるキッズモデルだが、その内容はどうなのか、試しに使ってみた。(2020/8/12)

【Amazonタイムセール祭り】Echo Dotが半額の2980円 Fireタブレット、KindleなどAmazonデバイスがセール中
セール中のAmazonデバイス特集。(2020/7/25)

AmazonでFire TV Stickが11日まで2000円オフ! 参考価格4980円が2980円に
これはお買い得!(2020/7/8)

PayPayボーナス100万円分がチャージ済み 「BOSS」オリジナル5Gスマホが当たるキャンペーン
サントリー食品インターナショナルが7月7日から、同社の缶コーヒー「BOSS」とソフトバンクのコラボレーション企画「クラフトボス5G!当たる!」キャンペーンを開催する。BOSSオリジナルの5Gスマートフォン「クラフトボス5G」が抽選で5人にプレゼントされる。(2020/7/2)

スピン経済の歩き方:
なぜ「NiziU」は注目されているのか 背後に世界的プロデューサーの話術
9人組ガールズグループ「NiziU」(ニジュー)が人気を集めそうだ。ソニーミュージックとJYP Entertainmentによるオーディションプロジェクトで誕生したグループだが、筆者の窪田氏は世界的プロヂューサーのJ.Y. Parkに注目している。どういうことかというと……。(2020/6/30)

「ダークエルフ登場作品が人種差別として削除」誤解広まる 問題とされたのは「黒塗りメイク」
(2020/6/27)

「Huluさんの本気」「見ないと損」 クライマックスのNizi Project、Huluで一挙無料配信に虹プロファン狂喜
デビューメンバー決定前に、虹プロ総復習じゃ〜!(2020/6/19)

「デートしてきてくださいって」 山下智久、「THE HEAD」共演女優と“朝から晩まで2人きり”の役作りを告白
約3カ月の海外撮影を経験した山下さん。(2020/6/11)

ケーブルテレビでNetflixの動画が試聴可能に 料金を一括支払い
日本ケーブルテレビ連盟がNetflix日本法人と提携し、対応の受信機経由でNetflixが配信する映像作品を視聴できるようにする。(2020/6/11)

Hulu、映像作品の単体レンタル・販売へ 「Huluストア」スタート
Hulu運営のHJホールディングスが、新作映画や海外ドラマなどの映像作品を単体でレンタルする「Huluストア」のサービスを10日に始めると発表した。今夏には作品の単体販売も始める。(2020/6/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。