ニュース
» 2013年04月05日 21時02分 UPDATE

1カ月使い続けても電気代は数十円、クラリオンが住設用フルデジタルスピーカーを発売

クラリオンは住宅の天井に埋め込むタイプのBluetooth対応フルデジタルスピーカー「ZF160」を発表した。昨年の「CEATEC JAPAN」で注目を集めた「01DRIVE」シリーズの第3弾だ。

[ITmedia]

 クラリオンは4月5日、住宅の天井に埋め込むタイプのBluetooth対応フルデジタルスピーカー「ZF160」を発表した。4月上旬からハウスメーカーや住宅設備機器メーカーを通じて販売する。価格は6万3000円(施工費別)。

ts_clarion02.jpgts_clarion03.jpg 「ZF160」

 デジタル音源からスピーカーユニットまで完全にデジタル伝送し、直接スピーカーを駆動するフルデジタルスピーカー「01DRIVE」シリーズの第3弾。音源のデジタル信号にオーバーサンプリングとデジタル変調をかけ、複数のデジタル信号に変換。マルチD-Classドライバーから出力し、帯域ごとにボイスコイルを駆動するシステムだ。デジタル信号処理にはTrigence Semiconductorの「Dnote」技術を採用した。

ts_clarion01.jpg 設置イメージ

 「ZF160」は、防水・防カビ仕様のフルデジタルスピーカーユニットと駆動ユニット、リモコンのセット。浴室やキッチンといった水回りでも設置できる。Bluetooth ver.2.1+EDRに対応し、PCやスマートフォンなどからワイヤレスで楽曲再生が可能だ。対応プロファイルはA2DP。

 16センチ径のスピーカーは、6つのボイスコイルを搭載。ウーファーの上に25ミリバランスドームツィーター2つを配置したことで、1ユニットでステレオ再生を可能にしている。またアナログ方式の1/8という消費電力もフルデジタル方式の特長。音楽再生時でも消費電力は3〜5ワットと低く、1カ月間連続再生しても電気代は数十円程度だという。なお、駆動ユニット2台を同軸デジタルケーブルで接続することも可能で、2スピーカーの本格的なステレオ構成になる。

 駆動ユニットの外形寸法は、217(幅)×105(奥行き)×34(高さ)ミリ。重量はスピーカーが1.15キロ、駆動ユニットは350グラム。電源のオン/オフやペアリング操作を行うためのリモコンが付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.